2018年05月03日

5月3日誕生

10周年をあまり意識しなかった理由の一つに、
「小高い丘」の存在がありました。
レコーディングは2012年の5月3日ですから、
まさに今日から6年前、
同級生が中野のスタジオに集まった、
その日から「闘病の友人への応援歌」として、
彼が旅立つまで、そして彼が旅立ってからも、
まるで彼が遺した足跡のように、
しばらくみんなの心に存在したのです。

その後、同曲は、2013年の高校同窓会のDVDのエンディングで使われたり、
その翌年の中学同窓会で、番組OA録画をみんなで観たりと、
それは店とは全く関係のない出来事なのですが、
店があったからこそ生まれた曲、
開店10年頃は、まだ全力で走っていた途中でした。

その番組・・・
今日は特別にここで紹介してみようと思います。
「どうして今更」という方はごめんなさい。
観ないでスルーして (笑)
2012年8月に地元のテレビで放映されたものです。

posted by セキシュウ at 18:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、ゴールデンウィークの最中何気なく関さんのブログを見て感動とリスペクトで心が震えました。
水織さんの紹介をきっかけに自分の音楽観を理解してくれるオーナーと店を見つけることができて喜んでいたわたしですが、今日の投稿見て改めて関さんの音楽と歌に対する真摯な思いに感動しました。
歌の持つ力はそれを躊躇いなく実行する人に宿るのですね🎵 商売の経営が難しくなっている昨今、信念を生業にする事は大変だと私自身も実感していますが、拠り所ににしている私たちの為に頑張ってください♪
Posted by 矢崎道治 at 2018年05月03日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: