2018年07月26日

みんなのまり祭

久しぶりにブログに向かう気がします。
昨日は、記事自体は昼過ぎ、
みんなのまり祭の会場、内幸町ホールに向かう前、
さわうたが終わって片付けて、急いで書いたのですが、
書いたというよりも並べた、
予告した通りの手抜き (笑)

話は変わりますが、
時々、ひょんなところで、「ブログを読んでます」と言われます。
昨日も、内幸町ホールで出演者の女性から、
当然先方は僕の素性をご存知で (笑)
「私、隣の宇部市出身、宇部高校なんです」と、
しかも学年が1つ下、
宇部高校といえば、中学から進んだ友人が、
かなり有名なお仕事をしているので、
(ニモのパパあたりはすぐにわかる!)
彼の名前を出してみようかと思いましたが、
いやいや本番中、あまり盛り上がってもいけない (笑)
またの機会にとっておくことにしました。

まあ、山口について言えば、
実質この「まり祭」を総括していると思しき音楽監督の上里さんが、
山口出身、萩高校、
と、ずっと思っていたのですが、
高校で転校し、京都に行ったとは、昨夜初めて知りました。
そこで高校野球の応援、
ブラバンのヘルプに駆り出されたとか、
「ええっ?ピアノ弾いたんですか?」とツッコんだら、
「ブラバンにピアノありません!」
大笑い、そりゃそうだ・・・
上里さん、当時、楽器はなんでも吹けたそうで、
その時はトランペットだったそうです。

こうして考えると、
やっぱり、仕事で今も現役で活躍なさっている方は、
上里さんのように、大抵は若い頃から頭角を現すもの、
当時を知る人は「やっぱりそうなったか!」と言うでしょう。
バスケばかりやっていた僕などが、
そうそう通じるものでもなく、
今回は、ピアノは全て上里さん、
そこに僕だけひとり、ぽつんと拙い弾き語り、
ある出演者が、
「あの上里先生が」
「よく、関さんにピアノの椅子を譲ったと思いますよ」と、
ちょっとドキっとしました。
「たしかにそうだ・・・」

その上里さん。

01mar.jpg

下手の袖から。
唄っているのは主催のまりさんです。
本番中もこういう写真を撮ったり、
出演者、バンドのメンバー、スタッフと交流するのは、
僕の得意技 (笑)
ついでに客席まで出ていって顔見知りにご挨拶、
これは、末席の分際で良し悪しですが、
配られたプログラムには、
僕の歌のところの紹介が、
「十条アマネのオーナー」ときちんと書いてあり、

00mar.jpg

ならば知っている方に「ようこそ、こんばんは」と挨拶しようと思ったのです。
多くの方は、店にいらした方、
作詞家のてちんさん、お連れのMichikoさん、
世田谷南北さんもいらっしゃいましたし、
まりさんの生徒さんもたくさんいらしてました。
水織ゆみさんのライブでお目にかかった方も、
もちろん、AMANEでチケットを買ってくださった方も (笑)

途中、作詞家の紹介コーナーで、
会場にいた、世田谷南北さん、

02ma.jpg

お辞儀をなさっています。
僕が世田谷南北さんの歌詞に耳が留まり、
まりさんのメロディーに心が揺れなかったら、
この場にはいなかったと思います。
実に音楽ってフシギ。

ステージは、熱唱シャウト、しっとり訴唱、
踊りもあり、

03mar.jpg

まりワールドのおもちゃ箱、
間髪いれず飛び出して、
飽きることのない構成だったと思います。

奥ではカメラも回っていました。

04mar.jpg

4カメです。
DVDになるそうですね。

その他、客席からは観られないシーン、
開幕前、

05mar.jpg

「火の用心」 (笑)

上手の袖から、
まりさんではお馴染みの黒ネコの歌、

06mar.jpg

ネコのシッポがちらっと見える?
個性溢れる出演者たちでした。
それぞれのことについては、
出演者同士、初めての方たちばかりで、僕が語るはふさわしくないでしょう。
おひとりだけ、
前回も書いたウスイトオルさんについては、
今回もいろいろ話しましたし、AMANEでライブも決めましたので、
後日触れてみたいと思います。

第1回。

07mar.jpg

あとにもさきにも1回しかない。
当たり前のようで、当たり前でない、
記念すべき初回です。
決して忘れることはないでしょう。
店で言えば、開業日みたいなもの。

08mar.jpg

皆さんが中で楽しんでいる最中、
入り口のお花は小分けされ、お持ち帰りの準備が進んでいました。
スタッフの方が、僕の様子に気付き、
「もう、生花は・・・」と、
飾られていない状態を、
「インスタ映えしなくてスミマセン」と謝っていらっしゃいましたが、
いえいえ、
こうして、お客様のために、せっせと作業している姿の方が、映えます。
インスタはしてませんが・・・

僕にとって生花のある、
いや、成果のある (笑) みんなのまり祭でした。
近くのビアホールで打ち上げを軽くして、
アコーディオンを担いで内幸町の駅へ、
午後11時ころ、

09mar.jpg

ハートの時計台。
奥は日比谷公会堂。
暑さが和らいだ都会の街を後にしました。
posted by セキシュウ at 18:18| Comment(0) | 出張演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: