2017年06月14日

ゆるゆるリハ

昨夜も内職、パソコンに音符入力していました。
別口からの楽譜作成依頼、
今度の日曜日の歌倶楽部さんの貸切でお渡しするものです。
演歌・・・しかも途中三味線が入ったりして・・・
もう何でもやっちゃう (笑)
今夜歌詞入力して仕上げです。
これが終わればあと2曲、
月内納品なので余裕があります。

怒涛の如くやっていたのは、
今日の夕方のゆるゆるリハに間に合わせるためでした。
実は、作るには作ったけれど一度もきちんと弾いていない、
今日が初見で、
「どこか間違いがあるかも〜」と思いながら伴奏、
案の定一箇所、
圭未の歌にぶつかるところがあり、
確認して訂正しました。
楽譜はおろかコードすらネットに出ていない曲です。
完全耳コピというやつ。
ピコじゃないですよ、コピ、コピーです (笑)
圭未も「気持ち悪いわ」と気づいたようでした。

加藤さんのギターはグレコの渋いギター、
なんでも、やてふさんご推薦のようで、
とても心地よいご機嫌な音色でした。
アンプは地味綾部さんのを使用、
これまた、その小振りさから考えられないような音で、
先日アコナイで使った時は、
ピアノと一緒に鳴らさなかったので、音の加減が今ひとつピンとこなかったのですが、
今日聴いて、程よいバランスでした。
もちろんギターを操る加藤さんのテクニックによるところ大です。

加藤さんが面白いことを仰いました。
渦中のギターは、古い出物で、
「このころの楽器は良い物が多い」と、
そして、
「今回のような、この時代の曲をやるにはこのギターが合う」
1970年代、80年代の曲です。
「当時の音が出るんですよね」
なるほどと感心、
「それに、ピアノとも合うんです」とも。

たしかに、弾いていてすごく気持ち良かった、
多分、唄っている圭未もだったと思います。
本番が楽しみです。
どうやら急いで楽譜を仕上げた価値がありそうです。
posted by セキシュウ at 19:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
加藤さんの血はグレコの紅いカタログの色なんです。 あのギターは不思議なリバーブ感があって『大当たり』の1本ですね←弾く人が良いから?
Posted by やてふ@グレコヲタ at 2017年06月15日 05:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: