2017年04月25日

伯父

まあ単に偶然なのでしょうが、
ボールが挟まり、何かが起こるの予感は的中、
どうだ、すごいだろ! (笑)

と、ふざけている場合ではありません。
今朝、店に来たら母からファックスが、
メールを見たら、母のすぐ上の兄、二番目の伯父からメールが、
いずれも同じ内容、訃報でした。
順番に・・・
と言えばわかるでしょうね。
一番上の伯父が亡くなったのです。
急いで母に電話して、詳細を確認しつつ、
「いくつだっけ?」と聞いたら、
「88かしら?」
まあ、そんなもの (笑)
男で米寿なら、大往生というところでしょうか。
病に伏しているとも聞いてませんでした。

母は5人兄弟、父は4人兄妹で今まで皆が健在、
もうそろそろ誰かと思っていましたし、
先日、母妹の個展があった時、
大きな胡蝶蘭が、「母の兄弟一同より」と贈られてきて、
それが開催日の3週間も前で、
母たちは、「何で?」と言ってましたが、
僕は「急いだ理由があるんじゃないの?」と、いつもの得意の思い込みで返事 (笑)
幸い個展の前の逝去にはなりませんでしたが、
僕の思い込みもまあいい線いってたということです。
何かが知らせる、というのはあるはず・・・

しかし親戚付き合いは不義理です。
父方は、叔母さんのご主人の葬儀で会った以来なし、
母方なんて、記憶が正しければ祖母の葬儀以来ですから、
もう25年前のことに、自慢できることではありません。
ですが、今の世の中、みなそれぞれの時代、
親戚付き合いが常々あるというのも珍しいのかと思ったりもします。
子どもが小さいうちは別でしょうけれど。

まだ僕が子どもの頃、
母方の兄弟が福生の祖父母宅に集まって、
もちろん僕含め子どもたちも、
いとこの中で年上だった僕は、
ずいぶん偉そうに仕切っていたことを、周りを小馬鹿にしていたことを、
今朝のさわうたでピアノを弾きながら思い出しました。
一番下の叔父の結婚式では、確か中学生だった、
バスケの突き指を理由に、
余興のピアノ演奏をズルしてパスしたことも思い出しました。
「周はしょうがないヤツだ・・・」
母の兄弟は多分そう思っていたでしょうね。
現に、祖母が亡くなる時、病院で母に、
「周が一番心配」と言ったと、
後で母から聞いたということは、以前にも書いたと思います。

人は変わることはできるでしょう。
しかし、過去の、体たらくを忘れることはできません。
伯父の訃報に、我が人生を思いました。
明後日の通夜に、父母と参列します。
posted by セキシュウ at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

ボールが

大型連休前だからか、新年度、落ち着いたからか、
あれこれ連絡事項で忙しくしています。
重なるときは重なる、
何かが動くときは一緒に他のことも動く、
不思議ですね。
ついでに、夜、開店後即、お客様がバタバタと、
「ありゃ」
「ブログ書く暇が」
いやいや、仕事が一番さ (笑)

こんな時の為に、ネタは準備してあります。
それも旬な、
今日の午前中の出来事、
月曜日恒例、赤塚公園バスケでのこと、
シュートを打ってたら、

ボール.JPG

「おおっ!」
破れたネットの間にボールが挟まった、
これ、結構めずらしい、
長年やってますが、そうあることではありません。
「こりゃ」
「何かが起きる前兆・・・」
また大袈裟な (笑)

悲しいことに、ジャンプしては届かないので、
落ちていた木の枝を使ってつつく、
スタッと飛んで落とせばかっこいいのにね〜(笑)
もう年です。

でもシュートは年関係なし、まあまあ健在ですよ。
「もしかして」
「もう一回挟まらないか」と動画を撮ってみたのですが、
10分くらいやっても無理でした。
やっぱり、破れたネットにボールが挟まるのは珍事。
(結局、帰るまで挟まらず)

せっかくですから、撮った動画、
入っているシーンを短く。
連続6回ですから大したことはないのですが・・・
どうぞ。

posted by セキシュウ at 23:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

予習とチョウ

4月も残り一週間、そして今日が今月最後の休みです。
朝から澄んだ青空で、お出掛け日和とはこのことか、
しかし特に予定なし、ゆっくり起きて内職に勤しみました。
水曜日、独唱会の、圭未歌唱の譜面作りと、
翌日曜日、青木FUKIさんライブの音源試聴、
こちらは、動画サイトにご本人のがたくさんアップされているので、
予定演目とにらめっこしながら、じっくり曲の雰囲気や構成やキーをチェックしました。
いわゆる予習です。
明日夕方に、ご本人と簡単な音合わせ、
その前に、ある程度曲を知っておかないと、迷惑がかかってしまうからです。
相変わらず、弾いたことない曲だらけ・・・(笑)
小椋佳さん作曲のオリジナルもありましたよ。



ピアノはご存知上里知巳さん、米田まりさん経由で知り合いましたが、
シャンソン業界では著名なピアニストです。
日野美子さんや水織ゆみさんなども、上里さんのピアノで唄ってらっしゃいますね。
同郷、山口県の誇り!エース!(笑)

予定演目のほとんどは未経験ですが、
こうして事前に音源をチェックできるのは、
しかも動画を観ながら雰囲気まで味わえるのはとても便利で、
ただ一枚、譜面を出されて弾くよりも格段に好条件です。
歌詞の内容も吟味でき、
どんな場面で、どんなことを訴えようとしているのか、
自分なりに想像してみることもできるのです。
良い時代になった・・・
あとは、きちんと弾くだけ。

せっかくの好天、日中、買い物に外に出ました。
近所の公園で足を止める、
(どうしてかわかりますね?・笑)
「誰かいるかな」

ひらひらと白いものが、
「あっ、チョウだ!」

01cho.JPG

白のパンジーに留まっています。
近付いて、

02cho.JPG

懸命に蜜を吸っているのか、逃げません。
やがて、やっと気付いたか吸い終わったか、飛び立って、
遠くに行ったかと思うも、じっと待ってたら、また戻ってくる、
これ、チョウの傾向ですかね?

違う花に留まって、

03cho.JPG

白と白の競演。
奥の紫や黄色や赤も、光に照らされとても鮮やかでした。
posted by セキシュウ at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

イチョウ

天気予報通り午後から雨、夜は本格的になりました。
明日は休み、
明後日からまた2週間連続で仕事になります。
その間、昨日記事で案内した独唱会、
土曜日は都留市ボランティアまつり、
日曜日は、初登場、青木FUKIさんのソロライブと催し多数、
ただ翌週はカレンダー通り夜は休むので、
プラマイ0 (笑)
帳尻が合うという感じでしょう。
5月3・4・5日の夜の営業はありません。

その辺りになるとどうしても思い出してしまうのが、
2012年の小高い丘のレコーディングのこと、
そしてその後アニメーションを仕上げるために、
毎日2、3時間睡眠で仕事していたら、
或る日突然、起きたらめまいが、
生まれて初めての経験に、「もうこれは・・・」と思ったのですが、
頭に良性のつく、なんでもないめまい (笑)
専門の美声氏に、涼しい顔で体操を教えてもらったのは、
もう5年前のことになるのです。
「あゝ、あれからずいぶん時が過ぎた・・・」

何も変わっていないのは、良いことなのか悪いことなのか、
少しは進歩したのか、
いや、進歩なんて今更意味があるのか、
この先、何をどうするのか、
目標は?
などなど、ない頭で、ない実力で考えてみたところで、
答えなど出るわけがありません。

昨夜、カウンターの後ろに置いてある、
父からもらった中原中也の古い詩集をパラパラ見ていて、
後期の、未刊の、
多分もう死が近い頃の作品を、
旧字体と、薄くなった印刷と、僕の老眼で (笑)
どういう意味か理解できずも単語を追っていました。
「叫んでいるなぁ・・・」
もう、なんというか、
それしかないのだろうという、
やり場のない、
それこそ、答えなどない創作。

思わず息苦しくなって外に、
ふと目の前の街路樹を見たら、
短く刈り込まれた幹、枝に、緑の葉が、
「これは・・・」

写真に撮ってカウンターに座り、詩を。
暇ですね (笑)
でも、なぜか、すっきりしました。

イチョウs.jpg

イチョウ

花瓶の水が減っていくように
今日という日が減っていく
摘まれた花が懸命に咲くように
選ばれし人たちが咲いている

遮るまでに伸びた街路樹は
何の迷いもなく突然切られ
痛みすら感じる間もなく
裸の冬を静かに過ごした

そして今君は
その凛々しさを全身に纏い
明日という日を向かい撃つ
満たされる未来に向かって
迷うことなく怖れることなく
posted by セキシュウ at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

第19回独唱会

相変わらず音の海の中を泳ぐ生活が続いています。
一曲5分として、一体何曲弾けばいいのか、
五線譜にしたら何小節、音符の数なら何個、
途方もない数、
音符が水滴なら、海に筆頭する数ではないか?
だから音の海・・・
などと今日もくだらないことを書いて (笑) スタートです。

一曲一曲に作者の思いが込められているのが、
また面白くも重くのしかかる、
その気持ちになってみると、意外に人生の機微が見え、
思わず自分勝手な想像で、
歌う方にアドバイスしたりするのは、ふりうたでもよくあること、
「あくまで僕の思い込みですが」を前提に、
熱く持論を語るのは、よせばいいのにと自分でも呆れます。
妙に理屈っぽい (笑)

そんな感じで、ふりうたで練習してきた方の発表会が、
「独唱会」の名のもと開催され今回が19回目、
来週の水曜日の夜に迫りました。
出演は7名、2曲ずつ唄います。
プラス、応援にいつもの松本圭未が、自身も2曲、
さらに今回は、今まで独唱会に参加し、
今月頭、惜しくも逝去された「寿々」さんのプチ音楽葬、
一曲、録音音源を流して偲ぶ企画も、みなさんの歌唱後に考えています。

第19回独唱会
4月26日(水) 19時30分開場 20時〜22時
観覧 2,000円 1ドリンク付き


音楽葬と書きましたが、
湿っぽくはならないでしょう。
ご本人も我が身を察し、身辺整理をされたと聞きましたし、
最後の最後まで、周りの兄弟親族の世話に明け暮れ、
また、好きな歌を唄って笑って過ごされてきたのです。
若くしてご主人と死別、
ようやくそばに行けると、安らかにこの世を去ったのではないでしょうか。

昨日、通りがかりの八重桜が、遠目からでも美しく、
思わず近寄って見上げました。
隣には紅葉。

03ni.JPG

仲良く空を分け合っています。

で、なんで通りがかった、
遠目からってどこからか・・・

ここから。

02ni.JPG

「後ろ、綺麗だよ」
posted by セキシュウ at 20:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

3曲ずつ

シャガは覚えていましたが、
近頃なかなか単語や名前が覚えられない思い出せない、
「あれあれ」「それそれ」になってきています。
単語は支障はないとして、
名前は、特にお客様のお名前は重要、
いつも冷や汗をかきながら思い出しています。
ギブアップすることも多い (笑)

さわうたでは、頭の体操ではありませんが、
お客様のリクエストを3曲ずつ引き受ける、
筆記したりしないので、それすら忘れることがあります。
「えっ?」
「たった3曲なのに」と思うでしょうが、
ただお客様に聞くだけでなく、会話をしながら、時にいじりながら (笑)
その後、順次弾いていく、
これも全て暗譜で、記憶を辿りながら、
簡単な曲では別のことを考えたり、
そうこうしているうちに、
「えっと」
「△■さんは、何でしたっけ?」(大汗)となるんです。
度忘れ、というやつでしょうか。

こういう時はお客様が助け船、
近くに座っている方が囁いてくださったり、
本人がヒントを出してくださったり、
なるべくそうならないようにしているのですが、
こればっかりはどうしたものか、
気が緩んだとき、何か突発的なことが起きたとき、疲れているときなど、
突然、予告なくやってくるので厄介です。

弾いている最中に、思いだせなくて焦ることもしょっちゅうです。
1曲目を弾いているとき、
残り2つのうちの1つがどうしても思い出せない、
どなたのリクエストかはわかっているので、
その方の顔、その時のシーンを振り返りながら、
「ええっと」「ええっと」と、
ついに思いだせないまま1曲目を終了、
続いて2曲目、
まだ考える、1番が終わり、2番が終わり、
「まずい、まだ思いだせない」
3番になって、
「あっ」
「あれだった!」
心の中でガッツポーズ (笑)
涼しい顔して3曲目〜、なんてこと、よくあるのです。

こんな調子ですから、
その他の業務でも「しまった」が結構あって、
書くなりなんなりしてチェックしていかなきゃと思う今日この頃、
愛用しているiPadには便利な機能もあるんですけどね・・・

iPadと言えば、
昨夜、妹の絵に触発されて、僕も指描きしてみました。

01ni.jpg

しかし描けば描くほどわかりますが、
妹の鶏たち、動物たちには表情がある、
漫画のセンスなのでしょう、
僕には到底真似できません。
描き続ければそのうち・・・でしょうか。
その意味はある?
はて?
ま、至ってどうでもいいことですね (笑)
posted by セキシュウ at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

シャガと

昨日不調と泣いたからではないでしょうが、
今朝のさわうたは大入り、21名ですから、
まあ笑ってしまいます。
一喜一憂も恥ずかしいところですが、
でも仕方ない (笑)
綺麗事を並べても所詮は商売、結果がきちんと出てきます。

言いたいことが言えないのは、
誰しも生活がかかっているからで、
一昨日の水織さんとのシャンソン教室でも合間にそんな話、
「自分の主義、思想がずばり言える人はいいわね」と、
「わたしには・・・」
人気稼業、極端な発言はファンを逃し、
自分の仕事に大きく影響する、
そうでなくても歌手の世界は厳しい競争を強いられているのです。

僕もそれは同じで、
好き勝手しているように、言っているように思われがちですが、
これでもブレーキはかけています。
「それで?」と怒られるかな (笑)
最低でも家賃、水道光熱費、カラオケレンタル代等、稼がねばならない、
その為に、
「これは如何なものか?」と思っても、発言は避ける、
時々は言っても、差し障りのない方の前でだけです。

さわうたは、わりとその辺りは緩い時間帯で、
少々危険な会話もオッケー (笑)
みなさん、僕のことをよく理解していますし、
年も上、にこやかに流してくださいます。

今日のリクエストで最後に回った方が「花言葉の唄」を、
「アマネさんに来なければこの歌に出会わなかった」と仰いました。
その方のとても大好きな歌なのです。
そうですね、で終わればよかったのですが、
つい口が滑る、
「そんなことを言ったら」
「僕なんて」
「この店をやらなかったら」
「何にも知りませんでしたよ」
何百、いや何千と知っていると思われる曲の数々、
それはすべて店を始めて、いや、さわうたを始めて覚えてきたものです。
「もし」
「それがなければ」
「今頃そこらで・・・」
の後は書きません (笑)

夕方、買い物へ。
いつも通る公園に、

01sha.JPG

白い花と黒いもの (笑)

花に覚えがあります。
クロが逃げないようにゆっくり近づいて、

02sha.JPG

手とスマホの影が写ってる (笑)

影のことなど気にしてられません。
それより、日光が強すぎて花の白が飛んでいる、
露出を絞って、

03sha.JPG

うん、影は残念だけど、
花びらの模様ははっきり写りました。
「シャガだな・・・」

植物は詳しくありませんが、
これは、妹が過去に描いていたのと、
珍しい名前だったので、覚えていたのです。

妹の絵。

04sha.jpg

楽しそうです。
こちらはシャガと鶏、
僕のはシャガとクロでした。
posted by セキシュウ at 20:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

保健所の方が見えて

ここ1週間の不安定な陽気のせいか、
このところの朝の営業、さわうたは少人数です。
と言っても14、5名ですから、以前はこの程度、
最近は17名アップだったので、やけに少なく感じます。
水商売、これはつきもの。
その分、先週夜、団体さんがいらしたり、
昨日は水織さん講師によるシャンソン教室で忙しく、
なんとか穴埋めしながら売上維持しているというのが実情です。

先月の半ばに記事にしましたが、
保健所の営業許可更新手続きの件で、
先週、今週と少々時間を割いています。
先週木曜日は、北区保健所へ、1時間半ばかりの講習と手続き、
そして今日の午後は、保健所の方、正確には「食品衛生監視員」さんによる、
設備検査がありました。
申請内容に違いがないか実際に確認するのです。
期間中に造作を変えたり、設備を変更したりすると、
再度申請をしなくてはならないのですが、
うちの場合は前回、7年前と変わってないので、
確認作業はあっという間に終わりました。

有効期間は、うちの業態の場合は通常6年か7年、
その違いは、どれだけ食品衛生に設備が適しているか、すなわち安全かで、
例えばキッチン内に空調設備があるなしで、年数が変わる、
あれば食品の取り扱いは安全であるとなり、7年適合とされるのです。
うちはあります。
大したフードを出さないのにね (笑)

これは大家さんがご自身で経営されていた頃の産物で、
物件を借りるときに、
「ずいぶん贅沢な内装と設備だ」と感心したのですが、
こういう許認可の面で役立つとは思っておらず、ラッキーでした。
何しろバブル期、平成元年に大家さんが開店した物件なのです。
それから何年?
エアコンを入れ替えたり、冷蔵庫を買い換えたり、電球を取り替えたりしていますが、
什器備品はそのまま、
いかにしっかりした材料を使って店を作ったのかわかります。
良い物件に当たりました。

先週、北区保健所の講習に参加し、更新店舗だけの講習会とか、
その参加者がそれなりにいて、
「ずいぶん更新する飲食店が多いんだなあ」と、
継続は厳しいとされている業界にしては意外な状況に驚きました。
その算出方法は、実に単純で、
月一回講習会参加数×12ヶ月×6年=6年間に受講する店舗数
これを、実際の北区の飲食店舗数で割れば、
ざっとですが、何パーセント更新するのかが、
目安としてわかると思ったのです。
ただ問題は、飲食店舗数がわからない、ネットで検索したら、1,000から2,000くらいか、
多めに見て2,000とし、
算出した6年間の受講店舗数1,200と見比べて、
「半分以上だ・・・」
「開店して数年で潰れる店が多いと言われているのに・・・」

今日午後、監視員さんがいらして、
早く検査が終わったのを良いことに、
思い切って質問を、
「今、北区で飲食店ってどれくらいありますか?」と尋ねてみました。
「6,000です」
またまた驚く、
「そんなに!」

でも説明を聞いて、前述の僕の算出方法は無意味だったことが判明、
まず、講習会に出るのは任意なので、全体の半分だとか、
そしてこれからが肝心なのですが、
飲食店の営業許可は、
例えばコンビニもとっている、
それは調理したものを販売するからで、
惣菜パン、サンドイッチなどを売る店もそう、
移動販売、屋台などもそう、お弁当屋もそう、
その総数が北区管轄で約6,000なのです。

こんなことも教えてくれました。
「その6,000店舗が、年700から800入れ替わるんです」
なるほど、約1割強、
1年の間に閉店し、また新たに開店する、
これまた単純計算ですが、
10年経てば、延べ7,000から8,000入れ替わる、
総入れ替えになっているという話です。
「やっぱり長く続けるのは厳しいんだな」

あくまで机上の空論です。
ただ掛け算割り算で出すのはナンセンス、
何十年と長くやる店もあれば数年で閉める店もあり、
年1割強で入れ替わるのは数年組が圧倒的に多いのは、
まず間違いないでしょう。
うちはその組には幸運にも入らなかった、
あとは、もうどれだけ粘れるかでしょうね。

おかしな話ですが、
これだけ長くやっていても、この先どうしようか迷います。
やればやるほど、とも言えるでしょうか。
やめて初めて結論が出るとか?

そんな気はさらさらありませんが (笑)
更新など節目のときは、どうしてもこんなことを考えてしまいますね。
誕生日、記念日・・・
みなさんにも経験があるのではないでしょうか?
posted by セキシュウ at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

特典

今日はまた落差のある天気でした。
朝から暖かく、いや暑いくらいは昨日に引き続き、
昼頃から風が出たと思ったら、
ポツリポツリ、夜にはしっかりした雨に、
真夜中はさらに激しくなるとの予報です。
そんな時間まで・・・
今夜も作曲、深夜弾きしてしまうのか (笑)

今夜も、とは、
実は久しぶりのオフの昨日の夜、店で翌日の準備を軽く、
その後、ふと創作意欲が、
前夜のアコナイの影響でしょう、オリジナル曲を作りたくなり、
五線譜に向かってしまいました。

ちょうど東京で今年初の夏日を観測したとか、
それにちなんで何か作りたい、
そして、桜が散ることも含めて・・・

歌詞だけ紹介します。
こんなことをして、
どうなるわけでもないのですが (笑)
そんなことを言ったらブログだってそう、
まあ、気ままに、楽しく。

歌詞の最後に特典がついてますよ。

「風と夏日と」
君のことを好きになるなんて
とても簡単なことだった
目と目の合図で通じ合った
だけどそれはその時かぎりで
それ以上は望まずに
心に仕舞った記念写真
春の夏日の祭りのあと

桜の舞う街の片隅で
あの日のこと思ってた
背中を誰かが不意に押した
風のいたずら

「特典は?」
これから。

君のこと。

01si.jpg

目と目の合図で。

02si.jpg

眠そうです (笑)
posted by セキシュウ at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

アコナイ12

都内は今年初の夏日、Tシャツ一枚で十分な暑さでした。
今日はオフですが昼過ぎ店に出勤、
パソコン作業を少しやった後、赤いトレー、お盆ですが (笑)を持って、
十条仲通り商店街の蒲田屋さんへ、
昨日、おにぎりを配達してくれたからです。
お盆を返却にいきました。

アコナイ名物、というか、完全におにぎりで出演者観客を釣っている (笑)
蒲田屋さんとのコラボ (?) イベントで、僕が当日一番にやることは、
おにぎりを注文しに行くこと、

00ak.JPG

昨日も賑わっていました。
先日 MomokoさんがFBでテレビの画面を投稿、
「十条のおにぎりやさんだー!」とありましたから、
またテレビに出たのでしょう。

奥のコックコートが店主、
二代目社長で、僕の注文を書いているところです。
電話でももちろん良いのでしょうけれど、
なんとなくショーケースを見てみたくなる、
変わり種があれば、それも、と、
あと、どんなのが売れ筋かもわかります。
昨日は「五目いなり」が売り切れでした。
人気なのでしょう。

01ak.JPG

配達は午後4時過ぎです。
営業中、何度か補充するのでしょうから、遅く持ってきてもらう方が新鮮、
みなさんが食べるのは6時以降なので、なるべく良い状態でと考えてのことです。
昨日はタクアンをサービスでつけてくださいました。
ありがとうございます!
「店でライブをやるときに出すんです」
「遠方からの方も多く」
「なかなか食べられないので、みなさん喜んでますよ」と、
この日初めて、どういう方たちが食べているのかを店主に話しました。
自分が作った物が、誰の口に入り、どんな評判だったか、
テレビで取り上げられ有名になったからといって、
気にならないはずがない、まして、二代目社長です。

1ステージ目が終わった休憩時間には、

02ako.JPG

30個完売、
遠慮して1個しか食べなかった方もいたようで、
「もう少し頼むべきだったか・・・」
注文数はなかなか難しいです。

アコナイで読めないのは、観客がどのくらい来店するかで、
今年最初の第10回では、
ホスト矢崎さんの声かけが強力 (笑) 入りきれないくらいの観客で、
オペレーションに大わらわ、
今回もまったく予想がつかない、
「まあ、そんなには」と思っていたのですが、
うれしい悲鳴、あおられるほどではなかったけれど観客12名は、本当に、おかげさまです。
次回ホストの地味綾部さんが、
職場が変わって忙しい中かけつけてくださり、
さわうたのお客様もお二人、
その方達が途中でお帰りになった後、

03ako.JPG

集合写真。
前方が出演者です。

個々の演奏は、いつものようにユーストリームの「録画ビデオ」で見られます。
(パソコンのみ対応、スマホやタブレットでは見られません)
ユーストリーム・チャンネル

ホスト、ゴトーさんのセレクトは前回もそうでしたが今回も実にユニーク、
楽器は全員ギター、
にもかかわらず、それぞれがこんなにも違うのかと驚く、
それぞれに個性が活かされていて、全く飽きることがありません。

新しい方お二人、黒田さんは、数日前よりアンプの問い合わせが、
こちらでも用意があると伝えたにもかかわらず、持参してくださり、それが正解、
店置きのとお好みで分けて使うことが出来ました。
アコギ用のアンプはいつも行志堂さんが用意してくださるのですが、
昨日はなし、仕事で腰痛が酷くなったとのこと・・・ご自愛ください。
お互い、もう若くはない (笑)

新しい方のもうひとり、Yutaniさんは、
後で知ったのですが、ライブ後に仕事だったとか、そんな中参加、ありがたい限りです。
ゴトーさんを凌ぐかのような歌詞の鮮烈さ、
「イタリアの歌を唄います」と言って、
スパゲッティーだパスタだと、イタリアの食、食材を並べただけの、
人を食ったような曲には、まさに全員食われた (笑)
「食糧問題を」と言って、某大手ハンバーガーチェーンのメニュー、
いやいや、この発想は、歌詞だけ読めば子供だましなのですが、
メロディーに乗って唄えば、立派な作品として輝く、
やりますねー。

ゴトーさんの「職場」をパロディった「ショック・バー」も負けてない、
毎回、笑わせてくれます。
「もしかして」
「Yutaniさんと同じ回路が・・・」
「同類項?」(笑)

コミカルな方たちばかりではありません。
前掲の黒田さんは、ユーミンの曲を力強く歌い上げたり、
2度目のみっちょんは紅一点、
ご主人がドラマーだからか、リズムボックスを利用しての工夫した演目を、
タジマさんも2度目で今回はサングラスなしの可愛いおめめ (笑)
渋い声が健在でした。
ネコ好きの竹村さんは、重い病気から社会復帰された方で、
今回は僕にも思い入れのあるスガシカオさんのデビューアルバムから1曲、
カラオケボックスをやっている頃よく聴いていたアルバムで、
とても気に入っていたので、「同じ感性だ」と親近感を抱きました。
そうでなくてもネコ好き (笑)

御大、行志堂さんは、先日ブログに書いた、やてふさんと危険取引した (笑)フルアコで登場、
「ピアノはやらないんですか?」の僕の問いに、
「今回は、これ1本でいきます」と真剣勝負、
夕方一番に来て入念にサウンドチェックをしていました。
本番にはマキさんも駆けつけ、おにぎりを美味しそうにほおばっていましたね。

今回のアコナイもまた楽しい会でした。
12回を終えて思うのは、
アコナイで演じられる方ひとりひとりの魅力の他、
みな総じて「上手い」
何が上手いか・・・
演奏もですが、それよりも、
「音楽の楽しみ方が上手い」
これはとても大切なことだと思います。
社会生活を積みながら、自分なりに培ってきたものでしょう。
誰に教わるものでもないのです。

これからもアコナイをよろしくお願いします。
音楽をこよなく愛す方々を、真心込めてお迎え致します。
posted by セキシュウ at 19:29| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする