2018年12月27日

もういつつ

「もういつつ寝るとお正月」
いくつを、いつつ、に変えるという、
もっとも古典的な替え歌?(笑)
これで一年の締めくくりをしたのは、
朝の営業、さわうたです。
正確には、そのあと、1月1日、草原と唄っていますが、
気分はもういつつ寝ると (笑)

2018年もいよいよ終わりです。
昨夜タイガーシュンが、
「あまねくんの一年は、激動だったでしょう」と、
後半のデビュー、前半の新しい草原発表を鑑みながら言う、
そうかな、そうでもないな、が正直な感想でした。
後半のデビューは、
もちろん予測だにしなかったことで、
とにかくやらなきゃと、
歌はもちろん伴奏、各種準備に追われましたが、
激動とは感じませんでした。
いつも通り。

どうしてか。
それはタイガーシュンにも言いましたが、
自然体だった、
特に気張ったわけではない、
そしてこの先、多少のプレッシャーはあるけれど、
それは店の営業でも同じこと、
歌手としてそこそこ行けるのか、 CDが売れるのか、
イコール、
お店にお客様が来るのか、維持できるのか、です。

少しずつ、目先の目標を作っています。
なんでもいい、
さわうたで面白い伴奏をすること、
夜の営業でデビュー曲を唄って反応を見ること、
フェイスブックやブログを更新し、
自分の思いを綴り続けること、
にゃんこの笑える写真を撮ること (笑)
オザヒロさんに良いアドバイスをすること、
その他あれこれ・・・
その細かい繰り返しが、
知らず知らずのうちに、
どれもこれもそれなりになっていく、
影響を与えられるようになっていく、
それが楽しいです。

見た方も多いでしょうが、
他界した同級生、
彼のミサンガの上達ぶり、
ブログでそれを見た日、メッセージを、

「ミサンガ、上達し過ぎ!(笑)」と送ったら、

「ははは、ありがとう!」
「だいぶ手慣れてきて、速くなってきたよ」

12月1日。
これが彼との最後のやりとりになりました。

僕が彼にミサンガを見せてもらったのが11月19日、
自分の腕に、テーブルに、
それらはお世辞にも上手とはいえない、
ちょっとヨレヨレっとした、
どこかの国のお土産の安いアクセサリーみたいな感じ、
(失礼・笑)
それが10日も経ったら、合わせ目がピシッと、
一本の細いロープのように、
青と白の美しいスッキリした模様の、
石の色は、まるで宗像の海のような・・・
見てませんけど。

もう一度行ってみたくなりました。
時間があったら、彼の見てた海にも、その日行きたかったのですが、
宗像大社を少し見ただけで終わりました。
来年、2019年、
機会があったら行ってみるかな・・・

来年も、今年同様、どんな年になるかわかりません。
でも今年同様、自分らしくいきたい、
今まで周りから教わった全てを身にまとって。

もういつつ寝るとお正月です。
posted by セキシュウ at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: