2018年12月30日

暮らし

いよいよ大晦日が近づいてきました。
近所では、先日来、元気のいい掛け声、餅つきです。
小さな神社の一角では正月飾り、門松を売り出し、
スーパーはここぞとばかりおせち料理、
一年の始まりを祝う準備の、一年の終わりです。

考えればキリがありません。
いろんなことが色々起きた、
ただ1つなら、
その気持ちのままにずっと考えるのでしょうが、
たくさんの出来事、
そしてこれから起こらんとしていることが、
それを許しません。
もう身を任せるしかない・・・
流れに。

毎日毎日ピアノに向かい、
人の歌声に耳を傾け、
そんな暮らしはどうなんだろうと思います。
そうじゃないときは、
カウンター越しに人の話を聞き、
相づちを打ったり、質問に答えたり、こちらから問いかけたり、
最後は「ありがとうございます」
「またお持ちしています」

歌手になったからといって、
この暮らしは大して変わらないでしょう。
あるいは、多少外に出ることになっても、
やることは変わらない、
人と何かをするのです。

小さな頃に、そんなことをする大人になろうなんて、
これっぽっちも、1ミリも (笑) 思ってませんでした。
音楽なんて、
もう小学生高学年になったら、全く興味なかった、
社会に出てDJという職業に憧れ、短い間なりましたが、
それは音楽の持つファッション的部分に惹かれただけ、
つまり「かっこいい」
今、僕がやっている音楽とは全然違います。

来年はまた多くの出会いがあるでしょうね。
大事にしていきたいです。
posted by セキシュウ at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: