2019年07月28日

夏の花壇

7月最後の日曜日、好天、全休でしたが、
残念ながら自宅にて作業、
4コマ漫画に、さわ通の制作でした。

本来は先週にやるべきところでしたが、
ゆるゆるがあったので、今日に、
4週おきか、5週おき、
その時の忙しさで決めています。
今回は5週。

途中、息抜きに買い物に出ました。
いつも通る、小さな公園、
今年の不順な天候に、
やっと綺麗に植え替えられた花壇、
その上を、ひらひら飛んでいるのが見えました。

「あれは!」

00seika.jpg

青のスジが特徴的。

いよいよ夏真っ盛り。
猛暑日が続くとか、
どうぞご自愛ください。

猛暑中、お見舞い申し上げます。
posted by セキシュウ at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

動画

台風が気になるところでしたが、
特にまだ影響はありません。
隅田川の花火大会も無事開催、
友人の投稿で楽しんでいます。
先週、ゆるゆるに来た同級生が、
地域活動で警備を、
合間に動画を撮ってフェイスブックにアップしているのです。
テレビ等で見る作り込まれた映像と違って、
生の感じがいい!

昨日のことは、杏華ちゃんがしっかりブログに、
歌手になる前は、教員になるため勉強したというだけあり、
きちんとまとめ、さらに次につなげる、
だらだら書く僕なんかより、とてもお上手 (笑)

記事に、動画がアップされていましたね。
こちらでも紹介しましょう。
大したことはない、
ピアノの弾き方もいい加減なセッション、
ちょっと興味があって、いきなりやってしまった (笑)
予定外なことも、ライブならではです。

posted by セキシュウ at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

三田杏華ライブ

悪天が心配されましたが、ラッキー、
今日は初の演歌ライブ、
AMANE主催としては初の催し、
過日ウスイさんにその計画を話したら、
「ええっ」とビックリしてました。

ただ僕には、演歌でも「ライブ」という魅力が出せると、
三田杏華さんには、それがあると思っていた、
「ライブ」
読んで字の如し (笑)
「生演奏」のおもしろさです。

いつもの二部制で、
前半は、杏華ちゃん (でいいよね?年齢差的に・笑) オンリー、
カラオケ音源を使用したのですが、
お客様の雰囲気が一気に変わったのは、
彼女が十八番としている、津軽三味線、
「津軽じょんがら節」を弾き始めたときです。

杏華ちゃんはAMANEは初めてです。
リハ、着替え含め開場の2時間前に、
店内を軽く案内したときに、
「三味線は」
「マイク、いらないですね」

「そうか」と思う、
「津軽三味線は、鳴るんだ・・・」

着物姿がお似合いの、
一見お嬢様風、細身の華奢な杏華ちゃんが、
三味線を、
「すごい・・・」

02kyo.jpg


バチ裁き、運指、
「これが、生」

三味線の次はオカリナでした。
こちらは独学だそうですが、
初めての場所、初めてのお客様、それも目の前ずらり (笑)
なのに、堂々とした演奏ぶりです。

三味線、オカリナの生演奏が、
今回のライブのキーになったことは間違いないと思います。
あくまでメインは歌。
ですが、ライブとは所謂エンターテインメント、
なにか面白い、会場が、店内が沸くものがなければ、
家でCDを聴いたり、テレビ・ラジオで聴いてたりと何ら変わりがない、
「お金を頂く」までには至らないと思います。

後半は生演奏オンリー、
漫才コンビとも言われてる (笑) ウスイあまね、ウスあま、
久しぶりにウスイさんの、メソポタミア、じゃない (笑)
メタセコイアの枯れ葉、うん、大きな舞台もいいけど、
うちのような狭いところでも、心に沁みるいい歌、
ダイナミクスもばっちりでした。
その他、帰りたい場所、波に寄せて、パパの作りばなし、
これらはお約束 (笑)
トリは杏華ちゃんで、
初のピアノ歌唱、
みなさん大好きな「童神」「時の流れに身をまかせ」
こちらもオカリナ同様、堂々とした歌いっぷりでした。

01kyo.jpg

集合写真。
え?
杏華ちゃんはどこ?
「キョーカをさがせ」(笑)

大勢のご来店、ありがとうございます。
杏華ちゃんもブログを、
そちらも、ぜひチェックしてみてくださいね。

三田杏華オフィシャルブログ

一生懸命更新していますよ。
posted by セキシュウ at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

帰りたい場所

梅雨明けのような、そうでないような、
はっきりしない天気です。
湿度が高いことは間違いありません。

火曜日にピアノ調律を、
計ったら、かなり上がっていて、446㎑、
「おおっ」とは調律師の松本さん、
この時期、仕方ないですね。

ピアノも16年、そろそろあちこちメンテが必要です。
「それでも他のライブハウスに比べて」
「状態はいいです」と、
きちんと管理できているということでしょうか。

今日、嬉しいことがありました。
歌伴奏には欠かせない、
歌詞コードサイト、楽器.meさんに、
「帰りたい場所」が載ったんです。
一部の方しか知らない、
無名歌手の曲が・・・

楽器.me「帰りたい場所」

掲載のリクエストを出してみたのですが、
まさか載るとは。
有り難いです。
posted by セキシュウ at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

続ける

やっと梅雨明けに向かうのでしょうか、
良い天気になりました。
にも増して、蒸し暑い!

今夜は、開店して直ぐお客様、
その後、ご予約のお客様が、
デュエットあり、ハモりあり、
偶然、その二組が顔見知りだったことで、
久しぶりに「カラオケスナック」らしい、
愉快な営業になりました。
良かった!

ご予約の4名は、
本当は29日の月曜日の予定で連絡してきたのですが、
その日は「みんなのまり祭」で臨時休業、
リスケして、今夜にしてくださいました。
有り難いです。
普通なら、「じゃ、別の店で」となるところ。

その、みんなのまり祭、今回2回目ともあり、
うちのお客様の反応は正直今ひとつ、
そんなものだと思います。
初めてのときは、「じゃ、協力しなきゃ」
「一度は行くべきか」

今回もたくさんチケットを預かりましたが、
なんとかかんとか、6枚売れた、
あと数枚は売りたいところです。
がんばらなきゃ。

62a3f6c1.jpg


反対に、金曜日の、三田杏華ちゃんは、30名に迫る勢い、
これはまさに初物買い、
「どんな歌手なのか」
興味もあるのだと思います。

02ky.jpg

今更ながら、
人を集める、物を売るのは大変です。
一度きりなら、なんとかなるかも知れません。
ずっとずっと続けなくてはならない、
だから大変なのです。
それをわかっている方も多いでしょうね。
posted by セキシュウ at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

切れた

今朝、営業開始後、切れました。
「キレた?」
この冷静な僕が??(笑)

いやいや。
切れたのは、プロジェクターのランプ、
暗くなってきていて、そろそろとは思っていたのですが、
本体の電源を入れたら赤い点滅、
「いよいよ」

お客様が席に着いたあとだったので、
プロジェクターの下の方に移動して頂き、
球交換、
さっさっと手際良くやりましたが、5分程度かかって、
「いつもより歌う時間、少なくなって」
「スミマセン」
と謝るも、
またまた余計なトークを炸裂?(笑) してしまい、
歌唱時間を大幅に削ってしまいました。
お叱りを受けそう・・・(汗)

そのトークの中に、
日曜日のゆるゆるのこと、
同級生が動画を短く撮ってくれたので、
それをみなさんに観てもらいました。
いらっしゃらなかった方も、こうして楽しめるのが、うちの特徴です。

リポートは圭未さん。
これもお約束。
ショーンさんのコメントも相変わらずナイスです。

松本圭未のブログ
posted by セキシュウ at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

イージーリスニング

ミックさんが来た土曜日の夜の話の続きです。
僕がもともと、六本木でDJをやってみたい、
DJになりたいと思ったのは、彼がいたからで、
自分の選んだ曲で何十、何百人と踊るという、
つまり、全てを握っているという (と思ってた)
その快感があったからに他なりません。

そうして、その世界に入り感じたのは、
たしかにその時間だけはそうかも知れない、
しかし踊り終えてしまえば、
店を出てしまえば、
なんてことはない、ただの音楽を流す係 (それも大事な仕事ですが)
そして店ありき、
ウワモノがあるから、中身がある、今でいえばコンテンツ (笑)

タイミングよく、当時の社長が、
ただの音楽係より、それらを総合的に見る仕事をと僕に、
そこで歌手、ダンサーとして入ってきたのが、
昨日の圭未だったり、いよちゃんのお姉さんだったり、
ですが若気の至り、
もっとそこで学べば良かったのに、中途半端に辞めてしまいました。

その頃は、風営法の関係で、
深夜0時以降はダンスミュージックをかけてはいけない、
でも、
ここだけの話ですが、モグリでかけて踊らせていた店もあり、
外に見張りを、
らしき (取り締まりの) 方が来たら、急いで伝令で知らせる、
携帯電話なんてない時代 (笑)
店内では、照明を明るくしてダンスミュージックをやめ、
静かな曲に切り替える、
お客様はダンスフロアを離れる、
そんなことが、毎晩ではありませんが、よくあったのです。

そこで必要になってくるのが、
静かな曲、イージーリスニング、というヤツですね (笑)
DJがダンスミュージックだけでなく、
イージーリスニングを覚えたのは、この時代があったから?

実は、支配人以下、従業員も、
コテコテのダンスミュージックより、
イージーリスニングの方が好きで、
そりゃそう、うるさいのは日々聴いているんです、
特に僕が選曲するイージーリスニングは、
「アマネちゃん (と呼ばれてた) いいね〜」と、
DJブースに寄って来て声をかけてきたものでした。

よくテープも頼まれました。
カセットテープ、何十本と作った、
その一本をミックさんが持っていて、
土曜日、
「セキの (ミックはそう呼ぶ) テープ、俺、好きだったよ」
「海に行く時に、車で聴いたりして」
「ぴったりだった」

この言葉にハッとしました。
「そうか・・・」

今、僕が歌手としてデビューした3曲。
これはまさに、イージーリスニングではないのか?
ピアノのソフトな音色、
温かい弦の調べ、菅の爽やかで且つ侘び寂び、
そして・・・

店の外までミックさんを送りました。
手にはCD、
車に乗って早速セットしていました。
湘南までの帰り道、
何を思いながら聴いたでしょう。

昔を思い出したかも知れません。
無茶苦茶でしたが楽しかったですね。
もう二度と経験出来ない。
でも不思議。
デビューがあったから、こんなことも思えるのです。
posted by セキシュウ at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

先輩と同級生

昨夜は突然の先輩の来店に、
やや萎えかけた気持ちが前を向きました。

焦っているわけではないのですが、
このジメジメした気候もあるのか、
好発進したはずの歌手デビュー、
その恩恵の店の売り上げ、
いずれもここにきて低迷、
今日のゆるゆるも、予約状況がかつてないほど悪かったのです。

「こんな調子で大丈夫だろうか・・・」
そこにミックさんが現れ、
当時、30で会社を興し、あれこれあったことを思い出し、
「あれに比べれば」
まだまだやれるはず。

一方、今日の昼、
ゆるゆるのサポートで現れた、高校の同級生、藤林昌彦は、
長年の音楽活動で、頸椎を痛め、
左手が痺れてしまう現象が、
首と腕に黒いサポーターを巻いていました。
昨年までは、大物演歌歌手のツアーの音楽監督、
今年はそれを辞めて、いよいよ自分のやりたい分野をと、
一歩進めた矢先のことで、
「大変だね〜」
同情も束の間、
スタートしたリハでは、コード解析の指導をみっちり、
本番では、ベースのグルーヴに押されまくり、
気合いを注入されました。
ありがたい!

ゆるゆるの中身は、いつものように圭未さんにお願いして・・・(笑)

藤林は、今夏、舞台のメインテーマを作曲したそうです。
インストルメンタル。
レコード会社は、あのエイベックス!
僕とはやっぱり格が違いますね (笑)

短いバージョンが動画サイトにアップされています。
先ずは聴いてみてください。
生楽器を使って、アレンジも彼、
いやいや、こんなの僕には到底できません。
これぞ、その道の・・・ですね。

「月紫光」です。

posted by セキシュウ at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

珍客

今日は土曜日、午後からふりうた、
そして夜は、久しぶりに千鶴さんのサポート、
前夜の横浜デュモンの録音を聴きながらのチェック、
これからの方向性の相談、
簡単に答えが見つかるものでもないのですが、
ほぼ3時間、寸暇を惜しまず費やしました。
一歩一歩です。
怠けずやれば、必ず成果は現れる・・・

千鶴さんが帰った後、
少ししたら珍客、
「おっ!どうしたの?」
「相変わらずヒマな店だな」

先輩DJのミックさんです。
予期せぬときにやってくるのが先輩ならでは (笑)

僕のデビューのことはフェイスブックで知っていて、
たぶん、それとなくは気にしていた、
頃合いを見計らって、店に来たというところでしょう。
嬉しいです。

ピアノでパパを弾き語り、
CDを渡して「帰りに車で聴いてね」
ミックさんは湘南に住んでいるのです。
長旅、眠くならなきゃいいけど (笑)

明日の圭未にしても、今夜のミックさんにしても、
若い時の仲間が、今もこうして会えるのは、恵まれていますね。
そして、千鶴さんなど、新しい方たちとも広がっていく、
これも全て、音楽がなせる技です。
posted by セキシュウ at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

暮らし

すごい事件だとネットでニュースを読んでいます。
これからいろいろ解明されていくのでしょうし、
可哀想に、巻き込まれた方々、そのご家族ご友人、
「なぜ?」としか言いようがありません。

よく、
「昔も事件がたくさん起こったけど」
「今みたいに情報社会でないから」
「報道されなかっただけ」と聞きます。
あたかも今が大袈裟過ぎるかのように。

たしかにそうなのかも知れません。
でもだから良いというわけでなく、
「昔も今も事件は多い」を肯定はできないでしょう。
事件を少なくするために、
人々は、今までいろいろ努力してきたのですからね。

あ、真面目に書いてる (笑)
たまには。

今月も後半に入りました。
これからまた巻き返し、
やや停滞気味だった歌手活動、
店も少し低調、がんばらないといけません。
水商売、波があるのです。

昨日、圭未と話していて、
同窓会に行って、変わってしまってわからない同級生がいる、
特に男性は、と言ってました。
人によって違うと。
「その点、あまねは変わらないわね」
20才頃からお互い知っているのです。

「遺伝でしょ」
両親も若く見られることを、それでその時、話は終えたのですが、
今夜、店に向かいながら、
「この暮らしも長いなぁ」と思う、
今の店で16年、
暮らしはずっと質素なまま、なんら変化していないのです。

案外、それが良いのかも知れません。
僕にとって、ですけど。
なんとか続けていければ幸せなのでしょうね。
posted by セキシュウ at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする