2019年02月10日

アコ35

連休の中日、というのでしょうか、
今日はアコナイでした。
主催はお初のケッペキーズさんですが、
何度も出演のベテラン、安心して今日を迎えた・・・
が、びんごさんから、
「相方のミモティが体調崩して」
おやおや、急遽、一人で切り盛りすることになりました。

ところで、このアーティスト名のびんご、
ビンゴゲームのビンゴ!のように勘違いしそうです (笑)
岸ヒロユキさんが由来を話してくださいました。
「びんごさんの出身は広島で」
「 備後地方から、びんご」

実は僕の名前、周もその意味もあります。
周防地方。
母子手帳には、周防の地で生まれた・・・と書いてあったはず、
父の字で、です。
僕もそれが名前の由来、
そして、あまねく、の意味もとばかり、
ごく最近になり父の口から「西周のような立派な学者に」と、
「それは期待を裏切り申し訳ございません」(笑)

話が逸れました。
びんごさんが一番乗りで来店、
同じ頃、おにぎりが、

01ac.jpg

今日も40コ!

すっかり定番になりました。
美味しいおにぎりと、美味しい音楽、
それに今回も、めりっささんがアロマを用意してくださり、
癒しの空間が完璧に出来上がる、
アコナイは開催ごとに独特の空気感があるのです。

初登場の madclown さんは、
びんごさんのお知り合いでお上手、

02ac.jpg

オリジナルオンリーで、聴き応えありました。

2回目のTAKEさんは、15才の息子さんとユニット、
とても微笑ましかったです。
良いパパ!

泉谷たけしさんは、ハイブスの初ライブに来てからの付き合いですから、
ずいぶん長い、
まさか、アコナイでも常連になるとは、思いもしませんでしたね (笑)

凛音さんSHUNさんユニットは、
脳梗塞からカムバックのSHUNさんのベースが前回よりしっかりで、
音楽の素晴らしさを改めて思う、
そしてShukenさんが、
「このようなイベントで音楽仲間が増えて」には、
続けてきて良かったと、嬉しくなりました。

03ac.jpg

いつも思いますが、
ただ売上だけ考えたら、
アコナイは、利益の出にくいイベント、
ですが、だからこそ得るものも大きいです。
音楽を通して、僕たちはどう生きるべきか。
それを考えさせてくれるのがアコナイ。

びんごさんが終了後に、僕のデビューを宣伝、
披露する時間を設けてくれました。
CDもたくさんの方が買ってくださいました。
感謝です。
「がんばらないと」
より思いを強くしました。
posted by セキシュウ at 21:14| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: