2017年08月04日

貴方の人柄

一日、一日と過ぎ、早くも週末に突入しました。
日曜日は仕事ですから、今月も区切りが少ない、
ちなみに明後日と最終日曜日が仕事、
全休は月2日です。

零細個人商店は、こうでもしないと継続出来ない、
いや、これでもギリギリ、やっとです。
「よくそんなことまでして」 なのですが、
さわうたやふりうた、ライブ等にいらした方ならご存知、
仕事は笑いながらふざけながら、
これでお金が貰える商売など、なかなかないのです。
ふりうたも、
始めた頃はピアノすらろくに弾けず、
歌のアドバイスも右往左往でしたが、
今や9年、
やっとここにきてうまく操縦出来るようになってきました。
色々な方を相手したおかげです。
ジャンルも多岐、こだわらなかったことが功を奏しました。
金曜・土曜とレギュラーの方々が安定し、
空いている時間にスポットで新しい方、
その方がまたレギュラー化していくという、
ありがたいパターンです。

昨日の記事に書いた四人組の中の、
おひとりの女性が、
僕が店が続いているのは、
昼間の営業がうまく当たって、
「運が良かったから」と言ったことに対して、
「それだけではないでしょう」
「貴方の人柄が良かったからでは?」と仰いました。

僕の人柄。
それを決めるのは第三者ですから、
果たしてそうだったのかはわかりません。
けれど、僕の心の中には、
それを常に意識しているというのはあります。

おかしな話ですが、
僕は決して自分を「人柄が良い」なんて思っていませんし、
どちらかと言えば、
そういうものを否定し、若い頃生きていた気がします。
けれど、商売で転び、
プライベートは内緒 (笑)
音楽をやるようになり、
曲を作るようになり、
そして、今のお客様を迎え接客するようになり、
「全ては人柄から生みだされる」と気づいたのです。
簡単に言えば、人間性が音楽に現れるということ。

音楽の技術を磨くなら、人柄も同時に磨かなくてはならない。

もちろん、そんなことをしなくても、
素晴らしい音楽を奏でる人はいるでしょう。
才能があり、
子供の頃から努力し、ひとときも離れず精進した、
いわゆる一流の音楽家・・・
僕は論外 (笑)

では人柄を磨くってどうすればいいのでしょうね。
「普段から心掛ける」
僕はそう思っています。
常に周りのことを思いやって接する、
自分の役割を考えながら行動する、
困っている人がいたら声をかけるし、
ゴミが落ちてたら拾う、
そんなことの繰り返し、積み重ねで、
もともとの性格が、
「イヤな奴」だった僕が (笑) 変わると考えているのです。

特に僕のやっている接客業、そしてピアノ伴奏というのは、
「イヤな奴」「イヤな伴奏」ではアウトです。
相手に寄り添える接客、伴奏でなければ、ですよね。
posted by セキシュウ at 20:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: