2020年11月23日

自意識過剰

勤労感謝の日ですが仕事です。
休んでいる場合じゃない、が本音。
昼はインストCDの仕上げ、
夜は千鶴さんのサポート、
自ら課題点を見つけて、
相談してくるあたり、さすがだと思います。
歌手としての自分に何が足りないのか、
どうすれば磨かれるのか、
自分では気づかない部分もあるでしょう。
それをアドバイスするのが僕の役目。
もちろん僕も、
米田まりさんやウスイさん、上里さんにアドバイスを請い、
お客様の反応を見、今までやってきたのです。

昼間CDの作業を終え、
一度、夕食に自宅に向かったとき、
おもしろいことがありました。

店からは自転車、バス停の先、10メートルくらい行ったところで、
若い女の子二人とすれ違いました。
中学生くらいか、私服でしたしマスク姿、
年齢はわからない、
二人はわりと早足で、駅方面に向かっていたのです。
すれ違いざま、一人の子が大声で、
「あ、あまね!」

「えっ?」
「誰?」
驚いて、自転車を停めて振り返る、
「知っている子か?」
「僕も知られてきたのか?」などと・・・

ところが二人は、
こっちを見ているわけでもなく、
ただひたすら前に、
僕から離れていく・・・

「なんで?」

ふっと、二人の上を見たら、
そこには「AMANE」「あまね」と書かれた看板が・・・

「なーんだ」(笑)

思うに、
その子が「あまね」という名前だったか、
知っている子、友達がそうだったか、
或いは「あまね」という主人公やキャラクターを知ってたか。

いやいや、自分の意識過剰ぶりに冷や汗。
勘違いに失笑でした。
posted by セキシュウ at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: