2020年08月23日

ピアノの注文

金曜日、ピアクロスさんのセッティング中、
店の電話が鳴りました。
出たら、問い合わせ、
「あの〜」
「スポーツジムで貼り紙見たんですけど・・・」

詳しく聞くと、
お客様に頼み貼って頂いた、
東十条のスポーツジムご利用の方のよう、
貼り紙とは、
弾くニャン!

E381B2E3818FE381B2E3818F.jpg

これじゃなくて (笑)

CE381A1E38289E38197CD.jpg

これこれ!

5曲入りCDを作って欲しいとの依頼でした。
おおおおーー!
電話で、
いちげんさんの問い合わせは初めて、
「やったね!」

内容は、ピアノでインストルメンタル、
大好きなアーティストの名曲をBGMとして流したいそうで、
「ながら」

「料理をしながら」
「掃除をしながら」
さりげなくかけておきたいとのことでした。
うれしい依頼でした。
今日、仕上げました。
posted by セキシュウ at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

紹介動画とマスク

昨日はまたまた失礼しました。
第3金曜企画、
ピアクロスさんのツイキャス配信、
驚いたのは、
同級生Mizumizuが見にきたこと、
「なんで知ったの〜?」
ツイッターでリツイートしたからかなぁ。
さすが赤ペン先生 (笑)

彼女が見ているということで、
ピアクロスのアイドル?(笑) 妙華さんが、
「最後に、マスターに1曲!」とふってくださり、
パパの作りばなしを弾き語りしました。
この気の回し方が、妙華さんらしい!

その紹介動画を昨夜遅く作業、
おもしろい姿で登場します。
マスク、してます。
それもただのマスクじゃない!

まずはどうぞ。



ねこちゃんマスク。
Makicoさんから頂きました。
色違い、くろもあります。

マスク.jpg

残念ながら、非売品!
「アマにゃマスク」です (笑)
posted by セキシュウ at 14:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

ピアクロス配信

今夜は、ピアクロスさんのツイキャス配信、
正規1回目でした。
今まで数度、練習配信を、今日が本番!

裏方の僕もなかなか忙しく、
ブログは手抜きにて・・・(笑)

後日、どんなメンバーか紹介予定です!
posted by セキシュウ at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

若い子たち

昨夜は、ミスターストリートピアノこと、
ドクタームトー (最近の愛称・教授になられたこともあり) が、
ストリートピアノのお仲間3名連れて来店、
3名とも20代という、
うちにしては年齢層の低さ、でもない、
最近は、昨日書いたように、
若いアーティストが、ずいぶん増えました。
しかも皆、音楽達者、
昨夜の子たちも音大卒、ピアノの腕前はバリバリで、
ひとりの子「みやけん」君は、ユーチューブチャンネルの登録者が1万人、
ストピ業界では有名人!

早速ツイキャス配信、
視聴者がすぐに70名以上になり、
持ち込んだ打楽器やアコーディオンでセッションが、
アコは図々しく僕が (笑)
久しぶりに楽しませてもらいました。

面白かったのは、
視聴者のリクエストに応えるインストプレイ、
ほとんどが昭和の名曲で、
サザン、ユーミン、松田聖子、
聖子ちゃんは「夏の扉」で、
「フレッシュ! フレッシュ! フレッーーーシュ!」
なんでこんなの知っているの??
生まれてないでしょ、20代なら!(笑)

ここに今の音楽業界のキモがあると思います。
米津玄師やあいみょん、ヒゲダン、キングヌーなど、
現代の若者アーティストと、
昭和のスターは実は同じ中にいる、
良い部分が継承され今風に変化し、
残っていると言ってよいと思います。
常連のロマンチック安田くんらも、
盛り上がったら、佐野元春を歌ったり、
昨夜も、最後はチューリップのサボテンの花、
親子くらいの年の差で、同じ曲を共有できるという楽しさ、
これは、僕と僕の両親世代では考えられませんね。
まあ、僕の場合は、
仕事上、かなり共有していますが・・・

ユーチューバー売れっ子「みやけん」君が、

ツイート.jpg

配信後、しっかりツイートして、
店の宣伝をしてくれました。
「十条に」
「グランドピアノ弾けて」
「セッションもできる店あるんだってさ」
名物になると嬉しいです。

こういうことになってきたのも、
ドクタームトー、武藤さんとの関係が大きい、
昨年末、赤羽ララガーデンでのストピイベントに、
子どもたちと出演、協賛したことも、
信頼関係を築く大きな足掛かりになったのだと思っています。

IMG_3378.JPG
posted by セキシュウ at 20:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

潮流

少しずつ、流れが変わってきた感があります。
それは、このコロナ禍のせいもある、
今までの業態では考えられない、
若いアーティストが、
AMANEのピアノを弾くようになってきた、
それに合わせて歌うように、演じるようになってきた、
「希望の光」のように思えます。
なんとか続けてきた甲斐があったか・・・

今夜もそんな一コマが。

でも、そんなことで忙しかったので (笑)
また、ゆっくり書きます。
posted by セキシュウ at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

をこ

今日は、午後から古典講座でした。
前回、2週間前ですが、
朝の営業で飛沫防止シートを利用していると、
父に見せたところ、
「講座もこれで」という話になりました。

それまでは、
1時間の講座、マスクをしての講義だったのです。
店内はマックスで僕含め6名、密ではありませんし、
父と聴講者と、充分な距離はありますが、
世の風潮に合わせていました。

始まる前、

shi.jpg

こんなセッティング。

マスクなしでの講義は、
やはり話しやすいのでしょう、
父の声も弾んでいたように思えました。

耳に残ったのは、
「をこならむ」と源氏がいうところ。
古文『をこ』は、
今でいうところの「愚か」ずばり「バカ、アホ」という意味で、
父がそれを取り上げたのが面白く、
皆様がお帰りになった後も、しつこく父に質問してしまいました。
「どうして、『をこ』という単語が・・・」

父の応答を聞きながら、
自分はなんて「をこ息子」なんだろうと、つくづく (笑)

他人に、気づいた間違え、誤った行為を諭すとき、
「それは『をこ』かもね」と、
使ってみるのもいいかと思いました。

『をこ』は、「おこがましい」という言葉でいまも現存していますね。
もちろん父のウケウリです (笑)
posted by セキシュウ at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

14年前

昨日の動画、トークの音声がやや小さく、
小高い丘が始まったら、
最初のトークに合わせてボリュームを上げた方は、
「おいおい!」
びっくりではなかったですか?
スミマセン (笑)

内容が内容だけに、
静かにおとなしく話したのを、
そのまま音量調整せずアップしてしまいました。
ま、ユーチューバー、
それを稼業としているわけではないので、お許しを。
どちらかというと、備忘録的な。
ブログの映像版、と言ったところでしょうね。

昨日の映像を作るとき、
茂雄との2ショット写真を探していたのですが、
二人っきりのは、なかなか見つからないんです。
いろんな方が一緒に写っている・・・

ひとつ、見つけました。
茂雄が、店の近所の、
障がい者スポーツセンターに泊まったとき、

shigeo.jpg

14年前の3月、
このブログを始める前、
この4ヶ月後、
2006年7月にブログを始めたのでした。

43歳。
若いですね。
ほとんど寝ないで、3日間、茂雄と行動していました。
それでも、
顔がすこしげっそりした程度、元気でした。
今じゃ〜、とっても・・・(笑)
posted by セキシュウ at 20:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

同級生を偲び

ゴールデンウィークは仕方ないにしても、
夏休み、お盆休みを静かに、
帰省などせず、したとしても大っぴらにせず、
普段と違う夏を過ごしている方が殆どだと思います。
淋しい夏になりました。
どうぞ、今夏だけでありますように。

さて、好評か不評か?新シリーズ (笑)
今回は、そんな淋しい夏に、趣向を変えて・・・

どうぞ、お付き合いください。
暑いのでノースリーブ (笑)
今日の昼間、撮りました。

posted by セキシュウ at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

音楽さまさま

今日も暑かった、
年々、猛暑、酷暑が増してくる気がするのは、
僕だけでしょうか?

昨日、一昨日、その前と、ブログは簡潔に、
その間、コツコツと仕事はしています。
千鶴さんにオザヒロさんと、
譜面作成依頼が入って、有り難い限り、
落ち着いたと思ったところで、グッドタイミング、
ひまで悶々としなくて済みます。

先日は、水織ゆみさんからも、
表に立つ方へのサポートは、
その方の先の、
「観客」の喜ぶ顔が想像できて、やり甲斐があります。
元来の、裏方人間?(笑)

音源を聴きながら、歌を聴きながら、
譜面を起こしていると、
いつの間にか、「その世界」に自分が入り込み、
歌の中で主人公と同居している自分に気づきます。

「この歌は」
「いったい、なんなんだ・・・」
「なんで」

「こんな歌を・・・」
歌う気になったのか、作る気になったのか、
その方の置かれた環境、暮らし、思い・・・
それらが自分の脳内を駆け巡って、
全く知らない世界へと、
自分を連れて行こうとするのです。

わかりますかね?
この表現?
狂ってる? (笑)

まあ、しかし、
一度きりの人生、
空想の世界で、いろいろ味わえるのは愉快。
「音楽さまさま」ですね。

とはいうものの、
現実は厳しいところ。

譜面など、何かお役に立てたらと思います。
ご用命ください!
posted by セキシュウ at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

紹介動画3

なんとなく、ブログの手抜きに思えてしまうのは、
昨日の4コマの掲載だったり、
動画の紹介だったり、
更新自体は、
文章を考え書く手間がなく、あっという間・・・

その手抜きを今日 (笑)

しかし、動画を作ることは、
4コマ同様、まあまあ時間がかかっているということで、
(ブログ専用ではないのですが・笑)
お許しくださーい!

こちらです。
くだらない、かも?(笑)

posted by セキシュウ at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

セミの声

今日の夕方は、
ものすごい雷雨でした。
バリッ ドカッ バーン
真っ暗になり、豪雨、
映画館の中にいたような感じ・・・

ちょうど、父との古典講座打ち合わせの時間にぶつかり、
時間を少し遅らせて、
小雨になったところで自宅を出、
自転車で5分弱の父宅に向かいました。

打ち合わせを終え、
外に出たら晴れて日が差す、
桜並木を通ったら、待ってましたとセミの声、
ミーン ミーン ミーン

なのですが・・・

ここまで前置き (笑)
4コマです。
どうぞ!

117話.jpg
posted by セキシュウ at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

忙しない

今日も朝から暑い、
夕方には雨も降り、
なにかと忙しない、
汗を流しています。

夜も静かですが、
雑用に来客、
先の準備、
ブログは滑り込み (汗)

これらが実益に繋がるには、
まだまだですが、
頑張るのみですね。

また、ゆっくり書きます。
posted by セキシュウ at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

シャザム回数

なんという暑さ、
外に出た途端、クラクラします。
つい、外のネコちゃんたちはと、
心配になってしまいますが、
人間みたいに弱くない?(笑)
しっかり涼しいところに避難して、
夜をじっと待っているのでしょう。
こんど生まれ変わったら、
外ネコ希望!(笑)

そのかわいいコたちは、今度にして。
「なんだよーー!」
ゴメンナサイ (笑)

今日はまたまたパパネタ、
おもしろいツイートを見つけました。

ツイート.jpg

ツカタクさんという方のツイート、
音楽検索アプリで、パパを発見した、
きっとこれも、
有線か何かでかかっているのを聴いて、
なんていう曲か気になって、探したんでしょうね。
そのShazam (シャザム)
開いてみたら、

Shazamパパのページ

Shazam回数が、パパ、440回。
波が21回、帰りたいが1回、
パパが圧倒的に検索されています。

440回には、ちょっとビックリ、耳に残るんでしょうね。
posted by セキシュウ at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

コメントが

1年前の今ごろは、山口に、
あたふたとスケジュールをこなしていたことを、
我らがスギちゃんのフェイスブック投稿で思い出しました。
ケーブルテレビに出て、
中学・高校の同窓会、
何次会まで行ったっけ・・・(笑)

たった1年前のことですが、
そう思えないのは、今年のコロナ禍のせいもあるでしょうね。

10年前の「ハハのコトバ」
詩を提供してくださったテンテルさんから、
ご丁寧にコメントをいただきました。
久留里での撮影は、
ここ最近と変わらない暑い暑い日で、
けれど涼しい顔で演技する圭未はさすがモデル上がり、
当時流行りのステディーカムを使ったカメラワーク、
制作屋さんの本領発揮でしたが、
今だったら、ドローンでしょうね (笑)
どんどん新しいシステムが導入されます。
コロナ禍で、「配信ビジネス」も過渡期か、
チャンスとあらば・・・でしょうね。

ところで、配信と言えば、大御所YouTube (笑)
また、「パパの作りばなし」にコメントが入っていました。

ytco.jpg

先日のコメントへの返信、
有線で聞いてくださったようです。
ありがたいです!
posted by セキシュウ at 20:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

昔話と

お待たせしました〜〜!

って、待ってないって? (笑)

気まぐれ紹介動画、
今回は、月下美人・・・
これでわかったら、
彼女のブログを読んでいる方ですねっ (笑)

昔話を少しだけしています。
全部したら、60分じゃ終わらないかなぁ・・・
濃い時代でした。

そして10年前に作った、あの曲も、
「会いたくても会えない」
「手紙のやりとりでお互い慰める」
案外、今のコロナ禍に近い状態かも知れませんね。


posted by セキシュウ at 23:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

長い間

「またおかしなことを〜」と、
昨夜の動画を失笑しながらご覧の方も多いでしょう。
今に始まったことではないのは、
皆さんよくご存知 (笑)

それはそうと、
今日から3連休、その後お盆休みと、
例年なら帰省ラッシュの始まる日ですが、
駅はガラガラとネットのトピックで見ました。
故郷に帰りたくても帰れない、
待つご両親に、淋しい思いをさせてしまった方、
コロナ禍は、経済的打撃の他、精神的打撃も、
まだまだ続くのでしょう。

先日、エスプロ歌謡祭で知り合った、
シンガーソングライターのRay さんと話を、
彼女のご主人はニューヨーク在住で、
ずいぶん長い間、会うことが出来なかったとのことで、
「1日1日が長かった」と仰ってました。

僕などは、あまりの日々の速さに、
コロナ禍も相まって、溜息が出るほどだったのですが、
Ray さんは、その反対、
「愛する人に会えない」という苦痛の日々を、
これは、夏休み、家族との再会を楽しみにしていた方々も、
同じような気持ちなのでしょうね。
ネットで、
画面越しに会うことは可能なのでしょうが、
ほんの気休め・・・
「しないよりは、まあ、いいか」程度に思えます。

早く日常が戻りますように。
祈るばかりです。
posted by セキシュウ at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

奇跡の軌跡

音楽が紡ぐ「奇跡」のようなものは、
今さら言うまでもなく、
それは「出会い」から大抵産まれるのですが、
コロナ禍で、
今はなかなかしんどい、
この先もどうか・・・

などと思っていたら、
ふと、やってみたくなったこと、あり。
まったく物好き (笑)

それは今までの出会いを、振り返る、
こんな機会だからこそ。
奇跡の軌跡、みたいな・・・(笑)

というわけで、5分程度の動画にして、
気まぐれアップすることにしました。
1回目は、こちら!!
どうぞお楽しみください。

posted by セキシュウ at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

千羽鶴

広島は、山口の隣ということもあり、
子どもの頃から親しんだところ、
それは原爆という、
子ども心に恐ろしさを学んだ地でもありました。

小学生のとき、
千羽鶴を手向けに行きましたっけ・・・

写真がありました。

鶴.jpg

懐かしい顔があります。
僕はどこだか、わかりますか? (笑)

どうか、
未来が平和でありますように。
posted by セキシュウ at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

品切れと貼り替え

ほんとに笑ってしまうのは、
みなさんご存知か?
7月から導入のレジ袋有料化で、
ポリエチレンで出来ている持ち手つきのレジ袋が品切れなんです。

L、M、Sなどサイズかあり、
20枚、30枚単位で売っているのを見たことありますか?
100円ショップや、ホームセンター、ドラッグストアなどで、
扱っていました。
大型の45リットル等の袋タイプのはありますが、
コンビニ・スーパーで普段使われる手さげタイプのものは、
街では売っていない、というか、
買い占められた??

同じ現象が、昨日の関西首長発言、
某うがい薬、ドラッグストアのネットショップは、
サーバーダウンしたとかしないとか?
おそろしや (笑)

コロナ禍で品切れはまだまだ続く・・・

ところで、
やっと梅雨明け、ポスターを貼り替えました。

ポスター.jpg

埼京線の線路に近い場所です。
下が今までのもの。
説明しなくてもわかる (笑)

おもしろいのは、
配色で、淡い感じに見える妹の絵ですが、
色褪せても、
しっかり何が描かれているかわかると思います。
これは、アウトライン、
輪郭が太く力強いからで、
ここに作品の持つ「芯の強さ」があると僕は感じています。
「芯」イコール訴えたいもの。

絵を見て同級生が、
「今にも動き出しそう」と評したのは、
たぶん、そのせいでしょうね。
posted by セキシュウ at 20:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月04日

ニュアンス

今回のステージで、パパの作りばなしを唄う前、
早くから会場入りしていたウスイさんに、
リハ後、
「どうでしたか?」
「どう、唄いましょうか?」と確認しました。
そこで出たアドバイスは、
「しみじみと」
「もう、パパはこの世にいないと思って」

ふと、来場者を想像しました。
若い方々は少ない (笑)
だとしたら、
「その方が、歌が引き立つかも・・・」

歌詞は、人によって感じ方が違います。
それを出すのがニュアンス、
微妙な表現が、陰影が、心に伝わる、
とても難しい技量なのでしょうが、
歌い手の責任として、出さないわけにはいきません。
そして、それを出したからといって、
伝わるという保証はない・・・

会場にいらした方は、どう感じてくださったでしょうか?

言葉というのは面白いです。
今日の午後は、父の古典講座、
敬語の使い方について、
同じような意味合いを感じました。

場面は、
「末摘花 (すえつむはな) 」という主人公の高貴な女性の所へ、
彼女より身分の低い叔母がやってくるところです。
末摘花の母は他界しています。

その母の妹である「叔母」は、
姉 (末摘花の母) にいじめられた過去と、
自分が地方の成功者の妻になったということで、
落ちぶれた「末摘花」へ、敬語を使いまくるのです。

いわゆる「いやみ」ですね。
本心は「ざまーみろ」と思っているところを、
「立派なあなたさまさまはーー」と。

千年以上前から、
我々は、言葉を通して、本心を伝えてきたのだと、
改めて感じました。
ニュアンス、面白いです。
まだまだ勉強しなきゃです。
posted by セキシュウ at 22:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

Kumi さんの写真

内幸町ホールでのコンサートの、
シャンソン系ライブの撮影の多くは、
Kumi さんという女性がなさっていて、
2年前、
「みんなのまり祭」に出たときは、
僕の弾き語りシーンを彼女が、
以来、フェイスブックで友達になっていました。

犬を2匹飼っていらして、
先日、そのうちの一匹が天国へ、
その投稿を見て、思わずもらい泣きしそうになりました。

なんていうか、
僕のような、へぼエセ写真撮りではない (笑)
彼女の写す犬の姿は、
あたかも目の前で僕を見つめているような、
息づかいがわかるような写真、
「さすがだなぁ」と感心していたのです。
その愛犬が逝ったのですから…

今回も、
全ての出演者の写真は彼女が撮ってくださいました。
僕のを早々と送ってくださったので、
見飽きたオッサンの顔ですが (笑)
紹介します。

01ma.jpg

パパの作りばなし、
3番の、しみじみとした場面。

ma02.jpg

「今はお前たちに パパの作りばなし」のところ、
別の角度から、

02ma.jpg

一体、一人に対し何枚シャッターを切っているのか・・・

03ma.jpg

いつも温かい伴奏で、
助けてくださる、上里バンマス。
ベースは、今回からバンドに加入の大角さん、

ma01.jpg

ドラムは八木さん、サックス&フルートは川村さん。

04ma.jpg

静かに立って唄うのが僕の歌唱ですが、
細かい表情も撮ってくださり、
本当にありがたいです。

全員、

ma03.jpg

ホールに許可頂き、
お客様退場後、
Kumi さんが脚立に軽々と乗って撮りました。

初めて彼女を見たとき、
小柄な身体に大きな機材を抱え、
まるで忍者の如く、あ、くノ一か (笑)
会場を所狭しと動き回る、すごく印象的でした。

そしてそのわけを、やっと知った、
彼女はインターハイなどの写真を撮る、
スポーツカメラマン出身だったのです。
昨日のフェイスブックに投稿していました。

さらに、そこには、
コンサートの感想が、
「生」であることの良さ、大切さが書かれてあり、
「写真」の存在は、
それを「想像しやすいように」することが役目であろう、と。

本当にそうですね。
コロナ禍になり、
行きたくてもその場に行けない方々に、
どう伝えていくのか。

動画では捉えきれない、見過ごしてしまう、
ほんの一瞬の表情を、
写真は捉えるのでしょう。
その、一瞬の間から、
多くを想像できるのが、人間なのでしょうね。
posted by セキシュウ at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

テスト

昨日の歌の反省、余韻を抱えながら、
今日もバタバタとしていました。

ミスターストリートピアノ、
アイドルピアニスト、
武藤さんに妙華さんたちの集まりで、
今夜は機材をパワーアップして、

配信.jpg

毎月第3金曜日予定のツイキャスのテスト、
ハード面の目処が立って良かったです。

その後、お客様がいらして・・・

嬉しい限り。
また、ゆっくり書きたいと思います<(_ _)>
posted by セキシュウ at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

飛沫対策

街のあちこちで、飛沫対策をしています。
買い物に行って並ぶレジ、
もうそれも、日常化されてきました。

うちも。

飛沫防止.jpg

わかりますか?

ピアノの前に、よくある透明シート。
マイクスタンドを利用して、手作り。
こんなの、チョー簡単 (笑)

透明シートは、
ホームセンターで爆売れだそうで、
一時品切れだったと店員さんが教えてくださいました。
10p単位で売っています。

余った透明シートを利用して、
こんなのを作ってみました。

飛沫防止2.jpg

マイク取り付け用の、
飛沫防止シールド。
自家製 (笑)

材料は、透明シートに、針金ハンガー、
それに、パソコン用の置き型マイクの胴体部分を、
ブームマイクスタンドのヘッド部分に合体、
廃物利用、といってもいい?
リサイクル? (笑)

物作りは楽しいです。
先の不安を一時的に忘れさせてくれます。

都内はまたまた時短営業要請に、
大手企業の四半期大赤字もニュースに、
とてつもない数字に驚きましたが、
気にならない方もいるのでしょうね。
本当に、難しい時代になりました。
posted by セキシュウ at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

首がしまるも

緊急事態宣言が解除、
「ウィズコロナ」という標語のもと、
スタートした新しい生活様式ですが、
コロナ感染者数が日々最高値更新、
もう、どうしてよいのかわからないが実感です。

我々の稼業は、
本来ならば、仕事や生活疲れ、ご高齢で病を持つ方々の、
健康維持、癒やし、ストレス発散に存在していたのですが、
一転、
コロナ感染増長の手助けビジネスとなり、
鼻つまみ者になってしまいました。

「続けていけるのか?」

僕に限らず、そう思っている同業者は多いでしょうし、
終止符を打った方も多いでしょう。

日々のニュースに、
じわじわと首がしまる思いです。
でも、がんばらないと・・・

なぜ?

応援してくださる方々がいらっしゃるから。
posted by セキシュウ at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

コメント

rana さんからコメントが入りました。
本当に、懐かしい写真です。
希望に満ちた顔、とでも言うか、
43才のときですから・・・

2006年3月、この年の7月に、
このブログをスタートしたのです。
そして14年が経ち、
写真の二人はこの世からあの世へ、
こんな未来を、あのとき想うはずもなかった・・・
先は誰にもわからないですね。

コメントと言えば、
今日、ふと気になって、YouTubeが配信している、
「パパの作りばなし」を観ました。
再生回数も、やや気になった!(笑)
少ないですけど、まあ、名もないアーティストはこんなもの。

そのコメント欄に、投稿を発見!
「おっ」
「おもしろい!」

どうぞ、ご覧ください。
有り難いコメントでした。

コメントは、再生後、
右下YouTubeにマウスを「YouTube.comで視聴する」を押して、
別ページに飛ぶとご覧になれます。




posted by セキシュウ at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

在りし日の

フェイスブックには、
「今日は、誰々さんの誕生日」と知らせてくる機能が、
それがほぼ毎日のようにあるのですが、
この世にいない、
旅立ったけれど、アカウントが残っている友人知人たちも、
生きているかのように、知らせてきます。

今日は、園主でした。

「そうだった・・・」
プロフィールの犬の写真、
「なみすけ」だったよね?

一緒に写った写真がないか、
探しました。
案外、ツーショットはない、
こちらは、もっぱら撮る側でしたからね。

古ーいので、
集合写真で隣同士がありました。
2006年。

14年前.jpg

茂雄が東京に来たとき。
ラーメン、食べに行ったっけ。

在りし日の佳き思い出です。
posted by セキシュウ at 22:25| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

少なくとも2年

今日は青空が見えたと思ったら豪雨、
不安定な天気でした。
休みですが、
相変わらず店で作業、
コロナのおかげで、すっかり生活パターンが変わりました。

今日の記事で、
大手芸能プロダクションの方が、
「コロナ禍は、今後少なくとも2年は続く」と、
それを想定して新ビジネスの構築をと語っていました。

ファンを多く持つ著名アーティストなら、
なんとかこの現状を、
あの手この手で乗り越えられるでしょう。
しかし、
そうでもない、
あまり知られてないアーティストは、
訴求する場を失い、
消えていってしまうことは、容易に想像できます。
業界も厳しい・・・

こんなとき、
意外と強いのが、
社会人音楽家ではないかと思います。
今まで通り、正業を持ち、
趣味で音楽をしている方々、
あるいは兼業歌手、
食べるに困っていない方々。

今日は、オザヒロさんから、譜面のオーダーがありました。
ありがたいです。
posted by セキシュウ at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

一筋の光明

毎日のように感染者数が、増加傾向、
それが、我々の稼業を押しつぶしていくのは自明の理で、
すでに廃業したところ、
チェーン店では撤退したところ、
これから考えるところ、
殆どの店が「満席」を想定して、売上予算を立てているのです。
週末や年末の大人数の宴会があるからこそ、
なんとかなっている店も多いでしょう。
うちも、しかり。
ライブやパーティー、
さわうたの20名以上の大入りで、売上を稼いでいました。
それが、なくなる・・・
「さて、どうするか?」

こんなとき、
一筋の光明が差すものです。

先日は、ミスターストリートピアノ、武藤さんたちが配信のテスト、
昨夜は、「配信ライブ鑑賞会」と題して、
ロマンチック安田くんたちが、5名で、
うちの大スクリーン、
でもないけど (笑) で、
彼らが敬愛するアーティストのライブを観たのでした。

配信.jpg

ひとりで観るより、
気の許す仲間同士で観たほうが楽しい!
5名で貸切なら、密ではないでしょう。

武藤さんは40前半、
安田くんに至っては、僕の30下・・・
コロナ禍では、「若い発想」に期待でしょうか。
今まで、(今もですが)
応援してくださった方々のためにも、
なんとかこの苦境、乗り越えたいです。

武藤さんも安田くんもピアノの名手、
どうやらここにも、グランドピアノの恩恵がありそうですね。
調律して音が整いました。
posted by セキシュウ at 20:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

間違った!

昨日、ブログをアップ、
今日、練習で唄って気づく、
「あ、間違えてるーー!」

もう訂正しましたが (笑)

思い込みですね。

「時代にさえも」という3番を、
「未来にさえも」と、
なんで間違えたか、自分でも不思議、
と、共に、
未来に、
「不安があったのかなぁ・・・?」

心理が自然と出たのかも知れません。

1日でも早く、
平常が戻りますように。
posted by セキシュウ at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

驚異的な耳

昨夜のまりさんのご指摘、注意箇所、
僕が、新曲を譜面通りに唄っていなかった場所ですが、
あとで考え直して、
「たった1回の一瞬で」
「そこに気づいたんだ」と驚きました。

「チェックしてくださいね」とお願いしたわけではありません。
ただ、横で聴いていただけ。
譜面を見ていたわけでもない、
ただ、横で聴いていただけ・・・
しつこい (笑)
なのに・・・

その場所を説明しましょう。

みみ.jpg

画像が正しいものです。
@はいりこーーんだ (入り込んだ)
Aおしえてく−れた (教えてくれた)
Bじだいにさーえも (時代にさえも)
Cそんなここーろを (そんな心を)

1番から4番、こう唄うべきところを、
ミスしたのは1番、

@はいりーこーんだ

と唄っていたのです。
自分も記憶が残っていました。

なぜ、そうしてしまったか?

これは文の切れ目と関係があります。
普通、切るとしたら、
「入り」と「込んだ」
なので、
唄いやすい方の、
「はいりー こーんだ」になった、
ちなみに2番は、
「教えて」と「くれた」
「おしえて くーれた」となり自然です。
3番も、
「時代に」と「さえも」
「じだいに さーえも」

ところが、
1番の正解は、
「はいりこ おーんだ」

わかりますかね? (笑)

この、微妙に厄介なリズムが、「米田まり」なんです。
僕は、それが人にはない、まりオリジナルだと、
好き嫌いは別として、尊敬しています。
僕には出来ない世界。

そして何より評すべきは、
一瞬にしてミスに気づく、まりの耳でしょう。

昨日のリハは、僕が最後、
その前に何十曲もチェックしていたでしょうし、
自身の作曲も何百曲とある、
その中で、
たったひとつの、
音符の長さの違いに気づくとは、おそれいりました。
posted by セキシュウ at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする