2019年11月09日

こんなにも

11月8日、昨日のことです。

朝、起きて、すごく楽しかったんです。
バイク男、園主が夢に出てきて、
一緒に楽曲を作ったからです。
僕の要望を聞いて、
彼がパソコンで笑いながら作業している・・・

「久しぶりに夢に出てきたなぁ」

そのことは、
みなさんもそうでしょうが、
1日が始まれば忘れてしまう、
昨日はふりうたで、僕もすっかり夢のことは忘れていました。

そして夕方、
ふと、あることで同級生、
一緒に「小高い丘」を唄った中学教師に連絡を、
結局昨夜は連絡取れずに、今日になったのです。

あること、とは、
彼の仕事に多少関わっていること、
僕に、アドバイスなどしてもらいたかったからなのですが、
彼の電話を待つ間、
なんとなく、また園主のことを思い出し、
柄にもなく胸が熱くなってきたのです。
「どうして?」
「なんで、こんなにも?」

もしかして、と思いました。
一年前のブログ、
こんなとき、長々と、
2006年から毎日のように書き続けているブログは便利です。

過去ログ、
2018年11月をスクロールして見ていきます。
11月8日で手が止まる、
「そうか・・・」
少しばかり寒気もしました。

記事は短い。

電話がありました。
待ってて。
行くから。


園主から店に電話があった日。
1年経って夢に出てきたんですね。
ありがとう。
posted by セキシュウ at 20:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

晩秋のような、すでに冬が始まったような感じです。
ふりうたにいらっしゃったお客様が、
「暖かいわね」と室内で、
暖房を入れているわけではないのですが、
たしかに暖か、
廊下に出るとひんやり、外はもっと寒いのでしょう。

今まで素足にサンダルだったのが、
靴下はいて靴で出勤にいつの間にかなりました。
しかし、サンダルで仕事、なんて、ずいぶん楽ちん (笑)

おかげさまと言うか、
どうも最近バタバタとしています。
得意のにゃんこも随分おやすみ、
街の風景写真も撮れず、
そっち系がお好きな方、ごめんなさい。

でも、こんな写真が先日、

75642387_3225909990816978_7221186200470552576_n.jpg

パパのボスター撮ったとき。
光が綺麗でした。
posted by セキシュウ at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

カムバック

さわうたの今年最低人数、年初来安値とでもいうか (笑) 6名は、
10月24日、木曜日のことでした。

ケガ等でレギュラーメンバーがお休みで、
「お客様が嫌になって離れた」というわけではない、とは思っていたのですが、
それでも少々の不安はあったのです。

今朝、やっと・・・
「久しぶりです!」
スタートした頃からの常連の女性の方が、いらっしゃいました。
そしてまたもう一人、
「良かったーー!」
久しぶりの18名、ほっと一息です。
カムバックは嬉しい限り。
ピアノを弾く指も踊りました。

夜は矢崎さんが久しぶりにいらっしゃいました。
ギターを持って来たのは、
今度の16日のライブの簡単な音合わせ、
終わったあとワインを、
あれこれ話している中で、ある情報を入手!
「新曲、作ったんです」

あ、ばらしてしまった (笑)

聴かせて頂きました。
客席に座って、じっくりと。

不思議な感覚です。
「こうして」
「ここで」
「矢崎さんの、生まれたての曲を聴いている・・・」

人と人が繋がっていくのは色々なケースがありますが、
音楽が繋げたケースほど、不思議なものはないと思います。
今朝のカムバックもそう、
これからも、それが続くよう身を尽くしたいと思いました。
posted by セキシュウ at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

愉快じゃなきゃ

ここに来て、いろいろと動いています。
シャンソンの中庭もそう、
正光寺のイベントの件もそう、
その他、細かいことがあれこれと、
その都度、きちんと考えを伝えながら、
今まで通り、ぶれずに対応しています。

いくつもの仕事をしています。
経営者であり、店員であり、
ウエイターであり、バーマスターであり、
ピアニストであり先生であり、
譜面などのサポート、技術者でもあり、
さらに歌手です。

その立場立場を、
いちいち使い分けていたら、大変なことになります。
使い分け、というのは主として態度、
経営者なら偉そうだったり、
ピアニストだったら物静かだったり、
歌手だったら目立ちたがり、
技術者だったら無愛想、とか (笑)

それをせず、ごくごく普通に、
どこでもどの場面でも同じなので、
一見、大変そうな状況でもなんとかなっています。

今夜、4つ下の、徹くんが来て、
先日もフェイスブックにコメントしていたのですが、
「令和で、一番、変化した先輩!」と言いました。

「えー? 全然、変わらないよー」

僕自身は、そう思っています。
確かに、あちこち出て行って、
歌ったりなんだりしている、
ネットの中で、一応は話題を振りまいている、
けれど、上に書いたように、
考えていることは常に同じで、
ただそれを、形や場所を変えてやっているだけなのです。

少し変わったと言えば、
ピアノや歌が、ちょっとはマシになったかな?(笑)

音楽の持つ限りない可能性を信じ、
区切りの発売1年に向かって、
一刻も無駄にすることなく、進みましょう。

今朝のさわうたで、
「よくぞ、ひとりで、ここまで頑張って」とお褒めの言葉、
すると別の方が、
「でも、マスターが一番楽しんでるわよね」とも。

そうなんです。
こう感じて頂くことが何より。
重っ苦しい雰囲気は性に合いません。
見ていて愉快じゃなきゃ!
僕のやっていることは、それが大事だと思っています。
posted by セキシュウ at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

横から

昨夜は、終わったと思ったら、常連、
このブログで、Aちゃんと言えば「ああ」とわかる方もいるでしょう、
彼が来たいというなら「いいよ」と、
いろいろな状況を察するからで、
昨夜は早々に切り上げて次の店に行きました。
「マスター疲れているんだろうな・・・」
気遣いのできるオトコ (笑)
ま、でなければ会社を経営できません。

今夜は、またまた開店即からお客様で、
忙しくはないけど途切れないという、
有り難いことです。

そんなわけでブログは今の時間 (笑)
昨日のシャンソンの中庭の写真、
歌手の、階見ルイジさんが撮ってくださったものを、
紹介しましょう。
横からのもので、案外、珍しいかも。

sn01.jpg

まずはオザヒロさん。
この方が、僕のところに来なかったら、
今回のことは、まず考えられなかったでしょうね。
千鶴さんを連れてきたのはオザヒロさんです。

その千鶴さん、

sn02.jpg

「初日の夜」を唄った後のシーン、
ご本人はドラマチックな悲劇のヒロインを、
しかし、タイトルは「初日」、
シャンソンの中庭の1回目、初日ですから、
僕にとっては、おあつらえ向きの選曲 (笑)

建部ケイさん、

sn03.jpg

座って唄うのは、
「波に寄せて」
見つめるのは、チラシを作ってくださった富永さん、
良い写真ですね。

ケイさんは、波に寄せてを唄う前にCDを紹介してくださり、
なんと、2枚、即売してしまうという、
恐ろしき売り娘 (コ)!

大河原栄子 (ヒデコ) さん、

sn04.jpg

アンニュイな雰囲気がなんとも。
体調が芳しくないご様子でしたが、
そこはプロ、しっかり演じてくださいました。

写真ご提供のルイジさん、

sn05.jpg

イタリア語でゴッドファーザー愛のテーマを、
ハスキーで素晴らしかったです。
昔で言う「とっぽい」感じ、
難しい方なのでしょうが、
僕は商売柄、そんな方々と多く接してきましたから、
ぜーんぜん (笑)

写真で、楽しかった様子が伝わると思います。
posted by セキシュウ at 23:58| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

初企画終え

晴天で何よりでした。
今日は、初企画「シャンソンの中庭」、
あらゆる場面もなんとかやってきたという自負はあるものの、
こればっかりはやってみないとわからない、
想定外のことが起きるのがライブなのですが、
まずは天気、
これが悪いと、うちの場合は出たら直ぐ外、
ザーザー降りの雨だとしたら、出入りからして一苦労です。

31名と、すし詰めのお客様は、
ライブの前半が終わったら、外の空気を吸いに、
冗談で言ってますが、今日は演者4名入れれば全員で35名、
酸欠になりそうな状態なのです。
外が雨ならそれも無理・・・
好天で、本当に何よりでした。

ときどきドタキャン、欠席も見られるのですが、
今日はご予約の方が全ていらしてくださり、嬉しかったです。
が、忙しかった!

ライブ終了後は、関係者が居残り、
反省会のような、おふざけ会のような (笑)
それも宴たけなわで締めて、
さて、明日の準備をと思っていたら、
電話が鳴って、
「マスター、これから大丈夫?」
聞き覚えのある常連さんで、
「いいですよ、少しなら」

結局、午前11時前に店に入り、
ノンストップで動き続けて、
午後11時過ぎても働いている・・・
そして、パソコンに向かう・・・

オーバーワーク寸前。
でも、今しかない。
ここで、負けてはいけない、自分に。

ライブのリポートは千鶴さんがしてくれるかな?
僕の方でも、追記したいと思います。
まずは「シャンソンの中庭」、好発進でしょう。
多くの方に応援いただきました。
感謝です。
posted by セキシュウ at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

正光寺で

音楽の紡ぐ縁。
まさにこの言葉に尽きると思います。
昨日、一昨日で、パパの作りばなし、キッズダンス披露に大きく進展がありました。

そのタイミングをいつにするのか、
ジェスタースタジオのイベント参加に、少しだけ乗っからせてもらうのか、
或いは、どこか会場を借りてするのか、
悩んでいたわけではありませんが (笑)
常に心の中にあったのです。

一昨日のこと、フェイスブックで友達申請が、
お相手はストリートピアノの関係で知り合った、
赤羽岩淵の、正光寺の住職からでした。
ミスターストリートピアノ、と僕は呼んでいる (笑)
武藤さんのピアノイベントが先月26日に、
場所が正光寺で、少しだけ顔を出してきたのです。

住職とメッセージのやりとり、
ふと「パパの作りばなしのイベントはどうですか?」と、
住職から「どんな内容なのですか?」
そこで一気に話が進む、
キッズダンスの振り付けが終わっていて、
その発表の場を探していたのですが、と。
「詳しく聞かせてください」

早速、肝心要のJOさんに確認する、
「お寺で、ダンス、できますか?」
子供たちが出られなければ意味がありません。

一方、正光寺は、年何回か、お寺で定期的にイベントを開催しています。
檀家さん、出演者のお客様、地域の方のためのもので、
小一時間のイベント後、檀家さんへの仏教儀礼があります。
年内は終わり、
来年1月26日(日)の午後1時からと決まっていました。
「その日にいかがですか?」

条件面を聞きました。
そして、昨日、会いにいく・・・
会場になる本堂の下見と、もうひとつ、目的があったからです。

01tera.JPG

立派な本堂。
住職はここに来て10年、
鎌倉時代からある由緒正しい浄土宗のお寺さんですが、
一度焼失により廃業、現住職が再建したとのことで、
たしかに僕がマラソンをやっている2008年頃には、
荒川土手を走った帰り、何度か通りましたが、荒れた状態でした。
2011年、復活したそうです。

本堂の中、

02tera.JPG

広いです。
「ここで」
「パパの作りばなしを・・・」
100名くらい入るそうです。

条件面は申し分ない、あとは子供たち次第、
「どうだろう」

作夜遅く、JOさんから返事が、
「やりましょう!」
良かった!!

詳細はまた後日改めますが、
日にちは2020年1月26日(日)午後1時から、
東京メトロ赤羽岩淵駅から徒歩1分、
正光寺です。
正光寺

住職と、

04tera.JPG

まだ若いです。
仏道一筋、汚れない大きな瞳が印象的でした。

楽しみが、もうひとつあります。
会いにいった目的、
それは、正光寺では保育園事業もしていたからです。

03tera.JPG

お寺のそば含め10箇所やっていました。
「ここで」
「パパの作りばなしを・・・」
CDを10枚持っていったのです。
いやらしい?(笑)

歌について、音楽についての僕の考えを、住職に話しました。
音楽がいかに人と人の繋がり、輪を作っていくか、
社会に出て、心の灯火になっているか、
また、パパの作りばなしの歌詞の中にある内容、
家庭、学校、イジメ、そして未来。

「わかりました」

どうなるでしょう。
保育園で園児たちが、先生たちが、親御さんが、
聴いて、歌ってくれると嬉しいです。
そうなりますように。
posted by セキシュウ at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

昨夜の出来事

昨夜は急に忙しくなりました。
予約は2組あったのですが、2名、3名と少人数、
そこに突然7名グルーブがいらして、
久しぶりにてんやわんや・・・でもないか (笑)

7名は常連さんなのですが、家族連れ、
学生の子供、両親、その母、両親の友人という構成です。
両親が常連なのですが少し間があり、今年になって来店していなかった、
僕のデビューを知りませんでした。
頃合いを見て伝え、歌う、
「マスター、下手だったら怒るよ」
「本人だから採点、100点でますか?」
そんな冗談が、イントロが流れ出す前に飛び交いました。

ところがです。
これは僕が幾多の場面で体験してきたことなのですが、
イントロのチカラ、
流れ出すと、さっと静かになり聴く姿勢になる、
ピアノの旋律に弦のリズム、不思議です。

やがて始まる歌、主人公はいつも決まってた。
「何が始まるの?」
一瞬、考えさせてくれる、少しの間 (ま)
この、絶妙とも言える間と、
打楽器がないのに軽快に刻むリズム、
「この歌、いったい??」

誉めすぎと笑うかも知れません。
でも、昨夜のような、酒場のゴチャゴチャした雰囲気の中で、
みんながカラオケ画面を食い入るように見、
歌に聴き入る姿を僕は何度も見るにつけ、
この歌の計り知れない可能性を思うのです。

終わって、パパは言いました。
「最後の3行に、来ました」
今はお前たちに・・・でしょうか。
子供達は笑っていました。
ママも笑ってました。
ママのママも笑ってました。

自分にとっての音楽の在り方を、ずっとずっと考えています。
いつもいつも休むことなく、どうするべきかを探しています。

店に唄いにくるお客様の前で、
「私デビューしました」
「私の歌を聴いてください」
これほど厚かましいことはないでしょう。
「なんで?」
「関係ないよ」
そう叱られてごもっともです。
ですが、それを考慮してでも唄ってみる・・・

失敗してもいい。
歌を信じて、今までの経験を信じて、突撃あるのみです。
posted by セキシュウ at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

ジョイントライブ3

11月になりました。
気持ちの良い青空、日中は暑いくらいでした。
Tシャツ1枚、夜もTシャツ1枚、店内は暖かいです。

今月はライブが豊富、
4日のシャンソンの中庭、23日のふるさと水織劇場、
それを挟んで、
小島さん、矢崎さんのジョイントライブがあります。
今年で3回目、
うーん、早いなぁ・・・(笑)

k-yライブ.jpg

11月16日(土)
18時開場 18時30分開演
2,000円1ドリンク付き


ゲストになんと水織ゆみさんが!
ギターでも弾くのでしょうか?
楽しみ。

どうぞよろしくお願いします。
posted by セキシュウ at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

検索

おだやかな月の終わりになりました。
首里城が燃えたり、
いろいろ日々起こるのは致し方ないところ、
ネットにアクセスしている限り、
ニュースは全国から、いや世界中から流れてくるのです。
テレビもラジオもネットも雑誌も新聞もなければ・・・
ナンセンスですね (笑)

今朝は、首里城のこともあり、
さわうた1曲目、僕の選曲の週なので「芭蕉布」でスタート、
後半は「涙そうそう」で、沖縄に思いを寄せました。
唄うことで気持ちを運ぶことくらいは出来ます。
それを伴奏するのが僕の役目、
音楽は、案外そういうところに位置するもので、
よく「アイツの好きだった歌で」と、
故人を偲んでカラオケを唄うお客様を目にします。
少し前、マキさんが偲ぶ会を、
そこでマキさんがギター弾き語りで唄われたのも、
故人が好きだった歌でしたね。

話は変わりますが、
このところネットで「パパの作りばなし」と検索すると、
昨日のパパヨドバシのように (笑)
おもしろい広告やサイトが出てくるようになりました。
考えられる理由としては、検索数が急激に増えたからでしょう。
「パパの作りばなし」「パパの作り話」とか、
誰かが検索し始めた、
誰なのか?

ひとつ、思い当たることがあります。
バスの車内アナウンス広告。
9月から、
「パパの作りばなしで歌手デビューの店」と、
これを聞いた方で、
「なにそれ?」と思った方が、車内で検索したのではないか?

見たわけではないのでわかりません。
が、あるある?(笑)

みなさんも、面白いですよ、
「パパの作りばなし」で検索、特にYahoo!。
やってみてはいかがですか?
どんどん、妙な広告、サイトが増えるかも (笑)
posted by セキシュウ at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする