2020年01月27日

一夜明け

寺ダンスが終わり、
今朝は月曜日、雨が降る前にと、公園へ行ってきました。
寒いけれど、やっぱり身体を動かすのはいい、
グラウンドでは園児たちが元気にリレーを、
隣ではバトミントンのおじさまおばさま (笑)
いつもの公園風景でした。

今朝、赤羽地区にある小学校の校長と電話、
十条台小学校と同じパターンで、
2月10日に全校朝会でパパの作りばなしを歌うことになり、
早速、その報告を、
十条台小学校の高橋校長に伝えたのですが、
電話を切る前に、
「今は肺炎になったら大変で」
「手洗い、うがい徹底させてます」と高橋校長、
その言葉を聞き、
「先生方も次から次へと、気の安まる時がないなぁ」と、
しみじみ思いました。

「仕事だから」と言えば、まあ、それまでなのですが、
それにしても大変だと思います。
同級生や同窓生には現職の教員も多く、
彼らは日々そうして過ごしていると思うと、
自分はなんて甘い、ぬるい世界にいるのだろうと、
ふと、
なんとなくですが、この、小学校に出向くという新しい活動は、
今までの「罪滅ぼし」のような気もするのです。

この活動のことで、また、同級生、同窓生と意見交換する機会も増えました。
ありがたいこと。

午前中、バスケをしていて、「あれ?」と思ったのは、
腕が微妙に痛い、
そう言えば、昨日、椅子やら机やら音響機材やらを、
細腕で運んだのを思い出しました。
隣でJOさんが軽々持ち上げてたのが羨ましかった (笑)

感心したのは子どもたちで、
ステージ終了後、見学にきた親御さんと帰るのかと思ったら、
全員居残り、
1時間後から始まった、機材撤収、会場の片付けを手伝ったことです。
重ねた補助椅子を、2人で持って運んだり、
重たいスピーカーは、3人でえっちらおっちら、
まあ、なんて出来た子たち・・・
びっくりです。

ダンス上達だけではなく、人格形成、
踊りが上手いだけではしょうがない。
パフォーマンスが優れているだけではダメ。
これは、大人でも通じることなのでしょうね。
posted by セキシュウ at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: