2018年09月14日

旅館

今朝は曇り、
予報では雨も降るとのことでしたが、
結局降らずじまいでした。
ちょっと大袈裟に言っておくほうが無難なのでしょう。

金曜日ですから、ふりうたです。
急転直下のウスまり畑の話、
目を白黒させていたお客様も (笑)
やっと枠組みが見えてきたようで、
「いよいよデビューですね」
「アマネさん、おめでとうございます」はいいとして、
「ひょっとして」
「アマネさん、売れて忙しくなって」
「ここから」
「いなくなっちゃうんじゃないの?」
おいおい、
泣くんじゃないよ・・・

って泣いてない (笑)
まあ、まだ先の話、
目下、鋭意練習中です。
どうなるかは、神のみぞ知る・・・

ふりうたでも、時々そんな話が、
中には「聴かせてください」と仰る方、
「いいですよ」と、うろ覚えを弾き語りで、
お客様を練習台に (笑)
誰かに聴いてもらっている方が、緊張感を持ってできるので良い、
言ってもないのに、
「聴いてみます?」なんて尋ねたりして、
図々しいこと (笑)
でも、頑張って上手くならないと。
畑を耕すのは僕です。

今日、若松社長の契約書に押印しました。

01ke.jpg

箱根レコーズ。
事業所の住所も箱根、
実質の業務は青山の社長の事務所です。

では、この事業所の場所ってなんでしょう?
実は、旅館なんです。
社長が経営している、箱根の温泉旅館、
箱根上の湯。

箱根上の湯

奥様が女将さんだそうです。
それを聞いたウスイさん、
「いいですね!みんなで温泉行きましょう!」
ウスイさん、温泉好き? (笑)

そう言えば、来月中旬に帰省、
泊まりは常宿、プラザホテル寿、
こちらも温泉、湯田温泉です。
箱根も温泉、
どうやら、温泉には縁がありそうですね (笑)
posted by セキシュウ at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

ウスまり畑と箱根

本当に過ごしやすくなりました。
ついこの前の酷暑が嘘のよう、
昼間は涼しいところに避難、
その姿を見ることなかったニャンコたちも、
昨日のチャーみたいに (笑) 朝から元気いっぱい、
ハイテンションです。

こんな陽気ですから、
さぞかし朝のさわうたは忙しく、と思うところが、
さにあらず (笑)
まあ、普段通りってところ、
逆に、気候の変化に体調を崩された方も、
どうぞご自愛ください。

3週間前、一枚の紙から始まったウスまり畑は、
ん、なにそれ?
いや、ウスイワールド&まりマジック、長いのでウスまり畑に、
なんで畑?
いや、そこから芽が出て花が咲いて実になるから・・・
って、やり過ぎ?(笑)

とにかくその畑、
一気に3曲なのですから、
暇さえあればブツブツ、ブツブツ、
歌詞の暗記をしています。
趣味の深夜弾き、小曲作りは完全にお預け、
車移動で流すBGMも全てミュート、
♪ 防波堤の・・・
♪ あれは どこだったんだろう とアカペラで、
その他、ウスイさんから教えられた練習法、
発声の仕方、歌のイメージ作りなど、
歌の師匠、ウスイ師匠直伝は、
今後の僕の歌唱はもちろん、
店にいらっしゃる方にも適用でき、
ふりうたなどで活かすことも考えると、
本当に今回の出逢い、プロジェクトは、素晴らしかったと言えると思います。
有り難いことです。

若松社長との歴史的会談、と僕は思っている (笑) のあと、
青山の地下、駅そばのビアホールでウスイさんと一杯飲みました。
「いや〜、いいミーティングだった」とウスイさん、
僕はその時は、自分の歌の反省も含め (笑)
ピンとこなかったのですが、
時間が経つにつれ、
色々なことが客観的に思い出され、
よくぞ1時間、あれだけのことを引き出せたと驚きました。

世の中には、素晴らしい曲はたくさん、
もう数限りなくあります。
それは、日々、
さわうたふりうた、シャンソン、ライブ、営業・・・
果てしなくやっているので、よくわかる、
では、そんな中で、どうしてまた、
新しい曲を出していくのか?
それを稼業にするのはなぜか?

楽しいんでしょうね。
若松社長は、「音楽は娯楽」と仰いました。
「理論としての音楽もあるけれど」
「世の中で受け入れられるのは」
「娯楽の音楽」

CDは、エスプロレコーズから出す予定だったのですが、
若松社長は昨年新しく、もう一つレコード会社を作ったと、
「なんて言う名前ですか?」

「海外を回ってわかったことだけど」
社長が話し始めました。
「向こうは」
「地方の、小さな町の名前がレコード会社名になっていて」
「それがまた、いいもの出してるんだよ」

「へえ、そうなんですか」

「私は、日本でそれやりたくて」
「ハコネに・・・」

「え、ハコネ?」

「ええ」
「箱根レコーズ、というのを立ち上げて」

箱根レコーズ!
これは面白いと思いました。
横文字の造語のようなオシャレなレコード会社より、
「箱根レコーズ」
なんてインパクトのある・・・

実はウスイさんと歌手名を迷っていました。
ソフトなイメージであまね、アマネ、だけ、
しかし、DAMのデンモクで検索すると、
あまね、周圭斗、天音里望・・・と、
アマネで始まる歌手が8名もいました。
「AMANEはいませんね」

「本名はどうでしょう?」
「関周、硬いですかね〜?」

一応ペンディング状態にしてありました。
そこに「箱根レコーズ」の、ウスイさんも初めて聞く話です。
ウスイさんに、
「箱根レコーズ、いいじゃないですか!」
「箱根レコーズの関周」
「箱根、関周」
「ハコネのアマネ!」(笑)

そんな軽口を叩いたら、
横から社長が、
「いいね〜〜、韻を踏んでて」
ええ、おかげさまで、名付け親に感謝 (笑)

まさか親もそこまでは考えていなかったでしょう。
いやいや、冗談みたいな話ですが、
中身はしっかり、
時間さえあれば、ウスまり畑を耕しています。
posted by セキシュウ at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

狩り

普段は9時頃に家を出るのですが、
今日は、少し店で作業が、
8時50分、10分前に出ました。

すると、細い道に車が停車、
デイサービスのお迎えのようで、
すぐに出そうもない、
自転車ですり抜けられるか怪しかったので、
少し遠回り、
別のルートで行くことにしました。

こういう時が面白いんです。
過去に経験あり、
何かが起こる・・・
ていうか、探してる (笑)

「ほらっ!」
小さな小さな公園で茶色の・・・
チャーくん発見。
「こんなところで」
「なにしてんの?」

01cha.jpg

何かを狙っているみたい。

ここからは動画をどうぞ。



わかりましたか?
狩りです。
捕まえたのはトンボ。

振り返ったときの顔。

02cha.jpg

「どうだ!」
得意げですかね (笑)
狩猟動物、本領発揮でしょうか。
posted by セキシュウ at 21:04| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

アカペラで

今日はいきなり秋です。
いらっしゃるお客様のほとんどは一枚上を、
その色も秋っぽく、
茶やオレンジががっていたように思います。
今年も秋は短いのでしょうか?

日曜日の歌倶楽部さんは、
休む間もなく、11時から18時くらいまで仕事、
弾いた曲はリハ入れて50は超えていましたが、
特に疲れはありませんでした。
これは、慣れの他の何物でもない、
慣れたのは、プチ・シャンソン、
午前中のさわうた20曲以上のあと、
午後から、ひとり3曲の参加人数分、40曲前後は必ず弾く、
それを月一回、ずっと続けてきたからです。
今日がその日でした。

話は変わりますが、
ちょうど3週間前、
僕のところに送られてきた一枚の紙、
紙と言っても音符の書かれたもの (笑)
そこから始まったウスイワールドは、
先日写真付きで紹介した、若松社長とのミーティングという、
僕にとっては、あり得ない経験を、
まさか多くの歌手を世に送り出した方と、
レコーディングの相談、
しかもです、
社長の前で、アカペラで歌を披露するとは・・・

そう。
当初ウスイさんとは、
若松社長にお会いして、
まずお互いどういう人間なのか、
そして、もし、
ウスイワールドを世に出すとしたら、
どんな条件なのかを確かめようと、
とりあえず顔合わせのアポイントだったのです。

ところが空気感、というのでしょうか、
社長の事務所の居心地、社長の温和なご様子、
そしてウスイさんの丁重さマメさ (笑)
ちょっとした雑談から本題へ、
ふと、
「そうだ、社長に聴いてもらおう」と、
もしかしてと用意しておいた、
(ここが肝心・笑)
譜面と、まりさん直筆の歌詞の紙を出し、
出だしの「レ」の音程だけiPadの鍵盤で採り、
ワンコーラス、アカペラで唄ったのです。
社長には歌詞カードをお渡ししました。

これがそう。

帰りたい場所歌詞.jpg

え?
「波に寄せて」じゃない・・・
「帰りたい場所」

この曲は、ウスイさんがみんなのまり祭で、ステージで唄った曲です。
リハのとき、ウスイさんに、
「良い曲ですね、♪ 父と母を〜〜」なんて、真似しながら褒めた曲、
ウスイさんもそれを覚えていて、
「あのとき、アマネさん」
「歌詞がわかりやすいと仰いましたよ」とは、
最近のウスイさんのやりとりからです。

ウスイワールドは3曲、
後日書きますが、この二つと「パパの作りばなし」
全てまりさん作曲なので、ウスイワールド&まりマジック、
と僕は思っている (笑)
お二人の絶妙なバランス感、
ウスイさんのストレートな歌詞に、
まりさんの玄人好みのメロディーが、
柔らかさと大胆さを醸し出している、
と僕は思っている・・・
を、僕が唄うなんて、
「出来るのかい?」
「出来たとしても・・・」
「世の中に出して」
「評価されるんかい?」

そんな疑問が、
初めてお会いした若松社長、
名プロデューサーの前で、
まだ練習したての、稚拙な歌を、
それこそが「帰りたい場所」だったのです。

じっと歌詞の紙を見つめて聴いていらっしゃいました。
若干、不安な僕、
なんと言っても、前述のように、まりさんの音の運びはこだわりが、
サビの前にたいてい半音がこれぞとばかり (笑) 使われる、
それを、まだ、うろ覚えの僕が見事間違う!
でも気にせず、強引にサビへ持って行きました。
隣のウスイさん、
多分冷や汗かいてたはず (笑)

終わって少しの間。
居ても立っても居られないのか、
ウスイさんがフォロー、
「緊張してましたけど・・・(汗)」
「どうですか?」

社長が、ふっと顔を上げて、
何でしょう、あのときの社長の顔、
そう、
何かを思い出したような顔・・・
そして、
「いいね〜」
「これ」

この一言が大きかったのは言うまでもありません。
その後社長から色々アドバイス、
譜面をメモ用紙に、書き留めました。

やっぱり、と思います。
歌は上手い下手じゃない。
もちろん下手過ぎるのは困るけど (笑)

心に届くか届かないか。
「帰りたい場所」
きっと社長にもあったのかも知れません。
posted by セキシュウ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

ごきげん

夜になって雨が激しくなりました。
予報通り。
午前中はバスケ、降らずにラッキー、
久しぶりに汗を流して気持ちよかった〜!

なので機嫌良く (笑) 行ってみます、にゃん。

「クロはごきげんかな」

01do.jpg

どうですかね?
微妙 (笑)

このコは、

02do.jpg


ごきげん (笑)

公園では、

03do.jpg

ありゃ。
水飲めん (笑)

屋根の上のコが、

04do.jpg

下に降りて、
こんな顔ですけど、
たぶん、ごきげん (笑)

またクロ、

05do.jpg

め、大きいなぁ・・・

またチャー、

06do.jpg

「こっち向いて」

07do.jpg

お、イケメン (笑)

このコは、

08do.jpg

気の強い娘ですが、
こうして見ると、潤んだ瞳がなんとも・・・

締めは、

09do.jpg

やっぱり (笑)
芸がなくてすみません。
posted by セキシュウ at 22:45| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

歌倶楽部ぬか

今日は、弾き弾き (笑)
昨日書いたように、紫乃路えり、えりちゃんのミニライブから、
歌倶楽部さんの生演奏、ピアノで歌う会、
駒込の先生も飛び入りで、大賑わいでした。

まずはえりちゃんのミニライブ、

02nu.jpg

写真は、
僕の作った「あしすば」こと「明日が素晴らしくても」を、
今日、初披露してくださったオザヒロさんが、
「あしすば」も良かったけど、写真も良かった (笑)
えりちゃんのアップ、

03nu.jpg

さすがお母様が元宝塚、ステキ。
ポーズも、

04nu.jpg

決まってます。
オザヒロさん、グッジョブ (笑)

えりちゃんは、シャンソンコンクールで優勝したのですが、
その時のことをステージ中に話しました。
このコンクール、
随分前、何度か応募したことがあり、
全て、第一次審査、テープ審査ではじかれていたそうなのです。
ところが、
しばらく空けて、久しぶりに応募、あれよあれよと優勝したとか、
ただそれには、彼女自身、背負っていたものがあった、
親しい方お二人が病に伏し、
「その方たちのために」
「絶対がんばろう・・・」

まるでドラマのようですが、
そのこと、僕にはよくわかります。
難病の友人のために作った歌こそがそう、
自分のためというよりも、
「人のため」と行動するとき、初めて、信じられないようなことが起こるもの、
奇跡・・・でしょうか。

シャンソン業界ではまだまだ若手ですが、
ぜひ活躍して欲しいです。
オザヒロさんも、先日歌手デビュー、こちらも楽しみ!

ミニライブのあとは、
いつもの歌倶楽部さんの会、
こちらも、新しい方が参加してくださり、
主宰の男性もニコニコでした。

05nu.jpg

地道に続けてきた甲斐がありました。
一時は、やめようとも考えてましたからね。
真面目にやっていれば、いつかは花開く、
人間辛抱・・・

と、くさい話はやめて (笑)

リハ前、えりちゃんが、ある物を出してきました。
「マスター、これ」
「ぬか漬けですけど」
「えっ?」

見たら、キュウリのぬか漬け、
差し入れはそれなりに頂きますが、
まさか、若いえりちゃんから「ぬか漬け」もらうとは!
記念に、

01nu.jpg

証拠写真 (笑)

実はこれ、えりちゃん一家に代々伝わる、
秘伝の味とか・・・
これからは、これを手土産に!
業界、どっぷり漬かってくださいね。
歌も人柄も素晴らしい歌手になると思いました。

ミニライブのみご参加の方、
どうもありがとうございます。
途中入店があり、バタバタ落ち着かなく、申し訳ないです。
大勢の参加、嬉しい限りでした。
posted by セキシュウ at 20:01| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

個展

昨日、泣き言のように、
「10月の日曜日は休みがない」と書きましたが、
これはちょっとオーバーだった (笑)
遠出が2週続くのです。
1つは、母妹の個展で山口へ、
そのポスター今日届きました。

kocchan.jpg

もう4回目の個展、
今回は、日曜日の昼前に会場に、
最後まで手伝い、
翌日の午前中、前回同様、片付けを手伝って帰る予定です。
展示物を壁から外すのは、
妹の絵が大きいので、結構な肉体労働です。
男手があったほうが良い、
貧弱ですけど (笑)

ポスターの絵は、相変わらず賑やかで、
独特の色使い、僕には到底真似出来ません。
花など、全てスケッチして描いているようで、
その為、庭中、花だらけ、
わびさびのある石の庭に、
カラフルな花が、間から顔を覗かせている、
母のブログで読みましたが、
まさにそれなら和洋折衷 (笑) 実際に見てみたい・・・

その翌週は、
都留市の合唱祭、
こちらは久しぶり、坂本恒太先生とご一緒です。
講評はするんだっけ?
いや、しないで、ただ応援に行くだけだったような、
どっちでも楽しみです。
恒太先生や天野先生、澤田先生、白井先生、板倉さん、
その他多くの出演者は、
僕にとっては、都留市にいる家族のようなもの、
あ、恒太先生は違うけど (笑)
また色々話したいです。

今日はふりうた、夜は営業、
明日はヘビーです。
歌倶楽部さんの貸切、
前半に、紫乃路えり、えりちゃんのミニライブ、
リハ入れて20曲くらい弾くか、
後半は、みなさんの歌会、
40曲くらい弾くか、
合計は・・・(笑)
オザヒロさんが、いよいよ僕が作ったオリジナルを披露、
どんな感じになるか?
すごく楽しみです。

オザヒロさんは、うちの他に、
神楽坂のシャンソニエで唄っていらっしゃり、
まだ駆け出しですが将来を目指す方、
ぜひ、ゆくゆくはソロライブを、
そこでオリジナルを披露して頂きたいです。
posted by セキシュウ at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

全力投球

9月もはや1週間、
どんどん時間が過ぎていきます。
日々の営業にウスイワールドが加わり、
さらに先を考えると、
「一体どうなるか?」
10月は日曜日の休みがないんです。
まあ、がんばるしかない (笑)

振り返ればずいぶん無茶をやってきました。
さわうたマラソン、朝から夜中まで唄うイベント、
「なんで、そんなのやるの?」
八ヶ岳へ日帰りバスツアー、
「なんで、そんなのやるの?」
フルマラソンを走りながら河原で草原を唄う、
「なんで、そんなのやるの?」 (笑)
ボランティアを挙げたらきりがない、
オリジナルDVDも作ったし、
「小高い丘」のレコーディング、
「ハハのコトバ」のPV制作、
とても一軒の小さな個人店がやることではないと思います。
それで何が残ったか?

商売というくくりでは、僕はセンスがないのでしょう。
だから、カラオケボックスを何軒もダメにしたし、
AMANEもアップアップ、
ぎりぎりの経営で、なんとかかんとか、
貧乏暮らしをしながらやっているのです。
時給にしたら、笑っちゃうほど安い (笑)

でも、です。
そうして続けてきたからこその、何かは必ずあります。
いや、あると思っている、
一方的かもしれませんが・・・

対人間の仕事です。
「今、この時のために」
人間同士、感動を分かち合う、
こんな素晴らしい瞬間はない、
と、僕は思っています。
何ものにも変えられない、とも。

まあ、中にはそんなもの、それより・・・という人もいらっしゃる、
見えないものより見えるものを追う人も、
それはそれ。

日々全力投球。
それだけでしょうね。
posted by セキシュウ at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

歌って健康

北海道は大変なことになっています。
まさかの事態、
台風にしても何にしても、
「どうして?」と天を見上げてしまう、
生きることは容易いことではない、
ただただささやかな暮らしを続けたい、
そう願うばかりです。

今週のさわうたはリクエスト、
待ってましたとばかり、
難題を持ちかけられる (笑)
仰った曲名に「え?」と聞き返すのは、
僕が知らない証拠、
いやいや、本当に歌ってたくさんある、
それも、ぼくは知らずとも、お客様は知っていて、
まずはと流した動画で、すでに一緒に口ずさんでいるのです。
「もう、これが本番でいいかな?」
コラコラ (笑)
原曲はキーが合わなかったりするので、
移調して伴奏します。

午後からは、ミーティングに出かけました。
先日来、話題に出しているウスイワールド、
ひょんなことから、ウスイさんの曲を、わたくしめが (笑) 唄うことになり、
なぜかその拙い歌唱をウスイさんに気に入られ、
どうせならウスイワールド、
作詞、伸我、作曲、米田まり、
の作品たちを、商品化しようと話が進んだのです。

ウスイさんと一緒に行ったのは青山にある会社、
そこの社長と、

02wa.jpg

穏やかそうな方ですね。
この方、業界では著名、松田聖子さんを育てた、若松宗雄さん、
ウスイさんが「多摩川」という歌を、
徳間ジャパンからリリースした頃からのお付き合いだそうです。
さすがウスイさん、業界人!

それと、僕がウスイさんと懇意にしているのは、
音楽に対する情熱はもとより、
きちんとしていること、
つまり、経験豊富で多分苦労もしている (笑)
例を挙げれば、
店で待ち合わせしたときも、
店主の僕より早く来る、
すでに店のそばで待っているのです。
店での打ち合わせは2回あったのですが、両方とも、
そして今日も、
午後3時、青山の待ち合わせ場所に、僕は5分前に、
やっぱりウスイさんは先に着いて待ってました。
「 何分前に行けば、ウスイさんより早いか・・・」
30分前?
今度試してみる?
いや僕には無理か (笑)

若松社長と3人で、あれこれ話しました。
社長は、CBSソニーの時代に、
中国地方5県を担当していたこともあったそうで、
僕が山口出身と聞いて、
「山口のどこですか?」と、
「山口市です」と答えたら、
「山口にはレコード屋、一店ありましたね」
僕の記憶装置が働く (笑)
「三好屋ですよね?」
「そうそう、三好屋!」と懐かしそうに社長、
よかった、覚えてて・・・
もう忘れる年頃 (笑)
固有名詞、人の名前など、出てこないことがありますよね。

打ち合わせの内容は、また時を見て書きます。
楽しくなりそうです。

帰り際、
書類を入れたクリアファイルを手にしているのを見た社長が、
「これ、どうぞ」と、
会社のロゴ、住所等入った薄いピンクの封筒をくださいました。
「ご丁寧にありがとうございます!」
社長のレコード会社、
その上に、

01wa.jpg

「歌は楽しく、歌って健康!」

そうなんです。
これって、
僕が今まで、ささやかながらも続けてきたこと。

「運命って不思議だなぁ」
細く細く、糸が繋がった、
そんな気がしました。
posted by セキシュウ at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

自転車で

今日はまた暑さが戻って、しかも時折突風が、
夕方、隣の赤羽まで自転車で行ったら、
スーパーの前に置いてある自転車が、
綺麗に全部、並んで倒れてました。
上を見たら高いビル、
「どうりで・・・」

途中、子どもたちとお母さんの軍団、
建物の前でガヤガヤ、
何かなと思ったらダンススタジオ、
「こんなところにあるんだ」
ちょっと先にも親子、
煌々とした入り口は学習塾、
先生か事務のスタッフか、
「こんにちは〜」
お母さんが「よろしくお願いします!」
子どもを大事そうに送っていました。

「勉強か・・・」
小学生、塾は無縁でした。
勉強したという記憶はあまりありません。
中学、高校も、
「何やってたんだっけ」(笑)
学校は勉強するところですよね。
だからこんなになってしまった・・・

人生の後半です。
惜しくももうこの世にいない仲間もいる、
いずれそうなるときが自分にも来る、
日々同じような繰り返し、
時々はハプニング、サプライズ、
そうして時は流れていく、
夕暮れに自転車に乗って、ゆっくり漕ぎながら、
ゆらゆら思いを巡らせました。

赤羽から十条に帰るのは、
地形上、十条の方が高い位置に、
どこかで坂を上らなければなりません。
緩やかだったり急だったり、
急なところは、僕のおんぼろ自転車で上がるのは無理 (笑)
降りて押して上ります。
清水坂公園の横を通るコースを選択したのですが、
急な坂道を上がったところで知り合いに、
「こんにちは!」と挨拶しながら、
ふと、その方の目線の先を見たら、
一匹のネコが座っていました。

その方は、AMANE開店から来ているお客様です。
いつもは夜、店でしか見ない、
今日はサンダル履きの普段着姿、
「ああ、ずいぶん年を取られたなぁ・・・」
失礼な (笑)
きっと向こうもそう思ったでしょうね。
普段着姿でネコ、
なんとなく関係を察しました。

帰って、部屋に入ってTシャツを脱ごうとしたら、
身体にくっついて脱ぎづらい、
少し汗をかいたようです。
今週いっぱい、暑いようですね。
posted by セキシュウ at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする