2017年02月15日

噂話

昨日はずいぶんピアノを弾いた日ですが、
夜、だめ押しがありました。
オープンして早14年近く、
お客様の質は、当たり前ですがかなり変わった、
開店当時のスナック客は今はほとんどいなくなったのです。

スナック客という表現が妥当かどうかはわかりません。
なんとなく男性ばかりをイメージしますか?
そんなことはない、
お酒を飲んで唄うのは男女一緒で、
どういうご関係かはいずれにしても (笑)
男女連れだって飲み回る、飲み屋のハシゴをする、
その一軒がうちでした。
スナックのママさんやマスター、
小さな居酒屋のママさんやマスターなどが、
お客様といらっしゃることも、よく、
それこそ開店当初は毎晩のようにあった、
それも十年一昔、最近はあまり見なくなりました。

昨夜遅くいらしたのは、新規のお客様ですが、
いかにも前述のスナック客でした。
男性は、僕がやる以前の、大家さんが直接経営していた頃のお客様、
連れだった女性は、どこかでうちの噂を聞いてきた様子、
僕の素性をいきなり口にしましたが、軽くスルーです。
これ、結構なテクニック (笑)

スナック客イコールカラオケ、
それだけで十分楽しんでいたのですが、
やっぱりピアノをと、あるきっかけで勧めました。
「お兄さん、一緒に唄って!」と言われたのです。
お兄さん (笑)
「一緒は無理ですが・・・」ピアノ伴奏ならと、
酔って気が大きくなっていたのか承諾、初挑戦です。
カラオケのように字が消えていかないので、
調子がつかめない様子でしたが、
そこは百戦錬磨、待ちながら、リードしながら合わせていく、
隣の男性が驚いて見ていました。
「音大出てるんだろ?」は常套句です。
いえいえと、これまた軽くスルーして、男性にも勧める、
仲良くピアノで2曲づつ唄ってお開きになりました。
これで800円プラスです。

どうやら女性の方が飲みたい心境だったようで、
「これからどうする?」「もう一軒行くわよ」の会話を、
外でしているのを廊下で聞きながら、
こういうお客様も珍しくなったと思う、
もし僕が、
スナック客相手だけの商売をしていたら、
「もう一軒行かせないくらい」
「うちで飲ませていただろう・・・」
うちでは一杯だけだったのです。
代わりにピアノ。

お酒を勧めるよりピアノを。
その方が今の時代に合っていると思います。
また来てくださると良いのですが。
まあ、そうでなくても、
きっとどこかで噂話をしていることでしょう。
posted by セキシュウ at 20:16| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: