2017年07月08日

七夕夜空

狭い日本と言いますが、
九州では豪雨で大変な思いをしているのに関東は晴れ、しかも猛暑です。
昨日今日のふりうたも、その最中にお客様が、
歩いて店までいらっしゃるだけで一苦労です。
店のエアコンは冷風が吹きっぱなしで、
これがまた体にダメージを、
昨日、矢崎さんのオリジナルに対抗して (笑) 深夜の作曲を、
唄ったら声があまり出なかったのは、
多分そのせいだろうと思いました。
常に声は出しているので自分で調子がわかる、
どこまで地声でどこから裏声か、
普段地声で軽く出る「ミ」の音がきつかったのです。
ま、歌手じゃないし遊びだし、どうでもいいけど (笑)
幸い、明日、明後日の昼とオフなので、
しっかり静養、
漫画描きはありますけどね。

深夜の作曲は七夕ネタ、
月が綺麗だったので歌詞にも使いました。

月.jpg

今夜も綺麗、
ちょうど夜の出勤のタイミングで進行方向の空に浮かび、
ボーっと見とれながら自転車で走っていると、
大事なものを見落としそうになります。
って、なんだかわかりますね。
「お待たせしました〜!」ですが、それは明日にしようっと (笑)

七夕ネタの歌詞だけ紹介します。
メロディーはともかく、
歌詞は上手く童謡「たなばたさま」をパロディった感じ・・・
短時間でまあまあ納得。
と、自己満足 (笑)

「七夕夜空」
夜空に浮かぶ月は 
夜空に浮かぶ星は
あの日も今日も変わらない ひとつも
笹の葉の代わりにイチョウが揺れる
きらきらと明かりが灯り出す

夜空に想う君は 
夜空に願う僕は
あの日のことを忘れない ひとつも
短冊の代わりに五線譜を持つ
さらさらと音符が走り出す
posted by セキシュウ at 20:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: