2018年07月19日

これからの

「猛烈な暑さ 不要な外出避けて」
そんな文言が今朝、目に飛び込んで来ました。
不要な・・・
「さわうたはどうなのか?」

どうやら不要ではないようで (笑)
今日は昨日より1名多い23名、有り難い限りです。
てきぱきとドリンクを、
これがまずは大切で、ここで躓くと、始めるのが遅くなり、
無駄話も出来なくなり (笑)
ただ時間内に収めただけになって、
まあ、それはそれで悪くないのですが印象には残りません。
ときどき脱線したり、妙なツッコミがお客様からあったり、
その方が愉快なのです。
ドリンクサービスに命を賭けている、はオーバーですが、
ミスのないように、動きの無駄がないように、
毎日のことですが考えながらやっています。
そうでなくてもこの暑さ、
ボーッとしちゃいますよね。

午後からはJOさんと進行台本の打ち合わせを、
彼に限らず、
きちんと意見してくださるのは本当に助かる、
僕のとんちんかんな (笑) 案は却下されたり、
ビシビシと指示を、
考えてみれば、これはSo☆Genの歌詞を足す、ラップにする時から始まっていて、
歌唱指導もJOさんでしたし、今回の全ての演出も彼、制作物、映像処理も、
ひいき目かも知れませんが、
JOさんの能力は素晴らしい、
けれどそれが、今のところそんなに実になっていない、
つまりお金に替わっていないのは、
「うーん、なんとなく・・・」
草原の主人公に似ている? (笑)
言い方は悪いかも知れませんが、ずる賢くない、というところでしょう。
真っ直ぐ過ぎるのかも。
これは余計なお世話 (笑)
人のことどうこう言っている場合じゃない・・・

そのJOさんは、今晩、出来上がったプログラムを届けてくださいます。
そしてもうひとり、
31才の若手歌手が来るのですが、
21日の土曜日に予定していた彼のライブは延期になりました。
今後のことを話すために来るのです。
音楽活動を続けていくこと、
ファンを増やすことは、思っていたほど簡単ではない、と気づいたのでしょう。
特にファンという面は、
僕も店をやっているからわかりますが、
どこをどうすれば、維持し、増やせるのか、
ただ音楽性だけでファンはついてくるのか、
ファン同士はどんな関係なのか、
その心理は、なってみないとわかりませんし、またそれぞれ違うでしょう。
難しい・・・

よく言いますが、
ビギナーズラック、最初の1回2回は、どんなものか見に来たり、
あるいは家族、友人、知人、
よくあるパターンは同級生などが、見に来てくれる、
ただそれは本来のファンではないと思います。
そこに来ることで、何か「特別な思い」をしなければ、
リピートはしません。

音楽をするのに、資格は必要ない、
店を出すのも一緒、保健所の許可をもらえば良いだけで、
料理学校を出る必要もない、
誰でも出来るのです。
難しいのは、ファン、お客様を満足させ、
何らかの報酬を得ること、
それを維持していくこと、
そこらじゅうが競争相手と言っても過言ではないでしょうね。
31才の彼、
そして昨日のロビンさん、
JOさんも?(笑)
これからの活躍が楽しみです。
posted by セキシュウ at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: