2017年08月29日

真っ赤

いやー、肝を冷やしました。
朝の一件もそうですが、
昨夜出勤時、店の前が真っ赤、サイレンけたたましく、
「もしかして、うちか?」

時々不安には思っているのです。
火はほとんど使いませんし、
タバコも最近吸うお客様は少ない、
けれど・・・

火事です。
火元はうちではなく、
うちだったら、こんなにノンビリ書いてられない (笑)
近所のスナックさんで、
不幸中の幸い、鎮火が手際よく、燃え広がらずに済んだようでした。
老舗の高級店ですが、
最近は昼の営業、「昼カラ」もやられていて、
その後のアイドルタイムのボヤか、
或いは夜の営業前の仕込み中、油などへの引火か、
飲食店ですから、充分可能性はあります。
かつて、僕の経営していたカラオケボックスでも、
ボヤ騒ぎがありました。

昨夜遅くまでいた警察や消防の方も、
今朝はおらず、さわうたを終え、店の前を通ったら、
経営者の方が店を開けていましたから、
しばらくは無理でしょうが、
そのうち再開できるのでしょう。
良かった・・・
同業者同士、変な連帯感がある、
もっとも、向こうはうちなど相手にしてないでしょうけど (笑)
女性が接待するお店ですからね。
うちは・・・
やめておきましょう (笑)

実はそれが昨夜7時のこと、
その17時間前、午前2時頃、
これまた店の前が真っ赤だったんです。
こちらはパトカー、
トラックが駐車している乗用車にぶつかる派手な事故、
店でピアノを弾いていたら、
(またまた悪癖・笑)
「ドン」「チャリーン」と衝撃音とガラスの割れた音がしたので、
見に行ったら、
路肩にトラックを止めて電話をしている若いドライバーがいました。
その後、パトカー、自転車のおまわりさん、
そして同じ会社のトラックが、
急いで荷物を積み替えてましたから、配送の時間制限があったのでしょう。
バックアップ体制に感心しました。

しばらくして、また外を見たら、
自転車のおまわりさんが、ホウキとチリトリで、
道路に散らばった車の破片を集めていて、
これまた、ご苦労様、
仕事とはいえ、そこまでよくやるなあと思う、
アクシデントやハプニングも、
こうして周りのサポートによって片付け、整理されていくのでしょうね。
助け合いです。

朝の一件は、
いろいろな方がいろいろご意見なさっていますが、
昨日のことを考えると、
まずは本土に落ちなくて良かった、
そんなつもりはなくても、機械モノ、わかりません。

人間の欲は果てしないですね。
鳥たちのように空を飛びたかったのか、
蝶たちのように舞いたかったのか、
その道具を発明しましたが、
それがお互いを殺し合うものに発展するとは・・・
青い空に浮かぶ月を見ながら、
不条理を思いました。

tuki.JPG
posted by セキシュウ at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: