2018年12月26日

中学教師

さすが師走、ここにきて押せ押せになってきています。
今夜は中学の同級生で教師、
タイガーシュン、なんて言ってましたっけ (笑)
開店間もなく来て、長話、
先日他界した同級生のこと、僕のデビューのこと、
それから昔話、と言っても「小高い丘」を作ったりした頃の話、
最近のようでそうでもない・・・

実りある話もたくさん出来ました。
彼の職業、中学の先生ですが、
今の子どもたちの実態、それはとても興味があります。
「パパの作りばなし」の子どもたち、パパ、
歌詞では小学生くらいのお兄さんの設定ですが、
中学生でも大差ない、
それを日々見ている彼の言葉には、ある種の重みがあるからです。

今になって思うのは、人間、持つべきものは、です。
彼に限らず、同級生、同窓生、
このブログでは秀樹くんやその周り、
GO本さんの弟、徹くんや周り、その後輩、
先輩においてはスギパイ、8つ上の山縣先輩など、
いろいろな形で関わってくださる、
しっかりと意見を、協力をしてくださる、
これほど心強いものはありません。

昨日の午後は若松社長のところへ、
忙しそうにしていらっしゃいました。
しかも、CDなど荷物が多く、
座る場所を一瞬戸惑ったほどです。
そばで、お抱えのスタッフ、僕より上の男性がパソコン作業、
ちらっと見たら、年賀状印刷です。
急げ急げ (笑)

社長のデスクは書類やCDが積み上げられ、
「これは、さては乗ってきたな!」
上昇気流、
僕もこう見えても (笑) 過去は会社経営者、
あちこちクライアントはいましたし、
大体の状況を知る力はあります。

すると社長の口から出たのは、
「周さん・・・」
社長、僕のこと、あまねさんと言ってくださる、
これ嬉しい、
「聖子ちゃん」と松田聖子さんを名で呼ぶと同列、
ではないか (笑)
でも親しみを感じます。

重要なのは、その先、
「ここじゃ、手狭なので、もう1つ事務所、借りたんです」
「来月、そっちに」

業務拡大、嬉しいじゃないですか!

ますますやる気が出てきました。
2019年、突っ走ります。
タイガーシュンと今夜話して、その思いが確固たるものになりました。
posted by セキシュウ at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: