2017年05月22日

東十条からのトンネル

何が何だかわからない状態で仕事しています。
土曜日、日曜日、月曜日、
ふだんと違うイレギュラーなイベントで、
「もう、どうでもいいか」と開き直りの心境、
今日の午後のふりうた特別枠のお客様から、
「先生も大変ね〜」と同情され、
「いえいえ、遊びながらですから」と笑って返す、
後で考えたらやや失言に近い、
「遊びながら」にお金を払っていると思われたら炎上か? (笑)
いえいえ、うちのお客様に限っては、そこまではないでしょう。
しかし、土曜日レギュラーのふりうたのお客様には、
一昨日のようなイベント、アコナイ、伴奏ボランティアなどで、
時間枠の移動をお願いすることが多々あり、ご迷惑をお掛けします。

その東京同窓会ですが、行き帰りと京浜東北線、
帰りは同級生たちと連れ立って東十条駅で下車、
篠原演芸場を右手に見ながら商店街を抜け、
秘密の短いトンネルをくぐると、
目の前に店が見えるというコース、
初めて案内された同級生、フルート吹きですが、
「おお〜」と驚く、
これぞ化かされた気分でしょう (笑)
地域のお客様ならよくご存知の抜け道です。

その後、開店時間まで、フルートとピアノで軽くリハ、
開店後、夜だけ参加の、久しぶりの赤ペン女史が、
そして常連の女性二人が加わったところで、
「じゃ、本番を」と二曲、
情熱大陸、花は咲くとメジャーなナンバーを披露しました。
元生徒会長の軽快な手拍子も途中加わり、情熱大陸はテンポよく、
花は咲くは歌詞画面を出して、女性のお客様に口ずさんでいただき、
初セッションは無事終了、
同級生のフルートデビューは、観客は5人と少数ながらも、
記念すべきものになったのではと思います。
女性二人のうちのお一人は、誕生日祝いも兼ねての来店、
良いプレゼントにもなりました。

フルートについては申し分なし、
地元山口や出身大学の九州のオケで吹いているだけあり、
音色、音の揃いが素晴らしく、
しかも銀製のフルートは、店のピアノ以上のお値段、
もうそれだけで皆様圧倒されて (笑)

つまり本気で音楽をやるということは、そういうことで、
なんだかんだ言っても、ある程度の経済的な支えが必要、
小さな頃からとなれば尚更で、
僕などは、その恵まれた環境を持ちつつも、自分から捨ててしまった、
今更言っても仕方ないけど残念なことではあったのです。
けれど、捨ててなければ、店など開かなかった、
著名音楽家になれば、水商売に手を染める必要はない (笑)
と考えれば、
「いいじゃん、これで」となりますね。

「明日大事な仕事で」と同級生の一人が先に帰り、
その後女性二人が帰る、
残った元生徒会長、赤ペン女史、フルート吹きがカラオケで交互に、
赤ペン女史のカラオケはすごく久しぶりに聞いて、
中島みゆきの初期のマイナーな曲がとても印象的でした。
人が唄うカラオケで出逢う曲もたくさんあるのです。

23時を過ぎてお開き、
東十条から乗るフルート吹きを途中まで送ると、元生徒会長が、
道路を渡って、秘密のトンネルに行こうとしたので、
「ちょっと、それはやめときな!」と止めました。
赤ペン女史も一緒にいたからです。
さすがに真っ暗で怖いでしょう・・・
「わかった、じゃ、あっち回る」と元生徒会長、
十条駅とは反対に歩き出す、
「え?駅と逆」と驚く女史、
「わかるの?」と僕が確かめる、
任せとけとばかり頷く元生徒会長、
「うーん、大丈夫?」

まあ、何十回と来てますし、
早めに着いたら時間潰しに近所を散策している筈ですから、地理には詳しいと思います。
何しろ、僕は夜はいつもギリギリの入店ですからね (汗)

一昨日、5月20日はAMANE開店日でした。
どなたにも知らせてませんが、佳い日になりました。
いよいよ15年目の営業がスタートしました、
posted by セキシュウ at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: