2016年01月11日

合唱の先生たち

今日はオフ、やっと冬らしく、寒くなったこともあり、ゆっくりしています。
昼間買い物に出た程度、帰ってくる頃には曇り、急に冷えてきました。
風邪、引きそう・・・ (笑)
みなさんもお気を付けください。

昨日、辻先生の楽しいおしゃべりの中に、
心感じる部分がありました。
今年で57才、僕の3つ年上になる先生ですが、
去年は近しい友人・知人が3名亡くなったとのこと、
「そんなこともあり」
「これからは、やりたいことをやろうと思う」と仰ったのには、
会場が一瞬静かに、
察した先生があまり重くならないようにすぐ次の話題に移ったのですが、
僕の記憶の中には深く刻まれました。

合唱界では名の知れた先生で、
いろんな方から、
「AMANEに辻先生が・・・」
「どうして ??」と驚かれました。
それを先生に話すと、
「本当ですか〜」と半信半疑、
ご自分が有名とは思っていないご様子です。
これは謙遜でなく本音と感じる、
そういうところが、先生のファンの多さに繋がるのだと思います。
昨日も、そのうちのお一人が、飛び込みでいらしてくださり、
結局総勢29名、
幸先の良い2016年ライブのスタートとなりました。

順風満帆に見える辻先生も、
過去に2回喉を壊した経験があるそうで、
職業病とはいえ、
「もう歌えなくなるのでは」の不安は察するに余りある、
それに耐え、打ち勝ち、復帰した経験が、
今の指導に活かされていると感じました。
そして、いつも引き合いに出されるはずの父の存在、
先生のお父様も業界では高名な先生で、
長男である辻先生も子どもの頃から期待が大きかったはず、
よく外れずに続けられたと感心しきりなのです。
僕などは、外れに外れ・・・(笑)

辻先生から坂本恒太先生の名前が出たのはうれしかったです。
日本合唱指揮者協会の新年会で、
恒太先生が辻先生に「AMANEに行くんだって ?」と、
恒太先生も、気に掛けてくださっていたとは・・・
光栄なことです。
僕もそのお姿だけは、辻先生のフェイスブックで拝見、
相変わらずの風貌に癒やされました (笑)
都留市合唱連盟の澤田先生の「万歳」も写真で拝見、
これまたお元気そうで、何よりでした。
posted by セキシュウ at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: