2018年11月09日

平成の

記憶に残る年。
今年は間違いなくそんな年になるでしょう。
いろんなことが起こりすぎている・・・

どなたかの歌ではありませんが、
生きることは旅すること。
これからどこに向かおうとしているのか・・・

たまたま描いた4コマも、
そんな気持ち。
でも、一応オチはありますけどね (笑)

さわごえ君第99話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

今夜

電話がありました。
待ってて。
行くから。


posted by セキシュウ at 23:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

ひらひら

昨夜は斎藤敦子さんたちが、わいわいと賑やか、
今夜は歌倶楽部主宰の方が、
プチ歌のお稽古プラス、デビューの話で花が咲きました。
主宰の方は男性で、僕も男性 (笑)
花が咲くなんて変な話・・・

と遊んでないで (笑)
そんななわけで、忙しくはないのですが、案外時間がありません。
これに、佳境のCDジャケットデザイン、
こちらは新宿の制作屋さんと頻繁にチェックを、
さらに、ゆるゆるやアコナイ、Makicoライブの譜面、練習、
やることをが沢山で、頭が休まりませんが、
まぁ、幸せなことでしょう。

と言いつつも、
ひらひらと飛んでいるものがあると、
つい立ち止まってしまう・・・

あき.jpg

蝶。
立冬なのに・・・

枯れた葉を淋しげに見つめてる?
そろそろ秋も終わりなのですね。
posted by セキシュウ at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

古典講座

予報と違ったような、わりと強い雨の1日でした。
午後の古典講座も雨、
傘を差す父の姿は珍しいか・・・(笑)

珍しいというか、
新し物好きというか、
ちょっと写真を紹介します。

ルーペ.jpg

ん?
なに?

わかりづらいですかね。
メガネの上にメガネ、
「おお〜」
「流行りの!」
葉月! (笑)

僕も掛けさせてもらいましたが、
良く見えました。
古典講座のテキスト本の、脚注の細かい文字、
本文、横のふりがななど、
父にとって便利なようです。
ふりがなはとても重要、国語学者ですからね。
父のところで打ち合わせすると、よくその話になります。

古典講座も5年目に入ってます。
よく続いています。
posted by セキシュウ at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

ライブフライヤー

今日は朝は雨、その後晴れて、バスケ、
とはいかないのは最初からわかっていて (笑)
昼間に用事が、
若松社長のところへ音源の入稿に行ってきました。
そこでの出来事は、
とても面白かったのですが、
発売が近いですし、楽しみも薄れるし、後日談として取っておきます。
「出し惜しみかい!」
ええ。
スミマセン (笑)

とにかく進め進めです。
頭使って足を使って、
その間こまめに連絡をして、
周りの気配にも注意して、
さらに日常業務ですから、今、まさに頑張りどき。
うまく軌道に乗れば、楽になるのは、
店を新規オープンする感覚に近いですね。
多店舗展開していた頃は常にそんな状態でした。

日常業務はライブの準備もあります。
土曜日はアコナイ、
やてふさんがいらっしゃるので、伴奏の数曲、手抜きは絶対NG (笑)
その翌日は、Makicoさんのライブで、これも念入りに、
今夜早い時間にリハーサルをしました。
そして、その次の土曜日は、
こちらは準備はいらないかな (笑)
小島さん、矢崎さんのライブです。

フライヤーを紹介します。

小島矢崎2s.jpg

斎藤敦子さんゲスト、
その斎藤さんから今夜電話が、
明日夜、お客様と遊びにくるそうです。
久しぶりかも・・・

さすが、年末に向けてバタバタしてきた感じ。
ヒマよりは良いですよね (笑)

posted by セキシュウ at 23:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

軽ーく

ここ数日、理屈っぽい記事が続いたため…
今日は軽ーく、行ってみます。
当然にゃんこ (笑)


01cha.JPG

どんどん突進のご様子 (笑)

元小学校の校庭では、

02cha.JPG

「おや?」
「久しぶり!」

03cha.JPG

キリッとした顔。
誰かに似てる?

04cha.JPG

少し違うけど・・・

ちゃー。

05cha.JPG

「こっち向いて」

06cha.JPG

下から手、出したり (笑)

07cha.JPG

まだ子ども。

08cha.JPG

顔つきは凜々しくなってきました。

おまけ。

09cha.JPG

ヅラ。
この日は雨宿りでした。
posted by セキシュウ at 19:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

ゴール

今日は祝日ですが仕事です。
働かざる者食うべからず、いや、
働かざる者歌うべからず、か (笑)
店をしっかり経営しながら歌手活動という意味です。
ふりうたから、いつものドリームVさんのカラオケ、
その後、祝日ですが一般営業します。

たとえは全然違うのですが、
以前も書いたことのあるマラソン、
この練習に費やす時間量は、
やる気によってですが (笑) それ相応あり、
「そのことで仕事がいい加減になってると言われないよう」
「仕事も一生懸命やるんです」と仰ったのは、
サブスリーランナーで、今やトライアスロンで活躍してる南さんです。
僕はすっかりマラソンから遠ざかってしまったけれど、
その考え方だけは、まだ心しています。

しかし、歌手活動というのは、まさにマラソン、
ゴールはどこにあるの?でしょう。
毎日のように、3曲を引き連れて、
ことあるごとに唄う、PRをする、
今日も朝はある施設のスタッフに、
昼、内装業者さんに、夜は大家さんのお嬢さんとお友達に、
じっくり唄うこともあれば、間を端折って軽く、
とにかく、まず知ってもらっておいて、発売されたら再度プッシュ、
発売前に、知り合いに噂してくだされば、しめたもの。

得意か不得意かと言えば、
いわゆる営業、飛び込み含めて得意です。
よく、DJの先輩のミックさんが、
「関は、すごい営業力があるのに」
「店に引っ込んでるのはもったいない」と、
カラオケボックスで店番やっていた後期、
今の店、AMANEを開いてからも、よく口にしてました。
僕が会社経営をスタートし、
どんどん仕事を取ってくる姿をミックさんは見てたのです。
最初は、あるホテルの料金表、モノクロの数万円の印刷の仕事、
そこから始まって、
1年後は、カラーの冊子のデザイン印刷、うん百万の仕事をもらうようになった、
ただ、甘ちゃんの、ええかっこしいの (笑) 素人経営が、
会社をダメにしてしまいましたけど・・・

今回の歌手活動は、その頃の経験が、きっと生きてくると思っています。
どうすれば広げていけるのか?
常にアンテナを張って、チャンスは逃さない、
けれど相手に嫌がられないように、引く、見、ケンも大切、
相手の立場をよく考えること。

明日は休みですが、さわ通作り、
明後日は、若松社長のところで打ち合わせです。
1日も無駄に出来ません。
ゴールは果てしなく遠いのです。
posted by セキシュウ at 19:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

攻めるか守るか

商売をやっていて、先のことなんてわからないなどと言うと、
「なんて無計画、無責任」と思われるかも知れませんが、
どんな素晴らしい経営能力がある方でも、
先の先の、その先まではわからないと思います。
将棋の棋士が、
何手も先を読みながら戦う、
どちらも一般人には考えられない能力を持つ、
しかし必ず最後は勝敗が決まる、名人になる、
そしてまた、それを負かす名人が出てくる、
勝ち続けるということは、まずないでしょう。

絶好調だった、さわうたは、
先月の1日平均来客数を出したら、
なんと15名でした。
まあ、別に驚く数字ではない、
毎日、少ないのを実感してましたからね。

良いときは18名なんて月もあったのです。
これこそが先はわからない、
特にサービスの何かが変わったわけでもなく、
同じように続けてきた、
それどころか、ピアノだけを見れば、
さらに何でも出来るようになり、
いろいろ愉快なアレンジでも弾いているのです。
けれど、数字はダウン・・・

ふりうたは、しばらく低迷してましたが、
今月に入ってカムバックがお二人、
先月にも、腰を手術して休んでいた方がカムバック、
少し持ち直してきました。

今月カムバックのお二人には、
レッスン前に僕のデビューの話を、
2カ月であっという間に決まった話、
お二人ともそれ以上休まれていて、
ご存知ないのです。
最初「えっ?」とキョトンとした顔をなさるのは、
どなたも一緒 (笑)
しかし、少しの間、そして歌をお聴かせしたら、目を輝かせて、
「おめでとうございます!」
素直に喜んでくださるのは、
歌が僕に合っているということだと思います。

デビューすることに、もちろん躊躇いはありました。
店を蔑ろにすると思われたりしないか?
図に乗っていると思われたりしないか?
反感を買うのでは?

でも、です。
2003年に店をオープンし今年で15年、
「何かが変わる」と予感はしていた、
ブログにも時々書いていました。

良い方に変わる、悪い方に変わる、五分五分です。
15年、店が続けば御の字、
「そろそろ引け際」でも何らおかしくはありません。
世の中に、15年続く飲食店はどれだけ、何パーセントあるか?
15年間続いた店を、その間に開店した店の数で割れば、ざっくりとはわかるはず、
数パーセントだと僕は思います。

店を守ろうと思えば、デビューは見送るべき。
それもある、
けれどその反対、
店を続けるために攻める、デビューするもありでしょう。
店イコール僕、なのですから。
僕が、歌手、関周が外に認知されれば、
店も自ずと知られてくる、
どんな店か、一度は来てみたいと思うでしょう。

どうなるかはわかりません。
攻めることを選択した、
あとは信念を持って猪突猛進です。
来年の干支は、亥、ぴったりですね (笑)
posted by セキシュウ at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

あと2ヶ月

なんだか朝夕が冷えるなと思ったら11月でした。
年賀ハガキ発売開始はもう正月ムード、
今年も終わりなんだとしみじみ思います。

いろいろあった年です。
平成が終わる、元号が変わるとはこういうこと、
意味ありげな表現は好ましくありませんが、
このブログはほんの一部、
ほかの部分がたくさんある、
書いていないことがたくさんある・・・
いろいろ、にはそれが多々含まれています。

それでもこうして、
毎日パソコン画面に向かって、
1日を頭の中で整理する、
そして明日に向かう、
「希望」などという言葉は古めかしく臭く、
まるで今絶望しているかのようですが、
決してそういう意味ではなく、
なにかに望みを託す、
それが何でもいい、
たとえば綺麗な空だったりオレンジ色の枯葉だったり、
何かふっと心に寄ってくるものがあれば、それでいいのです。

今月の営業は多種あります。
ライブは3つ、Makicoさんのプライベートライブ、
小島さん矢崎さんのジョイントライブ、
そしてゆるゆる、
アコナイは久しぶりにやてふさんが出ますし、
来週はすごく久しぶりに同級生が来店予定、
あれこれ、刺激になりそうです。

とにかくあと2ヶ月。
今年を精一杯、走りきりましょう。
posted by セキシュウ at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

待ち合い

今日で10月も終わりです。
夕方、買い物帰り、交差点で信号待ちしてた集団が、
なにやら妙な格好をしていると思ったら、ハロウィン、
子どもたちが黒いマント、帽子、背中にはカボチャの顔、
信号が変わると同時に走り出し、
「どこに行くのかなぁ・・・」
すでに日は落ちていました。
もう5時を回ると暗くなります。

平成があと半年という記事をどこかで見ました。
その最後の平成に、
「まさに急転直下」と今朝のお客様にも言いましたが、
歌手デビューの話、
持ちかけた当人のウスイさんも、
月曜のレコーディングの待ち時間に、
「まだ数ヶ月なんですよね」と驚くように、
よくぞここまで進んだと言わんばかりです。

「そうそう」
「ウスイさんが僕にぴったりの曲って」
と、ネコが出てくる「波に寄せて」のこと、
「それで」
「防波堤まで、ちょうど2カ月前、行ったんですよ」
熱海の花火大会の前の、少し余った時間、訪れた海岸の話を、
すると「防波堤、行ったんですか!」とまりさんが、
これまた驚くような目で、
「なんて暇な人!」と思ったか (笑)
それとも、
「なんて熱心な人!」・・・

「でも」
と、ウスイさんが言います。
「最初は、みんなのまり祭の、リハーサルですよね」

同じような待ち合いの場所、
スタジオは高田馬場でしたね。
ひとり、静かに座っているウスイさんに僕が声をかけた、
何がそうさせたのか、
それは実は偶然でもなんでもなく、
前も書きましたが、
「ウスイトオル」という名前をまりさんの口から聞いていたからで、
僕の頭の中では、
ウスイさんは興味の対象だったのです。
記憶に間違いなければ、
まりさんは、ライブ中に、
「会ったこともない、ウスイトオルという歌手から」
「曲を作ってくださいと頼まれた」とか。
まりさんの口から、歌手の名前が出ることは珍しいことです。

もちろん、だからと言って、
ウスイさんと、高田馬場のスタジオ、
リハーサルの場面で、密に話が出来るとは限りません。
タイミングが良かったのです。
待ち合いのソファーにひとり座ってたから。

あれが、少し離れたところにいた、
女性歌手の仲間たちの中にウスイさんが加わり、
キャッキャ話してたら (笑)
僕は遠慮したでしょう。

縁というのは実に不思議。
まあ、長く生きている方なら、
どなたでも思い当たることがあるでしょうね。
posted by セキシュウ at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

レコーディング

昨日は午後からレコーディング、
夜の営業は休みました。
3曲の歌入れ、これは時間がかかります。
今まではやっても1曲、
3曲一気は初めてで、
しかも2ヶ月前から取り組んだもの、
どうなるかと思いましたが、
ウスまりパパママからオッケーを頂き (笑)
夜10時過ぎ、なんとか無事終了しました。

uta.jpg

安堵の笑顔? (笑)

歌の内容がソフトで、
どちらかと言えば語りかけるような歌、
まりさんが僕に望んだ「素朴な歌唱」
ともすれば「何、それ?」と、
歌の得意な方から批判されそうな、
そうなれば逆にしめたもの、
「わたしの方がもっと上手に唄える」ときたら、
「じゃ、是非唄ってください!」
「カラオケにも入ってます」と返すことが出来てラッキー、
良い宣伝になります。

これこそがオリジナルです。
カバーなら、誰かの曲を唄うなら、
上手い下手あるかもしれません。
でも今回、
お二人の、ウスまりパパママの、オリジナルは、
僕の名前で唄ってCDを出す限り、それはそれが全て、オンリーワンです。
上手い下手ではなく、
好きか嫌いか?
ただそれだけでしょう。

出来上がった音源は、若松社長に渡して、
いよいよ発売に向けてゴーです。
第一興商のDAMに入れるためには、会社の規定で3ヶ月かかる、
11月に会議にかけて頂き、
来年2月になるとのことでした。
今は、カラオケDAMにはなかなか楽曲が入りません。
うちに出演している歌手でも、入っているのはウスイさん、
その時いらした莉玲さん、
古いところで長瀬ゆきさんくらいでしょうか。

もう一社、カラオケでは JOYSOUNDがあります。
こちらは逆に入れるのはとても簡単、
多くのアマチュアも入れていると聞いています。
双方、差別化しているというところですね。
うちはDAMなので、やっぱりDAMじゃなけりゃ (笑)

来年、パパの作りばなしがカラオケで唄えるようになる頃、
一体、どうなっているのでしょうね。
さっぱり想像つきません。
想像してもしょうがない、と言うか・・・(笑)
売れるように、全力でいくのみです。
posted by セキシュウ at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

特技?

5月の東京で行われた高校の同窓会以来、
山縣先輩や椙山先輩に店を応援していただき、
さらに、今回の僕のデビューまで、
本当に有り難い限りです。

椙山先輩は、一つ上の中学の生徒会長で、
我らが元生徒会長と同じ卓球部です。
僕のイメージでは、
卓球をやっていた人は、フットワークが軽い、
あの俊敏な動き、
小さい玉を一瞬にして認識する動体視力、
そして持久力と、
こどもが遊ぶ、或いは温泉地で戯れる「ピンポン」とは (笑) 全く別物でしょう。

諸先輩の活動基盤は、再々書いている「山口七夕会」です。
僕も遂に・・・

00bas.jpg

入会することにしました。
この先、デビューして、いろいろお付き合いが広がる、
そして、
まだ発売にもなっていないので、時期尚早かも知れませんが、
何らかの形で、「ふるさと」に恩返しができるのではと、
内容は書きませんが、
諸先輩には、その方法を伝えてあります。

ところで、入会申込書には、
「趣味・特技」という欄がありました。

卓球?
違う違う (笑)

もちろん・・・

001bas.jpg

これ。
特技かどうかは?ですが、間違いなく趣味 (笑)

本来なら、今日、月曜日はバスケの日なのですが、なし。
レコーディングだからです。
いよいよ歌入れして、マスタリング、音源を仕上げるのです。
ブログも早めにこんな時間・・・(笑)

「バスケ」
「したいなぁ〜」

がまんがまん。
写真でがまん (笑)

002ba.jpg

両方とも、一週間前の写真、
紅葉が少しだけ始まってました。
posted by セキシュウ at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

歌と絵

面白いと思うのは、
たまたまなのでしょうが、僕がデビューの3曲を、
歌詞を覚え、ある程度の余裕を持って唄えるようになった頃に、
夜、久しぶりの常連さんがチョロチョロといらっしゃる、
昨夜もそうでした。
美容師のお二人、
ドリンクを作りつつ、即、話を、
デビューに驚くのは毎度のこと (笑) そのまま、その勢いで3曲を唄います。
このパターン、幾度となくやってます。

反応はそれぞれ、好みもそれぞれで、
パパの作りばなし、帰りたい場所、波に寄せてと、
どれが一番、というのは分かれるのですが、
それこそが、どれも特色がある、ということでしょう。
昨夜は、最後の、波に寄せてのフルートに反応、
「一瞬、尺八かと・・・」
音色に哀愁があるのです。
上里さんのピアノが、周期的な波の様子を表現する、
そこに川村さんのフルートが情感を加えていく、
まるでキャンバスに絵を描いていくように、
心地よい演奏で唄わせてもらうのですから最高!
歌唱後の間奏の入り方も絶妙です。

これが、まさかテイク1だった、
一発オッケーだったとは、あとで聴けば聴くほど驚きですが、
先日、若松社長が仰った言葉、
制作屋さんも聞いてましたが、
「うまく行く時は、ススッとなんでも行くんですよ」と、
逆にそうでない時は、
「どんなにお金をかけて、宣伝をしても、売れないんです」
という社長の業界の話を思い出しました。

これは、制作に携わったことがある方ならよくわかる、
自然体で出来たものの方が素晴らしい、
狙って、企んだものは、それが見え隠れして、
いわゆる、わざとらしくなって、つまらないものになるのです。
「何度も何度も録り直して」
「結局、最初のが一番良かったことって」
「よくあるんですよ、アマネさん!」とは上里さんが僕に、
その道一筋の方が仰るんですから、間違いありません。

しかし、CDの演奏を聴けば聴くほど、
自分の未熟さがわかります。
歌、じゃないですよ、歌はもともと未熟 (笑) ピアノです。

矢崎さんとは絵の話をしました。
絵と額縁とマットの関係です。
歌と伴奏に似ている・・・
絵が歌、額縁とマットが伴奏、
「絵より額縁が目立っちゃいけないんですよ」
「そしてマットの役目も重要」
矢崎さんも額縁販売一筋の方、
絵をいかに良く見せるか、極意を知っていらっしゃるのです。

矢崎さんの前で、波に寄せてを唄ったら、
上里さんのピアノを、
「マットのようだ」と仰いました。
絵と額縁の間にあり、なくてはならないものですが、
その存在を気にする人は少ない、
けれど、あるからこそ、絵が引き立っている・・・

面白いですね。
デビューはとても光栄なことです。
にも増して、
熟練の方々と、このような経験、会話が出来ることが、
何よりの財産です。
ありがたい限りです。
posted by セキシュウ at 20:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

満月

今日は朝からふりうた、
外は寒くも暑くもなくちょうど良い、ですが店内はやや暑く、
「冷房がいるかな、いらないかな」でした。
結局使わずに、
途中の空き時間に廊下のドアを全開して外の空気を、
ほんの少しのことですが、気持ちよかったです。

今月は盛りだくさんでした。
誕生月に、これだけのことがあるのも珍しい、
過去にあったか、
思い返してみましたが、思い出せません (笑)

ぽつん、ぽつんとはあるのです。
一番深いのは、難病の友人が亡くなったこと。
10月です。
2012年、10月1日。
その日は、その日の夜は、みんなが月を見ていました。

そして昨夜の月。

01tuki.jpg

あれから・・・
「6年が経った」

難病の友人は、今回の、僕のデビューのこと、どう思っているでしょうね。
「応援してくれるかな?」

飛び出したからには引き返せません。
ウスイさんは言います。
「歌を信じて」

でも、本当に不思議な縁。
僕がネコを撮っているのを見て、
「アマネさんにぴったりの歌が」と。
ネコ経由、アマネ (笑)
ウスまり畑に僕を連れてきたのは、
「ネコ?」

02tuki.jpg

「うしろ、見てごらん」
ネコもきっと応援してくれる・・・はずです。
posted by セキシュウ at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

営業にデビューに

やっと秋らしい落ち着いた天気、と言うのでしょうか、
過ごしやすい気候が続いています。
のんびりと、ネコの尻尾でも追いかけて、
十条のヒマゴウ、アマゴウ? (笑) を満喫したいところですが、
うーむ、なかなか忙しい、
1つ1つ、頭の中を整理しながら動いています。

突如やってきた譜面作りの内職は、
ここにきてひと段落、
それを見計らったかのようなタイミングで、
圭未より、ポンポンポンと依頼が、
来月のゆるゆるの選曲です。
まあ、いろいろ探してきますこと (笑)
僕がレコーディング等で忙しいのは承知で、
「そんなときに〜ごめん!」と、
いやいや、店のイベントのため、こっちこそ、いつもありがとうです。

デビュー云々言ってますが、
まずは店の経営、維持、
これが成り立たないことには先がありません。
ちっとも楽ではないのです。

先週末、矢崎さんがいらしたことを書きましたが、
矢崎さんとも、
「厳しいですよね〜」と話しました。
大きなところは知りませんが、
我々、個人の、いても数名の従業員の店や会社は、
株価が上がったほどの (今は下がってきてますが) 好況感はありません。
なんとかやれている、が正直なところ。

好調だった朝の営業、さわうたも、
ここ数ヶ月、夏を境に落ちてきました。
いずれ落ちると予想はしていましたが、
思っていたより早かった、まあ、仕方ありません。
夜は相変わらずで、
時々忙しくなる程度、あとはほぼ暇、
しかしその暇を利用して、譜面作りしたり、
ここ最近は歌の練習ばかり、
暇じゃなきゃ、デビュー出来なかったとか (笑)

デビューの3曲は、どうにか歌詞を覚え、
歌う機会が多かった、いや、多くした (笑) おかげで、
何かしながら、
もっとも、そんなことをしたら歌に気持ちがこもらないのでしょうが、
たとえばスマホをいじりながら、
洗い物をしながら、
書きものをしながら、
歌えるようになりました。
歌いながら、皆さんの反応も確かめられるように・・・
余裕が出た、ということでしょうね。

まりさんから譜面が届いて2カ月。
やっと、ものになってきた・・・かな?
タイミングよく、29日はレコーディングです。
体調を整えて臨みましょう。
posted by セキシュウ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

アコナイ新企画

産地直送、ともいうべきか、
ウスまり畑の使用人 (笑) 関周、
採っては売り、採っては売り、
発売前なのに、PRに余念がありません。

日曜日、都留市合唱連盟の方々の前でも、
終わってからのお茶の席、お疲れのところ恐縮でしたが、
「パパの作りばなし」を唄わせてもらいました。
恒太先生はブログで経緯をご存知でしたが、
他の先生方はまだ、
いきなりのCDデビューに目を白黒、
実際出来上がってから届けても良かったのですが、
やはりお世話になった先生方、ナマで聴いて頂きたかったのです。
特に天野先生には・・・
きっと喜ぶ、はず・・・

これは僕の勝手な思い込みかも知れません。
僕のデビューなど、
合唱に携わっている方々には、なんの関係もない、
ただ僕が、勝手に騒いでいるだけかも知れない、
「朝早くから準備していて」
「やっと終わり、のところに」
「僕の歌など、なんの意味が」
唄いながら、そんなことが頭を過ぎる、
天野先生に駅まで送っていただき、
鈍行電車に揺られながら、
「やはり唄うべきではなかったか」
少しの後悔がありました。

これはたぶん、この先も、
歌手としてやっていく上で常につきまとう思いなのでしょうね。
ウスイさんが、
「これから波風立ちますよ」と仰っていた、
都留のことが波風とは思いませんが、
いろいろな意味で、今までとは違う、
甘い、生ぬるい環境で、店で好き勝手やっていたのとは、
明らかに違う状況が待っていると思います。

一方、店にいらっしゃるお客様は、
僕の歌を聴きたいと思っている方が多く、
うまく話を振っているのもありますが (笑)
「ぜひ、聴かせて!」と仰います。
毎晩のように唄っている、
昨夜のカップルは聴きながら号泣、
お酒のせいもある・・・(笑)

先週金曜日はでんでんの豊原さんに、同級生の女子に、
そして土曜日には王子のジェントルマン、矢崎さんに唄いました。
矢崎さんには、デビュー秘話、レコーディング秘話など、
おもしろおかしく、
ここに書けないこと、かな?
聞きたかったら、ぜひ店へどうぞ!(笑)

矢崎さんは用があっていらっしゃいました。
チラシ持参です。
アコナイ・・・

第32回アコナイ.jpg

今回は新企画、マスターズ!
どうなるか、とてもとても楽しみです。

僕の音楽に対する姿勢は、
どんなことがあっても、真っ直ぐ、ぶれずに。
音楽は、人と人を繋げ、心を豊かにするもの。
そしてそれに感謝するもの。
がんばりましょう。
posted by セキシュウ at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

続都留へ

都留に行くには、大体2時間半かかります。
電車を降りてからは、
いつもは板倉さんが車でお出迎え、
しかし昨日は、天野先生にだけは電話で「行く予定です」と、
その後、連絡はなかったので、送迎はなし、
天気も良く、歩いてのホールまでは、軽い運動になりました。

02tu.JPG

早い昼食を、大月の駅の中のお蕎麦屋さんで、
僕には珍しく「セット」にしたのは、
朝ご飯はまだでしたし、夕食はたぶん午後8時頃になる、
「食べておかないと・・・」

ひとりの自由気ままさはありますが、
もし、体調でも崩して寝込んだりすれば、
店は開けられませんし、
現在進行中のデビューの話も、迷惑がかかります。
体調管理は必須。

今回の都留市合唱祭は、

07tu.JPG

第40回という記念すべき開催でした。
そこで、恒太先生の合唱団にお声がかかったのです。
KSアンサンブル、
KSはなんの略だかたぶんわかる?
キッチン・スタジオ? (笑)

12時回って開演、

03tu.JPG

何度も見た開会式、
あそこに座ったこともありましたっけ。
市長、教育長、議員さんらお偉方の面々、
よくある風景です。

20団体が出ました。
板倉さんのところの、

04tu.JPG

「泉」
11月18日は小ホールで演奏会をするのだとか、
相変わらず忙しい板倉さんです。
横に来たとき、ちらっとデビューの話を、
来年は、何かとお世話になるかも知れません・・・

06tu.JPG

本当に良い天気でした。
自分達の出番前の練習、
なかなか一同集まれないでしょうから、
貴重な練習時間。

1年に1回の合唱祭、
団員のみなさんは、この日に向かって練習するのです。
そして講評を、

08tu.JPG

恒太先生も真剣。
講師の客観的なアドバイスが励みになる事は間違いありません。

そして、待ってました!

09tu.JPG

圧巻の演奏はKSアンサンブル、
澤田先生の「ブラボー!」が、大ホールに響き渡りました。
最後の演目が「汽車ぽっぽ」
恒太先生が、曲終わりで駅長よろしく、
「都留市ーーー!」
「都留市ーーー!」そして、
「40周年おめでとうございます!」と、
盛大な拍手で終わりました。
すばらしかったです。

その後カフェで諸先生方とお茶、
それが昨日の写真です。

天野先生が都留文科大学駅前まで車で送ってくださいました。
87才になられているのに、なんとも有り難い限り。
少し疲れ気味の先生に、
「今朝は何時からいらしていたのですか?」と尋ねたら、
「8時半です」と、
よくもまあ・・・
頭が下がります。
まだまだお元気で!

澤田先生が、「次は50年だ」と仰いました。
あと10年・・・
どうなっているでしょうね。
posted by セキシュウ at 13:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

都留へ

僕が今、音楽でなんとか食べていられるのは、
様々な出会いがあったからで、
その中でも、感謝すべき出会いは、
2007年に草原を作曲し、やまざきれいこさんのご縁で、
都留市合唱連盟の方々と知り合えたことでした。

そして、合唱祭におじゃまし、
講評をなさっていた坂本恒太先生との出会い、
草原を合唱曲にしてくださり、
大きく飛躍したのは、2010年のことです。

恒太先生と初めて会った、2009年10月・・・

02CIMG2750.jpg

都留文科大学駅前で。

そして9年が経ち・・・

つるへ.jpg

今日、またご一緒に。
天野先生、澤田先生、そして連盟の方々、
両先生、お元気!
87才とか!!

今日は、特に呼ばれてはいなかったのですが、
恒太先生が講評、そして自身の合唱団の客演もあるということで、
半ば強引に (笑)
合唱祭の観覧に行ってきたのです。
久しぶりにハーモニー、良かった!
詳しくは、明日、書きますね。
posted by セキシュウ at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

電話

矢のように過ぎていきます。
ふりうたのお客様が、終わって次の予約、
11月半ばのもあり、
「もう、今年も終わるんですね〜」
最後のお客様は午後5時過ぎ、
外はすでに真っ暗でした。

久しぶりはゲリラ豪雨です。
朝、天気予報で言ってましたから、
ぴったり当たった、
5時過ぎから7時半頃まで、
ちょうど中抜けしている時間、
雨足が弱くなったところで移動しました。

ふと思いついて、高校の同級生に電話、
5年前の同窓会幹事を共にやった仲で、
今は山口で要職に就き活躍、
今回のデビューを直接知らせようと思ったのです。

すでに面倒見の良い、と僕は思っている (笑)
8つ上の山縣先輩や、一つ上の椙山先輩が、
今回のデビューの案内、宣伝を始めてくださいました。

山縣先輩は、一昨日、
深夜にかけてチラシまで作ってくださり、

七夕会.jpg

昨日、今日と山口に帰り、
いろいろな会合で配布してくださったのです。

それで、その同級生が、ひょっとしてこちら経由で知る可能性がある、
それなら、その前に、知らせようと・・・

電話はつながらなかったのですが、
ショートメールが、なんと、海外出張中でした。

要点を伝えたら、「おお!」「素晴らしい!!」
全く畑は違いますが、
大きな意味で、良い意味で、ライバルです。
彼もまだまだ上に行くでしょう。
楽しみです。
posted by セキシュウ at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

名刺に衣裳

店の経営と言っても、全てひとり、
お客様が来て帰るまで、
その前の準備片付け、
その他諸々、自らやっているのですが、
今度の歌手活動も一緒、
どこの事務所にも所属していない、
マネージメントは全て自分、
気楽な面もありますが、常に頭はスイッチオン状態、
特に今は制作も同時進行しているので、
暇があったら、歌の練習、制作の打ち合わせ、
営業、販路の拡充、宣伝方法など、
あれこれ考えながら日々を過ごしています。

ウスイさんからは、
「アマネさん、そろそろ名刺を…」
それもあった!
どこかに飛び込んで行くにも、どこかで唄わせてもらうにも、
名刺は必要ですよね。

名刺・・・
「久しぶりだなぁ」
会社員だった20代はもちろん、
30になって会社経営、
「代表取締役 関周」持って歩いてましたね。
店舗経営のほかに広告デザイン業務を、
デザイナーを雇っていたので、
おしゃれな名刺、会社のロゴも作りました。
懐かしい思い出。
今回はどんな肩書き、どんな内容にするのでしょう。
月内には用意しないと、かな。

あともう一つはステージ衣裳です。
これも、今までのようにラフな、ジーンズとかパーカーとかじゃまずいし、
ラフだとしても、それ専用にしなくてはでしょうね。
パパの作りばなし、波に寄せては、
動物が出てくるほっこりソング、
スーツじゃないでしょうね。
パパだから、メガネでもかけてみる? (笑)

まあ、楽しみながら考えて。
音源が上がるのが月末、
いよいよ来月から販促活動スタートです。
posted by セキシュウ at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

CD発売日

昨日、若松社長と相談、
CDの正式発売日を決めました。
1・2・3
ワンツースリー
ホップステップジャンプ・・・とか (笑)

今朝のお客様にそれを、
木曜日ですから、11時頃から参加する男性の方に、
「発売日、決まりました」
「1・2・3」
「さて、いつでしょう?」

これは、みなさんも、どう思いますか?
パッとひらめくのは、
「1月23日」ではないでしょうか。
実際、答もその通りです。

が、その男性、
「12月3日ですか?」
おおっ!
そうきたか (笑)

ということで、カレンダーに丸をお願いします。
水曜日、そして大安、それが選んだ理由 (笑)
社長も「やっぱり大安でしょう」

大きなレコード会社は、発売日が横並びで決まっているのですが、
幸い、社長の所は小回り、自由が利く、これまた魅力です。
僕のように、動きの軽い人間にとって大事なのは、
即決即断、タイミングを逃さず攻撃、です。
社長のところは、なんの制約もない、
それどころか、「若松宗雄」の知名度を利用して良い、ですから、
もう、がんばるしかありません。

早速、今日、あるところでPRできることになりましたが、
それも、僕の範疇で決め、身一つで行けばいいこと、
得意の伴奏もして (笑) 場を盛り上げることも出来ます。

発売日のほか、詳細を載せますね。
どうぞ、よろしくお願いします。


CDタイトル『パパの作りばなし』価格1,200円
歌手:関周 (本名)
平成31年1月23日(水) 全国発売

1.パパの作りばなし
2.帰りたい場所
3.波に寄せて

ピアノ:上里知巳
第一ヴァイオリン:牧 千恵子
第二ヴァイオリン:井伊 桃子
ヴィオラ:恵谷 真紀子
チェロ:磯部 朱美子
サックス&フルート:川村 裕司

作詞:伸我
作曲:米田まり
編曲:上里知巳

イラスト:関 己珠恵
ジャケットデザイン:村山 敦(メディアムーラ)
レコーディングスタジオ BACKPAGE studio always
箱根レコーズ:若松宗雄

全ての曲にカラオケがつきます。CDは6曲入りです。
「パパの作りばなし」は、第一興商カラオケDAMで2月中旬くらいに配信、
ぜひ覚えて唄ってください!!
posted by セキシュウ at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

娘、父、祖父

最近、あちこち出没気味?
ブログ上のことですが、今日はこんなところへ。

みた.jpg

右は、先日も紹介しましたが、若松宗雄社長、
エスプロレコーズ、箱根レコーズの代表、
左は、エスプロレコーズが売り出し中の歌手、
三田杏華さんです。

社長のところはレコード出版会社のほか、
芸能部門も、そのタレントが杏華さんで、
社長自らスカウト、
彼女が高校生の時、NHKのど自慢で三味線弾きながら「じょんから女節」を、
一度は大学進学で断ったも、
やはり演歌を歌いたいと卒業後上京、
歌手デビューしたという、なかなか芯のある子、子は失礼か (笑)
初めて会いましたが、とても明るく社交的でした。

彼女が事務所のあるフロアーに上がった後、
「大したもんですよね、厳しい業界にわざわざ」
「そうなんだよ」と社長、
同行の新宿の制作屋さんもうんうんと、
そう、今日はCDデザインの関係で、引き合わせもありお邪魔したのです。
上の写真は、制作屋さんが撮ってくれた!

「あまね、年取ったなぁ・・・」
たぶんそう思ってたはず。
昔から、カメラ、Vの方ですが、撮ってましたからね。

これを見ながら、また悪態、
「社長」
「これ、娘、父、祖父ですね!」
そう軽口を、
すると、
「こらっ」
「なんてことを!」と言いつつ手を叩いて笑う、
場が盛り上がりました。

その後は実務的な話、
いろいろアドバイスも頂け、ありがたい限りです。
「私の名前をどんどん使ってください」とも。
音源が出来上がったら、
発売前から、ラジオ局などにアプローチです。
「若松宗雄さんの箱根レコーズから出た」
「関周です」
「はこねのあまね、よろしくお願いします!」
本当に語呂がいいなぁ (笑)

メインになった「パパの作りばなし」もフルコーラス、
先日の演奏で聴いていただきました。
前奏が始まったとたん、
「おっ、いいねぇ」と。
さすが上里さん、まりさん。
感謝です。
posted by セキシュウ at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

おれたちが

今回の帰省は短時間でしたが内容はとても濃いものでした。
ありかじめ告知したこともあり、
多くの旧友と、そしてQZOUのような新友、
40過ぎてから同窓会を通して仲良くなった友達と、
話をすることが出来ました。

今回は特に、僕のデビューのことがあり、
こちらから積極的にそのことを、
それを嫌な顔ひとつせず聞いてくれたのは嬉しかった、
それだけでなく、
川のほとりに立ち止まり、スマホから音楽を流し、
小さな声で2曲披露したり、
駐車場の車の中で、友達とそのお嬢さんに、
いずれも静かに聴き入ってくれました。

まさか56になるときに、
歌を唄ってデビューするなんて、誰が想像したでしょう。
夜、集まったバスケの仲間、コーチも、
「どんな話なん?」と、
軽く成り行きを話しましたが、
フェイスブックでなんとなく見てはいたけど、
改めて聞いて「へぇ〜」
「何が起こるかわからんねぇ」
以上、山口弁 (笑)

バスケ.jpg

「関が帰ってくるから」
「こうして、みんな、集まりよるんよ」

向かって左の山根監督。
なんだか山口県のバスケ業界では大役を仰せつかったとか・・・
がんばれ!

「それで・・・」
「おれたちが出来ることはなんなん?」

山根監督が言いました。
ありがとう。
がんばるからね。
posted by セキシュウ at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

4回目の個展

もう帰って営業しています。
山口は昼間暑いくらいでしたが、都内は涼しい、
夜の出勤時、ちらっと雨も降りました。

さて個展、内部写真 (笑) 行ってみます。

01ko.jpg

入り口にどーんと作品が。
これは迫力有り。

前回より、すっきり展示した感じです。

02ko.jpg

敷物がまた・・・
なんとなく置いてありますが、これ、一枚ものなんです。
途方もなく根気がいる作品。

妹の100号の絵。

03ko.jpg

こっちゃん以外は全てスケッチから、
花は実際に咲かせて描いたようですから、
これまた根気が・・・
遺伝子 (笑)
それが兄の僕にあるのかないのか?

僕の写真はここまで。
なぜなら、坊がつるでお世話になった、すんちゃんが個展に来てくれた、
「彼女が写真撮るでしょ」
人任せ (笑)

04ko.jpg

妹の絵、

05ko.jpg

シャツが出来上がる行程も。

こんなのも!

08ko.jpg

妹もマネキンと同じシャツに帽子、
お馴染みのスタイルです。

そういえば母が、
「周はシャツ着ようって言わないわね」と、
いや、着られません、ワンサイズですからね。
丈はなんとかなるとして、
腕の長さが妹とは全然違います。
実際、母の前で比べて見せたら納得 (笑)

午後3時には、公園の一角に移動して、

06ko.jpg

同級生のライブ。
8人来ましたから上々でしょう。
もちろん無料 (笑)
これを機に、同級生、向かって右ですが、
QZOUを応援していこうと思いました。
また彼も、僕のデビューを応援、
お互い頑張りましょう。

写真はこれもすんちゃん、ありがとう!

そうそう。
ひょんなことから、
8つ上の山縣先輩と、個展会場、ラセーヌのママが同級生と知り、
急に親しくなってしまった軽い僕 (笑)

07ko.jpg

こちらは、
スマホ撮影を嫌がる・・・持ってないから (笑)
妹がシャッターを、
片付けを終えた後のことです。
もちろんこの写真を、山縣先輩に送りました。

短かったけど、内容の濃い帰省でした。
天気もよくてラッキーでした。
posted by セキシュウ at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

山口へ

今朝は早起き、午前8時前の便で山口に、
起きたのは5時半、寝たのは2時、
にもかかわらず元気なのは、
ふるさとの空気、母妹、友達に会ったからでしょう。

第1の目的は、母妹の個展、

IMG_20181014_180521.jpg

都内は僕が出た頃は冷たい雨、
少し寒いくらいでしたが、
こちら、山口は好天で昼前は暑いくらいでした。

「手伝うからね」と前夜言ったわりには、
訪れた友達たちと話してばかり (笑)
何してんだか、ですが、
明日の片付けがメインなので、その時頑張ります (笑)

友達が個展を見に来るという投稿で持ち上がったライブも、
無事午後3時頃から開催、
その後訪れた別の友達に、ホテルまで送ってもらい、
急いでこのブログ、
その前に軽く温泉に (笑)
そして夜からはバスケの山根監督、河上コーチ達と飲み会、
解散は深夜0時は回らないでしょうが、
念のため、記事をアップしておきます。

ということで・・・
短い?
いや、ちょうどいいかな?
そんな話も友達としました。
posted by セキシュウ at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

ウスまり発進

待ちに待った日がやってきました。
全くの予備知識ゼロ、
とは、3曲の伴奏のことで、
上里さんのピアノは想像つくにしても、他は全く、
弦カルテットで、どんな雰囲気になるのか、
そしてサックスやフルートは、
僕同様、ウスイパパ、まりママ (笑) も、
この日を待ち遠しく思ったに違いありません。

その夫婦、
いや、仮想夫婦 (笑)

01um.jpg

いつもはプレーヤーが、ディレクターと化しました。

アレンジ担当で、ピアニストはもちろん、

02um.jpg

上里先生、
ガラスの反射を利用しての2ショット、
こうういうことにぬかりはない (笑)

歌は唄いますが、仮歌、
僕の本番は29日、別のスタジオを予約してあります。

そして、こちらが、

03um.jpg

弦楽四重奏のお姉様たち!
向かって左のファーストバイオリンの牧千恵子さんは、
芸大卒で、越路吹雪さんのバックをやってた方とか、
上里さんのお知り合いですが、
米田まりさんの先輩にもあたるわけです。
これもご縁。

みなさん初見ですが、
数回のリハで雰囲気を掴み弾いてくるのはさすが、
唄っていて、どんどん押されてくる、
4人の演奏をガラス越しに見ながら唄っていたのですが、
「帰りたい場所」のさびのところなど、
まさに空に舞い上がった、舞い上げられた感でした。

サックス、フルートは、

04um.jpg

川村さん、みんなのまり祭以来ですが、
楽屋でいろいろ話したり、終わって飲んでと、
気心知れた、と僕は思っている (笑)
素晴らしいアドリブは、完成、乞うご期待です。

譜面しかなかった川村さんに、
「波に寄せて」のストーリーを少し事前に話しました。
よく理解してくださってようで、
1回テスト、2回目の本番で、すぐにオッケーという、
上里さんもですが、ジャズプレーヤーならではの集中力、
恐れ入りました。

05um.jpg

まり監督と作戦会議、
手前のミキサーさんは、まるで「パパ」のような・・・
これは作りばなし (笑)

午後6時から始まったレコーディング、

06um.jpg

演奏は前半に、
後半はミックスの作業、終了は午後11時を回りました。
演奏のみなさんが帰る前に、

07um.jpg

集合写真。

いよいよウスまり、発進です。
演奏音源は僕の手元に、
これをかけながら練習して、29日の本番歌入れに臨みます。
posted by セキシュウ at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

ダンス

さて今日は忙しい、
昼間、ふりうた、夜はレコーディング、音楽三昧です。

このところの夜の営業は、
昨夜もそうでしたが、忙しくはないけれど、
お客様の質が濃い、
話したり唄ったり、
のんびりしている雰囲気ではありません。
ま、良いこと。

今日のブログはあらかじめ決めてありました。
時間がないと思って (笑)
4コマです。

先週の土曜日のこと・・・

さわごえ君第98話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

まりさんの曲

ウスまり畑のおかげで、
話題に事欠きません。
いらしたお客様、知人友人、
遠慮なく今回のデビューの話を、
そして唄えるときは必ず唄う、
これも練習・宣伝になるのです。

昨夜は、久しぶりに水織ゆみさんが、
ゆみさんも、デビューはフェイスブックでご存知で、
「なに、あまねさん」
「まりちゃんの曲、唄うんだって〜」と、
ゆみさんも、まりさんにかつて作曲をお願いし、
唄ったことがあるのです。

多くの歌手に楽曲を提供している、まりさんですが、
まだカラオケDAMには入ってない、
今回、これを機会に、
作曲家、米田まりが、作詞家、伸我が、
「全国に知れ渡れば・・・」
これはやり甲斐があります。

米田まりさんの才能は、
もう、知り合った、AMANEでライブを始めた頃から知るところ、
まりさんの生徒さんが、ふりうたに来ていたことで、
まりさんの譜面をにらめっこし、
オリジナル楽曲の音の運びの個性的なことは散々体験してきました。
それが、今回の自らの歌唱に役に立った、
抵抗なく入れた、覚えられた理由でもあると思います。

今夜も、お客様の前で唄いました。
「波に寄せて」は、初来店の方に、声がピッタリだと、
知らない方が聴いての感想ですから、これは嬉しい、
もしかすると、もしかするかな・・・と期待 (笑)

明日、夜はレコーディングです。
赤坂の大きなスタジオ、
上里さん御用達のスタジオで、
いよいよ3曲の演奏が出来上がるのです。
上里先生、どんな編曲になさったのか?
今まで、ピアノでしか唄ってませんでしたから、
これに弦楽四重奏、サックス、フルートって・・・
鳥肌ものですかね?
興奮して眠れない?(笑)

がんばります。
posted by セキシュウ at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

ながら

ちょっと忙しくしています。
そうでなくても月曜のライブ、
火曜のプチ・シャンソンとあり、
さらにレコーディング、
これプラス、
急ぎの譜面音源作成の仕事が飛び込んできたのです。
昨夜は3時過ぎまでやってました。
深夜、ですよ、もちろん (笑)

それでブログはにゃんこ、
枚数がいつもより少なかったのは、
単純に写真が少なかったからで、
暇なら、
「あ、いた!」と見つけたら、
近づくか追いかけるか (笑)
しばらくにゃんこと遊んでいます。

今はそんな余裕なく、
いても見て見ぬふりが多い、
本当に近い、店のそばか、
通勤、買い物の途中の慣れているにゃんこ、
常連の (笑) にゃんこのみ撮影しています。

歌の練習はいつでも出来ます。
ながら、で。
洗い物をしながら、片付けものをしながら、
通勤中自転車を漕ぎながら、
「これはなかなか良いな〜」と思います。
歌詞がスラスラ出なくてはニュアンスを出せませんし、
音程、発声にも注意がいかないでしょう。
頭の中で繰り返すことも度々あります。

先日、歌いながら別のこと、と書き、
日野美子さんの例を出しましたが、
やっと僕も出来るようになってきました。
慣れ、ですね。
スタートして1カ月、まだまだですが、
一歩一歩、前進している気がします。

さて、ブログはこんなものに・・・
譜面をやりましょう。
posted by セキシュウ at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

ダンス

昨日、今日と夏に戻ったようです。
この時期こんな陽気はなんとなく記憶にはあり、
「またか」と思ってしまう、
それは、北区の区民まつりと重なって、
「暑いなぁ」と思いながらイベントを見た記憶からです。

昨日は赤羽まで、
楽しみにしていたJOさんのところの子どもたちを見てきました。
これまた、ふりうたの時間中、
お願いして時間帯チェンジを、感謝です。

7月のSo☆Genのイベントから3ヶ月、
子どもたちの成長はどんなものか・・・
3ヶ月は、僕たち大人にすればただ平坦な日々、
子どもは坂を駆け上がる、
どんどん進歩していくのは、自らを振り返ればわかること。

真正面からしっかり見たのは初めてですが、
驚きの連続でした。
となりで見ていた圭未もしかり、
「わたしがあの子たちの頃は」と自分と比較、
圭未も踊っていましたからね。

30分の持ち時間、まったく音が途切れることなく、
ステージから目を離すことなく、
子どもたちは観客を楽しませてくれました。

終わって集合写真。

02tei.jpg

将来・・・
どんな人生を送るのでしょう・・・

圭未のように芸能界を目指すのか、
それとも普通の道を歩むのか。

ふとしたことがきっかけで、
道は決まるのでしょうね。
どこに進もうと、今の経験は将来の財産になると思います。
僕が、何もわからずピアノに向かっていたのと同じように。
JOさんの仕事を尊敬します。


posted by セキシュウ at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする