2018年12月23日

歌を聴いて

今日、明日と店は休みです。
けれど、仕事はしている、
今日は譜面作りでした。

歌手デビューという、
この上ない機会を頂き、
今までの、店だけに限る、ピアノ伴奏のみの活動から、
どうなるかはわかりませんが、
歌手として前に立つ、
おもてに向けて発信できる立場になった、
これはとても大きいこと、そして責任あること、
その為に年中無休を誓いました。

いろいろな方に歌を聴いてもらっています。
興味なさそうだったり、
お世辞の褒め言葉、
もちろん苦言に近いものも、
そんなあれこれが全て有り難い、
人がどう考えどう思っているのか、どう行動するのか、
本やネット、テレビ等で見る読む聞く情報と違い、
生きた情報だからです。

これは僕の単なる思い込みかも知れませんが、
店でお客様に歌を聴いてもらった後、
いつものようにピアノ伴奏で唄ってもらうと、
よりお客様との気持ち、関係が近づくような気がします。
昨夜も、5人組の僕より若いグループ、
タイミングを見て「パパの作りばなし」を、
グループ唯一の女性が一生懸命聴いてくださり、
その後の僕のピアノ、
その前も1回やってましたが、
とても上手く唄われたようでした。
「天城越え」をジャズ風に、目を白黒させながらもついてきて、
「わー、すごーい!」
良かったです。

何がそうさせているのか、
なんとなくですが、
歌のおかげとも思っています。
決して張り上げることなく、
淡々と読み聞かせするような「パパの作りばなし」は、
聴き手をリラックスさせている、
そんな感じも察するのです。

ある若い、10代の学生は、
「勉強するとき聴くのにいいね」と、
これは面白い感想でした。
posted by セキシュウ at 23:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: