2019年12月10日

正光寺のピアノ

昨日は昼になっても寒く、冬らしい天気でしたが、
今日はわりと暖かい、
「明日、明後日は、もっとみたいよ」
午後からいらしたプチ・シャンソンのお客様が仰いました。
第2火曜日、プチ・シャンソンの日です。

先日、第1回シャンソンの中庭にいらした、
フライヤー制作の富永さんが、
うなるように仰った、
「うーん、あまねさん、ピアノが上手くなった」
ずいぶん前、
水織ゆみさんの、1回目のふるさと水織劇場で、
僕のピアノを聴かれたときは、
「大丈夫か?」と心底、心配されたとか (笑)
あれからおよそ3年、
その変わりように驚いたそうです。

まあ、3年ですからね。
中学や、高校で置き換えれば、
入学して卒業、
ほとんど毎日、お客様の前で弾いていて、
進歩しない方がどうかしている、と思うのですが
どうでしょう?

歌い手として、活動の幅を広げたのもプラス、
歌手の気持ちに寄り添って、
あるいは、歌手の気持ちを引き出すべく、
抑揚を駆使して弾いている、楽しいです。

ピアノと言えば、
昨日の夕方は、正光寺でイベントの打ち合わせでした。
頼りになる演出家、JOさんを初めて住職に紹介、
2人共40代前半、
ミスターストリートピアノの武藤さんも同じくらい、
「これからは」
「彼らに託して・・・」
若い世代とイベントを進めていくのは刺激になります。
感性も豊かだし、頭のキレもいい、
40代前半、僕がAMANEを始めた頃で、
僕はキレというより、とがっていたなぁ・・・(笑)

で、ピアノ。
正光寺に置いてあるんです。

寺ピアノ.jpg

少しだけ、音を鳴らしてみました。
鍵盤が軽い!

なかなかアートなピアノ、
武藤さんの知り合いの方が描かれたそうです。
ステキですね。
posted by セキシュウ at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: