2019年10月04日

栃の葉2

スタジオは2階でした。
部屋に入ると、

00to.jpg

早速レコードプレーヤーがお出迎え、
「おお、これは!」
元、DJ、テンション上がる (笑)
僕の時代は、ターンテーブルと言い、
通常のレコードをかけるプレーヤーと仕組みが違ったのですけどね。
ま、どうでもいい話、
今日はラジオだ (笑)

ブースに入ってスタンバイ、
録音ですが、本番、10分の番組を一発録り、
それを4回やって、4週放送分を録ってしまうという方法です。
10分の中に、音楽も入れるため、
トークの時間を調整、
ストップウォッチを見ながら、
高橋さん、ここではブッチャー幸男さんが話をまとめる、
その補佐に奥様、おかみさんがいるというスタイルで、
簡単に言えば、
ブッチャー宅に来て、居間でおしゃべりするという、
とてもアットホームな番組です。

01to.jpg

美人おかみに、色ものブッチャー (笑)
でも、二人ともホテル経営者、
おもてなしの精神と、気遣いは一流、
それは、最初に高橋さんと電話で話したとき、
「あまねさん、歌手になるだけあって、良い声してますね」と、
すっと自然に言葉が出て来たことが、
もう、僕の中では高橋さんに対する、「優」の評価 (笑)
これは、僕の悪癖、しばし思い込みとして注意される部分なのですが、
情報としてインプットされます。

そして、一番最初、
1回目の放送分、僕のプロフィール紹介で始まったのですが、
そのフリにやられました。
「栃木は」
「国体でいらしたんですよね?」

「えっ?」
そんな話、車の中でも、スタジオで待っていたときも、
一言もしなかった、
「そうなんです」
「高校3年のとき、栃の葉国体で」
「ああ、栃の葉って言ってましたね!」

すっかりブッチャーペース (笑)

楽しかったです。
日頃、思っていることや、
デビューにまつわる出来事をちょっとオーバーに、
だって「小劇場」ですものね (笑)
CDの3曲もたっぷりかけて頂きました。

02to.jpg

11月の放送が楽しみです。
その前に、ウスイさんが5週にわたって盛り上げて、
ご自分の作品として、パパ、帰りたい、と流しています。
リスナーが、何かしらの反応をしてくださると嬉しい・・・
こればかりは運、タイミングです。

03to.jpg

収録後、
「あまねさん、お茶しましょう」となりました。
バスケから国体のことを思い出し、
そして開催県の栃木へ、
おまけに、その時、1回戦敗退した相手は栃木選抜、
これはおまけ (笑)
そんな「栃木」という妙な符号に、
このお茶タイムでも何かがあるのでは?と思っていたのです。

つづく

posted by セキシュウ at 20:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: