2017年06月22日

目の見えない

今日は19名でした。
と、いきなり始めましたが (笑)
さわうたです。
残念、あと一人で3日連続20名だったのに・・・
は望み過ぎ、
19名でも御の字、しかも、内、5名が男性でした!

火曜日は男性が多いのですが、
木曜日が多いのは珍しい、うまく重なりました。
火曜日の男性がお二人、テンテルさんのお知り合い、いつも後半から参加の方、
そしてオオツカさんです。
前半の終わりに不意打ちのように現われた (笑)
ちょうど「金糸雀」を唄う前で、
この曲は4番でメロディーが変わる難曲、
楽譜なしでは弾けず、本を捲り譜面台に置いたところで、
オオツカさんが入って来たのです。
ドリンクは休憩まで待ってもらい、早速歌唱、
オオツカさんの声も聞こえましたから、覚えてらっしゃるんですね。
さすが〜!

オオツカさんのことで、興味のある投稿をフェイスブックで見ました。
目の見えない、全盲のオオツカさんですが、
スマホの音読機能など器用に扱い、
歩行など全て一人で、
(最初店に来るときは、通りすがりの親切な方に案内されて来た、
ただし今では道を覚えて一人で来ます)
特に不自由なく日々の生活を楽しんでいる様子なのです。

オオツカさんが投稿していたのは、
「目の不自由な人」という表現についてです。
そう。
本人にしてみれば、目が見えないのは当たり前のことで、
決して不自由なことではない、
見える人から見れば、(ややこしい言い方・笑) 不自由かも知れないけれど、です。

まあ、ごく一般的に「◯△の不自由な人」は使われていますし、
決して悪意のある言い方ではないでしょう。
けれど、
身近なオオツカさんの投稿を見、その気持ちになって考えると、
「不自由な 」という表現は、
今の社会では慎重に使うべきなのだろうと思います。
目の見えない、で充分でしょう。

午後7時。

soto.jpg

夏至を1日過ぎましたが、まだまだ明るいです。
そしてまだまだ連続出勤は続く・・・
今度の日曜日はゆるゆる、
残席がありますので、お時間のある方は是非!
最後は宣伝になりました (笑)
posted by セキシュウ at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: