2015年02月10日

凸凹

2月ももう10日が経ちました。
今週は、第2週で最もハードな週ですが、
明日は祝日、夜は休みで、少し息抜きが出来ます。

今日の午後はプチ・シャンソン、
早速、水織ゆみさんのライブの話が出ました。
ご本人はもちろん、
僕のピアノも素晴らしかったと、
当日いらしたお客様が褒めていたと報告があり、
「とんでもない」と慌てて否定しました。
「ただ、足を引っ張らないように」
「それだけを注意して」

これが実は結構難しく、
ピアノの技術が高くて、
逆に歌手の邪魔をしてしまう場合がある、
つまり、ピアノが前に出過ぎるということ、
終わった後、
水織さんからもその話が出て、
「わたしが凸で」
「アマネさんが凹だから合うのよね」
確かに僕は、あまり叩かないし、多くの音を弾かない、
いや弾けない (笑)

シャンソンは語りの部分も多く、
そこに如何に効果的なアドリブを、
タイミングよく、
歌手本人が感情移入できるように入れるのか、
曲のイメージを壊さずに・・・
これには多分ルールはない、
ピアニストの感性によるものだと思います。
たくさんの音が、煌びやかに鳴るよりも、
単音でもいいから、心に沁みる音を出したい、
その練習が、
深夜時々弾いている短いソロ演奏です。

わざわざ録画するのは、緊張感を保つため。
たかがスマホでも、
「カメラが回っている」と思うと、
腕が硬くなる、指が動かなくなる、
その中で弾くのは、
自分の実力が知れて、とても有益なことだと思います。
でも、見せられた方は、
たまったもんじゃないかもね (笑)
posted by セキシュウ at 21:33| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: