2017年04月02日

ラ・セーヌ個展1

今夜は山口に来ています。
昼の飛行機で、午後3時過ぎに母妹の個展の手伝いに、
と言っても開場時はでくの坊 (笑)
閉めてから片付けの手伝い、明日の午前中と2回に分けて、
終わり次第、戻って夜営業です。
父曰く「山口出張」とか (笑)

でくの坊ですが、写真は撮っています。
スタートの飛行機内から、面白い雲、山口の綺麗な海、
着いてから驚きのバス、
そして会場、作品群、周りの桜、一ノ坂川、
夜のライトアップまで・・・
これ、1回の記事じゃ無理ですね。
しばらくお付き合いください。

時系列に行きたいところですが、
今日は会場の様子をひとまず。

IMG_1448.JPG

ふふふ。
左下はどなた?
中学のクラスメイト、個展を見に来てくれました。
一応許可とって載せてます (笑)

IMG_1449.JPG

バックショットは妹。
マネキンじゃないですよ (笑)
奥で応対しているのが母です。

今回は、販売した「こっちゃんのイラスト絵ハガキ」が、
前回売り切れで当日増刷に焦った経験からでしょう、
たくさん用意していて、
結構余ったので、全部頂いてきました。
60枚くらいあります。
(20種類、数はそれぞれ、多いのと1枚限りとバラバラ)
火曜日からのさわうたで販売しますね。
1枚いくらにしようかなあ・・・

「あ、50円って写ってる (笑)」
です。
お楽しみに!
勿論・・・つづく。
posted by セキシュウ at 21:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

あゆきん

「本当に4月ですよね?」
確認したくなるような寒い日が、昨日から続いています。
今日のふりうたのお客様は冬服、
道行く人もダウンにマフラー、
しかしこの寒さも明日までとか、
来週は一気に暖かくなり、さくらも満開でしょう。

昨日は午後から雨、夕方から本格的に降り出し、
しかも寒い、
その中、大勢のお客様がいらしたのは、
一週間前にブログで案内したライブが、
ボイストレーナーのあずみさん主催で開かれました。

ayu01.jpg

おかげ様で満席!
今回、初の組み合わせは、
ボーカルが「わたなべ あずみ」さん、の「あ」
ピアノが「そみや ゆうこ」さん、の「ゆ」
パーカッションが「河野"菌ちゃん"俊二」さん、の「きん」、
あゆきんTORIO、とのユニット名、
「いもきんトリオですね〜」と突っ込んだ (笑)

それぞれ生徒さんを持つ、いわゆる先生集団は、
仕掛けの多い曲を、
中には10分以上、10曲近く唄う歌謡メドレー、
他、シャンソン、ブルース、ジャズと、
そみやゆうこさんのアレンジが多彩、
1時間のステージ2回は全く飽きさせることなく、
まさにてんこ盛り状態で届けられました。
あずみさんは昔取った杵柄か、
非常にステージ慣れしていて、お客様弄りも上手、
三枚目を演じたかと思ったら、その後のトークは案外真面目、
「根はきっとそうなんだろう」と思う、
かつて、
「私の家は親が厳しく」と言ってたことがありましたね。
何気ない振る舞いにそれを感じます。

ayu02.jpg

パーカッションの河野さん、
なんで菌ちゃんなのか (笑)
正確なリズムと多種の音色をカホン、シンバル、ベルから、
コンパクトにまとめたセットとは思えないほどでした。
ピアノのそみやさんと、決め所をきちっと、
時に外してニヤっと、
お客様は気づかなかったでしょうが僕にはわかる (笑)
同じ経験をよくしますからね。

ステージの真ん中あたりで二人によるインストが、
ビートルズのイエスタデイをジャズアレンジ、
途中から三拍子がお洒落でした。
皆さん、静かに聴いていて、
お客様の奥ゆかしさがわかる、
ジャズのインストは、おしゃべりを始めてもおかしくない状況です。
レストランで生バンドがBGMに演奏、なんてありますよね。
お行儀良くて何よりでした。

21時半過ぎにはアンコールも終わり、
廊下のドアを全開、
途端室内の熱気が外に、表のドアが曇りました。
コートハンガーには目一杯の冬服が、
「本当に春?」
スプリング ライブのタイトルだったのですが・・・

看板.jpg
(写真は河野さんのFBより)

「またお願いします!」とあずみさんに。
ぜひ企画、お待ちしています。
サマー、オータム、いつでも (笑)
拙曲「Adios」も唄ってくださり、ありがたい限りでした。
posted by セキシュウ at 18:34| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

新月

咲いた桜も蕾に戻ろうかと思うような、
肌寒い今日が、3月の終わりなのに驚きです。
「ひと月間違えた?」

Go本さんからは褒めすぎな (笑) コメントを、
いや、褒めたのは弟か、
どっちにしてもスーパーマンじゃなく、そこらのスーパーオヤジ、
弟さんとは4つ違いなのですが、
「この4才の差は・・・」
「大きい」
若々しく見えます。

若々しいと言えば、昨夜は珍客、
しかも僕が店に来る前にすでに待っていたという、
(遅刻しただらしない店主・笑)
サプライズ男は、誰あろう園主・・・
とブログ内の呼び名にしていますが、
彼とも話し、もう園主ではないので、改名しようと、
それについては、またの機会に書きます。
今現在は、園主じゃなく、小高い丘のギタリストにしておきます、長いけど (笑)
とにかく彼が待っていて、
遠目から、
「あれ?」
「誰か、うちの客に似つかない」
「若い子が待ってるな〜」
と思う、これ、本当ですよ。
声で気付き、
一緒に店に入って、今一度顔を見たら、いい艶している、
「おお〜、顔色いいね〜 !」と小さく叫んだくらいです。

夜、彼が来るのは久し振りです。
ならばと美声氏にメール、
返信もなく、電話もなく、突然現れるのが美声氏 (笑)
仕事帰り、トートバッグ片手にやって来て、
カウンターに座りました。

不思議なことに、
こういう日に限ってお客様がソファー席にずらっといらっしゃいます。
カラオケをBGMに長話、
「こんなことは、過去によくあったなぁ」
AMANEを開店した当時のことを思い出す、
結局二人とも閉店時間まで、
お客様が帰った23時過ぎからはカラオケタイム、
小高い丘のギタリストのカラオケは何年ぶりに聴いたのか・・・
楽しゅうございました。

実は昨日の開店が遅れたのは、
寄り道して写真を撮ってたんです。
こんな・・・

01月.jpg

細い月が美しく、
通りがかりの電話ボックスが愛おしく、
つい先日の撤去を見てましたからね。
「中から見えるかな?」

02月.jpg

「見えた!」
小さいけれど、たしかに見えます。

03月.jpg

ふっと詞が浮かびました。
深夜、作曲、歌詞だけ紹介しますね。

「新月」
時計の針を巻き戻すことが
出来たことに感謝します

違う船に乗っていた
でもいつの間にか
同じ岸辺歩いてた

新しい月が細く揺れている
明日の空に漕ぎ出してゆく
posted by セキシュウ at 14:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

そんなことに

昨夜は異動になった後輩が遊びにきました。
今日から新しい赴任先へ、
最後の東京の夜は「AMANEで!」
なんと健気な後輩・・・
ではなく (笑)
結果そうなっただけで、
本当は昨日の昼間、さわうた終了後に来る予定が、
時間が押せ押せになり夜に変更したのでした。
それでも来るのはエライ!

押せ押せになった理由がなかなか面白く、
今日からの新しい職場へ、手土産を持っていこうと東京駅へ、
駅のデパートに入り、すぐ買えると思ったところが、
「30分待ちの行列です。おそるべき東京」(本人メールより)
そんなことになってるんですねえ、世間は (笑)

彼の会社は石油会社です。
異動になり、なんの仕事になるのか、
「まさかガソリンを売る仕事じゃないよね〜?」
「製品?」
そうです、と、
どんなものを扱っているか説明してくれました。
「例えば、吉野家の箸です、六角形の」
「ご存知ですか?」
最近ご無沙汰で、見たという記憶は遠い過去ですが、
想像はつきます。
昔は割り箸、今はどこのレストランも使い回しの箸、
「なるほど、あれも石油製品・・・」
食器洗浄機にかけるため、耐熱性も必要とか、
箸の市場まで石油会社大手が食い込んでいるとは、
「ふーむ」
「そんなことになってるんですねえ、世間は」
またか (笑)
どれだけ世間知らず、
世の中から乖離しているのか・・・
相当ずれてますかね〜。

それはともかく、新任地でがんばってください。
異動は関東圏内、
自宅から通勤できる場所なのは幸いでした。
また仲間連れて遊びに来てくれるでしょう。

昨日は、彼と会う前の開店前に美容室へ、
そこで、またまた面白いものを見せてもらいました。
スタイリストはいつもの広瀬氏、
面白いものはブローの時に出てきた、
時間のなかった僕に、
少しでも早く乾かすために取り出したるは、

ダイソン.jpg

じゃーん!
わかりますか?
広瀬氏の右手のコンパクトなドライヤー、
あの、ダイソンのなんです。
「わー、初めて見たー!」
ついつい写真を・・・
あれ、急いでるんじゃなかったの? (笑)

まったく。
東京駅の話といい、吉野家の箸といい、
美容室のドライヤー、
世の中からずいぶん遅れをとったものです。
年をとるとは、そんなものでしょうね。
posted by セキシュウ at 18:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

調律

どうも最近話が逸れ、昔の苦労談のようなものになってしまいます。
昨日も、そんなつもりなく書いているうち、
電気代のことで余計なことを思い出す、
ついそのまま書き殴ってしまいました。
いかんいかん (笑)
いろんな方が読んでるだろうに・・・

と考えると、書くのは慎重にと思うのですが、
まあ、自分のことなら誰に断る必要もない、
よそ様が出るときは要注意です。
けれど、あまりにもヨイショは変ですし、
かと言って、イジリ過ぎもダメ、
なかなか難しくはありますが、
そこは普段の接客と一緒、
自分なりに書くしかないと思っています。

先日も書きましたが、
書けないことの方が面白いのは事実です。
なぜ書かないかは、いろいろありますが、
これぞ客商売の基本、
やたらめったら個人のことを話に出さない、
差し支えないと思われるものだけを、
なるべく誰だか特定出来ない形で書いています。
小島さんとかやてふさん、その他いろいろ出ますが、
あれは、ちょっとした話の盛り上げに使っているだけ (笑)
プライベートまで踏み込んではいないつもりです。
口の軽い店主を誰が好むでしょう。

と、話がまた逸れてきた (汗)

昨日の夕方は、待ちに待った、というと大袈裟ですが、
楽しみにしていた調律でした。
前はそうでもなかったのですが、
最近は日々、特に深夜弾きを始めたせいか、
音の鳴り方を気にするようになり、
調律後の美しい響きったら!
もうたまりません。
使用前・使用後、かな (笑)
化ける、いや、本来の姿に戻る、
冗談抜きに、1ヶ月一度くらいのペースで調律したいと思う、
今は3ヶ月、
「儲かったら・・・」
は、前も書きましたが、いつのことになるやら (笑)
でも、希望は捨てません。

深夜弾きは昨日はなし、
今日のさわうたで、音色を存分に楽しもうと思ったら、
「あれ?」
「指の動きが今ひとつだ・・・」
そんなものです。
毎日調子が違う、
僕の場合は全てがアドリブで暗譜、
既製の譜面をそのまま弾いているのではないので、
ちょっとした迷いが指の動きを悪くして、
聴かせるところが聴かせられなくなってしまいます。
歌の伴奏をダラダラ弾いていても、
勝負所は必ずあって、
ピアノと一緒に盛り上がっていくところ、
或いは、歌の合間、間奏でドキッとさせるところ、
調律後は、特に高音部のキラキラが生きる、
それが今朝はあまりうまく表現出来ませんでした。
忙しかったのもありますかね・・・
22名でしたから。
先週に引き続き、水曜日は20名超え、ありがとうございます!

今夜は弾きますか、どうしますか。
気分次第です。
posted by セキシュウ at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

来月10年

3月も今週金曜日で終わりです。
1年なんて本当にあっという間、
来年、3月25日に約束した父の同窓会も、
このペースだと直ぐにやって来そうな気がします。

昨日の夕方から天気は良くなりましたが、
まだまだ暖かい春には程遠く、
今朝出勤して、まずは暖房を、
「電気代が値上げするというのに・・・」
もう少し先の話 (笑)
今夏から影響が出るでしょうね。

さわうたは今週も好調です。
今朝も出だしは遅くも、スタート時に18名と揃い、
ホッとしたのはいつものこと、
何年、何十年やってもお客様の入りは心配です。
決してサービス内容が悪いとは思っていないのですが、
だからと言ってお客様が必ず入るとは限らない、
「こんなに頑張っているのですが」
「お客様が来ないので」
「電気代、まけてください!」
却下 (笑)
通用しません。
無情にも止められるだけです。

また逸れますが、
カラオケボックスを多店舗展開している時は、
もう、今だから笑い話で言えますが、
電力会社にはよく出向いたものでした。
まだ今ほど取り立てが厳しくなく、
資金繰りの都合上、引き延ばせるものは目一杯引き延ばす、
公共料金なんかもその類で、
多少遅延損害金はつくのは仕方がない、
急いで払うもの優先でお金を回していました。
「公共料金も払えないのか」と呆れるでしょうが、
1店舗じゃない、何店舗もまとめてですから、
金額は相当大きくなるのです。

当時は、こちらから電力会社に電話して、
遅くなることを予め伝え、誠意を見せ (笑)
随分待ってもらい、支払いは直接電力会社の窓口へ、
それぞれ管轄があったので、
あちらこちら出向いたものでした。
その途中、別の業者さんから支払いの催促の電話が入ったり・・・
まあ、よくやってた (笑)
そうなってしまったのも、
もちろん経営者としての未熟さはある、が、商売の厳しさ、
仁義なき競争であることは間違いない、
同じ業態で何年も儲かるなんて、まず皆無だと思います。

そんな経験から、
今朝もふと心の隅で、よくないことを考える、
「もしかすると」
「あれが原因で」
「あのお客様、来なくなるかな?」
客商売をやっている人の多くは、そう思う瞬間があるはずです。

さわうたは来月で10年になります。
おめでたいことですが、
特に何もイベントは予定していません。
よく考えてみれば、それぞれ通った年数が違う、
10年の方もいらっしゃれば、8年、5年・・・
まだ1年にも満たない方もいらっしゃる、
その中で、「10年ですよ〜!」と祝うのもどんなものでしょう。

ということで、
来月も普段の月と変わらず、
けれど、課題曲はそれらしく、
みんなに感謝して、元気よく、
「みんながみんな英雄」を用意しました。



このままだと女性には少し高いので移調、
譜面を配り、

saw.jpg

今朝から唄っています。
歌詞の付け方がなかなか凝っているのですが、
さすが鍛えられた皆さん (笑)
しっかりついてきて、頼もしい限りでした。
posted by セキシュウ at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

その頃

本来聞かないふりをするべきでしょうが、
聞こえてきて、いや、つい聞いてしまうのはお客様の会話で、
昨日の同窓会の個々のスピーチや、
何気なく交わされる会話の中に、
人生の重さ儚さを感じてしまうのは、
この商売ならではでしょう。

内輪の同窓会に、まるでオブザーバーの如く居る他人は、
サービススタッフや、付き添いのスタッフくらいしかいないでしょう。
前職はカラオケボックスで、
同窓会に限らず、個室の中に長い時間滞在することはない、
しかしAMANEは、貸切にしてしまえば、店全体が個室、
その中でサービスをするのですから、
内輪の会話は全て聞こえてくる、
それもかなり踏み込んだ話まで、
一種独特の雰囲気の中で時を過ごすのです。

父と仲の良かった同級生は、
僕も上野駅で一度だけお会いしたことがあるのですが、
介護生活になり同窓会は欠席、
皆さんとても残念がっていましたが仕方ありません。
ずいぶん愛妻家であられたよう、
数年前奥様を亡くしてから、ガクッときたとの話が、
仕事しながら聞いていたので、
それがその方とは断定できませんが、
たぶんそうじゃないかと思う、
もう一人、父の中学の同級生がそうで、
そちらは昨年早々父とお見舞いに、
「ご家族から喪中ハガキが来たよ」と聞かされたのは昨年の終わり、
「会っておいて良かったですね」
それしか返事は出来ませんでした。

父くらいの年になると、どう考えるんだろうと思います。
以前、美声氏ともそんな話になり、
「たぶん、少しずつ、覚悟していくんだろう」
「自然に、心構えしていくんだろう」と、
まだ、なってもいないのに背伸びして想像してみます。
その頃、自分は何をしているのか?
まだピアノを弾いてる?
まだ曲を作ってる?
ネコの写真はどうかな?

で、ネコ (笑)

そうそう、話は前後しますが、
先週土曜日、
やてふさんとユニットを組んでアコナイに登場、
5月にはホストをやってくださる地味綾部さんが、打ち合わせがてら遊びに、
フェイスブックに随時アップのネコは、
「撮り溜めしたものからですか?」と質問してきました。
いいえと否定、
「撮って直ぐ」
「その時の心象を添えてアップしてます」と、
そうしたら、
「そんなにたくさんネコいるんですか!」と驚かれました。
「当たりをつけているんです」
もう何年も、
この街でネコを撮ってますから (笑)

今日の夕方、雨上がり。

01nea.jpg

上から見たら、

01cs.jpg

数日前の好天では、

02cs.jpg

眠たそうです。
こんなに近づいても平気なのは、
人間慣れしてるから?

近づいてくるのは、

03cs.jpg

知らんぷりもいますけど (笑)

おまけ。

04cs.jpg
posted by セキシュウ at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

B8会

冬に戻ったかのような10℃いかない寒い雨の日は仕事、
父の大学時代の同窓会でした。
卒業60年目ということ、
毎年開かれていた会は、今回父が幹事で会場を変えAMANEで、
東京湾、竹芝桟橋の会館から、直ぐ先は埼玉という十条のスナックへ (笑)
果たして参加はどれくらいだろうと心配されましたが11名、
昨年は10名ですから上出来です。
預かった名簿によれば、全会員は47名、
その2割強の参加なら、年齢を考えれば達者揃いだと思います。

b8.JPG

B8会。
会の名前もあります。
そういえば、昨年10月に初めてやった地元の中学の同窓会にも、
キリン児会なる名前がついてましたっけ。

スタートは午後2時とお昼をかなり過ぎていましたが、
遅い昼食を近所の馴染みのお寿司屋さんから出前、
その後一人一人近況報告、
国語学科卒業生ならではのお話はおもしろく、
中には小説を出している方、詩集を出している方、
人生の最終ステージを満喫のご様子でした。

一番お若い方で昭和10年2月生まれ、82才です。
会の中程で、この会をいつまでやるかとの話になり、
一人でも二人でも参加があれば開催したいとの意見もある中、
会則や、幹事の心配や、繰越金の処理などの関係で、
来年の開催をもって区切ろうという結論に達す、
B8会の歴史を閉じることになりました。
以降は、会ということでなく、有志で集まる、
そのことについては、
「来年の会のとき相談しましょう」と父、
会場はAMANE、
「その時まで、店を維持してもらい・・・」と、
はい、がんばります (笑)

やっぱりと言うようなスピーチは、
この会にまた参加することを思い、1年を元気に過ごす、というもので、
これはたぶんどの同窓会でも話されるもの、
1年後の再会を願い、笑顔で別れていくのです。

ピアノの出番は閉会前の30分弱、
「せっかくAMANEでやるんだから」の父の気配りをよそに、
いらしたお客様から、
「YAMAHAのピアノね、ぜひ聴かせてください」と先に振られ、
「かしこまりました」
仰げば尊しから伴奏しました。
自然に歌唱が、
その後唱歌を数曲、替え歌も飛び出し、ソロ歌唱も、
こちらは父と共に幹事を引き受けた男性の出番、
昨秋打ち合わせにいらした時にお手合わせしているので、
バッチリ決めていただきました。
前日も、カラオケで練習してきたそうですから、真面目〜(笑)

1年後は何名参加になるのでしょう。
みなさん、元気にいらっしゃることを祈るばかりです。
水戸からの方もいらっしゃいました。
遠くまで、ありがとうございました。
父が保存していた当時の集合写真を7点、
スクリーンに映しての会話も盛り上がり、何よりでした。
posted by セキシュウ at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

思い出す

昨夜はブログを書き上げたところでお客様が、
来月から異動になるからと、
高校の後輩が挨拶がてら遊びに来ました。
後輩と言っても、かなり下、
一回り以上下ですから、まだ40手前とか、
「今年、なるんです」と言ってましたっけ。
うーん、若いなぁ、いいなぁ (笑)

いつも数人で来てたので、
カウンターで向かい合ってじっくり話すのは初めてです。
半分以上、僕の話になりました。
彼の方から興味深そうに聞いてきたからです。
昨日も書いた通り、
(ニモのパパにうけた〜!笑)
僕の通ってきた道はかなりアブノーマル、
記憶の限り話し続ければたぶんエンドレス、
残念ながらこのブログに書けないことも山ほどあります。
書けないことの方が面白いのが皮肉 (笑)
しかし、まあ世の中そんなものでしょう。

ところどころ、「自慢話じゃないけど」と入れなくてはいけないのが、
実は話すときに、しつこくないか気掛かりです。
話しながら、もう一人の自分が、
相手の顔つきを探っている、
「イヤな気持ちにさせてないか?」
これは仕事柄常日頃思っていること、
相手を大切に思えば思うほど、言葉遣いに気がいきます。

自分の過去の中には、
なんと言うか、持っているものだけで、
つまり何も努力をしなくても、
いい線いけたことが多々あった、
社会に出た前半はそう、時代の助けもありましたしね。
高度経済成長期からバブル期です。
それを話すと、自慢話に近くなる、
素直に聞いてくれればいいけれど、
「どうだろう?」
その気持ちが、上記のような断りの一文になるのです。

彼が一番面白がったのは、
僕の周りで、成功したある男性の話、
有名俳優になる前の、
一緒に働いていた頃の話でした。
よくある話ですが、
子どもの頃から強い信念を持ち続けていた、
「必ず役者になる、有名になる」と思い続けていた、
それが人一倍強かったということを、
エピソードを交えながら話したのです。

こんな話も、
ともすると、自慢話にも聞こえる、
「そんな人知っているんだ」
だから、そうじゃない、
自分をアピールしたいのではなく、
成功者たる所以はどこにあるのかが言いたい、
さすが後輩 (笑) わかってくれたようでした。
「なるほど」
「強い信念ですね」
「僕も」
「今の仕事に就く頃のことを思い出しました」

「どんなふうに思ってたの?」

大学は東京、就職は山口です。
「実は教員免許を持っていて」
「大学の時、中学校に教育実習へ」
「その時、山口っていいところだと、新たに気づいたんです」
「それで」
「山口を今よりも良くしようと思って・・・」

彼の勤め先は県庁。
そんな志も、
十数年経つうちに忘れてしまったようでした。

大きな組織の中にいれば、仕方ないのでしょう。
彼には妻もいて小さな子どももいる、
与えられた職務を、そつなくこなすのが仕事、
彼だけでなく、
ほとんどの勤め人はそうだと思います。
なる前の、志など・・・
いつの間にかフェイドアウトしていくもの。

だけど、時々思い出すのも大切なことですね。
二回、がっちり握手して送り出しました。
まだ40前、これからです。

思い出すと言えば、
またまた小曲を・・・
お彼岸にちなんだ曲を拙く唄ってみました。



「鉛筆」
あなたは今頃どうしているでしょう
あちらの世界で歌っていますか
ピアノはどなたが弾いていますか

私は一本の鉛筆を新しく削って音符を探します

あの世に私が行ったら一番に
私のピアノで歌ってください

短くなるのは新しい鉛筆と音符を探す
私の人生 豊かな人生
posted by セキシュウ at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

外して

昨日はお彼岸の奇跡か、
2年前AMANEで最後のソロライブを、
その3カ月後、静かにこの世を去った女性のご主人と、
道でばったり再会、
嬉しかったと同時に、時の速さに驚く、
「もう2年が経っていた・・・」
会った時、1年ぶりかと勘違い、
少し経って考え直したら2年と気づきました。

夕方は買い物へ、
いつものスーパーのレジは店員さんが暇そうに、
「あ、テレビを見てるのか?」と思う、
関心の高い出来事が今盛んに放送されています。
ネットも賑やか、フェイスブックもしかり、
どうなってしまうんだろうと思っている方も多いでしょう。

簡単にまとめられることではないですが、
ただ言えるのは、
どこまで自分に正直にいられるのか、
そのさじ加減が、そのバランスが難しい、
その人その人の立場背景で物事は成り立っている、
時には意に反することもしなければならない、
それが嫌なら、降りるしかないでしょう。
脱サラする人の多くは、それが理由でもあるのでは?

それで、念願叶って独立して、
僕のように会社を興したとしても、
全て自分の思い通りに行くとは限りません。
経営の失敗は、まあ良いとして、
以前も書きましたが、一歩間違えば僕は犯罪者に、
八王子のカラオケボックスのスタッフが未成年に酒を提供、
事件が起こり、僕は責任者として取り調べを受け、
検察まで行き、ギリギリ、不起訴で済んだ、
もう少し事が大きくなっていたら、
例えばですが、死者が出ていたら、
僕は間違いなく、未成年者飲酒禁止法の、供与者として、
罰せられていたと思います。
取り調べ、地検まで行ったのも初めてのことでした。

ちょっと話は逸れますが、
取り調べで今でもよく覚えていることがあります。
最初に本人確認、
名前、住所、生年月日などを、その後学歴と、
まるで履歴書に書いていくように聞かれるのですが、
刑事さんから幼稚園はと、
「山口大学教育学部附属・・・」と答えたら、
その刑事さん、
「これは公立?私立?」と質問してきたのです。
えっと思う、
そんなことを考えたこともなく、
自分の通った学校なんて、当時は全く興味もなく、
それよりも今の会社をなんとかしなきゃと必死、
僕も、自分の幼稚園が何立だか・・・(笑)
でも大学は国立 (20年くらい前の話)、だから、
「国立、でしょう」と答えたのです。
小学校も中学校も同じ、
全て書き終えた刑事さんが言った言葉、
「幼稚園に国立があるのか・・・」

その時は若かったし、
刑事さん、知らないんだと、ちょっと呆れたのですが、
(イヤな奴・笑)
今になって、それは違うとわかりました。
刑事さんはそんなの知らなくて当たり前、
僕の進んだような学校に行く人たちは、
刑事さんの顧客じゃないんです。
僕が道を外してしまったということ。

あ、ずいぶん話も外れてしまった! (笑)

もう元には戻せませんね。
今日はこんなところで雑文は終了、
一つご案内をしましょう。

店で行われるライブはざっと3種類、
店主催のもの、ゆるゆるとか、各種シャンソンライブとか、
参加型のもの、ようやく軌道に乗ったアコナイとか、
それからお客様主催のものがあります。
始めに書いた2年前のソロライブもそう、
店側は観客を集めることなく、
その方の知り合い、ファンで行うタイプ、
それが一週間後の金曜日にあるのです。

あずみlive.jpg

ボーカルは、あずみさんというボイストレーナーを生業にしている女性、
うちでもミニライブで唄ったり (写真はその時のもの)
お客様として遊びにきて、歌のミニアドバイスをしたり、
あるときは僕の楽曲を唄ったり、
譜面の作成を頼まれたりと交流の深い方、
低音が魅力の素晴らしいシンガーでもあります。
今回はトリオで出演、
陽気なジャズライブになるでしょう。
僕も数曲アコーディオンで賑やかし予定、
出るか、チンドン屋 (笑)

もしかして見てみたいという方は、
ご一報ください。
空席があるか、あずみさんに確認します。
打楽器カホンも楽しみです。
posted by セキシュウ at 21:08| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする