2013年01月08日

伴奏の旅

世の中が動き出したと同時に、僕の伴奏もフル稼働、
午前中のさわうた16名、午後のプチシャンソン9名、
昼間だけで約50曲を弾くということになりました。
夜はどうでしょう ?

さわうたはリクエスト、
1曲目、2曲目は同じ歌手の曲を偲んで歌いました。
岡本敦郎さんの「白い花の咲く頃」「高原列車は行く」、
昨年末お亡くなりになったと昨夜ニュースになっていましたね。
88歳だそうです。
ご冥福をお祈りします。

岡本さんの歌は、さわうたでは随分お世話になっていて、
上記2曲の他、
「朝はどこから」「さくら貝の歌」
それら4曲は1週間に一度は歌われます。
紅白に何度も出ているということで、
いつ頃かと見てみたら、
1950年代まで、
って、生まれる前でした !
それにしてはよく知ってる・・・
まぁ、仕事ですから (笑)

当然ながら、
曲を知っていた方が知らないより上手に伴奏出来ます。
午後のプチ・シャンソンも同様で、
始めた当時は、初見で弾くことが多かったのですが、
今は6割くらいは弾いたことのある曲、
ですから、伴奏もそれなりになってきました。
歌い手さんの雰囲気もつかめ、
息を合わせること、味を引き出すことが、
多少は出来るようになったのではと思っています。

順番に独唱する場合、
聴いている方のことを考えなければなりません。
自分が歌うより、聴くことの方が遙かに多いのですから、
退屈しないように、
一人一人の個性を大切に、
バランス良く伴奏・進行していくことを心掛けています。

2012年の師走があっという間に過ぎ、
新しい年がスタート、
「とりあえず、ゆっくりと」なんて構えていたら、
すぐに2月、3月になってしまうでしょう。
一日一日、いや、一曲一曲、気を入れて !
2013年の伴奏の旅は始まったばかりです。
posted by セキシュウ at 21:22| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

白でクリスマス

どうやら何事もなく世界終末の日は終わり、
楽しい週末がやってきました。
充実の3連休を過ごす方もいらっしゃるでしょう・・・
が、僕は明日の日曜まで仕事、
今日も今日とて、午後からピアノ伴奏に勤しんでいます。

ついでに昨夜も、
ピアノ好きのお客様が職場の関係者を引き連れて、
まずはカラオケでウォーミングアップ、
2曲目からはピアノで5名順番に歌唱、
3回転15曲というウルトラCコース (笑)
合間お酒のおかわりで、またまた走ってしまいました。
「ピアノで歌えるなんて最高の贅沢 !」とお客様達、
その言葉に、朝からの伴奏疲れが一気に吹き飛びます。
一曲入魂 !
常に肝に銘じています。

「もしかしてホワイトクリスマス ?」
そんな記事を見ました。
ですが、都内は予報を見る限り期待できません。
それでも、

1CIMG6202.jpg

ツリーは白いし、加湿器も白いし、ピアノの鍵盤までも白い (笑)
おまけに、
数日前の深夜・・・
もふもふの・・・

shironeco.jpg

白ネコ !
店から少し行ったコンビニの横で見つけました。
言うまでもなく、可愛かったです (笑)
また現れるかなぁ ?
posted by セキシュウ at 20:56| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

弾く弾く

朝9時50分、
普段より遅いお客様の入りで始まった木曜日の「さわうた」
最初の方が、
「あら、私が一番目 ?」と驚く、
「ええ」
「これからでしょう」と言ってみたものの、
今日は暇だろうと覚悟していました。
それが、どうしたことか・・・
ぞくぞくと・・・
来る、来る !
10時15分、数えてみたら24名、今年2番目に多い人数でした。
その時点では、ドリンクを出すのが精一杯、
お菓子まで出すとしたら、あと10分弱は必要、
仕方ないので、
「すいません、カラオケで声出しお願いしま〜す」
『大人のなつかしい歌』というジャンルから、叙情歌のメドレーを選曲、
サービスする間、歌っていただくという異例のスタイルになりました。

このくらいの人数になると、休憩のお手洗いも順番待ちで並びます。
サービスの方は、24名分と大変ですが (中には追加オーダーしない方も…)
全員のトイレの時間を考慮すればよいので、焦る必要は無し、
お客様にとっては不親切ですが、僕にとっては有り難い (笑)

室内は熱気で冷房かと心配されたけど、そこまでは行かず、
さすがに11月の下旬です。
それでも、外は日が差して、見た目は暖かそう・・・
と、廊下でトイレ待ちのお客様が、
「アマネさん !」
「ネコ !!」
ガラス越しに見つけて嬉しそう、
きっと、昨日のブログをご覧になったのでしょうね。

大入りさわうたを終え、
一休みして、午後3時からは、JUNKOさんとライブのリハ、
2時間たっぷりと伴奏しました。
「しかし・・・」
「よく弾くなぁ・・・」
もしかして、人生の中で、今が一番弾いてる ??
かも知れません (笑)

そして、今夜も・・・
ピアノ好きのお客様・・・
たっぷり弾くことになりそうです。
posted by セキシュウ at 21:12| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

子どもの声

爽やかすぎる秋の好天も、楽しむのは出勤の時だけ、
今日も、室内で歌のお稽古の伴奏に精を出しました。

昨日は「隙間無し」と書きましたが、
決してお客様で賑わっていたわけではなく、
12月に予定しているライブの打ち合わせを、
夜の営業時間にピアノを弾きながら行っていたのです。
まさに隙間を縫って・・・という感じ、
一人でやっているので、
限られた時間を上手に使うのがコツです。

話は変わりますが、
今日の夕方、お稽古を終え、一旦自宅へ、
歩道を歩いていたらピアノの音、
近所のピアノ教室からです。
そして後ろからは子どもの声・・・

「おかあさん、はやくピアニカやりたい」

自転車の後ろに乗った女の子が、
聞こえてきたピアノの音に触発されたか、
やや急ぎ加減に漕ぐ母の背中に向かって、
せがんでいます。

「そうか・・・」
「そんな時代も」
「あったか・・・」

そんな時代とは、自転車の女の子とは全く逆、
厳しい練習が嫌で、
みんなと外で遊びたくて、
「はやくピアノやめたい」と心で叫んでいた幼少期、
母の自転車の後ろの自分が甦りました。

「あれから・・・」
「もう45年」

それがまるで昨日のことのようで、
ちょっと不思議な気分、
早くなった秋の夕暮れのせいかも知れませんね。
posted by セキシュウ at 20:58| Comment(1) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

魔物 ?

昨夜の第10回独唱会は、
早速いつもの通り松本圭未リポーターが、
記事にしてくれました。
松本圭未ブログ

写真を使いながら流れるようなコメント、
ふむふむ、
すっかりコツをつかんできましたね〜 (笑)

コツをつかんだのは、独唱会出演の皆さんもで、
声量豊かに、表現も頼もしく、堂々としていました。
そして歌唱を聴く姿も温かく、
フジコさんが、
「アマネさん、この店のお客様は、本当に皆さん品がいいですよね」
「絶対この店は大切です !」なんて言い切るほどで (笑)
それを保っていられるのは、
グランドピアノや、バイオリン、
その他高級楽器の音色が響き渡る店だからというのもあるでしょう。
カラオケだけだったら、そうはいかなかったかも・・・

今回の独唱会は、パターンを変えて、12名全員一気に登場、
1曲目をピアノだけ、
2曲目をバイオリンとピアノにし、
歌唱が2度回ってくるようにしてみました。
メリハリがついて良かったかな ?
時間は短縮されていると思います。

00IMG_1970.jpg

お約束の最後の圭未の歌唱も10時過ぎには始まって、
「みなさんお疲れ様〜」
「わたしも歌うわ〜」

2曲だけでしたが、
しっかり圭未らしく力強く、
それに合わせるリラックスしたフジコさんのバイオリンと、
僕の「やれやれ」のピアノ・・・

そりゃま、疲れますよ、
朝からずっと弾いているんですから〜 (笑)
でも、好きなんですから、
音楽って魔物ですね。

0IMG_1955.jpg
posted by セキシュウ at 20:46| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

効き目

今日の昼間の「ちぎっては弾き」は無事終了しました。
先週今週と、続けざまに休み無しのピアノ伴奏は、
ここに来てちょっと疲れが出てきて、
今日は省エネモードでセーブ、
それも明日の午後の6名を終えれば遂にゴール、
夜はお休みです。
あと少し・・・
ここまで来たら気力です。

そして・・・
気持ちを奮い立たせるに最適なものと言えば、
今はやっぱりこれ !



友のために作った曲ですが、
自分自身にもこんなに効き目があるとは (笑)

いや〜 作ってよかった !!
posted by セキシュウ at 21:11| Comment(2) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

なります

日曜日ですが、昼間は貸切イベントで出勤でした。
「ピアノで歌倶楽部」さん、もう AMANE では定番です。
8名で和やかに催されました。
飲めや唄えや、うたごえも有りで充実でした。

貸切を終え、午後5時過ぎ、赤羽へ。
向かった先は、楽器屋さん、
譜面台を調達するためで、
ずいぶん使い込んだシルバーのが壊れたのです。
黒のシンプルなのをゲット、
同タイプを一つ持っているので、お揃いになりました。
明日のライブに使う予定です。

1CIMG5598.jpg

ライブは久しぶりに登場、稲葉美和さんの箏で、
琵琶奏者の坂田さんも見えて豪華競演、
楽しみ !
何曲かはピアノでお手伝い予定・・・
みなさんと一緒に歌うコーナーかな ?

結局、先週今週と、休み無しで弾くことになりそう、
いや、なりそうじゃなくて・・・
なります (笑)
posted by セキシュウ at 21:17| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

6時間

今日は金曜日、朝9時30分にはピアノを弾き始めていました。
それから夕方5時10分まで、
休み時間を省いて、40分×9名の360分、
約6時間ピアノを弾いているのですから、自分でもびっくりです。

毎週金曜日はほぼこのペース、
以前母が、まさか僕がこんなにピアノを弾くなんて、
予想もしなかったと本人のブログに書いていましたが、
本当にその通り、
しかも、全くの自己流の僕に、
これだけお客様がついているのですから、ありがたい限りです。
ふりうた・・・個人の歌のお稽古・・・をしている方は、
お休みしている方を含めると30名近くいるのではないでしょうか。

当然のことながら、長くいらしている方は、どんどん上達します。
でもこれが嬉しくも大変、
みなさんの上達と同じように、僕も上達しなければならない、
でなければ、僕の伴奏では物足りなくなってしまうと思うからです。
金曜日・土曜日とふりうたを終えて、
「ああ〜 疲れた」とやけに感じるのは、
そのプレッシャーからかも知れません。

ところで、9月も一週間、
やっと秋らしくなって、少し過ごしやすくなった気がします。
あまりに暑くて見かけなかった近所のノラが、

自転車ねこ.jpg

最近は、朝、僕に「いってらっしゃい」をしてくれて、
ちょっとご機嫌 !!
夜中は我が物顔で闊歩してるんですけどね (笑)

ちなみに、この自転車は僕のではありませんので・・・
勘違いなさらぬよう。
posted by セキシュウ at 20:33| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

月の上で

僕の長い伴奏の日々も、今週土曜日、
9月1日を最後に、やっとフィナーレを迎えます。

今朝のさわうたの伴奏も、調子が良いんだか悪いんだか、
毎日状態が違うのは、生きているという証拠、
同じように、鍵盤のタッチ、音色も違うのは、
これまたピアノが生きているということ、
電子機器ではないという証拠でしょう。
湿度温度によって変化するピアノは、
耳が良くなればなるほど、
管理にナーバスになるのかも知れません。

ところで、伴奏ハシゴの2日目、
月カフェの鍵盤写真を載せていませんでした。

tsukipiano.jpg

譜面台は当日の1曲目、
月カフェにちなんで、
「明日は月の上で」
板倉さんとれいこさんで話し合った選曲、プログラムです。

ここのピアノはYAMAHAですが、
響き、広がりが想像以上、
僕が角にいるというせいもあるのか、
ちょっと強く弾いただけで、
「わっ うるさいっ !」と感じるほどでした。
ですから、弾くのはいつもよりソフトに、
さらに、タッチミスの無いよう慎重に、
気を遣いながらの伴奏でした。
まっ 仕事だから当然さ ! (笑)

さて今夜もピアノで歌う方達の予約有り、
またまた伴奏に励みましょう。
と、空を見たら・・・
月も綺麗 !

1CIMG5586.jpg

明日は満月のようです。
まさに「明日は月の上で」
何をしましょうか ?
わくわくしますね。
posted by セキシュウ at 19:31| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

ハシゴ最終日

ブログを続き物にしたので、1日ずれましたが、
昨日が外での伴奏ハシゴ3日目、最終日、
おぐのあかりでの伴奏ボランティアでした。
夏休みで大賑わいは、想定通り (笑)

伴奏位置から撮った写真はなかなかで、

ogunoakari.jpg

スマホでもこのくらい撮れれば嬉しいネ !
みなさんの視線の先は、白い壁に映し出された歌詞です。

いつも忙しくしている川口さんも、
昨日は途中からパソコン操作に加わり、
なぜか雰囲気の違う、
「そっとおやすみ」や「駅」などを歌いたがって、
そりゃ自分の好みでしょ、と笑いました。

参加する人によって多少変わりますが、
定番曲は、
「M」「ハナミズキ」「翼をください」「大きな古時計」
「線路は続くよどこまでも」「崖の上のポニョ」「さんぽ」・・・など。
ヘルパーさんの中には歌上手、盛り上げ上手も多く、頼もしい限りです。
利用者が多い日にお願いしたいとの、川口さんのリクエストで、
次回は 10/1(月) になりました。
当日は都民の日で、学校・作業所はお休みだからです。

そして今日からは、やっとホームに戻り、AMANEでさわうた、
やけに懐かしい鍵盤の感触・・・

1CIMG5585.jpg

昼からは、
鍵盤を斎藤敦子さんに預けてのプチ・ボイトレ、
我流ピアニストと本格ピアニストで、
鍵盤さん、満足してくれたかな ??
我流は土曜日までお世話になります (笑)
posted by セキシュウ at 21:05| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

月カフェのツヅキ

ランチをはさんでの月カフェのシャンソンコンサートは、
50名弱のお客様で満席、
僕のところから真正面は、

tsuki7.jpg

こんな感じに見えていました。
れいこさんの伴奏は久しぶりも、
リハを重ねたおかげで何とか無難に終了、
ただし、細かいミスはどうぞお見逃しを (笑)

いつも思うのですが、
本番は、練習の7割程度の力しか出せない、
だから、練習でいかに大胆に弾いているかが大切です。
と言いながら、
「練習だから・・・」
「そこそこでいいや」と怠けること頻繁、
う〜ん、これじゃダメだ (笑)

コンサート全般に関しては、
弾くに精一杯だったので、何ともですが、
れいこさんに渡されたお客様のアンケート内容は、
かなり好評だったように思います。
昨夜メールで一部知らせてくれました。

僕自身にとって一番のサプライズは、
オーナーの天野洋さんが、
「草原」が終わった後、
「ブラボー !」と叫ばれたことで、
その時は知らぬも、
休憩時間にお話ししたときに、
「草原、すばらしい曲ですね」
「ブラボーって、自然に声が出たんです」と教えてくださいました。
感激 !

もちろんこれは、僕だけの力であるはずもなく、
歌ってくれたれいこさん、
この日の為に東奔西走した板倉さん、
PA音響を用意した上原一途さんに杉野さん、
そして、多くのお客様が都留市の方であったことが、
とても良い雰囲気の演奏に繋がったのでしょう。

音楽の力を信じる者として、
益々、「人間として」自分を磨かなければと思ったのでした。
おわり
posted by セキシュウ at 21:47| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

月カフェでツキ

伴奏ハシゴ2日目、
大月の月カフェさんにおじゃましてきました。
駅前の凛々しい姿。

tsuki1.jpg

エントランスもお洒落。

tsuki2.jpg

こんな素敵なお店で伴奏できて、ついてます。
さすが、ツキ (笑)
しかも、ここの住所も素晴らしいのです。
山梨県大月市大月町大月1-3-20
月が三つ、これに月カフェ、そして月が出れば・・・
月が五つ。
これは相当縁起がよい !!
月カフェさんのサイトには、月も出ていますよ。
月カフェのサイト

おじゃましたのは、勿論お仕事で、
やまざきれいこさんのシャンソンコンサートの伴奏、
2階がその会場でした。

tsuki3.jpg

うん、店内も芸術の香りが佇んで、い〜い感じ !
そして、今日の鍵盤さん・・・

tsuki5.jpg

よろしくお願いします !!
つづく
posted by セキシュウ at 23:50| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

10年も

あっと驚く電撃トレードのニュースは、
今朝のさわうたでも大きな話題になっていました。
僕がしたわけではありません。
さわうたでは希少な、いや、貴重な (笑) 男性客が、
座談会よろしく当該選手のこと、もう一人の大物バッターのこと、
はたまた彼らの過去など話して、
歌を唄う前からとても賑やかでした。
営業的には、谷間の曜日か、10名と少なかったのですが、
長い水商売生活、こういうことには慣れっこです。

今週のさわうたはリクエストデイ、
10名なら一人3曲はどうかと欲張ってみました。
結局、30曲は無理、2曲少ない28曲プラス「草原」で、
29曲の歌唱数でした。
それでも、多い ! (笑)

正味90分で29曲、全部 POPS なら、まず不可能です。
選曲に、茶摘や朧月夜、夏は来ぬなど、叙情歌、短い曲が含まれることと、
前奏・間奏・後奏をはしょれることで29曲を実現しています。
そして、何より、すぐ弾けること、
いちいち楽譜を探していたら、こんなに沢山は出来ないと思います。

昨夜は、開店間もなく、小島かおるさんが飲みに現れ、
カウンターに座って先日のライブの反省話をしました。
集客面で残念だったのは、予定していた3名が急遽キャンセル、
その理由が上司のご不幸だったことにちょっとシンミリでした。
52歳だったそうです。
そんなに変わりません。
「生きているうちに、やることをしっかりやらなきゃ !」
同い年の思いは、言葉にはならずとも、
暗黙の了解と言ったところでしょうか。

その小島さん、最近ピアノを触りだしたようです。
続けて来た二人組のお客様に、僕がピアノ伴奏しているのを横目、
終わった後、
「よく、あんなに手が動くね」
「右手、左手と・・・」と、カウンターの上で弾く真似事、
たしかに、その手は覚束ない (笑)

「そりゃ」
「毎日、嫌って言うほど弾いてるから」

たまたまいらした二人組のお一人は、カラオケBOXからのお付き合いで、
その頃の僕の拙いピアノを知ってるか知らないか、
「あの頃は、ぜんぜん弾けなかったんです」と一緒に笑ったのでした。
それから10年、
10年もやってれば・・・
なんとかなるものです。
posted by セキシュウ at 21:01| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

ちょっと疲れて

森伊蔵のサプライズ差し入れに、3本の日本酒(720ml)も軽く空になる昨夜の貸切は、
集まったメンバーが久しぶりということもあり、おしゃべりオンリーの会、
それでも、あっという間に時間が過ぎていきました。
ピアノに座ったのは、11時を回った頃、
一人の「関くん、友情の、あの歌、やろうよ」と言い出したことからでした。
小高い丘・・・
彼は中学は違いますが同郷出身、琴線に触れるものがあったようです。
スクリーンで動画を流した後は、
歌詞を写して、ピアノで歌ってみました。
彼も一緒に歌ってくれて、ちょっとした想い出の共有・・・
残りのメンバーもにこやかに、中には僕のピアノを初めて聴く人もいて、
さりげなく「AMANEらしさ」をアピールすることが出来ました。

今日は日曜日ですが昼の貸切パーティーで営業、
こちらは、ピアノで歌う会だったので、出番多数 (笑)
知った顔も多く、リラックスして歌って戴きました。
独唱が中心でしたが、途中「うたごえ」のコーナーもあり、
最後も「青い山脈」でみんなで歌って締め、
満足の3時間だったと思います。

明日は第4月曜日、おぐのあかりで伴奏です。
夏休みですから、多くの利用者が集まるでしょう。
暑さも戻るようですし、熱気ムンムン必至 ??
楽しみです。

そう言えば、おぐのあかりの川口さん (あふネット理事長)、
大のネコ好きでしたね。
夕方、
二日連続の貸切を終え、ちょっと疲れて帰ってきたら・・・

neco_.jpg

ふふ、
おまえは疲れたわけじゃないよね (笑)
posted by セキシュウ at 22:17| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

60曲

夜中になっても、涼しくなりません。
11時過ぎ、お客様を送り出してフッと一息、
今日はピアノを・・・
ずいぶん弾きました・・・
想定通り、いや、想定越えか ?

午前中はさわうたで、
みなさんからのリクエストを22曲プラス草原で23曲、
午後はプチ・シャンソン、
歌唱者9名見学者1名の初めての「2桁10名 !」
ありがとうございます〜〜
は、お一人3曲ずつで、中には2曲の方もいらしたので25曲、
この時点ですでに50曲近く弾いていました。

夜7時、出直してからは、
今週金曜日貸切パーティーの幹事さんがお二人、
打ち合わせがてら見え、
パーティー内で歌う予定の曲をピアノで練習、
その後盛り上がってピアノのメニューからあれこれと、
10曲以上は弾いたかな・・・
一山越えて、
「アマネさん、」
「朝からお疲れでしょうから、そろそろカラオケで」とのお気遣い、
それはそれはどうも (笑)

結局60曲は弾いたことになると思います。
しかも、全部違う曲です。

金曜日のふりうたで、朝から弾きっ放しは常時ですが、
曲の種類はせいぜい20曲くらいか、
その後、一般営業して40曲弾くなんてことはないので、
一日60曲違う曲を弾くというのも、そうあることではありません。
しかし、閉店間際となった今でも、
まだまだ弾く余裕があると言うことは、
やっと元の自分に戻ったか、
それとも、それ以上の自分になったか、
とにかく、忙しい今週来週に向けて、「この調子なら大丈夫」と一安心なのでした。
posted by セキシュウ at 23:52| Comment(1) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

音楽で人の心

昨日の貸切は、「ピアノで歌倶楽部」のみなさん、
初体験の方からベテランの方まで、
楽しく和気あいあいと過ごされました。

一昨日の夜は、近所の居酒屋さんのマスター(大将)・お客様ご一行が夜の貸切、
こちらは若い方達、カラオケ中心に楽しみましたが、
やはりピアノの生演奏に興味津々、
「ここに来たらピアノで唄わなきゃ〜」の大将の盛り上げで、
いつもと違う緊張感を味わっていただくことが出来ました。

「ピアノってやっぱり難しいなぁ・・・」
終わって、大抵みなさん、そう呟きます。
「慣れていないだけですよ」

ふりうたで歌のお稽古をなさる方も、最初はそうおっしゃいました。
それがどうでしょう、今となっては、
「ピアノの方が歌い易いわ !」
はいはい (笑)
そんなものです。

今日は朝から久しぶりにおぐのあかり、
普段なら学校の小学生が、親御さんなどと歩くのを見て、
「これはもしかして・・・」
「おぐのあかりも・・・」
「行事の代休か何かで、いっぱいじゃないかな ??」

予感的中 !!
またまた溢れんばかりのおぐのあかりは、
終わり間際、ぐるっと見渡してみたら、
いるいる (笑)
「川口さん、100人くらいいるんじゃない ?」と冗談を飛ばしたら、
「100人は (苦笑) 」とまともに返してきて、
「40人くらいじゃない ?」
それにしても凄い !

終わって出るときもこんなに賑やかで・・・

20120625おぐのあかり1.jpg

用意した利用者さん、スタッフの食事も40人前って・・・

20120625おぐのあかり2.jpg

こんな量 !
がんばってます。

僕が、このおぐのあかりに代表される「音楽ボランティア」をスタートしたのが、
平成10年ですから、今年が15年目、
音楽で人の心を癒す、人の心を豊かにする、人のためになる、
ただそれだけの一心で続けてきたことが、
今回の「小高い丘」で大きく実践出来たのだと思います。
しっかり伝わったのだと思います。
聴いたみなさんからは、
まだまだ嬉しいメッセージが届いています。

おぐのあかりに毎回持って行くピアノタッチのキーボードは重く、
ヨッコラショと車に積もうとしていたら、
スタッフのひとりが、
「関さん、『スパゲッティーぃぃぃ〜』 見ましたよ !」と声を掛けてきました。
一瞬、
「えっっ 何だっけ ??」と思いましたが、すぐ思い出して。
「あっ あれね !」
「ありがとうございます !」

1CIMG5408.jpg

草原ドキュメント第三章の陶芸シーンのことです。
そうでしたね。
土を捏ねて、ロクロを回して、
必死にタンブラーとお皿を作った、あの暑い夏の一日。
それからしばらくして、
ある日突然の友からのメール、
「曲を作りたい・・・」
あれが始まりでした。

友は明日退院です。
ここまで長い道のりでした。
そしてここからがまた、新たなスタートです。
さあ、一緒に、がんばろう !!
もちろん、無理をしない程度にね (笑)
posted by セキシュウ at 20:38| Comment(1) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

疑問符

今日も朝から音楽とおしゃべりをしながら過ごしています。
演歌からポップス、シャンソンにフォークに歌謡曲、
新しい歌とも何曲か出会い、
「これほど音楽とおしゃべりできるのも僕くらいか」と自己満足、
そうでも思わなければ、切り替えられません。

音符を見てその通り歌うのなら、まあ、そんなに難しくはないでしょう。
難しければ、何度も練習すればいずれ出来るようになる、
しかしそれだけでは、歌に込められた「ドラマ」は感じられない、
それではまるで、
作るだけ作って食すことのない料理と一緒だと思うのです。
どうせ歌うのなら食したい、
その為に、歌に込められた想いをお客様と一緒に感じ取りながら、
一緒に表現していくのが僕の役目だと思っているのです。
「ここのフレーズは・・・」
「きっと、こういう意味で作られているんですよ・・・」
「だからきっと、こういう音にしたんでしょうね・・・」

あくまで僕の推測、
もしかして間違っているかも知れない、
でも大切なのは、間違ってもいいから、何かを感じようとすることで、
作り手にとっては、
感じようとしてくれることほど嬉しいことはない筈なのです。

それは5年前に「草原」を作り、
あちこちで歌いながら話しながら触れ合いながら思ってきたことで、
中には僕の意図と違うドラマを歌の中に感じた人もいましたが、
それでもとても嬉しかった、
だって、作った本人でさえ、未だ迷ってる、
「真っ直ぐになんて本当に生きられるのか ? 」
「一体何処に帰るつもりなのか ? 」
疑問符だらけだからです。
生きることイコール疑問符かも知れません。

明日は昼過ぎからビッシリと6名、
先週ダウンしてすべてキャンセルしてしまいましたから、
しっかりお返ししなければ !
たくさんたくさんおしゃべりしながら・・・
弾きますね。

そうそう。
おしゃべりと言っても、心の中で音楽としているだけで、
お客様としているわけではありませんので・・・
お間違えの無いよう (笑)
posted by セキシュウ at 22:53| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

第9回独唱会

今夜は独唱会初日、少数参加でしたが、なぜか忙しい (笑)
アットホームな雰囲気でみなさん楽しんでいらしたからです。

外は雨が降ったかと思ったら上がって、
店内はムシムシ、熱気ムンムン、
この勢いで明後日の2日目も乗り切りましょう !

ブログの方は簡単に・・・
失礼いたしました。
posted by セキシュウ at 23:09| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

同年代と

同年代が何となく気が合うのは、
昔話に花が咲くからでしょうか。
全然違った道を歩んできても、必ずどこかに接点がある、
聴いた音楽などは特にそうでしょう。

昨夜も11時近くにがやがやといらしたのは、
線路の向こうの大きな施設にお勤めの方達、
ほとんどが同年代、50前後です。
3月と言えば異動の季節、送別会の流れでいらっしゃいました。
少々酩酊気味も、最後はAMANEで締めたかったようです。
ありがとうございます。

ドリンクを出し終わったら即ピアノに着席、
伴奏が始まりました。
「今日は全部マスターの生ピ (生ピアノ) で行きましょう !」
「へい、がってんで ! (笑)」

4人を順番に伴奏
あっという間に時間が経ち、閉店時間、
「じゃ、ラストソングを・・・」
最後の方が選んだのは、
♪ ずっと好きだった 
斉藤和義さんの曲、メニューにはありません。
しかし、これが出来てしまうのは、
最近よく使っているコードのついた歌詞サイト、

01CIMG5029.jpg

こちらを見ながら弾くからです。

「これだけで弾けちゃうんだから・・・」
「マスター、すごいよね !」
と言われますが、
いえいえ、歌ってくださる方がしっかり歌ってくれるので、
うまく弾けるんです。
それに、あまりよく知らない曲を弾くのって、楽しいんですよ。
得した気分になります。
posted by セキシュウ at 23:35| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

たまには弾き語り

月曜日、たまには歌でも唄ってみようかと、
なら、何にしようかと、
今の時期ならと・・・
「歓送の歌」にしてみました。
サイズが少し大きかったので YouTube です。



もともとは美声の友人が唄っていた曲、
友を想い、大切に、且つ力強く唄いたい一曲です。
posted by セキシュウ at 21:58| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

伴奏と新曲

昨日は一日ゆっくり、
今日は午後から「うたごえイベント」の伴奏ボランティアに行ってきました。
寒いのにもかかわらず会場は満席、
新顔も多く見えたようで、主催者はニコニコでした。

去年お邪魔したとき、急病で入院、欠席した司会の本谷さんも、
無事復帰し一安心、
「アマネさん、まだまだ身体は完璧じゃないんですよ」とおっしゃってましたが、
本当に無理せず、末永くがんばってもらいたいと思います。
楽しみに歌いにいらっしゃる方たちの為にも・・・

考えてみれば、このイベントで伴奏ボランティアをすることになったのは、
「草原」がきっかけでした。
発表した頃から続いていますから、もう4年以上になります。
歌自体は、すでに忘れてしまったり、知らなかったりの方も多いのでしょうが、
こうして音楽の場に参加していること、
少しでも皆さんの役に立っていることが本来の草原の存在意義、
そう思いながら伴奏に徹します。

最近はどのイベントでも、楽譜を用意しての歌唱指導が増え、
今日のこちらでも1曲、そのコーナーがありました。
簡単で調子の良い曲、元気に歌って笑える曲でした。

「そういえば・・・」
「明日からのさわうたも・・・」
「新曲を歌うんだった・・・」
昨日楽譜を作ったのを思い出しました。
今夜コピーして用意、

01CIMG5004.jpg

『いのちの歌』です。
竹内まりやさんがセルフカバーしてチャートを賑わしていますね。
涙腺を刺激する曲です。
今回はキーの高い茉奈佳奈バージョンにしてみました。
posted by セキシュウ at 22:56| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

溶けてしまう

今日は12時間びっしりと店内でした。
昼はふりうた、夜は貸切のライブとピアノ伴奏に徹した一日、
しかし、ライブ終了後、
「アマネさん自己紹介を・・・」とされ、
どこからか、
「彼はシンガーソングランナー ? いや、ライターで 」と聞こえてきた、
う〜ん・・・
返答に困ります (笑)

「最近は専ら伴奏専門なので」と言いながらも、
弾き語りで歌ってのリクエストに応えて、
やっぱりこの場は「草原」をと歌い出したのは良かったけれど、
案の定歌詞を間違えるという始末でした。
ま、ライブ終了後だし、ご愛嬌かな ??

シンガーソングランナーもシンガーソングライターも、
はたまたシンガーソングイラストレーターも、
どれも中途半端、
特に不足しているのは「ランナー」の部分で、
まずこれから何とかしなくてはならないと心する、
明日は久しぶりに走ってみようかな・・・

それに、ときどきは自分のオリジナルも歌っておかないと、
歌詞はおろかメロディーすら忘れてしまうのではと思ったりして、
いや、現実にメロディーが疑問な曲があります (笑)
初期の頃に作ったのは、かなり怪しい・・・
あの木村さんを泣かせた「グラス」もどうかな ??
合間を見て、1曲ずつチェックして、
きちんと楽譜にしておこう・・・
人様の曲に押されているうちに、自分の曲が溶けてしまったら大変です。
posted by セキシュウ at 23:50| Comment(1) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

あくまで譜面

降雪から丸二日、48時間が経って、
ようやく歩道の日陰の雪が溶けました。
ただ、端々に残された白い塊たちは、
この寒さでいつ溶けるのやら、
だんだん黒く汚れて醜い姿に変わるのでしょう。

足下が悪い中、さわうたは順調でした。
凍結の昨日が12名、今日が17名、
こんな日にありがとうございます !

今週はリクエスト・デイなので、
みなさんがどんな曲を注文してくるか僕も楽しみ、
まっすぐストレートに来る方や、
ぐっと曲げて変化球、
ときどき牽制球を投げる方もいたりして (笑)、
それぞれを味わいながらの伴奏になります。

伴奏と言えば、一昨日は今年初のおぐのあかり、
利用者さん、ヘルパーさん大勢で盛り上がりました。
あふネットのヘルパーさんは個性的な人が多く、
中に外国人もいたりして、歌うのも海外の曲、
一昨日は、
カーペンターズやダイアナ・ロス、ルイ・アームストロングを歌って、
いつもと違う真剣モードの伴奏でした。
もちろん楽譜など一切無し、コードが複雑でわからないところを、
即時判断しながらの弾き方には頭がフル回転、
ときどき誤魔化しながらもスリルを楽しんだのでした。
日頃の採譜が、こういうときに役に立つ、
知らない曲でもその場でなんとなくこなせるのは、
毎日ほとんど欠かさず譜面と睨めっこしているから、
メロディーやコードを採っているからだと思います。

それでも、譜面はあくまで譜面、
完璧な物ではありません。
今日の夕方やった、圭未とのゆるゆるライブのリハで、
あるフレーズに、圭未から「歌いにくい、気持ち悪い」と注文、
僕が採ったコードに違和感を覚えたようなのです。
音源に合わせて和音で弾いたときはそんなに感じなかったのですが、
実際圭未が歌ってみると、確かにちょっと変・・・
やっぱり、しっかり演奏し、
本人同士で合わせて、お互いでチェックしなければ駄目ですね。
その他、書き間違えも何カ所か見つかり、
つくづくリハは大切と思い知らされたのでした。

ライブは来週水曜日、2月1日です。
まだまだお席に余裕があります。
菅野淳史氏のトランペットの甘〜い音色・・・
お時間がある方は、ぜひ !!
posted by セキシュウ at 23:12| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

左足で

1月も早、3週目です。
心配された「ひとりさわうた」も、ようやくスムーズになってきました。
中でも、いちばん上達した (?) と思われるのが、
画面のページめくり、
歌詞を1番→2番などと、演奏中に切り替えていく作業なのですが、
これ、実は秘密兵器を使っています。
ピアノの、足もと・・・

01CIMG4912.jpg

左の黒い物体、
「フット・スイッチ」

02CIMG4913.jpg

これを足で踏んで操作しているのです。
踏むのは、PCのキーボードの「 Enter 」を押すのと同じことです。

このスイッチ、以前からあるのは知っていたのですが、
ここ最近、安価な物が出回ってきたので、
半年くらい前に購入、
木村さんが休みの時に、これを踏んで画面を切り替えて、
今年からの本番に備えてきました。

右足はピアノ本来のサステインペダル (一番右) を踏むので、
フット・スイッチは左足、
これが、踏む回数が多くない分、上手に踏まないと失敗してしまいます。
「カチッ」と1回、思い切り踏めば、まず間違いないのですが、
お安いだけあって、プラスチック製の柔な作り・・・

03CIMG4914.jpg

乱暴に扱うと、「バキッ」 といっちゃいそうで怖い (笑)
象が踏んでも・・・
なんて昔ありましたが、
象どころか、僕のような痩せが踏んでも壊れそう・・・
ですから、優しくソフトに、そっと踏む、
それが優し過ぎると中途半端、「Enter」を押し続けたような状態になり、
何ページも進んでしまうという最悪の事態、
仕方なく、右手をマウスに持って行き通常の操作をして画面を戻していたのです。

それに、左足という普段使わない側の足というのも不利、
車の運転も、ほとんど今は右足だけですね。

しかしそれも、この2週間でかなり上手になり、
先週の土曜の夜、初めていらしたお客様は、
友達がピアノ伴奏で歌っているのを見て、
「どうやって画面を切り替えてるんですか ?」と不思議そう・・・
と言うことは、気付かれず淀みなく切り替えられたと言うことで、
密かにガッツポーズ ! (笑) でした。

このフット・スイッチを使うまでは、
間奏中に右手でマウスをクリックしていたので、
音楽的に、少しばかりの間が出来て、やや物足りなさがあったのですが、
今はとても自然、心地よく流れるような感じに演奏出来ています。
けれどこれで、いよいよ手足すべて使用済み、
もうこれ以上求められても無理です。
ネコの手でも借りるしかないでしょう (笑)
posted by セキシュウ at 23:21| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

彼の姿に

また急に走り出した僕のように、
「今年こそ !」と、去年出来なかったことを目標に、
何かを始めた方、再開した方が多いのがこの1月でしょう。

AMANEを訪れる珍しいお客様も同じくで、
前から気になっているところに、今年、意を決して入ってくる、
ぜんぜんご無沙汰だったのに、突然やってくる、
そんなお客様が多いのがこの月です。
久しぶりの方は、そうでないふりをするのが僕のやり方で、
最後に来たのが3日前くらいのつもりで (笑) 応対します。
意を決した初めての方はそれなりに、
相手の出方を伺いながらの会話ですが、
大抵一人が多く、言葉を選びながらの慎重な接客になります。

先週、開店直後にふらっと見えた20代後半の男性は、
お酒も飲まず、おとなしめ、
カラオケを数曲歌った後に、ピアノ伴奏での歌唱を勧めたら、
「あの・・・」
「草原という曲を・・・」といきなり、
別に不思議ではありません。
表にさわうたのポスターとともに歌詞が貼ってありますから、
立ち止まってよく見ればその曲の存在はわかります。
チラシも表に置いてあります。
「興味あるんですか ?」と僕、
「ええ」との返事に、
「じゃ、歌ってみましょう」と軽く弾き語りました。
よくやる曲説明を手短に、
その後、「お客さんも、どうですか ?」と歌唱指導、
「これで、あなたも草原歌い手さんです (笑) 」

しかし、彼の本当の興味は、実はピアノで、
それもピアノ演奏、
「楽器は何かやるんですか」の僕の質問に、
「ピアノを少し・・・」と嬉しそうに答えたのです。
「じゃ、弾いてみれば ?」
真面目そうで、どことなく賢そうな彼に、迷うことなく勧めました。

「いいんですか ?」
自宅にはエレピしかないので、と言いながら、
真剣にピアノを弾き出した・・・
「独学なんです」
そのまましばらく弾いていた彼、
ピアノが好きで好きでたまらないようでした。

「僕にも・・・」
「こんな時期があったなぁ・・・」

もう何年前でしょう。
ピアノが弾きたくて弾きたくて、
知り合いのホテルのラウンジのグランドピアノを無理言って借りて、
へたっぴなクラシックもどきを何時間も弾いてた、
あれは、そう・・・
まだ35か36の頃じゃなかった ??

懐かしい思い出が、彼の姿で甦りました。
もうあの頃には戻れません。
「今は、あの頃に比べて・・・」
「幸せかなぁ ?」
愚問ですね。
posted by セキシュウ at 23:17| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

clappingの会

昨日の午前中から今夜まで、ピアノを随分弾きました。
極めつけは今夜の貸切パーティーで、
曲数は少ないものの久しぶりの緊張感、
ある方の「ソロ発表会」が行われたからです。
この日まで地道に練習を重ね、歌詞は全て覚えての7曲、
以前、何度か伴奏をお付き合いしたことはありますが、
これだけまとめてやるのは初めてで、
言ってみれば初コンビ、リラックスは無理というものです。

集まったのは家族を含む親しいお友達ばかり、
雰囲気はとてもアットホームでしたが、いざステージが始まれば、
視線集中、耳を傾けて、まさに「息を呑む」展開です。
知り合いだからこそ緊張する、と言うのもあるでしょう。

しかしこの日の主役は堂々たるもの、
途中のMCも快活に、歌詞を飛ばしても ♪ ンーンーとハミングして、
あらあらプロ顔負け (笑)
家族から「大した度胸」と褒められていました。
「ドキドキです〜」と言いながら、いやぁ、素晴らしい !
要所要所をふりうたで合わせてきましたが、
本番の強さに驚き、
「人の可能性って・・・」
「無限大だなぁ」と、つくづく思いました。

途中、お客様タイムでオカリナを披露したり僕のピアノで歌ったり、
御夫婦で第九をアカペラで歌うというのもありました。
笑いも絶えませんでした。

たくさんの拍手が鳴り響いたこの会、
『clappingの会』は、相手に自分に感謝を伝えました。
これからも、こういう会が持てることを祈ります。
posted by セキシュウ at 23:59| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

昨夜のパーティーで

昨日は予定通りの16時間労働で、予定通りのブログアップでした。
時間がないとわかっていたので、始めから4コマ漫画を用意していました。
今日は午後からふりうたプラス、
こちらもおかげさまで全枠完売、新しい方も見えて、
新鮮にピアノを弾くことが出来ました。

初めては、歌う本人も緊張でしょうが、弾く方も案外緊張しています (笑)
それに、弾きながら「聴く」のが必須で、
何をどうアドバイスすべきか考えながら弾いているので、かなり頭の中は忙しい、
けれど僕の場合、数だけはこなしているので、
その人に合った言葉を選ぶことはそう難しくはありません。
「ひらめき」も、データの豊富さあってのことだと思います。

夜、店を開けて、いろいろなお客様を迎え入れるのも、
初めての方に刺激をもらうことがあるからで、
昨夜の貸切パーティーは、その最たるものでした。
年の頃は僕より10歳近く上で、某大学の合唱団OB、OGの方達、
久しぶりに集まって早速配られたのは楽譜、
夜の営業にしては明るかったのが、妙にアットホームでした。

混声では定番なのでしょう、『旅』から「なぎさ歩めば」も歌われ、
そう言えば、かの朝霞混声合唱団さんも『旅』を歌うことから始まったと、
恒太先生がおっしゃっていたのを思い出しました。

メンバーの中にはピアノを弾く方が二人いらして、
僕の出番はないかと思いきや、
ある方が、「猪苗代湖ズ」の「I love you & I need you ふくしま」の譜面を用意、
この伴奏なら僕でしょうとしゃしゃり出る (笑)
POPSで、キーを移調しながら弾くというのは、
それなりに慣れてないと出来ないことだからです。

その後、数名の方の独唱を伴奏、
「旅人よ」、「白いブランコ」など数曲を合唱伴奏しましたが、
やっぱりミスはつきもので、
譜面を見ずに弾いた「少しは私に愛をください」の、
一番おいしいところのコードが浮かばす、適当に誤魔化して、
あとで「何だろう」と確かめてみたら、実に単純な答えでがっかり、
歌われた方に照れ笑いでした。
実はちょっと悔しかったりして (笑)

最後に「草原」をコマーシャル、
とても気持ちよさそうに斉唱していただき、感激でした。
たまたまあった三部合唱の楽譜を、地域で合唱をやっているという方に差し上げたら、
別の方から「私もよろしければください」と今日ご丁寧なメールが来て、
その方はご自身で曲を作られて合唱指導をなさっている方、
大変光栄なことこの上なしでした。
今まで、少しずつ、少しずつ、
焦らず進んできた甲斐があったかな・・・
もう「草原」も、来年には発表して5年になるのです。
posted by セキシュウ at 23:14| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

演奏きらり

プチコーラスで、恒太先生がよくおっしゃるのは、
ピアニストのこと、
合唱はピアニストによってずいぶん変わるということです。
確かに、僕がコードで単純に弾くのに合わせて歌う草原と、
斎藤敦子さんがアレンジしたピアノ伴奏で歌う草原とでは、
まったく聴こえ方が違います。

今回の都留市の合唱祭では、その点も注意深く拝聴、
これがとてもいい勉強になりました。
一人、輝くタッチで弾く女性がいて、
終わって先生に「あの方、響きが凄いですね」と言ったら、
「そうなんだよ」
「音大出たてで・・・」
ほんとうに、もぎたてのフルーツのような感じ、
スタンウエイのピアノはこうでなきゃ ! という音色でした。
しかし、果たしてそれが歌をもり立てているかと言うと、
またこれが難しいところで、
やはり、3年前に初めて僕がこの合唱祭を見たときから弾いている、
ベテランのピアニストさん達の方が、
みんなと一緒になろうという気持ちが前面に出ていて、
聴いていて安心、微笑ましくもありました。

今朝のさわうたで、朝霞混声合唱団のチラシを見た木村さんが、
「合唱は、演奏って言うんだ・・・」とおっしゃいました。
チラシのプログラム紹介のところに、「合同演奏」の文字があったからです。
何となくは感じていましたが、
改めて木村さんに言われて、なるほど・・・
「演奏」という言葉の重み、深みがきらりと光ったのでした。
posted by セキシュウ at 23:50| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

高いところ

急に寒くなりました。
日中は休みの月曜日ですが、いつも通り朝9時過ぎには店、
ボランティアに出掛けるためです。
今日は珍しく午前午後と2軒をハシゴ、
午前中をおぐのあかり、午後をうたごえイベントと、
ちょっとした伴奏旅行 (笑) でした。
と言っても、移動は正味30分ってところですから、
本当に「ハシゴ」です。
飲みに行ってのハシゴも、次の店に移動が1時間もかかろうものなら、
酔いも覚めるから「それなら、や〜めた」、
繁華街が栄えるのは、すぐ次の店に行けるという集積のメリット・・・
おっと、
話が逸れてきた (笑)

午後からのうたごえイベントは、会場が高い場所にあり、
ピアノの位置が外を眺めるのに絶好のポジション、

20110926b.jpg

首都高を飛ばす車を見ながら、気分良く伴奏出来ました。

20110926a.jpg

昨日から高いところに縁あり ?

しかしこの程度の高さなら、今は高いと言わないんでしょうね。
喜んで写真を撮っている僕は、ずいぶん幸せなヤツとひとり苦笑いでした。
posted by セキシュウ at 22:29| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

苦手分野

今日も今日で飽きもせず譜面作りでした。
やったのは、ジャズっぽいポップスに、タンゴっぽいポップス、
これがわりと苦手分野です。
前奏・間奏が従来のポップスよりも崩してアレンジされているので、
1回聴いただけではよくわかりません。
またも、あっという間に時間が過ぎてしまった・・・

夕方は、来週のゆるゆるのリハでした。
フルートの渡辺宏美さんとは、およそ10年ふりに演奏、
その期間なら、ほとんど初めてと言ってもいいくらいです。
圭未は相変わらず「暑い暑い」と扇子をあおぎながら登場、
予定曲を全部通しましたが、
最後の2曲がジャズ・ボサノバで、これまた苦手分野、
全然雰囲気が出せず、不本意なリハになってしまいました。
まだ一週間あるので、研究することにします。
圭未に、
「こういうのが弾けるようになるには・・・」
「あと20年かかるかも・・・」
と弱音を吐いたら、
「そんなに待てな〜い」って (笑)
はい、がんばります。
posted by セキシュウ at 23:50| Comment(0) | ピアノ伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする