2016年06月09日

ギタリスト

今週からまた譜面作りを始めています。
どっさりオーダーが来るのは、ゆるゆるの選曲、
今回も圭未から、僕の推薦からと容赦なし (笑)
やる度に10曲近く加算されているのですから、
トータル何曲になったのか・・・
もうやったことすら忘れている曲もあるでしょう。
現に、千葉の宏美さんの店に出張したときの選曲で、
やったのに忘れていて、
圭未に笑われてしまったことがあった (笑)

今回のゲストは大物です。
ギタリストの加藤薫さん、

katoh.jpg

やてふさんが引き合わせてくださいました。
桜の咲く頃のことです。
ご存知キタヲタ、ギターおたくのやてふさん (笑)
加藤さんともギター繋がりだとか、
ありがとうございます!

加藤さんは最初地方の箱バンのギタリストからスタート、
その後ビックアーティストと共にコンサート、レコーディング、
そのうちの1枚はミリオンセラーになったとか、
武道館などでも何度も演奏しており、
本来AMANEのような場所で演奏するような方ではないのですが、
快く引き受けてくださいました。
今はご自身のやりたい音楽をと、
「写楽」名義でアルバムを発売、

sharaku.jpg

僕も先日購入、聴きましたが、骨太な内容に痺れました。
時に泣き時に踊り、強く訴えたり弱く囁いたり、
ギターの喜怒哀楽とはこういうものか、
そしてそれを支えるバックの効果音、数曲の歌ものと、飽きさせません。

感心したのは、
1枚目のアルバムをライブ盤にしたこと、
写真のは2枚目です。
どうしてライブ盤にしたかは演奏をする人なら直ぐ分かる、
まず実力はどれくらいかを示すため、
今はパソコンで何でも出来てしまう時代だからです。
嘘、というと語弊がありますが、
レコーディングはいくらでも修正ができる、
ライブとなるとそうは行かない、一発勝負、
実力がわかります。

今回、加藤さんの2枚目のアルバムの中から1曲、
圭未に唄ってもらうことにしました。
音源を圭未に聴かせたら、
「ヒャー!カッコイイ!!」
でも難しそうとも。
頑張ってもらいましょう。
一発勝負さ (笑)

加藤さんからは、事前にリハが出来るか尋ねられました。
加藤さんクラスになれば、
当日リハだけでも充分対応出来るのでしょうが、
さすがプロフェッショナル、
きちんと思うような音が出せるか確認したいのでしょうね。

7月の最初の日曜日、まだ席はあります。
どうぞお早めにご予約ください!
posted by セキシュウ at 19:54| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの曲ですね♪
Posted by やてふ@キタヲタ at 2016年06月09日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: