2016年11月08日

誰も

一日一日と寒くなり、今朝のお客様は完全武装、冬支度でした。
マフラーに手袋、
店内で脱いだコートは膝掛け代わりに、足元が冷えるからです。
暖房はまだですが、もうそろそろか、
「え?もう?」と思うのは、
ついこの前まで冷房だったからで、
丁度よい季節がなかったということでしょう。

夜は雨になりました。
雨を見ていると、
ふと何か曲を作りたくなってしまうのはどういうわけか、
心象を表すのに雨は適している、雨は場面を演出する、
雨にまつわる名曲が多いのがその証拠でしょう。
このところ、さわうたでリクエストの多い「恋人よ」も、
歌い出しから少し経って「雨」が出てきます。

直近に作った曲は、
また夜な夜な夜更かししながらで (笑)
曲や歌はともかく、詞が自分ではなかなか気に入っています。
「誰も」という曲、紹介しますね。
立冬に作りました。

「誰も」

誰も気づかずに 通り過ぎて行く
こんな夜だから 仕方ないのだろう
誰も気づかれず 心隠してる
そんな朝だから 夢に咲くのだろう

一日の始まりは 昨日と明日の
光と影が木霊する
誰か呼んでいる 通りの向こうで
こんな夜だから 誘いに乗ろうか

一日の終わりは 希望と諦めの
背中と胸が喧嘩する
誰も気づかずに 通り過ぎて行く
そんな日々だから 闇に笑うだろう
posted by セキシュウ at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: