2016年11月07日

本物

最近、年を取ったせいでしょうか、
あ、先月めでたく54才になりました (笑)
お客様と話していて、ドキッとさせられることがあります。
なんて言ったらいいのか、
若い頃、同じ話を聞いても頭の中でしか理解できない、
今聞くと、心に響く、腑に落ちる、
そんなことが今夜もあったのです。

大したことを言ったわけではない、
(こう書くとその方に失礼か・笑)
音楽の話、いや、音楽に限らずなんでもでしょうが、
「本物とは」という定義です。
何が本物なのか?
たとえば楽器などでも、
「あの人の演奏は本物だ」などと言いますね。
プロ、アマチュアの違いとわりとよく似た話かも知れません。

もちろんその方も楽器を、歌をやっている、
生業にはしてないのでプロとは言えないでしょう。
「僕は・・・」
低い渋めの声で話す方です。
「本物とは」
「続けていることだと思う」

なるほど。
これは全くその通り。
心にズンと響きました。

「続けていること」
そうです。
思い当たります。
僕にとって店がそう。
カラオケボックスは、たくさん立ち上げましたが、
瞬く間に手を離れて行きました。
僕が関係した店で、
オーナーチェンジなど含めカラオケボックスとして今なお営業している店は、
多分ないと思います。
僕にとっては本物ではなかった・・・

なんとかかじりついて13年が今の店。
と同時期にピアノを再スタートして。
まだまだ頑張らないと・・・
真の本物になりたいです。

さて。
今夜も移ろう一文字イメージ行ってみます。
こんなイメージの方ってどんな方でしょうね?
案外知っている方かも (笑)

春から夏は「憂」
夏から秋は「堪」
秋から冬は「忙」
冬から春は「輝」

明日はあなたの番ですよ。
posted by セキシュウ at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: