2017年05月18日

店舗保険

さっそく園芸系記事にranaさんからコメントが入りました。
そう言えば、ミカンの花は気にして街を歩く (自転車ですが・笑) と、
わりとあちこちに咲いています。
何ヶ所も生る場所を知っているのは、
いかに日々ふらふらしているかの証拠 (笑)
けれど、ranaさんが言うように、こんなに大きくはありません。

香りは爽やかと言うよりも濃厚、濃密が近いか、
昔風に表現するならフェロモンを出している感じ、
朝からクラクラきました (笑)

今日の夕方は、一年に一回の店舗保険更新の日、
いつものように浅原社長が自ら、記入用紙を持っていらっしゃいました。
社員に任せても何の問題もないのですが、
僕とは長い付き合いですし、
少しの時間だけでも顔を見て話すのは、何か刺激になる、
多分そう思ってるはず、
一年一年の重みを感じる・・・
のは僕だけか・・・

店舗保険は前のカラオケボックスから、
こちらは浅原社長が大家さんの物件で、
この時は二度ほど保険を利用しました。
一度は、袖看板が、トラックに当て逃げされ破損したとき、
二度目は泥棒に入られた・・・
これは刑事さんも呼んでの事件だったのですが、
鍵穴をこじ開けたような形跡もなく、
もしかすると合鍵を持った誰か、元スタッフとか云々、
他にも思い当たるフシはあるのですが、今更書いても仕方ないですし、
保険適用したので終わったことです。

「こっちに移ってからは」
「保険のお世話になってないんですよね」

「そうでしたっけ?」

さすがに浅原社長もそこまでは覚えていない、
うちだけ相手にしているわけではないのです。
しかも本業は不動産業、
今現在管理している賃貸物件は、400件くらいあるそうで、
「それは大変ですね〜」
賃貸はいろいろありますからね。
物件の補修、思わぬアクシデント、借主とのトラブルなど、
仕事とはいえ、ずっとそれが続くとなるとストレスが溜まりそう・・・
割り切りが必要になってきます。
まあ、どんな仕事も大なり小なり割り切りが、と言うのはありますよね。

14年間、何もなかったのは、有り難いことでしょう。
保険で支払ったお金は消えますが、
過去には「もったいない」なんてセコイ考えを持ったこともありますが (笑)
今は違う、
お金だって見えてはいるけど本当は見えないもの、
お金自体は単なる紙切れで、
何かを得るための価値の尺度にしか過ぎない、
こんなことは僕が言わなくても、ですね (笑)
保険を掛けて、何もないことを願っている、というのが正解か、
何かあるのは、決して良いことではありません。
また一年、何ごともなく更新できますように。
posted by セキシュウ at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: