2015年01月28日

老木

十条に初めて来たのは、カラオケBOXを開店した年ですから平成6年、
今から21年前のことです。
当時、移動は全て車、バス通り (AMANEがある通り) に駐車して、
十条銀座アーケード街の中にある物件の下見をしたのを、
なんとなく覚えています。
終わって、ふらふらと細い路地に入る、
と、
「あれ ?」
「どっちだっけ ?」

アーケード街の裏は、やたらと道が入り組んでいて、
迷子になりそうになりました。
その後、開店してから、
販促のポスティング、割引券を投函しに周りを回ったときも、
「う〜ん」
「ここ、どこだっけ」
「よくわからない・・・」
今みたいにスマホのない時代です。
割引券がなくなって手ぶらなのに、
ぐるぐるうろついていたこともありました。

そうこうしているうちに、
次の店舗の立ち上げで八王子へ、
裏道に慣れることもなく、
「まぁ」
「ここはもう、店長を雇ったことだし」
「戻ることなど、二度とないだろう」
ところが、
運命って不思議、
流れ流れて、舞い戻ってきたのは3年後の平成9年のことでした。

それからは、裏道街道まっしぐら、
事業の縮小で裏道を、
十条の通勤も裏道を、(笑)
おかげで複雑な小道も、しっかり覚えたのでした。

商店街の裏に「十條湯」というお風呂屋さんがあります。
やはり、入り組んだ路地の一角にあるのですが、
そこからしばらく歩くと、
広い道に出る、
表通りではないのですが、車がUターンできるくらい大きな道、
そこに街路樹、
桜の木が何本か植えてあります。

春にはそれはそれは見事に花をつけ、
その後は葉桜、
散ってからも、存在感たっぷりに、
まるで細い路地から出てきた人たちを迎えるように、
あるいは、路地に入っていく人たちを見送るように、
大きな門の代わりをしている、老木でした。
それが、昨日通ったら・・・
「あっ !」
「ない !」

sakurao.jpg

以前、この界隈の、同じような老木が倒れ、
騒ぎになっていたことを思い出しました。
「そうか」
「危険だもんなぁ・・・」

切るなら今でしょうね。
だけど・・・
「せめて」
「咲くまで・・・」

いやいや。
そんな (笑)

「よい切りっぷりだなぁ」
しばらく見とれていました。
posted by セキシュウ at 18:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: