2021年01月16日

片付けて

また今夜もブログは日付が変わる前になってしまいました。
お客様相手に営業していないのに、
なぜか、その時よりも時間に追われている、
それはきっと、
「今だからこそ出来ること」と始めてしまうからで、
今夜は譜面の仕事が一段落、
ピアノの奥のスペースを片付けました。

みなさんも、いろいろ整理していることと思います。
ずいぶん昔、
デイホームにボランティアに行っていた頃、
まだ2000年になる前・・・
桐ヶ丘デイホームの施設長の緑川さんが、
「戦時中」
「農民は、畑を耕しながら」
「この戦争は負ける、と思っていた」と、
それの意図することは、
庶民こそが大局が見えているということ、
冷静に物事を判断しているということ、
だと、そのときは感じていたのですが、
今は、少し違ってきました。

「いてもたってもいられない」
つまり、先の見えない不安に、
何かをせずにはいられない、
「考えていても仕方がない」
「畑でも耕すか」

今はその時とは違います。
「戦争」ではないでしょう。
けれど、抱えている不安は同じ。

ピアノの奥のスペースには棚があり、
扉を久しぶりに開けてみました。
店を始めた頃の写真、その前の写真、
もっともっと前の、
会社を経営していた頃の手帳、両親からの手紙・・・

大変な時代ではありますが、
気づかされることもあります。
そこにはささやかな愛があるのです。
posted by セキシュウ at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: