2018年09月16日

畑ミーティング

ウスまり畑、略してUMBですが、
と、だんだんわけがわからなくなってきた (笑)
ウスイさんは、ブログをお読みでご存知、
驚いたのは、
ウスイさんが、まりさんに、
「まりさん、アマネさんたら、我々のことウスまり畑と・・・」と言ったら、
まりさんが、
「知ってます」と、
えっ?
ということは、まりさんもブログをお読みで・・・
こりゃ、下手なことは書けない (汗)
なーんて。
ま、自然体で行きましょう。

ブログはどなたがどんなタイミングでお読みかわかりません。
フェイスブックもしかりですが、
飾らず、等身大で投稿するのが一番、
実際に会ったとき、
「ブログで読んでいた通りだ」と思われます。
逆だったらどうでしょう。
「立派な文章を並べ立てているわりには・・・」
「言っていることと、やることが・・・」

おっと、ごちゃごちゃ長くなってきた、
早く本題を (笑)

夕方は、そのウスまり畑、UMBの初のミーティング、
荻窪の上里さんの練習室まで行ってきました。
グランドピアノの部屋に、
まりさん、ウスイさん、上里さんと入り、
僕が上里さんの伴奏でレコーディング予定の3曲を唄うという、
3人の大先生の前で、これまたあり得ないシチュエーションです。
楽曲が届いて1ヶ月も経っていない、
しかも3曲目の「パパの作りばなし」は、火曜日に手元に、
それから、一枚の、
本当に、どんなものだかわからない、たった一枚の五線譜、しつこい (笑)
そこから歌にするというのは、
簡単なポップスならともかく、
必ずどこかに仕掛けのある米田まり作曲、
字数をあまり気にしないウスイさん、いや伸我作詞で、
さすがに3曲目のチェックはダメがたくさん出ました。
まりさんに模範歌唱していただき、
夜中、ちょっと練習し、ウスイさんに動画で確認してもらったら、
「アマネさん、ずいぶん良くなりましたよ!」

ウスイさんとのやりとりは、
僕の歌唱を動画で撮り、YouTubeにアップ、
それを見ていただき指導してもらうという方法、
これ、今ならではですよね。
わざわざ対面してやらなくてもいい、
ウスイさんから歌い方の指導のほか、
曲のイメージをしっかり伝えられる、
それがまた詩的でおもしろい、
プラス誕生秘話、
つまり、ウスイさん、まりさんから聞き出したプライベートが (笑)
僕の中で浄化されイメージに加わっていきます。

まりさんから、たくさんのヒントを頂きました。
普段は、店でのやりとり、
店の経営者と出演者という立場で、
業務以外のことはお互いほとんど口にしません。
ところが今回のこと、
立場としてはまりさんは作曲者であり指導者、
僕は、一言で言えば生徒、
ウスイさん、まりさんという二人の先生から、
普通はお金を払って、
いや、お金を払っても教えてもらえないようなことを、
この機会に教えてもらえるのですから、
とても恵まれているのです。

2時間弱、
あれこれ指導、キーを決めたり、上里さんには編曲のお願い、
今回は曲調から、ピアノと弦カル、フルートで行くことになりました。
弦カル、弦楽四重奏、バイオリン2本、ヴィオラ、チェロです。
おお、豪華!
今まで打ち込みか、
打ち込みプラス楽器ひとつでしかレコーディングしたことがない、
上里さんのピアノで唄わせていただくだけでも光栄なのに、
さらに楽器が加わる、
フルートはたぶん先日まり祭でご一緒した川村裕司さんなので、
こんな嬉しいことはありません。
上里様様 (笑)
費用面も「上里価格というのがあり・・・」
大感謝!

ウスイさんの一声で、決起大会を。

kaidan.jpg

これが今回のレコーディングのコアメンバーです。
第1回畑ミーティング (笑)
みなさん、多忙のところ、ありがとうございました。
次回はいよいよレコーディング、
編曲、スケジューリングを上里さんに託しました。
僕はそれまでしっかり練習です。
来月中には音源完成、
11月初旬に若松社長のところへ入稿です。
それでカラオケDAMに入るのが2月。

ウスイさんはさすが業界、
早速このことを、あさみちゆきさんにご案内したようで、
「発売日が決まったら教えてください」
とあさみさんから返信があったと、
これは頼もしい!
あさみさんが唄った方がヒットするのでは?(笑)

僕もフェイスブックで今回のことを投稿、
多くの同窓生から祝福のコメント、
さらに8つ上の山縣先輩には、ある方を紹介され、
その方がウスイさんの演歌歌手時代の恩人だったという奇妙な縁、
そう、ウスイさん、20代で「中原伸」という芸名でデビューしたのです。
作詞者名、伸我の「伸」はそこからきているのですね。
posted by セキシュウ at 19:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: