2018年09月24日

空き地

二連休、二日目は、父とお墓参りでした。
このところの不安定な陽気と、
日当たりの良さから好き放題伸びる雑草、紅葉、
今日行っての掃除は無理かも知れないと、
一週間前、事前に掃除、剪定は済ませておきました。
朝、曇りだったのですが、
うーん、やっぱり晴れ男 (笑) 午後3時は青空も出て好天、

ohaka.jpg

首尾良くお参りできました。
父盗撮、スミマセン (笑)

剪定と言っても、ご覧の通り、
手の届く範囲で、上はもう暴れんばかり、
葉が落ちたら、島村花店さんにお願いしようと父と話しました。
2年前、ちょっと心配になるくらいに枝を切ったのですが、
元気元気、
「生命力ってすごいなぁ〜」と驚きです。

帰路、「いいよ」と遠慮?する父に、
それでもと「帰りたい場所」をアカペラで披露しました。
1番と、2番のサビを、
車を運転しながらですが、間違えずに唄えた!
こうしてとにかく場慣れ・・・
父の感想はご想像にお任せします (笑)
それから思わぬ展開、父の高校時代の話へ、
初めて聞く話に興味津々、
そのうちブログで紹介しようかと、もちろん承諾を得ないと (笑)
本当にひょんなところから話が始まります。

ひょん、と言えば、
フェイスブックに、母妹の個展開催を紹介したら、
高校の同級生が「覗いてみようかな」と、
一度個展に来たことがあり、
その時「かかし」を作って話題になった阿東町に住む男性で、
同窓会以来親しくしています。
彼は音楽活動もしているのですが、
ナマで聴いたことがない、
「個展見た後は、ぜひライブを」と、
それこそ「空き地で聴かせて」とコメントしたら、
近所でコンビニを経営している同級生が、
「うちの駐車場を使えば」と、何という連携プレー (笑)
ひょんなことで彼のライブが決まってしまったのです。
フライヤーも作って、

QZO.jpg

関先生・・・
僕じゃないですよ。
父でもない。
母 (笑)

当日、晴れるでしょうか?
さて。
Qzou、キューちゃんに期待です。
posted by セキシュウ at 19:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

帰りたい場所

二連休の初日です。
これが終わると、怒濤、はオーバーですが、
休み殆どなしの長期ロードが始まります。
来週はアコナイ、お当番は初の黒田さんで、
今日、そのフライヤーが出来上がりましたが、
なんと素晴らしい!さすがお仕事がデザイン関係、
近々紹介しましょう。
その次の日曜はオフですが、8日月曜の祝日はウスイトオルさんのライブ、
14日は山口で母妹の個展の手伝い、
21日は都留市で合唱祭、
28日はアコナイ、
ついでに書くと、11月は11日がMakicoさんのプライベートライブ、25日がゆるゆる、
他、土曜日にはアコナイ、久しぶりにやてふさんが、
さらに矢崎さん&小島さんのツーマンライブも開催されます。
忙しいことは忙しいですが、楽しみもその分、
音楽は娯楽!
若松社長の受け売り (笑)

このところすっかり封印してしまったのは、小曲作り、
ウスまり畑の3曲が脳内を駆け巡り (笑)
とっても曲を作っている余裕、時間がありません。
特に今回は、
どれも僕に合っていると推薦してくださった曲、
素朴な歌唱が良いと、
しかしそれだけでは何も聴き手に伝わらない、
歌詞に込められた真意を、いかに拙い歌唱で表現するのか、
その難題が僕の頭に常に引っ掛かっているのです。
ですから、毎日のように作詞家のウスイ、いや伸我さんと連絡を取り、
イメージを、抽象的に具体的に、
どうすれば表現できるか、考え続けています。

もしかするとそれは無駄な作業なのかも知れません。
どんなに僕が曲に思いを込めて唄ったところで、
聴き手にはさっぱり伝わらないかも知れない、
それどころか、
その思いが空回りして、曲を一方的なもの、
つまり押しつけがましくしてしまうかも知れない、
それでも・・・

仕事柄いろいろCDをもらいます。
買うのももちろんあります。
CDの包装をやぶり、
中の盤を取り出し、プレイヤーに入れて、再生、
イントロが始まり、歌が始まる、そのとき・・・
「おっ!」と思うか、
「んっ?」か、
上はもっと聴いてみたくなる、
下は、
「こんなもんか」
上でなければならない。
ずっと聴いていたい作品でなければならない。

自分が自己満足で出すなら、下でも良いでしょう。
でも、今回はそうではありません。
と僕は思ってる (笑)

当分自分の創作はお預けです。
いや、創作の真っ只中か・・・
3曲を自分の歌として表現する、という。

と言いながら、ときどきくだらない創作意欲が、
先日は「帰りたい場所」のイメージ画を、
ホワイトボードの指描きアプリで、
ウスイさんに見せるために描いたのですが、
どうせなら、下手な絵ですが (笑) ブログで紹介します。

歌詞の「森の中のポッカリ空き地」
そこにウサギが・・・
ウサギっぽく見えないのが残念?
「帰りたい場所」には、
木漏れ日が優しく差していました。

帰りたい.jpg
posted by セキシュウ at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

あさみさんとの

あっという間、そうとしか思えないのは、
1週間前、
ウスまり畑のミーティングが荻窪であった、
そのときからもう・・・
「1週間が」
早過ぎ (笑)

あれから頭の中の半分は、お花畑ならぬウスまり畑、
ほぼ毎日のようにウスイさんとは連絡を、
昨夜も歌唱のアドバイス、
「主人公の、公をいつもより引っ張り気味に強めに」と、
そしてその理由、効果を、
非常にわかりやすく説明してくださいました。
主人公、「パパの作りばなし」の歌い出しです。

お客様がいなくなった後、早速実践、
だいたい出来たところで動画を撮り、
ウスイさんに見て頂き、さらにアドバイスはいつもの方法、
完全にウスイさん任せ、
頼りっきりですが (笑)
このスタイルこそ、作品としてあるべき姿、
ひとりの力では世に出ていかない、ということだと思っています。
それでも世の中に認められないことだってある・・・
そちらの方が圧倒的に多いでしょう。

ウスイさんのお知り合いの、歌手のあさみちゆきさんと昨夜、
フェイスブックのメッセンジャーでやりとりしました。
あさみさんは山口県光市出身で、
デビューなさった当時から、その存在を気にしていたのですが、
紅白出場という偉業を、
うちのお客様もあさみさんの歌を多く唄われています。
偶然にも、僕も山口出身ということで、
親近感を持たれたようで、
いろいろやりとり出来て嬉しい限り、
感心したのは彼女の近況、知らなかったのですが、
お子様が生まれて、育児に専念するため歌手活動を休業中ということです。

いろいろ考え方はあると思います。
育児に専念したくとも、働かざるを得ない状況、
あるいは、働きたいけれど預けられないとか、
世の中、厳しい、
またその逆、
あさみさんクラスになれば、歌手活動を続けながら、
しかるべき手段で子どもを、
例えば親御さんやお手伝いさんに見てもらう、
それに対する経済力も備わっていると推測されます。
それをせず、
歌手活動をきっぱり中断して、
子どもと一緒にいる時間を優先とは、
「大したものだなぁ」と思った、
生意気ですけど (笑)

僕はその気持ちはわかりませんが、
芸能界、人気稼業、
活動を休止することは、存在を忘れられてしまう、
歌手として、それはどうなのか?
せっかく掴んだ座を奪われるかもという不安、
全くないとは言えないと思います。
それでも、育児を選んだ、ということです。

「きっと素敵なご主人なんでしょうね?」と書いたら、
「いつか主人とお店に遊びに行きたいです」と、
半分社交辞令かもですが' (笑)
実現するといいですね。
CDの話ももちろん。

偶然にも、パパの作りばなしには、「愛犬」が登場、
あさみさん宅にも愛犬がいらっしゃるようで (笑)
あさみちゆきさんブログ

ウスイさんとのご縁、広がりつつあります。
あさみさんのカムバックも大いに楽しみです。
posted by セキシュウ at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

歌い込み

早いものでもう第3週の金曜日、
今日のふりうたが、独唱会に出演する方の、
最後の練習日になります。
明日の土曜も、ですが。
外は涼しいというより寒いくらい、
何枚か重ね着でみなさんいらっしゃいました。
どなたも、早い段階から練習しているので、
今日は軽く歌い込む程度、余裕です。

余裕がないのは僕の方 (笑)
やっとこさ、UMBの3曲を譜面通り、
まだまだこれから歌い込む段階で、
それでもメインの「パパの作りばなし」は、
火曜日聴いた方が木曜日も、
今日もいらして、
良いお客様! (笑)
「ずいぶん自然になりましたよ」と、
練習は嘘をつかないは本当のようです。
昨日も赤塚公園往復、車の中で唄ってましたし、
暇さえあれば、3曲、ランダムに歌詞を、
とにかくスラスラ出てこないことには、
自分のものには決してならないでしょう。

最近はご無沙汰ですが、
歌手の日野美子さんとリハをしたとき、
衝撃だったのは (笑)
歌いながら、スマホでメールしてたこと、
用件を打っていたことで、
ということは、頭は別の、その用件のことを考え、
歌詞は自然に出てくるということ、
経験がないことでびっくりでした。

僕の場合、さわうたなどでは、似たようなこと、
ピアノ伴奏をしながら別のことを考えていることはよくある、
それで時々、ポカをやってしまったり (笑)
その現場を実際ご覧の方もいらっしゃるでしょう。
でもそれは、
指が勝手に覚えて動いてくれているから。
歌の場合どうなんでしょう、
口が勝手に動いてくれる?
わかりません (笑)
草原ならできるかな?

そうそう。
話は変わりますが、昨日、圭未とやりとり、
独唱会で唄う2曲のキーをもらったのですが、
今回の僕の歌手デビュー、驚いてましたね。
これで僕も圭未と肩を並べられる?(笑)

ま、圭未は業界では大先輩、
今回もCMに出てることは、多くの方がご存知でしょうね。

posted by セキシュウ at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

花や蝶

今日は昼過ぎから雨になりました。
2週続けて月曜日が祝日、来週の月曜日もなので、
唯一の体育の時間がなし (笑)
今日午後、思い切って雨の中、小一時間、赤塚公園で遊んできました。
コートはちょうど木の下で、
そんなに濡れない、というのは前に書いていると思います。
ただ、やはり長雨だと徐々に、
「そろそろ限界かな?」と感じたのが大体始めて50分くらい、
久しぶりにシュートを打てて気持ちよかった!

ひとりでやっていたら、
奥でバーベキュー (雨なのに!) してた中からひとり、
若い男性が、
「一緒にやらせてください」と言ってきたのですが、
ボールも何もなし、
「ワンオンワンどうですか?」と、
一瞬うーん、でも、コートが既に濡れていたので、
「すべるから危ないよ」と断り、
ボールを貸してあげました。

5分くらいひとりで打っていたのですが、
遠慮したのか、奥で肉が焼けたのか (笑)
「ありがとうございます」とボールを返してきて、
「えっ?」
「もういいの?」

「はい」
「気をつけて練習してください」
うむうむ、なかなか好青年。
職業を聞いたら画家で、踊りながら画くというユニークなスタイル、
池袋辺りでそのパフォーマンスを見せているとのこと、
フェイスブックで繋がりましたから、
どんな感じなのか、そのうち見に行くこともあるかも知れません。
出会いっておもしろい!

写真も撮ったのですが、
オヤジ面、出してもしょうがない (笑)
にゃんこ以外の写真、行ってみましょう。

にゃんこ以外で僕が撮るとしたら、

01ha.jpg

こんなのや、

02ha.jpg

こんなの、
ranaさんみたいに詳しくないので、
「こんなの」で (笑)

03ha.jpg

羽を閉じてるところもなかなか。

連休中は歩道も空いています。

04ha.jpg

あちこちに咲き始めた、

05ha.jpg

彼岸花だけど、
大した写真じゃないなぁ・・・

いや、実は、

06ha.jpg

やっぱり (笑)

そう言えば、昨夜、美声氏やranaさんと同じクラス、つまりクラスメイトの、
FM山口に勤める友人に電話、
彼に、今回のCD発売の件、軽くお願いしました。
セクションが違うので、話を通す程度にはなるのでしょうが、
あるツテはどんどん使いたい、
デビューといったって、プロダクション所属ではない、
自分で道は切り開くしかないのです。
待ってたって、誰も振り向かないでしょう。
進むのみです。
posted by セキシュウ at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

カレンダーと

昨日の夕方は、久しぶりに新宿の制作屋さんのところへ、
どのくらいぶりだったか、
それでも随分通いつめた場所なので、
全くブランクを感じませんでした。

メインの作業はカレンダー、
さわうたにいらしている方には、
すでに販売を始めていますが、
今秋の、「こっちゃんとシャツ展」では、
カレンダー、もちろん来年の (笑) を用意し、
限定販売をすることになったのです。
どうせなら、うちのお客様や、
インターネットでも販売を、
そのページを作るための打ち合わせでした。
早速、今日、仕上げてくださいました。

うちの母は奇妙なことを (笑) やっています。
知らない方もいらっしゃるでしょうから、サイトのトップページを紹介します。

関ヨシミ公式サイト

News のところから、カレンダー特設ページに行けますので、
興味がありましたらどうぞ。

来年はどんな年になるのでしょう。
昨日は、店が潰れるなど、ネガティヴなことも書きましたが (笑)
そんなのは存在すれば当たり前のことで、
必ずいつかは終わりが来る、
それまでをどうするか、が結論なのだと思います。

最近ご無沙汰だった美声の友人と、
先週、今回の歌手デビューのことを話しました。
話す前に、
「ちょっと聞かせたいことが・・・」と言ったら、
「何?」
「悪い話?」と顔をやや、ほんの一瞬ですが、強張らせながら、
聞き返してきました。

そのときは、そのまま否定して、
「いや実は、面白い話で・・・」と、
7月にみんなのまり祭に、ウスイさんと、若松社長となど、
今回の成り行きをかいつまんで、
美声氏はブログ読んでない (笑)
デビューの経緯を話し、
「お、いいじゃん!」と喜んでくれ、終わったのですが、
あとで考え直したら、
「悪い話?」と聞き返してきたことこそ、
今の僕たちなんだと気付いたのです。

昨日はお客様の増減を書きました。
では、「話がある」と言われたとき、
「良い」「悪い」どちらを思う人が、
僕や、僕以上の世代で多いのか?
「悪い」ほうが圧倒的ではないでしょうか?
病気、入院、別れ・・・

色々な意味で、今回のことは背負ったと感じています。
ウスイさん、まりさんの曲に対する思い、
僕も作る側なので、それは痛いほどわかる、
ウスイさんは曲のことを「子どもたち」と呼んでいます。
それらを世に出す責任。
今まで店を僕を応援し続けた方々への責任。
美声の友人など、
僕の周りで懸命に生きている仲間たちへの責任。
そして家族。

奇しくも僕の歌う3曲は、
大きな意味での愛、その尊さを謳った3曲で、
簡素な歌詞、ウスイさんゴメンなさい (笑) の中に、
僕自身が感じた愛を、
どう表現できるかにかかっていると、
僕は思っている (笑)
なぜか聴き入ってしまう3曲、
そうしないことには、僕が唄った意味がないでしょう。
もっと素晴らしい歌手はたくさんいる、
それこそ、ウスイさんがご自身で、
まりさんがご自身で唄ったほうが歌唱は絶対に優れているはず、
それでも・・・です。

若松社長が「娯楽」と強調なさったことが、
まるで神の声のように残っています。
CDを出すからには、結果を出さなければなりません。
自主制作で、半分趣味とは違います。
勝負です。

制作屋さんのところへは、その相談もあって行きました。
30年の付き合い。
また力を貸してもらいます。
posted by セキシュウ at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

大切な場所

今日から後半のさわうたがスタートしました。
前半は台風の影響もあり、
さらに急に涼しくなったりで、低迷、
一日平均来客数は、16名を切るという有り様、
後半の巻き返し必須、
今朝は、おかげ様で19名でホッとしました。
新しい方もお一人いらして良かった・・・

ここのところすっかりUMBの話で、
先々のことを話す方もいらっしゃいます。
先日も書きましたが、
「先生が歌手で売れて」
「忙しくなったら」
「ここはやめるんですか?」と今朝もストレートに (笑)

たしかに、それもない話ではないでしょう。
世の中、何が起こるかわからない、
ただ冷静に考えて、
店をやめなくてはならないほど忙しくなるというのは、
誰クラスなのか?
毎日あちこち飛び回って歌ったりレコーディングしたり、
テレビラジオに出たり、
それは大きなプロダクションに属している歌手、
僕は個人ですから、そこまで行くはずがありません。

それよりも、可能性が高いのは、
このまま何もしないで店を続けたら、
たとえアコナイなどあるとしても、
「いつまでやっていられるか?」

年齢とともに落ちる体力、
それは先日、調理師のまっちゃんとも話しました。
金曜の15時間勤務や、月、数日しかない全休、
それでようやく経営維持が出来ているのです。
さわうたやふりうたも、安定はしていますが、
それぞれのご事情で来られなくなる方も出てきている、
今回の独唱会も、
残念ながら初回から参加のテンテルさんがお休みですし、
復帰した姉妹の、妹さんがリハビリ中でお休み、
また、さわうたも同様、
何かしらの手術で長期休養の方と、
先を考えると、
「新しく入る方より、やめていく方のほうが多いだろう」は正論だと思います。

僕が歌手として売れて忙しくなるよりも、
店のお客様が減って店が潰れる可能性の方が、
断然高いでしょう。
だから今回のこと、必死にやるしかない、チャンスです。
たとえ箸にも棒にもかからなくても、
必死にやれば何かがついてくる、
少しでも誰かの耳に留まり、
「この歌、誰が唄ってるの?」となれば、
「関周、あまね、十条のミュージカンテアマネ」に結びつく、
店としても大きくプラスです。

それにです。
1カ月に3曲という宿題、
しかも業界で難しいとされる (笑) まりさんの作品を、
なんとか形に出来たのは、
店で毎日のように練習していたからで、
この場所がなければ不可能なことです。
店ありき。

先日、上里さんのスタジオ、ご本人は練習室と仰ってましたが、
そこは雑居ビルの一室で、
ピアノのある部屋は完全防音でした。
「いつでも弾けるように」と上里さん、
詳しくはわかりませんが、
お子さんにピアノ、歌(?) も教えていらっしゃるようです。
そこでご自身の編曲もなさるのか、
隣のリビングにはパソコンがあり、
僕と同じ楽譜作成ソフトで、
今回のメロ譜を呼び出してキー移調してました、
上里さんにとって大切な場所。

リビングの壁には、

大聖堂.jpg

ケルン大聖堂の絵。
よく見ると、

大聖堂2.jpg

音符!
ドイツ、ケルン大聖堂のおみやげだそうです。

額装したポスターに部屋の照明が反射、
「月が半分出ましたね」と笑いました。

ピアノがある場所は、
僕にとっても上里さんにとっても、
もちろんまりさんにも、大切な、なくてはならない場所なのです。
posted by セキシュウ at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

真打ち登場

昨日今日と全休、2連休です。
ゆっくりのんびりと行きたいところですが、
所用があったり、歌詞ブツブツのUMB (笑)
早く歌詞を頭に入れないことには、歌に心がこもりません。
さらに独唱会の準備、
こちらは久しぶりにバイオリンの不尽子さんがサポート、
今日、参加8名分の譜面と音源を揃えました。

独唱会は春と秋、
ふりうたのお客様の中から毎回参加、
独唱会を目標に練習を重ねる方が大勢いらっしゃいます。
それでも、ご自身の体調、ご家庭の都合で参加出来なくなったり、
あるいは、もうこの世から旅立ったり、
なんとなくやめていく方、
過去を遡れば、もう何名、何曲を一緒に弾いて唄ってきたのか・・・

今回、ウスイさんから声を掛けられ、
「唄ってください」と、しかもレコーディングと、
大それた話まで (笑) 発展しました。
NHKのど自慢を優勝し、歌手として厳しく指導されデビューしたウスイさん、
芸大の声楽科を卒業し、多くの生徒を指導しステージに立つ、まりさん、
その二人から見れば、
僕の拙い歌など、はっきり言って「下手」の部類、
それなのに、どうしてこんなこと・・・と考えます。

畑ミーティング、会食のあと、駅に向かって歩きながら、
まりさんと話をしました。
「あまねさん」
「あまねさんの、素朴さは必ず残しておいてくださいね」
良い声を出す、声を響かせる、大きな声を出す、
テクニックを今さら求めても遅い、
変にそれを意識して唄うことで、元々持っている魅力が失われる、
僕の持っている魅力こそ、その「素朴さ」なのでしょう。
そして、今回の3曲が、僕に合っている、ということなのだと思います。

実は、「帰りたい場所」をメインに考えていたのですが、
3曲唄ったあと、
僕の歌唱や、今までのそれぞれの曲の反応 (まりさんが唄ったときなどの) から、
メインの曲、一押しの曲を、その日一番うまく唄えなかった、
「パパの作りばなし」にしようということになりました。
おもしろいですね。
最初は「波に寄せて」だった、
次に「帰りたい場所」になり、
最後の最後で「パパの作りばなし」
真打ち登場!!
ってことでしょうか (笑)

編曲をお任せする上里さんが、
「パパかな…」とポツリと仰ったのを聞き逃しませんでした。
ウスイさんもそれを。

一人より二人、二人より三人、三人より四人・・・
集まれば良い知恵が出ます。
レコーディングの日程も今日まりさんから連絡が、
さあ、がんばりましょう。
「パパの作りばなし」ご期待ください。
歌、練習しなきゃ!(笑)
posted by セキシュウ at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

畑ミーティング

ウスまり畑、略してUMBですが、
と、だんだんわけがわからなくなってきた (笑)
ウスイさんは、ブログをお読みでご存知、
驚いたのは、
ウスイさんが、まりさんに、
「まりさん、アマネさんたら、我々のことウスまり畑と・・・」と言ったら、
まりさんが、
「知ってます」と、
えっ?
ということは、まりさんもブログをお読みで・・・
こりゃ、下手なことは書けない (汗)
なーんて。
ま、自然体で行きましょう。

ブログはどなたがどんなタイミングでお読みかわかりません。
フェイスブックもしかりですが、
飾らず、等身大で投稿するのが一番、
実際に会ったとき、
「ブログで読んでいた通りだ」と思われます。
逆だったらどうでしょう。
「立派な文章を並べ立てているわりには・・・」
「言っていることと、やることが・・・」

おっと、ごちゃごちゃ長くなってきた、
早く本題を (笑)

夕方は、そのウスまり畑、UMBの初のミーティング、
荻窪の上里さんの練習室まで行ってきました。
グランドピアノの部屋に、
まりさん、ウスイさん、上里さんと入り、
僕が上里さんの伴奏でレコーディング予定の3曲を唄うという、
3人の大先生の前で、これまたあり得ないシチュエーションです。
楽曲が届いて1ヶ月も経っていない、
しかも3曲目の「パパの作りばなし」は、火曜日に手元に、
それから、一枚の、
本当に、どんなものだかわからない、たった一枚の五線譜、しつこい (笑)
そこから歌にするというのは、
簡単なポップスならともかく、
必ずどこかに仕掛けのある米田まり作曲、
字数をあまり気にしないウスイさん、いや伸我作詞で、
さすがに3曲目のチェックはダメがたくさん出ました。
まりさんに模範歌唱していただき、
夜中、ちょっと練習し、ウスイさんに動画で確認してもらったら、
「アマネさん、ずいぶん良くなりましたよ!」

ウスイさんとのやりとりは、
僕の歌唱を動画で撮り、YouTubeにアップ、
それを見ていただき指導してもらうという方法、
これ、今ならではですよね。
わざわざ対面してやらなくてもいい、
ウスイさんから歌い方の指導のほか、
曲のイメージをしっかり伝えられる、
それがまた詩的でおもしろい、
プラス誕生秘話、
つまり、ウスイさん、まりさんから聞き出したプライベートが (笑)
僕の中で浄化されイメージに加わっていきます。

まりさんから、たくさんのヒントを頂きました。
普段は、店でのやりとり、
店の経営者と出演者という立場で、
業務以外のことはお互いほとんど口にしません。
ところが今回のこと、
立場としてはまりさんは作曲者であり指導者、
僕は、一言で言えば生徒、
ウスイさん、まりさんという二人の先生から、
普通はお金を払って、
いや、お金を払っても教えてもらえないようなことを、
この機会に教えてもらえるのですから、
とても恵まれているのです。

2時間弱、
あれこれ指導、キーを決めたり、上里さんには編曲のお願い、
今回は曲調から、ピアノと弦カル、フルートで行くことになりました。
弦カル、弦楽四重奏、バイオリン2本、ヴィオラ、チェロです。
おお、豪華!
今まで打ち込みか、
打ち込みプラス楽器ひとつでしかレコーディングしたことがない、
上里さんのピアノで唄わせていただくだけでも光栄なのに、
さらに楽器が加わる、
フルートはたぶん先日まり祭でご一緒した川村裕司さんなので、
こんな嬉しいことはありません。
上里様様 (笑)
費用面も「上里価格というのがあり・・・」
大感謝!

ウスイさんの一声で、決起大会を。

kaidan.jpg

これが今回のレコーディングのコアメンバーです。
第1回畑ミーティング (笑)
みなさん、多忙のところ、ありがとうございました。
次回はいよいよレコーディング、
編曲、スケジューリングを上里さんに託しました。
僕はそれまでしっかり練習です。
来月中には音源完成、
11月初旬に若松社長のところへ入稿です。
それでカラオケDAMに入るのが2月。

ウスイさんはさすが業界、
早速このことを、あさみちゆきさんにご案内したようで、
「発売日が決まったら教えてください」
とあさみさんから返信があったと、
これは頼もしい!
あさみさんが唄った方がヒットするのでは?(笑)

僕もフェイスブックで今回のことを投稿、
多くの同窓生から祝福のコメント、
さらに8つ上の山縣先輩には、ある方を紹介され、
その方がウスイさんの演歌歌手時代の恩人だったという奇妙な縁、
そう、ウスイさん、20代で「中原伸」という芸名でデビューしたのです。
作詞者名、伸我の「伸」はそこからきているのですね。
posted by セキシュウ at 19:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

シルエット

土曜日、ふりうたを早めに切り上げて、
荻窪までレコーディングの打ち合わせに行ってきました。
今回の生みの親、ウスまり畑、
父、伸我(ウスイトオル)、母、米田まり、
それに、最強の助っ人、萩市出身 (笑) 上里知巳、
上里さんの職人技で編曲を、
そして上里さん自らのピアノ、
他、上里さんの旧知の演奏家たちにお手伝い頂き、
豪華なCDを作ろうという相談です。
いやいや、そんな方たちの前で、
ど素人の僕が唄っていいのかと思うのですが、
もう畑に種を蒔いてしまった、前進あるのみです。

ところで、
この夢のような話は、
ウスイさんが「アマネさんにぴったりの曲が」から始まったのは、
既にブログに書いていますが、
「波に寄せて」
それに引きつけられ海に行ったのは先月の30日、
夏の終わりのことですが、
それを4コマにしました。
今日の記事の本題はそれ (笑)
ミーティングのことは、明日にでも書きます。

4コマ、どうぞ。

さわごえ君第97話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

旅館

今朝は曇り、
予報では雨も降るとのことでしたが、
結局降らずじまいでした。
ちょっと大袈裟に言っておくほうが無難なのでしょう。

金曜日ですから、ふりうたです。
急転直下のウスまり畑の話、
目を白黒させていたお客様も (笑)
やっと枠組みが見えてきたようで、
「いよいよデビューですね」
「アマネさん、おめでとうございます」はいいとして、
「ひょっとして」
「アマネさん、売れて忙しくなって」
「ここから」
「いなくなっちゃうんじゃないの?」
おいおい、
泣くんじゃないよ・・・

って泣いてない (笑)
まあ、まだ先の話、
目下、鋭意練習中です。
どうなるかは、神のみぞ知る・・・

ふりうたでも、時々そんな話が、
中には「聴かせてください」と仰る方、
「いいですよ」と、うろ覚えを弾き語りで、
お客様を練習台に (笑)
誰かに聴いてもらっている方が、緊張感を持ってできるので良い、
言ってもないのに、
「聴いてみます?」なんて尋ねたりして、
図々しいこと (笑)
でも、頑張って上手くならないと。
畑を耕すのは僕です。

今日、若松社長の契約書に押印しました。

01ke.jpg

箱根レコーズ。
事業所の住所も箱根、
実質の業務は青山の社長の事務所です。

では、この事業所の場所ってなんでしょう?
実は、旅館なんです。
社長が経営している、箱根の温泉旅館、
箱根上の湯。

箱根上の湯

奥様が女将さんだそうです。
それを聞いたウスイさん、
「いいですね!みんなで温泉行きましょう!」
ウスイさん、温泉好き? (笑)

そう言えば、来月中旬に帰省、
泊まりは常宿、プラザホテル寿、
こちらも温泉、湯田温泉です。
箱根も温泉、
どうやら、温泉には縁がありそうですね (笑)
posted by セキシュウ at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

ウスまり畑と箱根

本当に過ごしやすくなりました。
ついこの前の酷暑が嘘のよう、
昼間は涼しいところに避難、
その姿を見ることなかったニャンコたちも、
昨日のチャーみたいに (笑) 朝から元気いっぱい、
ハイテンションです。

こんな陽気ですから、
さぞかし朝のさわうたは忙しく、と思うところが、
さにあらず (笑)
まあ、普段通りってところ、
逆に、気候の変化に体調を崩された方も、
どうぞご自愛ください。

3週間前、一枚の紙から始まったウスまり畑は、
ん、なにそれ?
いや、ウスイワールド&まりマジック、長いのでウスまり畑に、
なんで畑?
いや、そこから芽が出て花が咲いて実になるから・・・
って、やり過ぎ?(笑)

とにかくその畑、
一気に3曲なのですから、
暇さえあればブツブツ、ブツブツ、
歌詞の暗記をしています。
趣味の深夜弾き、小曲作りは完全にお預け、
車移動で流すBGMも全てミュート、
♪ 防波堤の・・・
♪ あれは どこだったんだろう とアカペラで、
その他、ウスイさんから教えられた練習法、
発声の仕方、歌のイメージ作りなど、
歌の師匠、ウスイ師匠直伝は、
今後の僕の歌唱はもちろん、
店にいらっしゃる方にも適用でき、
ふりうたなどで活かすことも考えると、
本当に今回の出逢い、プロジェクトは、素晴らしかったと言えると思います。
有り難いことです。

若松社長との歴史的会談、と僕は思っている (笑) のあと、
青山の地下、駅そばのビアホールでウスイさんと一杯飲みました。
「いや〜、いいミーティングだった」とウスイさん、
僕はその時は、自分の歌の反省も含め (笑)
ピンとこなかったのですが、
時間が経つにつれ、
色々なことが客観的に思い出され、
よくぞ1時間、あれだけのことを引き出せたと驚きました。

世の中には、素晴らしい曲はたくさん、
もう数限りなくあります。
それは、日々、
さわうたふりうた、シャンソン、ライブ、営業・・・
果てしなくやっているので、よくわかる、
では、そんな中で、どうしてまた、
新しい曲を出していくのか?
それを稼業にするのはなぜか?

楽しいんでしょうね。
若松社長は、「音楽は娯楽」と仰いました。
「理論としての音楽もあるけれど」
「世の中で受け入れられるのは」
「娯楽の音楽」

CDは、エスプロレコーズから出す予定だったのですが、
若松社長は昨年新しく、もう一つレコード会社を作ったと、
「なんて言う名前ですか?」

「海外を回ってわかったことだけど」
社長が話し始めました。
「向こうは」
「地方の、小さな町の名前がレコード会社名になっていて」
「それがまた、いいもの出してるんだよ」

「へえ、そうなんですか」

「私は、日本でそれやりたくて」
「ハコネに・・・」

「え、ハコネ?」

「ええ」
「箱根レコーズ、というのを立ち上げて」

箱根レコーズ!
これは面白いと思いました。
横文字の造語のようなオシャレなレコード会社より、
「箱根レコーズ」
なんてインパクトのある・・・

実はウスイさんと歌手名を迷っていました。
ソフトなイメージであまね、アマネ、だけ、
しかし、DAMのデンモクで検索すると、
あまね、周圭斗、天音里望・・・と、
アマネで始まる歌手が8名もいました。
「AMANEはいませんね」

「本名はどうでしょう?」
「関周、硬いですかね〜?」

一応ペンディング状態にしてありました。
そこに「箱根レコーズ」の、ウスイさんも初めて聞く話です。
ウスイさんに、
「箱根レコーズ、いいじゃないですか!」
「箱根レコーズの関周」
「箱根、関周」
「ハコネのアマネ!」(笑)

そんな軽口を叩いたら、
横から社長が、
「いいね〜〜、韻を踏んでて」
ええ、おかげさまで、名付け親に感謝 (笑)

まさか親もそこまでは考えていなかったでしょう。
いやいや、冗談みたいな話ですが、
中身はしっかり、
時間さえあれば、ウスまり畑を耕しています。
posted by セキシュウ at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

アカペラで

今日はいきなり秋です。
いらっしゃるお客様のほとんどは一枚上を、
その色も秋っぽく、
茶やオレンジががっていたように思います。
今年も秋は短いのでしょうか?

日曜日の歌倶楽部さんは、
休む間もなく、11時から18時くらいまで仕事、
弾いた曲はリハ入れて50は超えていましたが、
特に疲れはありませんでした。
これは、慣れの他の何物でもない、
慣れたのは、プチ・シャンソン、
午前中のさわうた20曲以上のあと、
午後から、ひとり3曲の参加人数分、40曲前後は必ず弾く、
それを月一回、ずっと続けてきたからです。
今日がその日でした。

話は変わりますが、
ちょうど3週間前、
僕のところに送られてきた一枚の紙、
紙と言っても音符の書かれたもの (笑)
そこから始まったウスイワールドは、
先日写真付きで紹介した、若松社長とのミーティングという、
僕にとっては、あり得ない経験を、
まさか多くの歌手を世に送り出した方と、
レコーディングの相談、
しかもです、
社長の前で、アカペラで歌を披露するとは・・・

そう。
当初ウスイさんとは、
若松社長にお会いして、
まずお互いどういう人間なのか、
そして、もし、
ウスイワールドを世に出すとしたら、
どんな条件なのかを確かめようと、
とりあえず顔合わせのアポイントだったのです。

ところが空気感、というのでしょうか、
社長の事務所の居心地、社長の温和なご様子、
そしてウスイさんの丁重さマメさ (笑)
ちょっとした雑談から本題へ、
ふと、
「そうだ、社長に聴いてもらおう」と、
もしかしてと用意しておいた、
(ここが肝心・笑)
譜面と、まりさん直筆の歌詞の紙を出し、
出だしの「レ」の音程だけiPadの鍵盤で採り、
ワンコーラス、アカペラで唄ったのです。
社長には歌詞カードをお渡ししました。

これがそう。

帰りたい場所歌詞.jpg

え?
「波に寄せて」じゃない・・・
「帰りたい場所」

この曲は、ウスイさんがみんなのまり祭で、ステージで唄った曲です。
リハのとき、ウスイさんに、
「良い曲ですね、♪ 父と母を〜〜」なんて、真似しながら褒めた曲、
ウスイさんもそれを覚えていて、
「あのとき、アマネさん」
「歌詞がわかりやすいと仰いましたよ」とは、
最近のウスイさんのやりとりからです。

ウスイワールドは3曲、
後日書きますが、この二つと「パパの作りばなし」
全てまりさん作曲なので、ウスイワールド&まりマジック、
と僕は思っている (笑)
お二人の絶妙なバランス感、
ウスイさんのストレートな歌詞に、
まりさんの玄人好みのメロディーが、
柔らかさと大胆さを醸し出している、
と僕は思っている・・・
を、僕が唄うなんて、
「出来るのかい?」
「出来たとしても・・・」
「世の中に出して」
「評価されるんかい?」

そんな疑問が、
初めてお会いした若松社長、
名プロデューサーの前で、
まだ練習したての、稚拙な歌を、
それこそが「帰りたい場所」だったのです。

じっと歌詞の紙を見つめて聴いていらっしゃいました。
若干、不安な僕、
なんと言っても、前述のように、まりさんの音の運びはこだわりが、
サビの前にたいてい半音がこれぞとばかり (笑) 使われる、
それを、まだ、うろ覚えの僕が見事間違う!
でも気にせず、強引にサビへ持って行きました。
隣のウスイさん、
多分冷や汗かいてたはず (笑)

終わって少しの間。
居ても立っても居られないのか、
ウスイさんがフォロー、
「緊張してましたけど・・・(汗)」
「どうですか?」

社長が、ふっと顔を上げて、
何でしょう、あのときの社長の顔、
そう、
何かを思い出したような顔・・・
そして、
「いいね〜」
「これ」

この一言が大きかったのは言うまでもありません。
その後社長から色々アドバイス、
譜面をメモ用紙に、書き留めました。

やっぱり、と思います。
歌は上手い下手じゃない。
もちろん下手過ぎるのは困るけど (笑)

心に届くか届かないか。
「帰りたい場所」
きっと社長にもあったのかも知れません。
posted by セキシュウ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

個展

昨日、泣き言のように、
「10月の日曜日は休みがない」と書きましたが、
これはちょっとオーバーだった (笑)
遠出が2週続くのです。
1つは、母妹の個展で山口へ、
そのポスター今日届きました。

kocchan.jpg

もう4回目の個展、
今回は、日曜日の昼前に会場に、
最後まで手伝い、
翌日の午前中、前回同様、片付けを手伝って帰る予定です。
展示物を壁から外すのは、
妹の絵が大きいので、結構な肉体労働です。
男手があったほうが良い、
貧弱ですけど (笑)

ポスターの絵は、相変わらず賑やかで、
独特の色使い、僕には到底真似出来ません。
花など、全てスケッチして描いているようで、
その為、庭中、花だらけ、
わびさびのある石の庭に、
カラフルな花が、間から顔を覗かせている、
母のブログで読みましたが、
まさにそれなら和洋折衷 (笑) 実際に見てみたい・・・

その翌週は、
都留市の合唱祭、
こちらは久しぶり、坂本恒太先生とご一緒です。
講評はするんだっけ?
いや、しないで、ただ応援に行くだけだったような、
どっちでも楽しみです。
恒太先生や天野先生、澤田先生、白井先生、板倉さん、
その他多くの出演者は、
僕にとっては、都留市にいる家族のようなもの、
あ、恒太先生は違うけど (笑)
また色々話したいです。

今日はふりうた、夜は営業、
明日はヘビーです。
歌倶楽部さんの貸切、
前半に、紫乃路えり、えりちゃんのミニライブ、
リハ入れて20曲くらい弾くか、
後半は、みなさんの歌会、
40曲くらい弾くか、
合計は・・・(笑)
オザヒロさんが、いよいよ僕が作ったオリジナルを披露、
どんな感じになるか?
すごく楽しみです。

オザヒロさんは、うちの他に、
神楽坂のシャンソニエで唄っていらっしゃり、
まだ駆け出しですが将来を目指す方、
ぜひ、ゆくゆくはソロライブを、
そこでオリジナルを披露して頂きたいです。
posted by セキシュウ at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

全力投球

9月もはや1週間、
どんどん時間が過ぎていきます。
日々の営業にウスイワールドが加わり、
さらに先を考えると、
「一体どうなるか?」
10月は日曜日の休みがないんです。
まあ、がんばるしかない (笑)

振り返ればずいぶん無茶をやってきました。
さわうたマラソン、朝から夜中まで唄うイベント、
「なんで、そんなのやるの?」
八ヶ岳へ日帰りバスツアー、
「なんで、そんなのやるの?」
フルマラソンを走りながら河原で草原を唄う、
「なんで、そんなのやるの?」 (笑)
ボランティアを挙げたらきりがない、
オリジナルDVDも作ったし、
「小高い丘」のレコーディング、
「ハハのコトバ」のPV制作、
とても一軒の小さな個人店がやることではないと思います。
それで何が残ったか?

商売というくくりでは、僕はセンスがないのでしょう。
だから、カラオケボックスを何軒もダメにしたし、
AMANEもアップアップ、
ぎりぎりの経営で、なんとかかんとか、
貧乏暮らしをしながらやっているのです。
時給にしたら、笑っちゃうほど安い (笑)

でも、です。
そうして続けてきたからこその、何かは必ずあります。
いや、あると思っている、
一方的かもしれませんが・・・

対人間の仕事です。
「今、この時のために」
人間同士、感動を分かち合う、
こんな素晴らしい瞬間はない、
と、僕は思っています。
何ものにも変えられない、とも。

まあ、中にはそんなもの、それより・・・という人もいらっしゃる、
見えないものより見えるものを追う人も、
それはそれ。

日々全力投球。
それだけでしょうね。
posted by セキシュウ at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

歌って健康

北海道は大変なことになっています。
まさかの事態、
台風にしても何にしても、
「どうして?」と天を見上げてしまう、
生きることは容易いことではない、
ただただささやかな暮らしを続けたい、
そう願うばかりです。

今週のさわうたはリクエスト、
待ってましたとばかり、
難題を持ちかけられる (笑)
仰った曲名に「え?」と聞き返すのは、
僕が知らない証拠、
いやいや、本当に歌ってたくさんある、
それも、ぼくは知らずとも、お客様は知っていて、
まずはと流した動画で、すでに一緒に口ずさんでいるのです。
「もう、これが本番でいいかな?」
コラコラ (笑)
原曲はキーが合わなかったりするので、
移調して伴奏します。

午後からは、ミーティングに出かけました。
先日来、話題に出しているウスイワールド、
ひょんなことから、ウスイさんの曲を、わたくしめが (笑) 唄うことになり、
なぜかその拙い歌唱をウスイさんに気に入られ、
どうせならウスイワールド、
作詞、伸我、作曲、米田まり、
の作品たちを、商品化しようと話が進んだのです。

ウスイさんと一緒に行ったのは青山にある会社、
そこの社長と、

02wa.jpg

穏やかそうな方ですね。
この方、業界では著名、松田聖子さんを育てた、若松宗雄さん、
ウスイさんが「多摩川」という歌を、
徳間ジャパンからリリースした頃からのお付き合いだそうです。
さすがウスイさん、業界人!

それと、僕がウスイさんと懇意にしているのは、
音楽に対する情熱はもとより、
きちんとしていること、
つまり、経験豊富で多分苦労もしている (笑)
例を挙げれば、
店で待ち合わせしたときも、
店主の僕より早く来る、
すでに店のそばで待っているのです。
店での打ち合わせは2回あったのですが、両方とも、
そして今日も、
午後3時、青山の待ち合わせ場所に、僕は5分前に、
やっぱりウスイさんは先に着いて待ってました。
「 何分前に行けば、ウスイさんより早いか・・・」
30分前?
今度試してみる?
いや僕には無理か (笑)

若松社長と3人で、あれこれ話しました。
社長は、CBSソニーの時代に、
中国地方5県を担当していたこともあったそうで、
僕が山口出身と聞いて、
「山口のどこですか?」と、
「山口市です」と答えたら、
「山口にはレコード屋、一店ありましたね」
僕の記憶装置が働く (笑)
「三好屋ですよね?」
「そうそう、三好屋!」と懐かしそうに社長、
よかった、覚えてて・・・
もう忘れる年頃 (笑)
固有名詞、人の名前など、出てこないことがありますよね。

打ち合わせの内容は、また時を見て書きます。
楽しくなりそうです。

帰り際、
書類を入れたクリアファイルを手にしているのを見た社長が、
「これ、どうぞ」と、
会社のロゴ、住所等入った薄いピンクの封筒をくださいました。
「ご丁寧にありがとうございます!」
社長のレコード会社、
その上に、

01wa.jpg

「歌は楽しく、歌って健康!」

そうなんです。
これって、
僕が今まで、ささやかながらも続けてきたこと。

「運命って不思議だなぁ」
細く細く、糸が繋がった、
そんな気がしました。
posted by セキシュウ at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

自転車で

今日はまた暑さが戻って、しかも時折突風が、
夕方、隣の赤羽まで自転車で行ったら、
スーパーの前に置いてある自転車が、
綺麗に全部、並んで倒れてました。
上を見たら高いビル、
「どうりで・・・」

途中、子どもたちとお母さんの軍団、
建物の前でガヤガヤ、
何かなと思ったらダンススタジオ、
「こんなところにあるんだ」
ちょっと先にも親子、
煌々とした入り口は学習塾、
先生か事務のスタッフか、
「こんにちは〜」
お母さんが「よろしくお願いします!」
子どもを大事そうに送っていました。

「勉強か・・・」
小学生、塾は無縁でした。
勉強したという記憶はあまりありません。
中学、高校も、
「何やってたんだっけ」(笑)
学校は勉強するところですよね。
だからこんなになってしまった・・・

人生の後半です。
惜しくももうこの世にいない仲間もいる、
いずれそうなるときが自分にも来る、
日々同じような繰り返し、
時々はハプニング、サプライズ、
そうして時は流れていく、
夕暮れに自転車に乗って、ゆっくり漕ぎながら、
ゆらゆら思いを巡らせました。

赤羽から十条に帰るのは、
地形上、十条の方が高い位置に、
どこかで坂を上らなければなりません。
緩やかだったり急だったり、
急なところは、僕のおんぼろ自転車で上がるのは無理 (笑)
降りて押して上ります。
清水坂公園の横を通るコースを選択したのですが、
急な坂道を上がったところで知り合いに、
「こんにちは!」と挨拶しながら、
ふと、その方の目線の先を見たら、
一匹のネコが座っていました。

その方は、AMANE開店から来ているお客様です。
いつもは夜、店でしか見ない、
今日はサンダル履きの普段着姿、
「ああ、ずいぶん年を取られたなぁ・・・」
失礼な (笑)
きっと向こうもそう思ったでしょうね。
普段着姿でネコ、
なんとなく関係を察しました。

帰って、部屋に入ってTシャツを脱ごうとしたら、
身体にくっついて脱ぎづらい、
少し汗をかいたようです。
今週いっぱい、暑いようですね。
posted by セキシュウ at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

半日だけの夏休み

一昨日の記事、
急に海岸が出てきましたが、
ウスイワールドの防波堤ににゃんこを探しに行ったのは、
まぁ、半分シャレ (笑)
行ったのは先週の木曜日の午後のことです。
8月30日。

フェイスブックでも海岸の写真を投稿したのですが、
早速ウスイさんからは「猫ちゃんいましたか?」とコメントが入る、
十条ヒマゴウがんばれ! (笑)

しかしやっぱりアウェイ、
それに、記事にも書きましたが真夏、
残念ながらにゃんこは空振り、
それを察してか、ウスイさんからは、
「アマネさんの心の横には、猫ちゃん、寄り添っているのにね」と、
なぐさめのメッセージ。
ううっ、泣くな十条ヒマゴウ (笑)

と、遊んでないで・・・
場所は長浜海水浴場、熱海の少し先です。
そう。
本来の目的は、毎年行っている熱海の花火大会なのです。
日曜日に行く予定でしたが、アコナイがあってNG、
なので、夏期海上花火大会の最終日、30日の木曜日、
夜のみ臨時休業して、午後から車で往復してきたのでした。
午前中はさわうた、それからふりうた特別枠、その後です。
帰ってきたのは夜11時過ぎ。
体力ある〜(笑)
かな?

車だったので、DJ時代お世話になった先輩の経営する旅館へ、
ちょうどいらっしゃり、
本番は会場にいるということで、
見つけて、久しぶりにツーショット、

01sima.jpg

島田先輩、
いや、熱海温泉ホテル旅館協同組合の副理事長、
などいろいろ役職があるようで、
そりゃもう、古くから地域に根ざしてやっていらっしゃいますからね。
それでもってさらに、
お嬢様は元AKB、島田〇△◎、というお名前、
大変失礼ながら、僕はその世界さっぱりなのですが (笑)
周りは結構ご存知でした。

「あまね〜」とぶっきらぼうなのは相変わらずですが、
とても心のある気の良い方なのは、わかっています。
だから、ふらっと行っても受け入れてくれて、
「あいつはどうした」「こいつはどうした」と、
当時の同僚仲間の名前を出して懐かしめる、
ただそれだけですが、
それこそがその時代を過ごした事実、
話を一緒に出来るというのはとても嬉しいことです。

会場特設ステージでは、

02sima.jpg

将来のAKBでしょうか、
アイドルグルーブが踊る、

03sima.jpg

がんばって売らないとね!
と茶々を (笑)

半日だけの夏休みでしたが、とても有意義でした。
おわり・・・

なわけない!
花火の動画、フィナーレシーンを縦画面でどうぞ。
縦の方が、高さがわかると思います。

posted by セキシュウ at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

2時間

昨夜は第一土曜日、ドリームVさんのカラオケクラブ、
昨日の記事にも書きました。
始まる前に、激しい雨、
「こんな雨なのに」
「みんな、来るだろうか・・・」

ずいぶん長くやっています。
200回を越えました。

集まってくるのは、養護学校、今は特別支援学校と言いますが、
そこの卒業生たちで、
もちろんみんな歌好き、
毎回10〜15名くらい集まるのですが、
開催時間は2時間、
と言うことは、唄えても一人2曲、
カラオケで楽しむ目的としては、決して多くない、
「たった2曲・・・」と、物足りなさを感じても不思議ではないのです。

「さすがにこの天候なら」
「いつもの半分くらいか」

午後6時、勢い良くドアが開く、
「こんばんは!」
元気有り余る声で誰かわかる (笑)
その後、ぞろぞろと、
傘をたたみながら順番に入ってきました。
「こんばんは」
「こんばんは」
席に着いて見渡すと10名、
こんな日にとちょっと驚きでした。
1時間経って、さらに一人、結局11名です。

コの字に座って、
スクリーンをみんなで見て、
ときに前に出て踊って、
カラオケを楽しむ姿を見ながら、
音楽の在り方を思いました。

今は本当になんでも容易に出来ます、
何でも手に入る時代、
費用の多寡はあれ、
それなりに楽しめる、
情報も得られる、発信も出来る、その反応も即ある、
また逆に、面倒な人間関係を避けることも出来ます。
カラオケで言えば、
今流行のひとりカラオケはその究極の形でしょう。

そんな中、たった2曲しか唄えない、2時間を、
雨風関係なく集まってくるドリームVさんの貸切カラオケは、
ひとりカラオケの対極、
反対側に位置する、音楽コミュニケーションの典型ではないかと思いました。
人と人とのふれあい。
大切なもの。

「大切なものは実はすぐ身近なところにある」
よく言いますが、
昨夜は身を以て感じました。
posted by セキシュウ at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

夏の決算

9月になり秋もすぐそこ、と言いたいところですが、まだまだ、
今日も夕方ザッと雨が、
その降り方は全く昨日と変わらず、蒸し暑さも続いています。

今日は午後からふりうた、
夜はドリームVさんのカラオケ貸切、その後、一般営業、
明日は午後から貸切、
ついでに来週日曜日もミニライブ&貸切で、
いよいよ9月、10月、休みなし連続営業に突入です。
と言っても、
まあ、半分は遊んでいるようなもの、
楽しい音楽時間 (笑)
今日も合間に作曲していました。
オザヒロさんのコメントにヒントを得て、
さらっと書いて、さらっと音をはめる、唄う、
それをフェイスブックに投稿・・・
これって遊びですよね (笑)

動くものについ目が行ってしまうのは、
にゃんこ写真家、ヒマゴウになってしまう (笑) せいですが、
にゃんこ以外の動くものを少々、
夏の決算です。

01bo.jpg

チョウ、
そして夏の代表格、

02bo.jpg

セミ、
さらには、

03bo.jpg

トンボ。
しかし、ここは街中ではない、
わかりますよね (笑)

海です。

04bo.jpg

夕方の海岸、
奥に防波堤のような・・・
「ん?」
「防波堤?」
ウスイワールドではないですか!(笑)

先まで行ってみました。

05bo.jpg

「誰かいるかな?」
消波ブロックの先に、

06bo.jpg

鳥。

しばらくしたら空に、

07bo.jpg

また鳥。

08bo.jpg

実はにゃんこがいるかと探したのですが・・・
残念、
夏の海は暑すぎて現れないのでしょうね。
秋の終わりに出直しです。
ウスイワールドは始まったばかりです。
posted by セキシュウ at 19:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

一人

今日で8月が終わりです。
今夏を象徴するような一日、
猛暑日、ゲリラ豪雨と、
都下ではヒョウが降ったとか、
十条も、午後3時過ぎ、空が暗くなって風も強く、
「そろそろ来るかな?」と思ったら肩透かし、
普通はこれでそのまま晴れるところ、
もう一弾、午後6時に、今度は大量に降りました。
傘を手放せません。

僕はその間はラッキーにも室内、
ふりうた中と、夜の営業の前のインターバル、
相変わらずの長丁場です。

先日、調律のまっちゃんが、
「最近、身体がきつくて」と、
若い頃と同じように出来なくなってきたことを嘆きました。
彼の仕事は、調律という特別な技術職とはいえ、
経験を積んだら短時間で終わるとか、
技術料、つまり調律代が上がるというものではなく、
たとえば、うちのピアノなら、
ピアノを入れた15年前と、今は全く同じ代金、
かかる時間も一緒です。
増えたのは、半年に一回を、3カ月に一回にしたこと、
でもこれは、彼の労力の対価の変化ではなく、
うちの費用負担だけ、
彼にしてみれば、調律をたくさんすれば売上は上がり、
減らせば売上も落ちる、
言葉は間違っているかも知れませんが、
肉体労働に近いものがあると思います。

まっちゃんも50を過ぎ、
かつてと同じ仕事の量では身体が少々辛くなってきた、
そして今後、このスタイルをいつまで続けるのか、
悩むようになってきた、
きっとそんなところでしょう。

これは以前、同じような技術職の美容師の広瀬氏も言っていた、
そこで彼は、多店舗経営することで、
少しでも自分の負担を減らそうと考えたのは、
彼から聞いたわけではありませんが、容易に察するところです。
もちろんそれにはリスクもあり、
経営が傾けば自分も苦しくなる、
スタッフを使う苦労は僕も経験しているだけによくわかる、
今、僕が気楽にやっていられるのは、
人を雇っていないに起因するところが大きいですね。
昨日、一昨日のように、
フラフラにゃんこを追い掛けているなんて、
従業員がいたら、まず無理でしょう。
「社長、そんな暇があったら」
「夜の営業、もっと努力してください!」
絶対言われる (笑)
夜、ブログを呑気に書くことも出来なくなると思います。
一人だから許されるということも多々あります。

どっちが良いかはわかりませんし、
どっちも出来るというものでもない、
僕は幸い二つともやりましたが、
自分の変化をより確かめられるのは一人の気がします。
まあ、会社経営の方は、
少し上がっただけであとは一直線に下降、
変化なんて確かめる暇はありませんでしたけど (笑)
このままずっと一人か、それとも・・・

おっと、
一人って書くと淋しい感じがしますかね?
周りにお客様が大勢いらっしゃいますから、そこは心配なし (笑)
さて、9月も頑張りましょう!
posted by セキシュウ at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

収穫

今朝は、昨夜の雨のおかげか涼しく、
「やっと猛暑も落ち着いた」と思いましたが、
夕方あたりからモワ〜、湿気が多くなってきした。

3カ月に一度の調律が今日の夕方、
調律師の松本さん、まっちゃんに、
入って来るなり「狂ってるよ〜」と、
僕の頭が?
それも少々ありますが (笑)
ピアノ、
まっちゃんも軽く触って「おおお!」
測ってもらったら、447、
通常は442から443くらいですから、
かなり上がってしまったというわけです。
木が湿気で膨張し、その上に張ってある弦が引っ張られて、
音が高くなったということですね。
冬場は乾いて、弦が緩んで音が下がります。

447、単位はkHz、キロヘルツですが、
これは初めての数値で、
「ここまで上がりましたか!」と驚くまっちゃん、
今夏の異常気象も十分影響していると思います。
ピアノも生き物・・・

異常気象で大変だったのは、
さわうたにいらっしゃる男性のお客様で、
時々ブログで紹介している、足立区で農園をなさっている方、
大きな文旦を持って来てくださったり、
枇杷、イチジク、さらにこんなものまで、

kabo.jpg

カボチャ!
先週の火曜日のこと、
そして今日はゴーヤ、
たくさん穫れて困るくらいだそうで、
どんどんお裾分けです。
みなさんの食卓に、足立区の農園で収穫された果物、野菜が上がる、
これまた、なかなか面白い出来事。
お客様が盛り上げてくださるのが、
さわうたの特徴でもあります。
ありがたい限りです。
posted by セキシュウ at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

祖母

いよいよ今週末で8月も終わりです。
先月末は北とぴあで新しい草原のイベントが、
あれから1ヶ月しか経っていないのに、
いろいろあったように思うのは、たぶん錯覚、
日常は変わらねど、頭の中はくるくる回ってる、
ん?
くるくるパ・・・じゃないよね (笑)
あれやこれや思っているからでしょう。

音楽の影響が強いことは確かです。
先日来、しつこいくらいに書いているウスイワールド、
これに浸ったかと思えば、
全く違う、浪曲もの、
番場の忠太郎なんてご存知でしょうか?
それを題材にした歌謡曲で、途中セリフを、
これがまた難し面白い (笑)
柄ではありませんが、楽しく一緒に練習しています。
独唱会に出る方の課題曲。

その他、ありとあらゆる曲には、
曲に込められた思いがあるはずで、
別にそれを気にせず、
ただ歌のお手伝い、伴奏だけしてても良いのですが、
ついつい何か感じてしまうのは、
ある種の病気なのかも知れません。
だんだん面倒くさいタイプになってきた?
これは遺伝かなあ?(笑)

今日の夕方は、9月9日、シノジえりさん、紫乃路、です (笑)
のミニライブのリハーサル、
2時間弱、世間話などしながら、たっぷりやりました。
えりさん、本人は「えりちゃん」が良いとのことで、
えりちゃんにさせて貰いますが (笑)
まだシャンソン界では若手、
いろいろなベテランの方と共演していて、
うちにご出演の方々とも接点があり、
存在的には、歌手とピアニストの違いはあれど、僕と同じ、
初対面で親近感が湧いたのは、それが理由と今日気づきました。
僕もシャンソン界では、というか、その界にいるのか?(笑)
まだまだ知らないこと多しです。

年齢は未公表なのですが、
「まだお若いですよね?」と尋ねたら、
「マスターとそんなに変わらないと思います」とえりちゃん、
そうかな?とは思いつつ、そこは流しておきました。
「たぶん、かなり僕より若いはず・・・」

根拠はあります。
見た目、じゃないですよ (笑)
えりちゃんのフェイスブック投稿には「おばあちゃん」祖母が出てきて、
同居し、病院など付き添っていることが書かれてあるのです。
「おばあちゃん、おいくつ?」
今日聞いてみました」
「92才です」

これはどう考えても、僕の方がかなり年上です。
僕の父は84才ですからね。
えりちゃん、フェイスブックで生年月日の「年」は非公表ですが、
高校の卒業年が記載されてありました。
逆算すればわかる・・・目ざとい (笑)

結果は、一回り以上、僕が上でした。
「やっぱり」
まあ、ここはこのまま、スルーしておきましょう。
ご本人が、何らかの機会に気づいてからでオッケー、
これは年齢詐称ではないですよ。
もっとも、そんなことして得られるものもなし、
ただ面白いだけです (笑)
posted by セキシュウ at 20:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

夏が去り

8月最後の日曜日、またまた酷暑になりました。
体温より高い気温、
しかしそれも今日がピークとか、
少しずつ秋が近づいてくるのでしょう。
明日の夜は傘マークが出ていました。


金曜日、夜の出勤前のことですが、
ちょっと寄り道、「お地蔵様」の縁日を見てきました。
正式には「姥ヶ橋地蔵尊縁日」このブログでは何度も紹介しているので、
いちいち解説しなくてもよい (笑)
1年に一度、8月24日がその日です。
台風一過、天気は良かったのですが、強風、
「屋台は出ているのかなぁ?」

01aki.jpg

ばっちり。
さすがその道の方たち、
雨風、慣れたものでしょう。
写真を撮っていたら、何人かの知り合いに声をかけられる、
みな地域の方たちですからね、僕もそこそこ有名 (笑)
カラオケボックス時代を含めれば、もう20年以上この街で商売しているのです。

縁日をじっと見つめるように、

02aki.JPG

空に月。

そして今日午前中、
姥ヶ橋地蔵尊を通ったら、

03aki.JPG

鈴についている紐、鈴緒 (すずお) が新しくなっていました。
毎年、縁日を境に新しくなるのです。
そして1年、
雨に雪に、日光に強風にさらされながら役目を果たす、
なんか感動的?(笑)

ところでこの鈴緒、
鈴紐、鈴縄、鈴綱と言わず、なぜ鈴緒なのか、
それは「緒」という字に「魂をつなぐもの・いのち」という意味があり、
とても有り難いものだということでしょう。
緒は、「へその緒」なんていうのもありますね。
僕はへそ曲がり?(笑)

お地蔵様が終わり、鈴緒が新しくなれば、
いよいよ夏が去り、
秋の出番待ち、

04aki.JPG

公園のすすきが、
「おいでおいで」しているようでした。
posted by セキシュウ at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

古い鞄

台風の影響はありませんでしたが、
ウスイさんからの曲は僕にはまさに台風、
昨夜も遅く練習し、
そのままの頭で帰ったものですから・・・
って変な表現ですかね?(笑)

僕が言いたいのは、
みなさんもあると思いますが、
練習した曲、唄った曲が頭から離れず、
ずっと再生されている状態、
朝起きても、まだ頭に残っていたのです。
ウスイ台風 (笑)

今回の曲は特にウスイさんから、
情景が聴き手に伝わるように、
メロディーを崩しても構わないので、
セリフ調、語り調でとのご注文、
それをするには、
必然的にその風景を頭の中で描きながら演奏、
あまりにも深く想像し過ぎて (笑)
どっぷり歌詞の世界に浸ってしまったというわけです。

「草原」のような曲なら、
たとえどっぷり入っても、
そんなに苦しくはないでしょう。
しかし、ウスイさんの「波に寄せて」は、
昨日の僕の下手な (笑) イラストでもわかるように、
ずばり淋しい曲、孤独な曲、
ともすると、涙するようなストーリーなのです。
と、僕は思っている (笑)

朝起きて、
ふと防波堤に行ってみたくなりました。
歌い出しが「防波堤」なのは昨日書きましたね。
もちろん無理、今日も仕事です。

代わりに詩が浮かびました。
「古い鞄」というタイトル、
紹介します。

「古い鞄」
僕は昨日
君の過去行きの電車に乗った
海岸線をずっと走って

僕は今日
君の見た海の近くに着いた
古い鞄をずっと持って

鞄の中には
君からもらった一枚の紙
僕にしか聴こえない
哀しい旋律

当分僕は帰れそうにない
旅の途中
posted by セキシュウ at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

防波堤の

おかげさまで台風の影響は特になく、
昨夜は開店から11時くらいまでお客様、
今朝は10時過ぎから夕方5時半頃までふりうた、
さらに夜の営業と欲張っています。

ふりうたではあれこれと、
ジャンル問わずやっていて、
毎回決まった曲をやる方、その日決めてやる方と、
対応がまちまちで、大変と言えば大変、面白いと言えば面白い、
いずれも何らかの講釈は相変わらずで (笑)
勝手に自分の考えを伝えていますが、
あくまで参考程度、
少しでもためになれば、楽しんで唄えたらの工夫です。

若い頃は、音楽、歌なんて単なる娯楽で、
生業にしている方以外は、
ただ流行だから、
なんとなく気に入って、ちょっぴり琴線に触れて、くらいで、
特に深く歌と向き合ったりしないと思います。
と言うより、
向き合っても、わからないことの方が多い。

けれど、社会に出て辛酸を嘗め、非条理なことに泣き、
些細な出来事に胸熱くし、物事の必然、終焉を感じた時、
まるでクイズが解けたように、
歌の意味が心にすっと入ってくることがある、
「これは」
「この気持ちはどうしたことか・・・」

今の自分、あの時の自分。
今の貴方、あの時の貴方。

先日送られてきたウスイさんの「波に寄せて」、
これの謎解きに夢中です。
今日、ふりうたの休憩中に、
ちょうど良いタイミングでウスイさんと話せました。
電話の向こうで、
「アマネさん」
「こう、唄うんですよ」
「♫ 防波堤のスミに座って 波の音を聴いてる…」
とてもステキ。
本職だし本人だし当たり前 (笑)
でも、どうしてこれをウスイさんはご自分で唄わないのか。
僕に託したのか。
そこには・・・

いや、やめておきましょう。
僕の悪い癖。
とにかく、希望に添えるよう、唄うのみです。

なみ.jpg
posted by セキシュウ at 20:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

跳ね返る

今日から天気が悪くなるとのこと、
こちらはそうでもないですが、西の方は大変そうです。
被害がありませんように。

今週のさわうたはまあまあ、
17名前後で推移は、ボーターラインというところ、
一時期の大盛況は静まって、落ち着いています。
長く続けるということはこういうこと、
ある程度行ったらあとは平行線、
何事もキャパシティがあると思います。
一人で運営するのには今がちょうど良い塩梅かも・・・

月曜日、バスケに行ったのですが、
子どもたちと一緒、
途中から子どもたちが1対1を始めたので、
僕は遠慮、外に出てその様子を見ていました。
結果、やった時間が30分程度、
ちょっと物足りなかったので、今日の午後、また行ってきました。
幸い、午前中のさわうたはそんなに忙しくなく、
さらに、隔週である、その後のふりうた特別枠も、今日はお休みで、
夜の営業まで時間にゆとりがあったのです。

午後一のコートは空いています。
天気も良し。
気持ちよくシュートを打っていたらハプニング、
「ええっ!」
「そんな〜〜」

いつものパラパラ漫画風で (笑)

01ee.jpg

走り込んできてシュート!


02ee.jpg

どうだ?

03ee.jpg

これは入ったね。
打ったコースでわかる、

04ee.jpg

ね。
たしかに入ってますよね?
一応拡大、

05ee.jpg

ところがです。
これから不思議なことが、

06ee.jpg

一度入ったボールが、

07ee.jpg

跳ね返り、

08ee.jpg

なんと外へ、

09ee.jpg

「なんで〜〜」

実はこれには原因があります。
一ヶ月くらい前ですが、
ネットの下が膨らんでボールが引っかかるようになり、
それを管理事務所に報告、
ネットを途中から切断してもらい,ボールの通りを良くしたのです。

今回のアクシデントは、
短くしたネットに直接ボールが勢いよく当たり、
反動で跳ね返って、
ボールが外に弾き出されたというわけ、
「こんなことって」
「あるんだな・・・」

10ee.jpg

入ったには違いありませんけど・・・
「なんか」

12ee.jpg

「気持ちよくない」 (笑)

珍しい出来事でした。
posted by セキシュウ at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

けだるさ

昨夜は結局午前3時頃までやっていました。
ウスイさんの心情を、と僕は思っている (笑) 波の音に乗せ、
ネコを傍らに従え説いた曲、と僕は思っている、しつこい (笑)
「波に寄せて」
まずは、まりさんの手書きの譜面を、パソコン入力、
相変わらず、16分音符、タイ、半音と動きが細かい、
それを何度も再生して間違いがないか、
入力ミスがないか、
歌詞もきちんとチェックした上で、
僕の歌唱キーに移調しました。
つまり、原曲の譜面を完成させた後に、
僕用の譜面を作ったということ、
わかりますよね? (笑)
キーは原曲A♭、これをE♭に移調です。
最初Eに、少し高い気がしたので1つ下げる、
原曲の譜面さえしっかり作っておけば、
あとはボタン1つ、でもないのですが (笑)
簡単に移調出来る、これがとても便利なのです。
しかしそれは、元を間違えてしまったら、
全て間違いになるので、
最初の、原曲の譜面作りは要注意なのです。

作業はここまでではありません。
出来上がった譜面をスクリーンに映して、
実際に唄ってみる、テスト歌唱、
これは、1番を唄い、
録音したものをウスイさんに聴いていただき、
キーがどうか確認してもらうためで、
ウスイさんが僕に望んでいる雰囲気なのかどうか、
作家さんの意見を知りたいからです。
僕はいわゆる演者であって、監督はウスイさん、
音程に厳しいまり先生にも (笑)
一度はチェックして頂かないとでしょう。

ここだけの話、
まりさんの曲は、音の運びが独特で、
決してストレートにはいかない、
「少年の恋」をさわうたの課題曲にしたら、
みなさん苦戦していたのは記憶に新しいところです。

ですから、今回の「波に寄せて」も、
淡々とした流れではあるのですが、
譜面を見て、すぐに上手く唄えるかと言えば、
そうはいかない、
さらに今回は一度も聴いたことのない曲で、
参考音源もなし、
録音を送った後のウスイさんの返信が怖かったのですが (笑)
今朝有り、
キーはオッケー、あとは歌い込んで、
それと「けだるさ」を出すように、と返ってきました。

これにやっぱりと思います。
「けだるさ」は、僕の想定外でした。
ウスイさんが詩に込めた思いがある、
なぜ海に行ったのか?
一人で行ったのか?
どんな気持ちで行ったのか?

わーい!海だ〜!じゃない、
「ひょっとして・・・」
「思い詰めて行った?」

わかりません。
しかし、けだるさの一言に、
僕の心は波のように揺れたことは確かです。
posted by セキシュウ at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

花束と手紙

昨日書いたように、
フェイスブックでは数々のアコナイの写真が、
今回は僕がプレゼントいただいたこともあり、
似合うか似合わないか (笑) 花束の写真、
こんなのがありました。

01na.jpg
(泉谷たけしさんより)

なんか、花束を見つめて悩んでいる・・・ような (笑)
「これを」
「キミに渡したいけど」
「受け取ってもらえるだろうか…」
とか?

あまりに面白かったので、
泉谷さんに断って、転載させてもらいました。
ちょっと詩になりそうなショット、
泉谷さん、よく撮ってくださったと思います。
お仕事はデザイナーですから、まぁ、当然のことか・・・

花束もサプライズで嬉しかったのですが、
ウスイさんが「あまねさんにぴったりの曲があるんですよ」もサプライズ、、
タイトル「波に寄せて」の譜面が、今日、僕の手元に届きました。

02na.jpg

何度も見たまりさんの手書きの譜面、
何度も見たまりさんの手紙入り、
ついでに封筒の宛名は、
「北区」は省かれていて上十条から (笑)
郵便番号できちんと届きます。
届いてなきゃ、こうして紹介していられないものね・・・

さてさて、急いでこれを僕のキーに移調して、
練習して唄ってみましょう。
全く聴いたことがない曲です。
とても楽しみです。
posted by セキシュウ at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

リンゴが

翌日、花が咲いたように賑やかになるのは、
アコナイならではで、
フェイスブックの投稿は見た店ばかり・・・
ってAMANEですけど (笑)

ほとんどの方がフェイスブックのアカウントを、
アコナイで撮った写真を当日か翌日にアップ、
みなさんの投稿を見るのも僕の仕事です。
参加してどんなふうに感じたか、
「楽しかった」のはもちろんでしょうが、
各々の課題点とか、
周りの反応とか、
或いは投稿に入るコメント、全てが参考になります。
アコナイを永遠に不滅にするためにも (笑)
きちんと読んで、次の機会に活かせるものは活かす、
せっかくSNSというツールを利用しているのですから。

嬉しいのは、
アコナイをきっかけにアーティスト同士仲良くなっていくのを読むことで、
別に恩を売っているわけではありませんが (笑)
アコナイの存在があってこそ、と思ったりします。
ユニットを組みましょうという話が出たり、
他の店のイベントで共演しましょうとか、
個々の音楽ライフがどんどん広がっていくのが愉快、
しかもそれをフェイスブックを通じてリアルタイムに見ていられるのですから、
こんな楽しいことはないのです。

まだみなさん社会人で忙しく、
週末はそれぞれ予定で一杯でしょうが、
そのうち、
10年くらい経って時間にゆとりが出来たら、
出演しないときも、他のアーティストのパフォーマンスを見に来る、
自分にもそれなりにファンがついてくる、など、
アコナイは発展的要素も充分秘めていると考えています。
3年経ちましたが、まだ種まき段階・・・
実るのはまだまだ先、でしょうか。

実ると言えば・・・
今日の赤塚公園、

ringo.JPG

小さなリンゴがほんのり色付いていました。
リンゴ特有の甘い香りも。
秋がすぐそこに・・・

もちろんリンゴ鑑賞に行ったわけではありません (笑)
夏休み、
バスケのコートは子どもたちで賑やかでした。

01bas.jpg
posted by セキシュウ at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする