2015年09月17日

蓋を開けて

この度の雨は冷気も運んで、
とてもTシャツ1枚で過ごすのは無理、
慌てて上を1枚出しました。
寝連休とならないように・・・
日曜月曜と久しぶりに完全オフです。

先月、あまりにライブを入れすぎたので、今月はお休み、
イベントとしては月末30日の独唱会が、
こちらは16回目を数えます。
平日水曜日の夜、
出演する方が7名と少数でしたから、早く始めて早く終わる予定、
19時開場で、19時30分から歌唱スタート、
いつものようにタマミに最後に数曲唄ってもらい、
終わりを21時後半、どんなに遅くても22時までにと考えています。
「帰りが遅くなっちゃうから・・・」と気を揉まないように、
見学・応援しやすいように設定してみました。
まだまだお席に余裕あり!
1ドリンク付きで2,000円、ぜひお待ちしています。

それに合わせたわけではありませんが、昨日は定期調律の日、
夕方2時間かけてバッチリチューニングしてもらいました。
あまりに狂い過ぎていたのか、
弾いた途端、音が輝いて聞こえるのが嬉しい、
ところが直ぐに来店のお客様、
営業に入ってしまい、そのまま途切れることなくラストまで、
間、ピアノ伴奏はたった2曲で (笑)
調律後の感触はじっくり確かめられず、結局終わっての深夜弾き、
悪癖が出てしまいました。
「まあ、たまにはいいか・・・」
外に出たのは午前2時前、かなりの不良ですね (笑)

今朝のさわうたでも調律の話を、
どうせなら音の良さを味わってもらいましょうと、
普段閉じている譜面台のところの蓋を開けて、
音を出して演奏してみました。
もちろん弾き方も、さわうた用からライブなどの伴奏用にシフトチェンジ、
メロディーを弾くのを外して、代わりにオブリガードを、
遊びをたくさん入れて抑揚も大きめにつけてみました。
鍵盤も低音から高音までふんだんに使う・・・

こう書くと、さわうた用の時もそうやれば、
つまり、いつもそう演奏すればと思うかもしれませんが、
いやいや、それは返って疲れます。
弾く僕もですが、歌う方も、多分・・・
間奏も、凝って弾くことはいくらでも出来ますが、
そうすると、自ずと聞かなくてはならない雰囲気になり、
合間のブレイク、お休みとはならず、余計に疲れると思うのです。
だから、さわうたでの伴奏は、適当に気楽にが良い、
ライブやコンサートではないのですからね。

今朝のさわうたでは、蓋を開けて気合いを入れて弾いたのは20分くらいだったか、
「ちょっと頑張って弾いちゃいましょうか」
と言った手前、ミスは出来ないと力が入ったせいか、
終了後第一声、
「疲れた〜」(笑)
公言した後にやるのって、エネルギー消費が激しいですね。
意識しないで出来るといいのですが・・・
まだまだです。
posted by セキシュウ at 20:12| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: