2018年12月14日

もういない

金曜日になりました。
先週の忘年会連続4日営業、
1日は営業の種類が違う、CD発売の営業、キャンペーンですが、
と違って、
今週は、日曜日も予約営業しますが、大して忙しくありません。

なんとなく、暇になると思い出してしまうのは、
彼を慕っていた同級生なら多分同じ、
僕も、ふと、
「もう、いないんだなぁ」と。

店には彼の名残りがたくさんあります。
カウンターに座ったときの、
奥に奥様と二人座ったとき、同級生大勢と座ったとき、
眠くてソファーに寝たこともあったっけ、
ギターも弾いたし歌も唄ったし、
ブラウニーを切ったり、通訳もしたっけ、
面影はそこここにあるのです。

いろんなものもくれました。
ギタースタンド、キーボードスタンド、
使ってないけれどマイクのエフェクター、
他にも何かあったか・・・?

日にちが経つにつれて、
もういない現実がよりリアルになってきて、
どうしようもない気持ちに包まれます。

闘病を始めてから、
今までの彼じゃない、
いや、今まで見せなかった本当の彼と、
いろんな話をした、メッセージのやりとりをした、
そこで学んだこと、
それが余りにも大き過ぎて、
なにか、自分の中の、
すごく太い柱を失ってしまったような、そんな気が。

まあ仕方ないですね。
書いたところで・・・

空の上から見てる。
うそ。
そんなの自分の勝手な思い込み。
彼はもういない。

この先、どんなに辛くても、
最後まで闘った彼に負けないように頑張るだけ。
それだけです。
posted by セキシュウ at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: