2017年03月23日

お彼岸の終わりに

まだ春の陽気というには程遠く、
例年もこんな調子だったかと1年前の記事を、
確かに3月の記事には「寒い」の文字が並ぶ、
後半も同様、
そこに千葉に出張ゆるゆるに行った記事があり、
そんなこともあったと懐かしく思い出しました。
当日は圭未が風邪で絶不調、
唄うには唄ったけど、帰りの電車でダウン寸前、
キャリーバックの上に座り、半目を開け辛そうな様子、
「タマミ、死ぬんじゃない!」は大嘘 (笑)
涼しい顔で見ていました。
冷たいオトコ・・・(笑)

最近は外で弾くことは少なく、
井の中の蛙というか裸の王様というか、
どっちも適当ではないような (笑)
とにかく店でひたすら弾いています。
さわうたは、リクエスト週はライブ感が強い、
何が出るか、何が起こるかわからないのがライブ、
昨日のように、
お客様がスピーチした後、心を一緒にして歌唱、
これぞライブ、
筋書きのないドラマ、とでも言いましょうか。

今日は大塚さんが前半スタート後に、
Momokoさんが前半終了間際に、
東西横綱揃い踏みとなりました。
どっちが東?
そりゃMomokoさんでしょ (笑)
その後Momokoさんは、午後から、日野市まで夜のライブ出演にと、
1日がかり、
弱視のMomokoさんにしては少々無理のあるスケジュールを思うと、
これはあくまで僕の推測ですが、
先週いらしてくださった観覧の方々にお礼を言いにきたのだろう、
大塚さんも、でしょうね。
仰々しいことは口から出ませんでしたが、
なんとなく、そう感じました。
そして、帰り際、
「私の友達もみんな喜んでいて」とMomokoさんが僕に、
それは良かった!
お金を払って出演して、そうじゃなかったら大変 (笑)
またお当番をお願いしました。
Momokoさんは小指をケガして、ギターは前半だけ、
次回までには治して頂き、真骨頂を楽しみに待ちましょう。
シェイカー片手にアカペラで唄った南米ベネズエラの子守歌は、
以前ライブで呼んだ、アルゼンチンギタリストのエドアルドを彷彿させ、
もう一度じっくり聴いてみたい素敵なメロディーラインでした。

エドアルドが出演したのは2年前の夏ですが、
彼が初めてAMANEに来たのは、ちょうどこのお彼岸の時期、
ある方のシャンソンライブの時でした。
もう故人です。

「そう言えば、ご主人元気かな?」
家族で故人の歌の活動を応援していました。
ご自宅は店からほんの1分か2分のところ、
道路を渡ってすぐなのですが、
今日、さわうたを終え、ふとその家に行く道の前で、
最後にご夫婦に会った日のことを思い出す、
「花屋さんで・・・」
「偶然会ったんだった」

もう2年近くご主人とはご無沙汰、
と同時に、予感が走る、
「もしかして、今日会うかも?」
そして、
駅前で用事を済ませ、細い路地に入り、
自転車を漕いでいたら、
向こうから・・・

いや、作り話だろうと笑うかも知れません。
証拠はありませんから (笑)
予感した、という証拠は。

会ったのは事実。
元気そうな姿に安心しました。
「店はどうですか?」と逆に気遣われ、
「なんとかやってます」と答えると、
「じゃ、また行きますよ」と、
「ええ、ではお嬢さんと一緒に!」

お彼岸の終わり。
故人が会わせてくれたのだと思いました。
posted by セキシュウ at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

めぐり

昨日降り続いた雨は僕が帰る深夜1時過ぎには上がり、
空を見渡すと星がたったひとつ、
「一際明るいのは金星か・・・」
あとは、晴れているはずなのにこれっぽっちも見えない、
それが都会の空です。

そんな中、よくもまああの曲を選んだと思う、
さわうたの課題曲「星めぐりの歌」
都会ではほとんど無縁の星座の歌、
でもだからこそ選んだのかもとも思うのです。

満天の星空を見たのは、もう遠い昔のこと、
帰省はしますが眺めるのは夜遅くまで友人の顔、
その後は千鳥足で帰る (笑)
星空のことなんて頭にありません。

それでも選んだことで、ブログを読み、
ちょーやさんが合唱団で唄うことにしたり、
ふりうたで唄う方が出るなど、歌の広がりが出来て楽しい、
これぞ、「めぐり」と思ったりして、
このブログもまあ役に立っている、
つまらない乱文も時には為になる、
そんな気持ちが、日々ブログに向かうエネルギーになる、
いや、エネルギーじゃない、
ネタ、ですかね (笑)
好きで書いてます。

3月8日の記事の最後に短く書きましたが、
AMANE開店来のお客様で、
はじめは毎週土曜日の夜のカラオケに、
その後、朝の水曜日のさわうたに通っていた方が、
今月初めに逝去、
8日が告別式で、朝10時から、
それに参列したお友達が今朝のさわうたにいらっしゃいました。
みなさんに一言ご挨拶したいとおっしゃるので、
今週はちょうどリクエスト、
その方の番で「どうぞ」と勧めると、
お立ちになり、ご家族からのお言葉と、故人の最後の様子をお話しになりました。
「もう一度、ここに来たいと言ってたのに」の後、
言葉に詰まり嗚咽が、
「ここが大好きで・・・」

落ち着いたところで、
「川の流れのように」をみなさんで、
今日は21名と大入り、しかも小島かおるさん付き (笑)
再度、大きな声で唄い、ご冥福をお祈りしました。
明日までお彼岸です。

夕方、よく通る小さな公園の早咲きのサクラ、河津桜がすでに散り、
緑の葉が繁っていました。
その中に、

kawazu.jpg

夕日に照らし出された花びらの散った様、
とても綺麗に思えました。
「あとは、まかせた!」
そう言っているようでした。
posted by セキシュウ at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

墓に桜に曲に

朝から予報通り雨になりました。
1日早ければ、お墓参りは躊躇ったかもしれないと思うとラッキー、
短く剪定してもらった墓地の中の紅葉の樹皮が数カ所剥げ、
素人なりに水が足りないのかとも、
今日の雨に濡れている姿に少し気が休まりました。
もはや老木と言えるでしょう。

うちの墓の、一つ挟んで、ちょうど向き合っている、
ひときわ大きなお墓は、ある芸能人家のお墓で、
墓地で見かけたことがある、
僕より少し年上の男性で、
まだあまり売れていない頃、一緒に仕事をしたことがあるのですが、
会った時は奥様連れ、
一瞬目を交わしただけで話はしませんでした。
もう30年近く経っていて、
僕は覚えているけど向こうは疑問、
案外そういう芸能人はたくさんいるのです。
僕の仕事はDJ、派手な仕事でしたからね (笑)

いずれは、その彼と、
向き合ってお墓に入ると思うと面白い、
以前父が、近くに志賀直哉のお墓があることを、
お墓に入ったら、
本人に小説のことで聞いてみたいことがあると言ってましたが、
僕も真似して、その彼に、あの時のこと覚えているか聞いてみようかと、
「ほかにも」
「あの彼女とはどうなったか?」とか、
まあ、くだらない話もあり (笑)
過去を遡れば色々あります。

今週のさわうたはリクエスト、
今日すごいのが出ました。
「同期の桜」
最近テレビを見て流れたからとか、
もちろん曲は知っていますが伴奏は初めてです。
メロディーは途中から怪しく、
お客様にリードをしてもらった (笑)

最後の歌詞に靖国神社が、
「こんな歌詞なんだ・・・」と思っていたら、
午後ニュースで東京のサクラの開花を知る、
言うまでもなく標本木は、靖国神社のソメイヨシノですね。

一方、店から一番近いサクラ、

sakura.jpg

力を蓄えている様子。

この木を見ながら曲を作ったことを思い出しました。
2012年、春のこと。
ほんの少し開花したところで激しい風雨、
負けずに咲いているのを歌詞にした、
それは、
闘病中だった茂雄に心寄せていた時期でもあった・・・

今年も花を見事につけるでしょう。
曲のタイトルは「夢のよう」
メロディーは・・・
一部あやふや (笑)
譜面がなければ弾けません。
もう5年前の、少しの期間だけ唄った歌ですからね。
posted by セキシュウ at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

チョウとネコ

昨日今日と2連休です。
ゆっくり体を休めて・・・
と言うのも、明日から4週間忙しい、
各日曜日毎にイベントが、
父の同窓会、母妹の個展、中学の同窓会と続き、
母妹の個展は仕事ではないのですが、
前回もそうだったように小間使いをする予定 (笑)
日曜に出発し一泊、翌日午前中、一緒に片付けの手伝いも出来たらと考えています。
なにしろ、はっきり言って、超親不孝息子 (笑)
超ですよ、チョー? チョウ?

で、チョウです。

02aoy.JPG

石垣に花が咲いたように留まっていました。

03aoy.JPG

胴体上部のふわふわの緑がきれい !!
「今年初めて見たかなぁ」

見た場所は、青山墓地です。
今日の午前中、
本来月曜バスケの日なのですが、
祝日で赤塚公園のコートは先客必然、
ならばとお墓参りに行ってきました。
バスケが出来ないからお墓参りなんて、先祖に失礼 (笑)

坂のサクラは、

01aoy.JPG

今にも咲きそうな感じ。
来週あたりが身頃でしょうか。

いつもの墓守ネコも。

04aoy.JPG

たくさんお参りの方がいる中、
平然と、我が物顔で歩いていました。
主でしょうね。
posted by セキシュウ at 18:40| Comment(0) | オフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

第11回アコナイ

程良い入り具合になりました。
昨夜のアコナイのことです。
出演者が7組9名、観覧が10名、
ちょうどコの字型のソファー席に収まりました。
お当番Momokoさんの堂々たる進行ぶりは、他所で磨かれたものか、元来のものか、
それだけでなく、一足先にお帰りになるお客様を店の外まで送り出したり、
合間を見てお客様のテーブルに話しに行ったりと、縦横無尽 (笑)
さらに自身のステージでは、同居の90才の母との苦労話を、
親子げんかをしながらも、
「こんな私を育ててくれた」の母への感謝の気持ち、
弱視のMomokoさんならではの、心温まるスピーチでした。

初めての方の中に、やはり同じ盲目の方が、ウクレレ帝、いやウクレレ亭 (笑)
ウクレレ亭ロータさん、
ガイドさんを伴っていらっしゃり、そのまま最後まで観ていくという、
「料金は半額かサービスしましょうか?」と尋ねたら、
「いえいえ、普通にお願いします」とのこと、ありがたく頂戴しました。

その他、オルゴールで唄うという野川小麦さんは不思議の国の世界を演出、
ピアノ弾き語りの小堀有美さんは、耳馴染みのフォークソングで優しく、
それに行志堂さん、マキさん、とんこつ君と古株組 (笑)
そして木曜さわうた来店のオオツカさん、
大塚工さんの声帯模写、漫談・・・

01あこ.jpg

実は先週いらした時、
ポロッとおっしゃった、
「2回ステージはきつい」
ネタがないということか・・・
昨日も一番早くいらして、誰もいないとき同じことを、
ちょっと困っている様子でした。

出演順にリハ、
大塚さんの番になり、ものまねなどしつつ、歌を唄われました。
ふと思いつく、
「これ、きちんとピアノ伴奏つけたら」
「ネタになるんじゃないか・・・」

2ステージ目にやりました。
ユーストリームからのダウンロードで粗いですが、
音を持ち上げ再編集したので、声は楽しめると思います。



菅原洋一さんのものまね、いかがですか?

最後は恒例集合写真。

02あこ.jpg

午後9時半過ぎには終わって、
小1時間メンバー交流を、
5月のホスト、地味綾部さんは、盛り上げ部長呑み部長 (笑)
いつもありがとうございます !!

今回はMomokoさんのお仲間がずらりと出演、
第10回とはまったく異なる雰囲気で、
女性が多かったこともあり、それもみなさん奥ゆかしい感じ、
夜のライブですが、
野外、そう、まるでお花畑の中で会を楽しんでいるようでした。
桃の花も咲きました。
ありがとうございました。

第12回はまたまた反転 (笑)
なにやら●△い雰囲気のようで・・・
これまた楽しみです。
posted by セキシュウ at 20:05| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

@裏方

@素人録音さんからコメントがありました。
やてふさんの@の、アットマークの意味は、
通常居場所を表すところを、心の居場所、心境、状態などを表したもので、
その都度変化するのがなかなかオツです。
僕でやってみると、
あまね@裏方・・・とか(笑)

そう、僕は裏方、今日は第11回目のアコナイです。
一ヶ月に一度にしたら、なんかすぐにやってくる感じ。
ついこの前、大入りすし詰めでヒーヒー言ってたはず (笑)
矢崎さんホストの回でした。
あれは、矢崎さん自身仰っていたように、ご祝儀、
日頃お世話になっている、お世話している方々が、
主催する矢崎さんの応援に大勢かけつけたからで、
しかもAMANEという店自体どんな店か興味があったのかと思われます。
よく言うところのビギナーズラック、
これに限らず、
恒太先生によるプチコーラス、父の古典講座など、
スタート時は大人数で座りきれないくらいでした。

さて、今日はどんなものでしょう。
5月のホストをお願いしている地味綾部さん、
ジミー綾部?(笑)こそ、
やてふさんコメントのいっぱいお召し上がりになる方、
今夜もお召し上がりになるか (笑)
Momokoさんの執事役は行志堂さん、
みなさんで協力して、きっと楽しい会になることでしょう。

通勤路に白木蓮が咲き誇っています。
昨日、ふと見上げたら、

ひよ.jpg

鳥がついばんでます。
くちばしや脚の色からヒヨドリ?
一心不乱に食べてました。
こんな都会で・・・
彼らも必死に生きてますね。
ヒヨドリ@必死、ですかね (笑)
posted by セキシュウ at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

明日のアコナイ

天気は良いのですが、まだまだ寒い、
今日のふりうたのお客様は完全冬服、
外を見てもマフラーを巻いて歩く人、
中には春らしい軽装もいますが、
そういう人は体温が高いのでしょう、羨ましい (笑)
僕は平熱が36度くらいです。

明日もこんな陽気が続くとか、
それでも雨じゃなくて良かった、アコナイだからです。
お当番のMomokoさんは弱視でギターを担ぎ、
初登場のオオツカさんは全盲で大田区から、
雨は厄介でしょう。
お天気に恵まれそう!
日頃の行いが良いのは、Momokoさん?
あ、オオツカさんもか (笑)

さわうたのお客様も観にいらっしゃる予定です。
復習しておきましょう。
まず、開場時間は夕方5時30分です。
スタートが6時。
料金はドリンクの注文時に、
チャージ500円プラスドリンク代、
生ビールなら500円プラスチャージ500円で・・・
計算、できますね (笑)
ドリンク追加は、その都度清算です。
たくさん飲む方は伝票で後清算でもオッケー、
やてふさんなどは、いつも伝票ですが、
明日は欠席、ハイブスさんのレコーディング、
そう、いよいよ自主制作でCDを出すとか?
とても楽しみです。
1曲くらい、かませてもらおうかなぁ・・・は単なる思い込み (笑)
おっと、話を戻して。

7組のアーティストが、下記の順番で、約10分ずつ演奏します。
入れ替わりの時間を考えると、全行程1時間45分くらいか、
それが2ステージ、
予定では9時30分から10時の間に終わります。
1ステージだけ観て帰っても良し、
好きな時に来て、好きな時に遠慮なく帰れるのが特徴です。
料金もチャージ500円と安い、
ただしその分、出演者が気持ちよく演奏できるよう応援を、
みなさん社会人で仕事をしながら音楽を、
四六時中練習しているわけでもないでしょう、
演奏中ミスなどもあるかもしれませんが、
温かく見守ってくださればと思います。

音楽の技量を競うイベントではありません。
音楽で交流を図るイベント。
AMANEのアコナイを通して、
人生を豊かにして欲しい・・・
なんて、カッコつけ過ぎ?

第11回【独占:大人の弾き語りタイム♪アコースティック・ナイト】
2017/3/18(土)開場17:30〜 開演18:00〜
【出演メンバー】出演順です!
Momoko(ギター弾き語り)
野川小麦(オルゴールとピアノ弾き語り
ウクレレ亭ロータ(ウクレレ弾き語り)
小堀有美(ピアノ弾き語り)
大塚工(声帯模写)
とんこつ君(ボーカル&ギター)
そらいろサウンド(ボーカル&ギターデュオ)


ご案内だけだったので、ちょっとオマケ。
写真ですよ。
と言えば〜 (笑)

take.jpg

春らしく、キリッとした姿。
今日は彼岸の入りですね。
posted by セキシュウ at 19:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

仕事と創作と

昔話に同級生話と、あたかも仕事をしていないようですが、
してます (笑)
今週は火曜日がプチシャンソンで忙しく、
さわうたも順調にアベレージ17名ペース、
昨日、今日と新しい方も見えて、嬉しい限りです。

ですが、やっぱり心の中では、
「今がマックスだろう」と思っている、
それがつい口から出てしまったのが今朝のこと、
心配に思ったお客様が真顔で、
「そんなことないわよ」と慰めた?(笑)
ちょうどドリンクを出し終わり、ピアノに向かおうとした時のことでした。

そのままそのことには触れず、
しばらくいつものように唄います。
お客様は唄いに来ているのですから、
僕のつまらない話で白けさせてはならない、
何曲か唄って、一息いれるタイミングで世間話です。

その話をまた持ち出しました。
「商売とは、そんなもので」
「良い時代は長続きしない」
例え話として、AMANEの開店当時を、
連日連夜賑わっていたと、
ところが、数年経ったら、3年くらいか、
「ずいぶんお客様が減りまして・・・」
ついでに冗談半分、
「ほら、僕、態度悪いし」と、
これまた面白い出来事を交えつつ説明しました。
そうしたら、
「そんなことないわよ」と慰めてくれたお客様が、
手を叩いて大笑い、よくご理解頂いたようで (笑)

よく、と言えば、よくちゃんから久しぶりにコメント、
ニモのパパからもいただき、コメント欄が賑やかになりました。
ニモのパパの文中には、
卒業後、広島で再会し、それ以来良い関係がと、
よくちゃんと僕については、高校の同窓会繋がり、
50才がスタートでしたが、それもかれこれもう4、5年、
印象深かったのは、地元山口のパーキングで偶然会ったこと、
よくちゃんが江戸金のラーメンを食べた後だったはず・・・
元気で何よりでした。

50を過ぎればいろいろありますね。
「元気にしてるかな?」
一昨日から昨日にかけての雨に、
またまた創作欲が (笑)
お耳汚しですが、どうぞ。



「あれから貴方」
3月の雨に浮かぶのは貴方の顔
あれから貴方はどうしていますか
元気ならいいです
返事はいりません

思い出すあの瞳
透明の傘に音もなく雨が当たる
雫がひとすじ涙に変わる
3月の空に悲しみの幕が下りる
僅かな隙から薄日が覗く
あれから貴方はどうしていますか
posted by セキシュウ at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

1枚のハガキ

3月も半分、変わりなく無事に過ごせています。
無事にとは、意味ありげな言い方、
そう思ってしまったのは、
2日前に届いた保健所からの1枚のハガキ、
内容は、店の飲食店営業許可の有効期限が5月いっぱいで切れる、
「やっと来たか・・・」
営業許可書を出して、待っていました。

有効期間は7年、
2010年に一度更新し、新しく発行し、
古いものの上に綴じてあります。

17155944_1391589544249041_3394249098174813357_n.jpg

これを見ていたら、
営業者の住所が、かつてやっていたカラオケボックスのものと気づく、
と途端、その頃のことが頭の中を駆け巡り、
最後の頃は苦しかった、彷徨っていた、
「あれから14年・・・」
よく今こうしていられる、
「呑気に」
「ピアノなんか弾いて」
「商売できている」
無事に、です。

今度集まる同級生のひとりの言葉が、今でも鮮明です。
このブログにも書いた記憶がありますが、
そちらは鮮明でない (笑)
彼が初めて店に来て、
同窓会で集まった2003年7月のことですが、
以降やりとりしたメールに、
「関くんは、東京で店を開いてすごいね」とあったのです。
そのときは、
「え?」
なんでと思う、
失礼な言い方ですが、
東京の外れの方で、小さなスナックのような店一軒、
「全然すごくないよ・・・」
もっとあちこちでやっていた、
西麻布には事務所を構えていた、
それがダメになって・・・

AMANEを開店した頃は、
今のようにピアノを自由に弾けるなんて夢にも思わない、
グランドピアノを配してみたものの、
ただの客寄せパンダ、
営業的には、呑んだくれ相手の (笑) カラオケスナック業態だったのです。
当時は自分も呑んでやってましたっけ。
ですから、
「何か、すごいことをやっている」なんて感覚はない、
売上だって、
かつて手掛けた店の1日分が、AMANEのひと月分だったりする、
「こんなので大丈夫か?」
それが正直な気持ちでした。

14年、あっという間でした。
今回ももちろん更新手続きを、
次の7年のスタートです。
無事にゴールできるでしょうか?
1日1日を積み重ねるのみです。
posted by セキシュウ at 17:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

続く同窓会

同級生で盛り上がり、あいすいません (笑)
あいすいません、
正確には、あいすみません、
相済む、の否定形ですが、あいすいませんの方が語呂がいい?
は、どうでもいい話 (笑)
ニモのパパが出るまでもなく、
男子の同級生がわかって良かったです。

結局その日は、新顔が持て囃されるパターンは毎度のこと、
彼からカラオケがスタートし、
みんな大して唄わなかったけれど、
最後も彼で締める、
それも荻野目ちゃんの (笑) ダンシングヒーローとは懐かしい、
盛り上がってお開きになりました。
バブル絶頂期の歌ですね。

これに始まり、店では同窓会が続きます。
今月最後の日曜日は、父の大学のクラスの同窓会、
初の試みでどうなるか、十数名の参加予定です。
4月の第2日曜日は、今度は僕の中学の同窓会、
これもまた十数名の参加予定、
55歳の節目に久しぶりに広く集合をかけました。
遠くは福岡から来る予定・・・
ダンシングヒーローの彼のように (笑)
地方から出張ついでにAMANEに来ることはあっても、
大抵はバラバラ、
みんなで、一同で店に集まるというのは、滅多にないことです。
中学の同窓会は、恩師がいらしたときや、茂雄が来たとき、
盛んだったのは10年くらい前のことですね。

茂雄と言えば、
闘病中に植物を愛でていたのが思い出されます。
中学時代から想像すると、
「え? そんなキャラだっけ?」と驚くのは失礼か (笑)
でも正直意外でしたが、
前も書いた通り、今となってはよくわかります。
昨日のチューリップに目が行くくらいですからね。
以前はスルー (笑)
好き、嫌い、
興味ある、ない、じゃなくて、
ついつい眺めてしまう・・・
しかし決して深く知ろうとは思わないのが、
まだまだ未熟なところでしょうか?

昨日は月曜日恒例バスケへ、
梅が咲き誇る駐車場の裏のスペースに、
一本の、わりと背の低い木が、
それはそれは美しい花をつけていました。

ume.jpg

豊後梅。
3月の曇り空が妙にお似合いでした。
posted by セキシュウ at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする