2018年10月23日

アコナイ新企画

産地直送、ともいうべきか、
ウスまり畑の使用人 (笑) 関周、
採っては売り、採っては売り、
発売前なのに、PRに余念がありません。

日曜日、都留市合唱連盟の方々の前でも、
終わってからのお茶の席、お疲れのところ恐縮でしたが、
「パパの作りばなし」を唄わせてもらいました。
恒太先生はブログで経緯をご存知でしたが、
他の先生方はまだ、
いきなりのCDデビューに目を白黒、
実際出来上がってから届けても良かったのですが、
やはりお世話になった先生方、ナマで聴いて頂きたかったのです。
特に天野先生には・・・
きっと喜ぶ、はず・・・

これは僕の勝手な思い込みかも知れません。
僕のデビューなど、
合唱に携わっている方々には、なんの関係もない、
ただ僕が、勝手に騒いでいるだけかも知れない、
「朝早くから準備していて」
「やっと終わり、のところに」
「僕の歌など、なんの意味が」
唄いながら、そんなことが頭を過ぎる、
天野先生に駅まで送っていただき、
鈍行電車に揺られながら、
「やはり唄うべきではなかったか」
少しの後悔がありました。

これはたぶん、この先も、
歌手としてやっていく上で常につきまとう思いなのでしょうね。
ウスイさんが、
「これから波風立ちますよ」と仰っていた、
都留のことが波風とは思いませんが、
いろいろな意味で、今までとは違う、
甘い、生ぬるい環境で、店で好き勝手やっていたのとは、
明らかに違う状況が待っていると思います。

一方、店にいらっしゃるお客様は、
僕の歌を聴きたいと思っている方が多く、
うまく話を振っているのもありますが (笑)
「ぜひ、聴かせて!」と仰います。
毎晩のように唄っている、
昨夜のカップルは聴きながら号泣、
お酒のせいもある・・・(笑)

先週金曜日はでんでんの豊原さんに、同級生の女子に、
そして土曜日には王子のジェントルマン、矢崎さんに唄いました。
矢崎さんには、デビュー秘話、レコーディング秘話など、
おもしろおかしく、
ここに書けないこと、かな?
聞きたかったら、ぜひ店へどうぞ!(笑)

矢崎さんは用があっていらっしゃいました。
チラシ持参です。
アコナイ・・・

第32回アコナイ.jpg

今回は新企画、マスターズ!
どうなるか、とてもとても楽しみです。

僕の音楽に対する姿勢は、
どんなことがあっても、真っ直ぐ、ぶれずに。
音楽は、人と人を繋げ、心を豊かにするもの。
そしてそれに感謝するもの。
がんばりましょう。
posted by セキシュウ at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: