2018年08月31日

一人

今日で8月が終わりです。
今夏を象徴するような一日、
猛暑日、ゲリラ豪雨と、
都下ではヒョウが降ったとか、
十条も、午後3時過ぎ、空が暗くなって風も強く、
「そろそろ来るかな?」と思ったら肩透かし、
普通はこれでそのまま晴れるところ、
もう一弾、午後6時に、今度は大量に降りました。
傘を手放せません。

僕はその間はラッキーにも室内、
ふりうた中と、夜の営業の前のインターバル、
相変わらずの長丁場です。

先日、調律のまっちゃんが、
「最近、身体がきつくて」と、
若い頃と同じように出来なくなってきたことを嘆きました。
彼の仕事は、調律という特別な技術職とはいえ、
経験を積んだら短時間で終わるとか、
技術料、つまり調律代が上がるというものではなく、
たとえば、うちのピアノなら、
ピアノを入れた15年前と、今は全く同じ代金、
かかる時間も一緒です。
増えたのは、半年に一回を、3カ月に一回にしたこと、
でもこれは、彼の労力の対価の変化ではなく、
うちの費用負担だけ、
彼にしてみれば、調律をたくさんすれば売上は上がり、
減らせば売上も落ちる、
言葉は間違っているかも知れませんが、
肉体労働に近いものがあると思います。

まっちゃんも50を過ぎ、
かつてと同じ仕事の量では身体が少々辛くなってきた、
そして今後、このスタイルをいつまで続けるのか、
悩むようになってきた、
きっとそんなところでしょう。

これは以前、同じような技術職の美容師の広瀬氏も言っていた、
そこで彼は、多店舗経営することで、
少しでも自分の負担を減らそうと考えたのは、
彼から聞いたわけではありませんが、容易に察するところです。
もちろんそれにはリスクもあり、
経営が傾けば自分も苦しくなる、
スタッフを使う苦労は僕も経験しているだけによくわかる、
今、僕が気楽にやっていられるのは、
人を雇っていないに起因するところが大きいですね。
昨日、一昨日のように、
フラフラにゃんこを追い掛けているなんて、
従業員がいたら、まず無理でしょう。
「社長、そんな暇があったら」
「夜の営業、もっと努力してください!」
絶対言われる (笑)
夜、ブログを呑気に書くことも出来なくなると思います。
一人だから許されるということも多々あります。

どっちが良いかはわかりませんし、
どっちも出来るというものでもない、
僕は幸い二つともやりましたが、
自分の変化をより確かめられるのは一人の気がします。
まあ、会社経営の方は、
少し上がっただけであとは一直線に下降、
変化なんて確かめる暇はありませんでしたけど (笑)
このままずっと一人か、それとも・・・

おっと、
一人って書くと淋しい感じがしますかね?
周りにお客様が大勢いらっしゃいますから、そこは心配なし (笑)
さて、9月も頑張りましょう!
posted by セキシュウ at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: