2018年09月17日

真打ち登場

昨日今日と全休、2連休です。
ゆっくりのんびりと行きたいところですが、
所用があったり、歌詞ブツブツのUMB (笑)
早く歌詞を頭に入れないことには、歌に心がこもりません。
さらに独唱会の準備、
こちらは久しぶりにバイオリンの不尽子さんがサポート、
今日、参加8名分の譜面と音源を揃えました。

独唱会は春と秋、
ふりうたのお客様の中から毎回参加、
独唱会を目標に練習を重ねる方が大勢いらっしゃいます。
それでも、ご自身の体調、ご家庭の都合で参加出来なくなったり、
あるいは、もうこの世から旅立ったり、
なんとなくやめていく方、
過去を遡れば、もう何名、何曲を一緒に弾いて唄ってきたのか・・・

今回、ウスイさんから声を掛けられ、
「唄ってください」と、しかもレコーディングと、
大それた話まで (笑) 発展しました。
NHKのど自慢を優勝し、歌手として厳しく指導されデビューしたウスイさん、
芸大の声楽科を卒業し、多くの生徒を指導しステージに立つ、まりさん、
その二人から見れば、
僕の拙い歌など、はっきり言って「下手」の部類、
それなのに、どうしてこんなこと・・・と考えます。

畑ミーティング、会食のあと、駅に向かって歩きながら、
まりさんと話をしました。
「あまねさん」
「あまねさんの、素朴さは必ず残しておいてくださいね」
良い声を出す、声を響かせる、大きな声を出す、
テクニックを今さら求めても遅い、
変にそれを意識して唄うことで、元々持っている魅力が失われる、
僕の持っている魅力こそ、その「素朴さ」なのでしょう。
そして、今回の3曲が、僕に合っている、ということなのだと思います。

実は、「帰りたい場所」をメインに考えていたのですが、
3曲唄ったあと、
僕の歌唱や、今までのそれぞれの曲の反応 (まりさんが唄ったときなどの) から、
メインの曲、一押しの曲を、その日一番うまく唄えなかった、
「パパの作りばなし」にしようということになりました。
おもしろいですね。
最初は「波に寄せて」だった、
次に「帰りたい場所」になり、
最後の最後で「パパの作りばなし」
真打ち登場!!
ってことでしょうか (笑)

編曲をお任せする上里さんが、
「パパかな…」とポツリと仰ったのを聞き逃しませんでした。
ウスイさんもそれを。

一人より二人、二人より三人、三人より四人・・・
集まれば良い知恵が出ます。
レコーディングの日程も今日まりさんから連絡が、
さあ、がんばりましょう。
「パパの作りばなし」ご期待ください。
歌、練習しなきゃ!(笑)
posted by セキシュウ at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: