2019年08月13日

バーのピアノ

街は静かですが、
朝から仕事、それも午後からもあり、
もちろん夜もある、
旅の疲れを癒す間もなく・・・
はウソ、疲れてません (笑)

ピアノは、日曜日も弾くことが出来ました。
午後3時からの中学の同窓会、
二次会のバーに、
アップライトがあったのです。
前回のとき、締めに少しだけ弾いた・・・

今回は、早々に店員さんに確認する、
「うーん・・・」と迷い顔、
僕も、逆の立場もあるからわかる、
「弾けもしないのに、ふざけて遊ばれたら困る」

「きちんと弾きますから」
「わかりました」
「19時までなら」
その時間までは身内だけ、店内貸切、
それ以降はお客様がいらっしゃるのです。
約30分ありました。
「ありがとうございます!」

みんなはテーブルに向かい合って座っている、
バーと言っても50名以上入る広い店、
壁に向かってピアノ、
僕が弾いているとは知らない同級生もいました。

一次会で話し足りなかったのでしょう、
会話が弾んでいます。
邪魔をしない程度のボリュームで、
少し古めの歌謡曲、フォークなどのインスト、
アドリブを間奏に長めに入れながら、次々と弾きました。
ある同級生が寄ってきて、
「もっと明るいの、やって!」と、
「例えば何?」と聞いたら、
「ユーミンとか・・・」
そんなの楽勝 (笑)

約束の時間の少し前に終えたら、
みんなが拍手、
「いいの、いいの、BGMだから」
あと、指の運動。

翌日、
空港まで送ってくれた同級生が、
やはりそのバーでは視界に僕が入ってなかったか、
「はじめ、ずいぶん上手なピアニストが」
「この店には、いるんだと思ったら・・・」
「よく見たら、関だった!」

そりゃ、営業で弾いているような曲だしね (笑)

良い練習になりました。
帰り際、交渉した店員、マネジャーさんでしょうか、
「ありがとうございました」とお礼を言ったら、
「いえいえ」とニコニコ顔、
「上手で良かったです」と、
嬉しかったです。
posted by セキシュウ at 22:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: