2017年03月15日

1枚のハガキ

3月も半分、変わりなく無事に過ごせています。
無事にとは、意味ありげな言い方、
そう思ってしまったのは、
2日前に届いた保健所からの1枚のハガキ、
内容は、店の飲食店営業許可の有効期限が5月いっぱいで切れる、
「やっと来たか・・・」
営業許可書を出して、待っていました。

有効期間は7年、
2010年に一度更新し、新しく発行し、
古いものの上に綴じてあります。

17155944_1391589544249041_3394249098174813357_n.jpg

これを見ていたら、
営業者の住所が、かつてやっていたカラオケボックスのものと気づく、
と途端、その頃のことが頭の中を駆け巡り、
最後の頃は苦しかった、彷徨っていた、
「あれから14年・・・」
よく今こうしていられる、
「呑気に」
「ピアノなんか弾いて」
「商売できている」
無事に、です。

今度集まる同級生のひとりの言葉が、今でも鮮明です。
このブログにも書いた記憶がありますが、
そちらは鮮明でない (笑)
彼が初めて店に来て、
同窓会で集まった2003年7月のことですが、
以降やりとりしたメールに、
「関くんは、東京で店を開いてすごいね」とあったのです。
そのときは、
「え?」
なんでと思う、
失礼な言い方ですが、
東京の外れの方で、小さなスナックのような店一軒、
「全然すごくないよ・・・」
もっとあちこちでやっていた、
西麻布には事務所を構えていた、
それがダメになって・・・

AMANEを開店した頃は、
今のようにピアノを自由に弾けるなんて夢にも思わない、
グランドピアノを配してみたものの、
ただの客寄せパンダ、
営業的には、呑んだくれ相手の (笑) カラオケスナック業態だったのです。
当時は自分も呑んでやってましたっけ。
ですから、
「何か、すごいことをやっている」なんて感覚はない、
売上だって、
かつて手掛けた店の1日分が、AMANEのひと月分だったりする、
「こんなので大丈夫か?」
それが正直な気持ちでした。

14年、あっという間でした。
今回ももちろん更新手続きを、
次の7年のスタートです。
無事にゴールできるでしょうか?
1日1日を積み重ねるのみです。
posted by セキシュウ at 17:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にお久しぶりです
丁度、倒れて2年
早いものです
再起不能と思われていましたが
3カ月間のリハビリで、日常生活に支障がない程度に
復活しました
お気遣い、ありがとうございます
Posted by よくちゃん at 2017年03月16日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: