2008年04月19日

続・勝負

提案。
条件、と言った方が適切かもしれません。
AMANEでパーティーを開いてくださる為の条件。
およそ2ヶ月前に、幹事さん達が店にいらして、
「お宅でパーティーをやりたいんだけど」と。
集まる方達は地元の不動産・建設関係の社長さんで、ゴルフコンペ後の宴会です。
3ヶ月に一度催されているそうで、一昨年までは決められた店でずっとやっていたのが
その店が閉店、その後店を転々としながら開催してきたとおっしゃいました。
なかなか良い店に行き着かなかったようです。
ある店は、飲み物を制限されたり。
よく見かけるのは「飲み放題」にしてはいるものの「生ビールは1杯」としてるところ。
店側からすれば、原価の高い生ビールは、遠慮願いたいという気持ちもわかります。
でも、ビール党の方にとっては、制限されるのは非常に残念なことです。
その他、幹事さん達がおっしゃるには、料理やサービスでどの店も満足いくことはなかった、
そこで、聞き伝えにAMANEにいらしたのです。

01CIMG7888.jpg

うちでは、生ビールを飲み放題にすることはいっこうに構いませんと伝えました。
みなさん年齢層の高い方達ばかりなので、ビールは最初の1、2杯、
あとは焼酎やウイスキーになると踏んだのです。
ずっとビールという方は、数人のはず。
みんながみんなビールだと、原価は跳ね上がるでしょうが、そんなことは滅多にありません。
そして、料理について。
うちの店でネックになるのは料理ですが、これは近所のお店からの出前で対応することで解決です。
最後に心配されたのが、今回この記事のテーマになる「提案」「条件」に関すること。
サービス面です。
「マスター、ひとりで大丈夫なのか ?」と。
20名近い人数の貸切パーティー、しかも飲み放題、お一人の予算も安くありません。
僕だけでは、忙しくて、手が回らないのではないかとおっしゃるのです。
それで、「当日は、どなたかお手伝いを」ということになりました。
「そうですね、考えておきます」
その日はこう返事をしました。
頭の中では、今までの経験から「ひとりで大丈夫だろう」と思ったのですが、
いきなり、自分の考えを幹事さんに言うのも逆効果と、遠慮したのです。
ある程度の期間をおいてから、電話で説明しました。
今までも、何度となくひとりでやってきたということ。
対応できる備品(グラス等)をしっかり揃えてあるということ。
メインの料理は出前なので、手がかからないということ。
お手伝いを入れても、慣れていない分足手まといになることが予測されるということ。
「わかりました。ちゃんとやって頂ければいいですよ」と幹事さん。
ただ、その口調は厳しく、サービス面に対しての不安が払拭されたとは到底思えません。
それはそうです。
「ライブ」や「さわうた」の時、或いは一般営業の混雑時の僕の動きをご存知ないのですから
どんなに僕が口で説明したところで、納得するはずがありません。
下見の時は、幹事さん含め4人、他のお客様が2、3人しかいませんでした。

「あなたの仕事ぶり、じっくり見させて頂きますよ」
そうおっしゃって電話を切られました。
そして、いよいよ当日を迎えることになったのです。
つづく
posted by セキシュウ at 22:59| Comment(0) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: