2016年04月07日

趣味と仕事

今日は昨日と打って変わって悪天、
午後になって雨は止みましたが、夜は強風とか、
桜もきっと吹雪のように舞い散るのでしょう。

花見らしい花見は特にせず、
青山墓地は坂の往復を二回、通り過ぎた程度です。
赤塚公園も、店のそばの街路樹や学校の桜も、
その他、探さずとも桜は其処此処に、
ほとんど一斉に咲くのですから、見ない方が珍しい、
しかしそれを花見と思えないのは、「花見で一杯」しないから?
やっぱりお酒でも飲みながらが花見でしょう (笑)
桜の木の下に陣取って、料理を食べながら、
とは言いませんが、
カップ酒片手にホロ酔い気分で桜並木を歩く・・・
うーん、似合いませんかね (笑)

相変わらず毎日同じことを繰り返しています。
よくもまあ飽きずにと思いながら過去を振り返ります。
「どんな仕事も」
「こんなに飽きずにやったっけ?」
いろんなことをやりました。
すぐに辞めたこともあるし、長く続けたこともある、
でもどれも、
仕事と割り切ってやっていたことばかりで、
今のように、趣味と仕事が入り混じっていることはありませんでした。
唯一、DJや、圭未たちとレビューショーの仕事をやっていた頃は、
確かに好きなこと、内容も面白く華やかな世界でしたが、
あまり真剣に向き合っていたような気もしない、
若かったんでしょうね。
「こんなところで使われていたくない」なんて本気で思ってました。

店を持ち、会社を作っても、それは勿論仕事、
そこにあったのは、組織として如何に発展させるのか、
店舗を如何に黒字にするのか、
その為にどうするのか、
赤字になってからはどうお金を回すのか、
それらを日々やっていても、
何ら自分の中に「成長している」「進歩している」という手応えはありませんでした。
結果として、そういう苦労を味わい、今がある、
それはそうなのですが、
その時は、先のことなど考える余裕なんてないのです。

今は違います。
毎日、同じようで同じではない、
音楽という世界の中で、
少しずつではあるけれど自分に身についているものがある、
ピアノの技量も、牛歩ではあるけれど上がっている、
それが、同じ日々を繰り返す気力に繋がっているのです。
どこまで出来るのか・・・

深夜のひとり弾きをするために、
参考としてよく動画を見ます。
先日、オスカー・ピーターソンを見ていて、
流れるような指使いに驚きました。
「こんなふうに弾けるようになるか・・・」
まあ、無理でしょうね。
でも、ダメだとも思いません。
弾けないから明日に困るわけではない、
今のままやっていって、
毎日弾いていれば、
「それっぽくはなるかも?」
そう思うと、ちょっとワクワクしてきました。
posted by セキシュウ at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: