2017年03月05日

愛想のない

昨日、ブログで夜の営業についてぼやいたからでしょうか、
実際の昨夜の営業は、まあまあの入りでした。
同情票が入ったとか・・・
いや、ブログを読んでいらしたわけではありません。
酔った勢い・・・でしょうね (笑)
夜も、少しずつではありますが、常連さんがついている、
一度いらして、また、
或いは、久しぶりにいらして、また来るようになる、
夜の営業については、まだ目は残っているような気もします。

昨夜は、久しぶりにいらしてからは、ちょくちょく来るようになった常連さん二人が、
「マスター、実はお願いがあります」と、
真顔で何をと思ったら、
自分たちがボランティアで唄いにいく伴奏を手伝って欲しいとのこと、
「もちろんいいですよ!」
スケジュールが合えば喜んでいきますと伝えました。
有償無償は関係ない、
格好つけた言い方ですが、そんなものは後からいくらでもついてくる、
きちんとしたものを提供すれば、
例えその場で実らなくても、以後、どこかで必ず実るもの、
それは、長くボランティアをやっているからわかることです。
僕のピアノだって、ボランティアがスタートだった・・・

一夜明けて今日は朝からパソコンに向かっています。
4コマ漫画のお絵描きは5週間ぶり、
それだけ空いたにしては、すんなりと描ける、
ネタを早めに決めていたせいもあるでしょう。
その後、さわ通の編集に取り掛かりました。

午後からは所用で夕方まで外出、
寒くはなかったのですが、暖かいとも言えない、
まだ春とは決め難い空に向かって、

「春よ」
「早くおいで」

01haru.JPG

黄色い花が唄っていました。

そうそう、
前々日の記事に Momokoさんがコメントを、
「愛想のないチラシ」とご謙遜でしたが、
いえいえ、文字だけで Momokoさんの愛想の良さを感じます。

愛想のないとは、こういうことではないですか?

02haru.JPG

いつものサビ猫。
「ちょっと、顔見せて」

03haru.JPG

おおおっ!
一見、愛想のない、どころか、恐い顔 (笑)
でもそれは顔だけで、
本当は甘えん坊で懐っこい、
サビ猫は概してそうであるとは、猫好きさんには有名な話です。
posted by セキシュウ at 20:29| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: