2015年03月18日

時給

毎日が送別会ならAMANEも安泰なのですが、
そういうわけにもいかないのが水商売、
昨夜は静か、
それを見透かしたかのように (笑)
美声の友人がカウンターに座りました。
しばらく雑談した後、
それぞれの世界へ・・・
彼はカラオケ、僕は内職、
これが出来るから嬉しい (笑)
楽譜作りです。

カラオケ中にブログを打つことは多々ありますが、
これははっきり言って「直接お金にならない」
ブログによる宣伝、販促効果、
来店意欲を高めるというのはあるのでしょうけれど、
目に見えるわけではありません。
ところが楽譜は、
依頼を受けて金額を提示して作るのですから、
きちんとした仕事、
お客様がカラオケに興じているのを良いことに、
マウスでポチポチ音符入力、
一つ入力しておいくら ?
なんて、品がない〜 (笑)

昨夜は、1時間、
美声氏が唄っている間に、五線譜に採譜した曲を入力、
歌詞を入力する手前まで仕上げました。
スクリーンを持ち上げて、モニター画面を見せながら、
美声氏に、
「どう ?」
「1時間でこれだけ仕上げたよ」と得意げに。
子どもの頃からの親友なので、
自慢したりも気兼ねなく出来る (笑)
「へぇ」
「すごいね」
これは社交辞令、たぶん調子を合わせただけ、声色でわかります。
「1時間で出来たけど」
「音源から採譜するのにも時間かかっているから」
「総制作時間は、ざっと3時間くらいかなぁ・・・」
「時給にすると・・・」
だんだん卑しい話になってくる ?
いえいえ、
一応理数系、数字が好きなだけ (笑)

「そう言えば」
「先生の時給って高いよね〜」
「ちょいちょいっと見ただけで」

美声氏、「高いよ」とニヤリ、
わかってますよ (笑)

「この差って何だろうね ?」
少し真面目な話になりました。
僕が苦労して作る譜面が、
彼の何十分の一の報酬にしかならないこと、
「う〜ん」
「まずは、医者は国家資格であるということかな」

それはあります。
資格を取るために、彼がした努力・かけた時間、費用、
それは相当なもので、
酒場をちゃらちゃら経営している僕とは比べものにならない (笑)
こと音楽に到っては、
子どもの頃かじっただけで、すべて独学、
悪く言えば、お客様を相手に練習しているというさま、
これでは何十分の一でも仕方ありませんね。

「でも」
「関の仕事は、言い値でしょ ?」
「俺たちは金額が決められているよ」

そう、それがあります。
別にいくらでも良い、
譜面作成1曲10万円でも、
ピアノ伴奏1曲1万円でも、
でも需要ある ?
ないよ (笑)

「要は」
「自分の価値を高めて」
「少しでも高い報酬をもらえるように・・・」

それが二人の結論になりました。
なんだかんだ言っても、
彼はいつも僕を心配してくれます。

「高い報酬・・・」
そんな日がこの先、来るでしょうか。
わかりません。
でも、やっているからには目指さないと。
可能性が数パーセントでもあるのなら、
向かってくのが僕の生き方ですからね。
さあ、今夜も頑張って弾きましょう !!
posted by セキシュウ at 21:49| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: