2018年07月07日

タイミング

まさかという光景が飛び込んでくるのは、水害、
平和なはずの週末、
しかも一年に一度の七夕がとんでもないことになっています。
気になっていた母妹のいる山口市は、
フェイスブックの友人の投稿などで、
大事には至ってないだろうと思うも、念のためファックスで確認、
そのくらいするのは不肖の息子ゆえ (笑)
親の期待を裏切る生き方をしてきたのですから当然です。

被害に遭われた方々は、本当に大変な夏に、
お気の毒としか言いようがありません。
お見舞い申し上げます。
今のところ安泰に見える都内も、何が起こるかわからない、
一日一日、悔いなく・・・
それしかありませんね。

さて、気分転換。
にゃんこ行ってみます。
悔いなく (笑)

小さな花。

01en.jpg

「どれどれ」

02en.jpg

花と猫、

03en.jpg

ま、ありがち (笑)

これは、

04en.jpg

ま、これも (笑)
ピントが難しい。

05en.jpg

クロちゃん、
「会ったことあるね」

一方、目がやたら大きな、

06en.jpg

クロも元気、
夜の十条、まさに目を光らせている、
ならば、

07en.jpg

ヅラも (笑)

フラフラ歩いていたら、

08en.jpg

「もしもし」

10en.jpg

やっぱり (笑)

11en.jpg

「おばんです」

前回、ドッキングしていたチャーくんたち、

12en.jpg

家族愛!
暗いところ、タイミングよく撮れました。

おまけ。

13en.jpg

ヅラちゃん、
「タイミングよく覗いたね」(笑)
posted by セキシュウ at 19:33| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

高校生の二人

ひょんなところで会う、なんて、
人生長くなれば時々あることですが、
今週日曜日、所用で店に来て、表のドアを開けて荷物を持ち出そうとしていたら、
見たことのある男性がスッと通り過ぎる、
チラッとこっちを見たような・・・
「んっ?」
荷物を置いて表に出て行ったら、
「よお」
青いポロシャツ姿で待っていたのは美声氏でした。
「なんでまた?」
「こっちでなんか用事あったの?」

ゴルフ帰り、時間調整に、小腹空いたから王将とか、
彼、十条の王将にときどき行くんです。
それはいいけど、
小腹で王将?
ま、ゴルフは体力使いますからねっ (笑)

話は変わりますが、
このブログもいよいよ12年を超えました。
何度か書いていますが、
難病の友人が読むだろうと始めたのが2006年、
7月初めだとよく覚えているのは、
スタートして2日目の記事が、美声の友人の誕生日の記事だったからです。
今日が彼の誕生日。

で、写真。
高校生のときの二人。

高校生1.jpg

この写真、かつて高校の仲間で作っていた掲示板に、
クラスメイトが投稿してくれたもの、
「こんなのあったんだ〜」と驚きました。
奥が僕、
これを見た赤ペン先生が、
「ぎゃー、そぼくな、いなかの〜少年〜」と大受けしていたのが (笑) 昨日のことのようです。
手前は美声氏、
「そうそう」
「こんな顔だった」と思い出した方もいるでしょうね。
posted by セキシュウ at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

突風

さわ通に載せる4コマ漫画は、
わざわざ、というのも変ですが (笑)
発行する前々日に描きます。
ですから、その時に感じたこと思ったこと、
暑ければ゛「暑い」
しかし、配布する日には、案外逆、
寒かったりして「ありゃりゃ」 (笑)

今回も天候ネタで、
どうかと思いましたが、今日も強かった・・・
「風」です。

4コマ目、さわ通本紙ではコマが小さく、
何の絵がわかりづらかったかも知れません。
画力に乏しいせいもある (笑)
これで、わかるかなぁ・・・
どうぞ。

さわごえ君第95話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

イベント2つ

今日も蒸し暑く風の強い一日です。
今週のさわうたは一休み、
昨日15名、今日16名、
みんなのまり祭の宣伝をしたり冗談を飛ばしたり、
ただし歌はしっかりと (笑) 楽しくやっています。
明日は第1木曜日なので多いでしょうね。

みんなのまり祭のチケットは、
ふりうたのお客様も何名かお申し込み頂き、
今のところ13枚売れました。
夜ですし場所も内幸町と遠いですし、
金額も5,400円 (大量買いの僕は1割引)
それでもよく買ってくださったと感謝です。

こういうコンサートでよくある「出演者チケットノルマ」ではないのですが、
昨日も書いた通り、まりさんに協力したい気持ちは強くあります。
もちろん、うちのお客様が僕の気持ちに付き合う必要はなく、
本当に興味があればいらっしゃればいい、
「無理はしないでください」とも言ってますから、
なおさらよく売れたと思うのです。
あと1、2枚売れることに期待!
僕の手元には17枚、
まりさんから預かっているので、
全部なくなれば満点です。

一方、店の企画の北とぴあのイベントですが、
こちらは何とか三桁、
今現在110枚売れています。
さわうたのお客様中心に売っているので、
まあ、こんなものでしょう。
席は160から170作れるのですが、
固定椅子ではないので、120枚くらいしか売れなければ、
席をそれだけ用意すれば良い話、
少しゆとりを持って配置して、
「満席でーす!」と、盛ってしまえばよい (笑)
でもできる限り多く・・・は当然ですね。
あれだけの出演者、
ギャラ、会場使用料、PA、照明代と経費は多くかかっています。
ただ、これは記念イベント、
お客様への感謝イベントなので、収支度外視、
なにしろ、今までみなさんが応援してくださった「草原」なのですから。

20180730C.jpg

改めて、北とぴあイベントもよろしくお願いします。
そうそう、父もチケットを買いました。
いや、売りつけた・・・のかも (笑)
posted by セキシュウ at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

みんなのまり祭

本当に自分は物好きなんだと感じることがあります。
昨日、まりさんのリハの待ち時間、
仕事柄もあるのでしょうが、
ウスイトオルさんと初めて会って話をしながら、
「この方のライブを企画できないかな?」と考える、
そして直ぐ提案してみる、
この安直さ (笑)

このところ店主催のライブはセーブしています。
今月末の草原イベントもありますし、
改めて後で紹介しますが「みんなのまり祭」もある、
昨年までのように、あれこれと歌手をお呼びしてはいません。
ライブを開催すると、どうしても昼のお客様のご負担に、
もうそろそろ、それもどうか、年齢的にも・・・と (笑)

そんな気持ちとは裏腹に、
昨日のウスイさんのリハでの歌唱を聴いて、
「この方を呼んだら」
「みなさん喜ぶかも知れない・・・」
完全に矛盾してますけど (笑)
まあ、何が正解というのがないのが商売の面白いところ、
ポンと思いついたことが、後で大きく広がったり、
逆に、満を持して行ったことが短命だったりと、
その繰り返しで続いていくのです。

ご存知のように僕は、
何かの乗り物に乗って、その中で暮らしてきたわけではありません。
30で店を始めてからは、
多方面に迷惑をかけていますが (笑)
自分で乗り物を作り、自分で押して、
道に迷いながらやってきた、
その道中、いろんな人に出逢い、
行き先を教えてもらったり、燃料を入れてもらったり、
はたまた一緒に乗ってもらったり、
そうやって今があるのです。

漕ぎ続けなければいけない。
自営業の方の多くはそう思っていると思います。
そのためには、常に何かを考え続けなければならない、
ただ店を開け、同じスタイルで、お客様を待つだけでは、
間違いなく、早い段階で終わりがきます。

「みんなのまり祭」の出演は、実は昨年に決まっていました。
「まり祭」という、
まりさんの曲ばかりを歌うコンサートを、毎年まりさんの誕生月の7月に、
数名のお仲間の歌手と開催していたのですが、
今年から、もっと広げて、もうひとつ「みんなのまり祭」を設け、
多数の演者によるコンサートを、一人1曲か2曲で13組、
その中に、度々書いているウスイトオルさんや、
シャンパーニュのチーフ齋藤裕さん、
まりさんと懇意の畠山文男さん、トニー円谷さん、竹山京季さん、はまのゆうこさん、
まり祭にもお出になる、まりさんの盟友千羽愛子さん、
そして今回はアマチュアでオーディションで選ばれた4名、
それに僕です。
雑誌に掲載された内容は、

03ma.jpg

まりさん手書きのオーディション募集要項、

02ma.jpg

そしてこちらがフライヤー。

01ma.jpg

7月25日の水曜日、平日の夜で、
場所は内幸町ホール、店は臨時休業です。
さわうたが終わってから、直ぐ当日リハに行く感じでしょうか。
昨日のリハといい、
決して時間に余裕があるわけではないのに、
こうしたイベントに参加するのは、
まず何より、まりさんとの出逢いに感謝している、
長くなるので書きませんが (笑)
彼女の存在が、プチ・シャンソンや、AMANEライブの原動力になった、
今でも、まりさんの生徒さんはふりうたにいらしています。
それから、新しい繋がり。
店の中だけに居たのでは、なかなかチャンスがありません。
たまに外に出ていって・・・
これは、聞き飽きたでしょうが、
戸山公園のハイブスさんが良い例ですね。

みんなのまり祭、
手元にまだまりさんから預かっているチケットがあります。
興味がありましたら、お申し付けください。
僕が唄うのは1曲、「少年の恋」だというのは、
長くブログをお読みの方ならお察しでしょうね。
posted by セキシュウ at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

短冊

昨日は1日オフでしたが、朝からパソコンに、
もうやってきた4コマ描きです。
内容はやっぱりこの暑さ・・・
今年はこれっきゃない?
いやいや、あれこれありますが、まあ平凡に無難に (笑)

あれこれと言えば今夜、というか明日未明のサッカー、
みなさんは観るのでしょうか?
僕は寝るのがその時間なので、
たぶんごめんなさい (笑)
夢の中で応援するとして、
早起き派の方は、目覚ましをいつもより早くセットして、
眠い目をこすりながら、でしょうね。
たぶんやてふさんもその口 (笑)

今日は、昨日必死に仕上げた「さわ通」、
その心は午前中のバスケはもちろん、
午後から、米田まりさんの「みんなのまり祭」リハが、
顔馴染みの上里さんたちと一緒だったのですが、
このことは別にゆっくり書くとして、
そこでも、上里さんやサックスの川村さん、
歌手のウスイさんらと、
「今夜観るんですか?」と話題になり、
なにしろ午前3時、みなさん微妙そうなお顔でしたが
今日の夜の仕事がない方は、
やっぱり一度寝て、早起きでしょうね。
みんないい歳だし (笑)

歌手のウスイさん、ウスイトオルさんとは、
歳が近く初対面でも会話が弾み、
待ち時間にあれこれと、
ご自身も作詞作曲、特にまりさんに詞を提供しているようで、
僕は初めて聴いたのですが、メランコリックで、技巧的で、
なかなか面白かったです。
「良ければ、唄ってくださいよ」などと、
ウスイさんはNHKのど自慢で優勝した方、
僕なんか足元にも及びませんが、
これも何かの縁、ぜひ挑戦してみたいと思いました。
また、ご本人、まりさんを呼んでのライブもありですね。
もう少し先の話・・・
「みんなのまり祭」が終わってからですが。

午前中の赤塚公園では、
この時期恒例の、

00tana.jpg

♩笹の葉さらさら

新しくなった管理棟の脇で、風に吹かれていました。
願い事は、

01tana.jpg

やっぱりこれですね。

昨日夕方は赤羽、
そこでは、

02tana.jpg

ハムスター!
微笑ましいです。
posted by セキシュウ at 20:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

5つ下

昨夜の5つ下の後輩たちは2回目の来店、
けれど、そう感じなかったのは、フェイスブック繋がりもありますが、
それより何より5月の同窓会での彼らの活躍を見ていたからで、
うちに来た連中が実質上、会を仕切っていたのです。
これは、その前の徹くんのときもそう、
もっともっと前の秀樹くんのときもそうです。

感心したのは、すでに大役を終えた彼らに混じって、
来年の幹事たちが参加して、
先輩たちからいろいろレクチャーを受けていたからで、
「これは僕たちにはなかった」
「すばらしい引き継ぎだ・・・」
頼もしい限りです。

もう一つ。
昨夜も話題になっていたのは徹くんのこと、
とても後輩思いで、
「ユクモトさんにはあれこれお世話になって」と、
僕も当日驚いたのが、
幹事よろしく会場入りしていた徹くんで、
普通は自分たちの期が終わればお役御免、
次の期のお手並み拝見と余裕で開場時間に行く、
それどころか関心なしが多いのに、
「なんとも責任感の強い」
関わったからには最後まで面倒を見る、というところでしょう。
ここは姉のGO本さんの遺伝子でしょうね (笑)
次の期にもそのスピリットが伝わったようです。

集合写真、

01ho.jpg

昨夜はサプライズがありました。
前回も来た、ちょっと薄い後輩が (笑)

02ho.jpg

「どうですか〜!」
と披露したのはホルン、AMANE初登場です。
柔らかい音色でした。
しかし存在感が濃い〜!

楽しかったです。
ピアノを弾いた後輩もいて、次回はもっと練習してきますとか、
ただの酒場ではない、
AMANEならではの空間が、彼らとの交流を助けてくれました。
posted by セキシュウ at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

スイカと夏越おにぎり

西の方は記録的豪雨とか、
ところが東京は記録的早さの梅雨明け、
まったく、どうしちゃったの?ですが、
まあこれも自然のことゆえ、
なんとか無事に過ごしたいものです。

今日は午後からふりうた、
その後貸切だったので、
ふりうたの始まる前に、
パーティー用の仕入れ、仕込みを、
メニューは、恒例おにぎりに、
焼き鳥、ソーセージ盛り合わせ、チーズクラッカー、炙りイカ、
枝豆、おしんこ、フルーツ、
おにぎりは出前、焼き鳥は仲宿まで買いに行きます。
その他スーパーへ買い物、
これが小一時間だったのですが、暑いのなんの、
自転車で大汗は久しぶりでした。
「これは」
「一度シャワーを浴びなければ・・・」
まるでバスケした後みたい (笑)
でも、さっぱりして気持ちよく、ふりうた、そして貸切パーティーと仕事できました。

昨日書いたように、5つ下の後輩たち、
さらに来年の幹事の6つ下まで、
これがまたまた楽しかったのですが、詳細は明日にします。

メニューのフルーツは、

01sui.jpg

スイカを買ってきて、
一口サイズにカットして用意しました。
夏らしい?

これより上手は、蒲田屋さんです。
今日のメニュー、

02sui.jpg

向かって右、
「6月30日の限定季節メニューは」
「夏越の祓えですから」と店主、
ごはんは雑穀米、野菜のかき揚げを挟んでいます。
夏越ごはんならぬ、夏越おにぎり、
いやいや、さすがとしか言えません。
おにぎり党の (笑) Momokoさんの、
「わー、食べたーい!」という悲鳴が聞こえそうです (笑)
みなさんで美味しくいただきました。
posted by セキシュウ at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

時代の進化

びっくりというか、やっぱりというか、
関東地方は梅雨明けだそうです。
さわうたでは、「このまま明けたりしませんよね〜?」などと、
ずっと晴れマークの週間天気予報を見て、
「だけどまだ6月ですし・・・」
これから9月までこの調子だとしたら、
「電気代が大変!」
そんなことしか思い浮かばない平和な僕 (笑)

昨夜は11時前にお客様が枯れて、そのまま閉店でした。
片付けものや何や、
仕事しながらネットでサッカーの速報を、
負けはしたけど決勝進出、良かったです。
ラストのシーンが話題になっていて、
いろんな意見が飛び交い盛り上がり、面白く読んでいます。
忙しいわりに、やることはやってる (笑)
好きな時に好きな事がやれるのが自営業、
雇われていたらそうは行かず、
仕事の時、オフの時を一応は分けなければならない、
仕事中、スマホ禁止の会社もあると思います。

僕が今回のサッカーのラストシーン、
日本が取った戦術について思ったのは、
何と言っても「時代は進んだ」ということです。
試合中に他会場の様子をリアルタイムに知るなんて、
携帯電話のなかった昔では、たぶん考えられない、
今でこそ普通にスマホで情報をやり取りしたり、
いろんなサイト、僕が見ていたのはヤフーのテキスト速報ですが、
それが刻一刻と変わる戦況を知らせてくれ、
どこにいても楽しめる、もちろんテレビも生中継している、
でも、スポーツはそんなのがなかった時代から存在していて、
ただ目の前の相手を倒す事が目的だったのが、
もっと違った形、
巨大ビジネスにもなりましたし、
今回のように、ルールを利用しながら、目の前の敵でなく、
離れた場所にいる競争相手を意識しての戦いになったのは、
時代の進化のほかの何ものでもないと思うのです。
携帯電話禁止だったら、どうだったのか?
電波の届かない場所だったらどうだったのか?
そんなこと考えるのはナンセンスですけどね (笑)

そういう意味では音楽もしかりで、
昨日のカラオケのデンモクなどは典型的な時代の進化、
レーザーディスク、通信カラオケの歌本を見ての曲探し、
番号入力によるリモコン期間を経て、
それを1つにまとめたデンモクが登場、
それがAMANEをオープンする1年前の2002年、
まだ当時は赤外線で、一定方向を向けなくては入らなかったのですが、
今は電波、「予約」をタッチするだけで入ります。

2003年、新しもの好きの僕は (笑) いち早くデンモクを導入、
3台を、それぞれのお客様グループのテーブルの上にセット、
お客様が自由にデンモクを使うことで、
今までカラオケスナックなどで従業員がいちいち入力していた手間を省き、
「お一人チャージ500円で歌い放題」という、
地域では画期的システムでAMANEをオープン、
すぐさま話題になって、地域の酔客、歌い客 (笑) 全員集合になったのでした。
が、それも遠い過去・・・

ただ15年経った今でも、
昨日書いたように、夜のカラオケ需要はあります。
決して廃れたわけではない、形を変えてAMANEで存在しているのです。
生ピアノで唄えるのが武器、
ネット検索でなんでも伴奏できるのは、
それこそ時代の進化、
ですが、オーソドックスなカラオケも必要で、
どちらも良さがあるのです。
新旧アイドルの曲を、みんなで唄って盛り上がるのは、
ピアノよりカラオケ、
特に最近の第一興商さんは、映像にも凝っていて、
本人映像、旧アイドルなら懐かしい、若い頃の映像を、
先日も、お亡くなりになった西城秀樹さんのヤングマンが、
偲び、盛り上がり、なんとも言えない雰囲気でした。

さて、明日は夕方から5つ下の高校の後輩たちの貸切、
前半は東京同窓会の反省会だとか、
後半は、AMANEの巧みな戦術で (笑) 盛り上がって頂きましょう。
posted by セキシュウ at 20:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

デンモク

きのうは散漫な記事になってしまいました。
理由は簡単、接客しながらだったからで、
最近、忙しくはないのですが、夜、お客様が、
ブログは片手間になっています。
ま、本来は良いこと・・・

今夜も同様、
カラオケ中に、お客様の飲み物の減り具合、
歌のメニューの確認などしながらのブログです。
カラオケは、デンモクと呼ばれるリモコンの操作ミスで、
ときどき同じ曲が2曲続けて入ったり、
キーコントロールがうまくいってなかったり、
手助けします。
面倒くさがって、「マスター、歌、入れてよ」と機械に弱い方、
酔っ払って手元の怪しい方 (笑)
それらも喜んでお手伝いです。
昔は多かったですが、最近はそうでもないですね。
みなさんデンモクを上手に使いこなしています。

デンモク.jpg

ところでこの「デンモク」
先日、8つ上の山縣先輩に、
「デンモクを・・・」と言ったら、
「デンモクって何?」と返されました。
「えっ?」
「この、大きなリモコン」
「電子目次本、略してデンモクというのですが」
「ご存知ないですか?」
「知らないなぁ・・・」
「業界用語かい?」

「カラオケボックスとか行かないですか?」
「行くけど」
「デンモクっていうのは初めて聞いた」

「そうですか〜〜」
知らないのをちょっと笑ってしまったら、
すかさず先輩、会場の方々に聞く、
「みなさん、これ、デンモクっていうそうだけど」
「知ってますか」
シーン。
どなたも知らないみたい・・・
「なんで〜」(笑)

ちなみにデンモクは、第一興商さんの登録商標です。
posted by セキシュウ at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする