2018年06月17日

アコナイド○

昨夜のことを書くか今日のことを書くか、
はたまた新しい草原のことを書くか、話題豊富で迷うところ、
贅沢な悩み?(笑)
まずは冷めないところで今日のアコナイにします。
と言っても昼、アコナひ。

終わっての集合写真が日の長さを物語ります。

002oni.jpg

夕方5時半、あいにくの曇りでしたが、真っ昼間のようです。
外に出た矢崎さんが、
「明るいですね〜」と、ギターのコードが垂れてますけど (笑)

アコナイでは年長の矢崎さんですが、
今日はびっくり、
初登場「ななたけ」さん、ご夫婦デュオの奥様「なな」さんのお母様が観客で、
お年を伺ってびっくり!!91才とのことでした。
写真向かって右、
奥からご主人の「たけ」さん、ななさん、そしてお母様です。
とっても91才には見えない・・・

お当番は小山さん、
通称フォーク野郎は相変わらずの小山節、
オープニングから飛ばす飛ばす、後がやりにくそうな雰囲気でしたが、
次はベテラン矢崎さん、さらっと交わすあたりがニクイ (笑)

矢崎さん、今日は冴えてました。
自己紹介を「王子のドン○ン」と・・・
今ニュースになっている・・・
○はどうぞご想像ください (笑)

そうきたら、次はあんびるマンさん、
「松戸のドン○ン」
行志堂さんが縮めて、
「マツドン」
なんでもあり (笑)

初登場のもうひと組はドノヴァン飯田さん、
小山さん紹介は、初めての場所もとてもリラックス、
ギターだけかと思いきや、2ステージ目は、
「ピアノいいですか?」
おおっ、ピアノまで!芸達者です。
ピアノも喜んでいました。

ななたけさんは息の合った夫婦デュオ、夫婦ですから当然? (笑)
年齢が矢崎さんと近く、
終わってフェイスブックで繋がり、お話が弾んでいました。
いつも書いてますが、アコナイは音楽友達つくりの場でもあります。
つい僕も思いつく、
「今度オーバー60のアコナイなんてどうですか?」
「シニアですね」とは矢崎さん。
ですかね?(笑)
実現したら楽しそう。

押しも押されぬアコナイの夫婦デュオと言えば、
そらいろサウンドさんです。
行志堂さん、マキさんは今日も表に裏にご活躍、
最後までいて、お客様を送り出すお気遣いも頂きました。
感謝感謝。
演目は、趣向を凝らしてビートルズカバーを1ステージ目に、
オリジナル中心のそらいろさんにしては珍しくて良かったです。

Ray♪さんは、体調不良にもかかわらず参加、
しかしいざピアノに座り弾き、唄うと全くその気配なし、
元気そうで何よりでした。
おにぎりも5つ完食 (笑)

そのおにぎりですが、

001oni.jpg

「たくあん・びるマン」は使い回しのネタ (笑)
それよりメニューです。

9日のアコナイでは、

アコ02.jpg

こちら。

写真、比べてみてください。
ひとつもダブってないんです。
今日が、五目いなり・マグロカツ・まいたけ天・枝豆かき揚げ・ほたて天・えび塩。
9日が、たらこ・えび正油(醤油)・ハモの天ぷら・なすみそ・とり天マヨネーズ・コロッケ。
「偶然?」

いえ。
たぶん考えたんでしょう。
「店主おまかせ」にしているのです。
細かい気配り。
これこそが継続の秘訣でしょうね。

今日もいろいろ勉強になりました。
そして楽しく仕事が出来ました。
ありがとうございました!
posted by セキシュウ at 21:26| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

アコと吹き

15年という節目、
前にも書きましたが、少しずつ新しいことが動いている感じです。
今日から3日連続で貸切、
こんなのも珍しいこと、変化してきている証拠です。

今夜は地元の小学校PTAの集まり、
明日はアコナイ、
明後日は山口七夕会と、
全てチャンネルが違うのがこれまた面白い、
3日間でいろんな人種が出入りする (笑)

ブログはその合間になると思います。
じっくり書くなら数日遅れになるか、
それともさらっと早めに済ますか、
ま、その時の気分次第、アドリブです。

まずは明日のアコナイ、恒例のフライヤーは、

aco28.jpg

これこれ。
ねこねこ (笑)

マキさんが吹き出し写真をしっかり利用してくださいました。
じゃ、ここで問題・・・

00吹き出し.jpg

これならどうだ!
大口を開けた真ん中に、
左右のコたちは何を言ったか・・・
こりゃ難しいよ!

と遊んでないで (笑)
明日のアコナイは以下の内容です。

第28回【独占:大人の弾き語りタイム♪アコースティック・ナイト】
2018/6/17(日)開場13:00〜 開演14:00〜
出演 : 小山トシヒロ (お当番) そらいろサウンド あんびるまん ガッチャン矢崎 Ray♪ 
ななたけ(New) ドノヴァン飯田(New)


初登場2組、楽しみです。
posted by セキシュウ at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

明るい

6月の折り返しは冷たい雨になりました。
気温もぐっと下がる、
それでも店内は、エアコンをつけないとムシムシ、
時々つけては消しています。
本当は温度を高めに設定して、
ずっと、つけっぱなしの方が節約できるのでしょうが、
なるべくつけたくないというのが心情、
お客様がいらして暑く感じるようならスイッチオンです。
この時期は厄介ですね。

昨夜は、陽気でした。
近所のご夫婦がお友達カップルを連れて、
お友達の方は夫婦かどうか未確認 (笑)
女性2人が外国人という面白いパターンです。
つまりその2人が友達ということでしょう。
会話は三ヶ国語、
日本語、英語、タガログ語、
と書けばどこの国の方かわかる (笑)

常連のご近所の奥様の方は、落ち着いた感じで、
仕事は英語教師、
塾で英語を教えていると以前仰っていました。
確かに英語の発音が正確で、
唄う歌まできっちりと、
それをご主人がいつもダメ出ししているのです。
「きちんと発音し過ぎて」
「ノリが悪いよ」
たしかに (笑)
歌は、歌詞の内容を知らせるのも大切ですが、
それ以上に、音楽として素敵でなくてはならない、
意味がわからなくても、
「良い曲〜〜!」と感じるものはたくさんあります。
メロディーの上に寄り添ってこその歌詞、
歌詞が主張し過ぎると、音楽としての魅力を失うと思います。
時々、効果的に主張するのはアリですけど。

陽気だったのは、その発音正確奥様 (笑) のお友達、
一見、20才前後、いや10代にも見える若作り、
あとで年齢を聞いたら30でびっくりです。
「そんなに!」
驚いたら、とても喜んでた (笑)
なにしろその娘が (笑) 明るくて、
入ってくるなり、
大きなスクリーン、グランドピアノ、落ち着いた雰囲気に感激、
「わー!」
ハイテンションで、早速スマホで写真を撮り始める、
カラオケが始まると、
どこでどうやって覚えたか、松田聖子さんや徳永英明さん、
日本語の歌詞をしっかり読んで、
高い、可愛らしい声で唄いました。
英語教師の奥様が、
陽気なラテンを唄うと、彼氏?旦那?(笑) と踊り出す、
終わったら元気に拍手、
「ああ、陽気でいいなぁ・・・」
常連のご主人も、
「明るくていい」

なんでしょう。
差別しているわけではないのですが、
外国の、南の方の方たちは、
もともとは貧困、発展途上国に育ち、
ただ単純に物事を楽しむ「純粋さ」みたいなものがあると思うのです。
日本は今そうではない、
常に周りを気にし、
他人になんて言われるか、なんて思われるか考え、警戒し、
例えば、うちに来ても、
少々斜に構え、感情をそのまま出したりはしないのです。
出したとしても、
自分の立場で、
上司と一緒なら上司に気に入られるよう、
友達と一緒なら引かれないよう、
知らない人同士なら空気を読んで・・・

これは当然といえば当然。
ですが昨夜の風景を見て、
「昔はこんな感じじゃなかったかな?」とふと思ったのです。
もっと大らかだったはず・・・

彼女の彼氏は、頭の良さそうな方でした。
どんな職業かは聞いてませんが、
服装からして、きっと固い、
僕みたいなチャラい (笑) 仕事ではないでしょう。
だから、その明るい彼女といて楽しいんだと思います。
ホッとさせてくれるのではないか・・・?
あくまで想像、
人の家のことを勝手に・・・
失礼しました (笑)
でも、おかげさまで昨夜はとてもハッピーでした。
posted by セキシュウ at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

考え事とコメント

何か考え事をしていると、
普段当たり前にやっていることを、
「あれ?」
「やったっけ?」
僕もたまにあります。
鍵を閉めたか、電源は落としたか、
気になると戻ってみたりして・・・
「あ、やってた」
大切なことは、きちんと確認しながらやらないとダメですね。

今朝のさわうたでも、あるお客様が同じような例、
店にきて、すぐに出ていかれたので、
隣の方にどうしたのか尋ねたら、
「気になることがあって家に戻りました」
程なくお帰りで、
「どうでしたか?」
「大丈夫でした」
やっぱり (笑)

危険を伴うことじゃなくても、
時が経って、うっかり忘れてしまうことは多々あります。
やろうと思ったら、
すぐにやるか、メモするか、
頭の中だけで覚えておくのには限界がある年頃になってきました。
「そういえば・・・」
「あれやるの」
「忘れてた!」
慌てて始めることもよくあります。
重要なこと、
お客様に関わることはキッチンのホワイトボードにメモ書きしますが、
そうでないこと、
ちょっとした修理や在庫の補充、
至急でないものをほったらかしにしておくと、
いざ、使おうとしたとき、
「あ、直すの忘れてた」とか、
「あ、足りなくなりそう」
ダメな店員 (笑)
今朝も、昨日フットスイッチの具合が悪く、
位置を直そうと思っていたのを忘れていて、
歌詞画面ページめくりがうまくいきませんでした。
お客様に、
「スミマセーン」と言いながら、
屈んで位置を調整、
「昨日、直そうと思っていたのですが・・・」
言い訳でした。

歌詞画面といえば、
昨日の記事にポンポンとコメントが、
大分ならちょーやさんでしたね!
私はからたち (笑)
そしてその後ご本人からも!
「すん」
「すん」ちゃん、
わかる方はわかるでしょう。
こんなところで交流も愉快ですね。
しかし前夜祭、
お二人が同じ時間、同じ場所にいたのにはびっくりです。
posted by セキシュウ at 20:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

父が時々言うのは、
「周は、自分で決めて何でもやれるので良い」
勤め人だった父からしてみれば、
僕のように自由に好きにやる姿が羨ましい、
たとえそれが、規模の小さい個人の店でも、
いや、だからこそやれるのかも知れません。

ただ、やったからには必ず結果が出て、
上手くいけば良いのですが、
そうでない場合、あるいは不意のトラブルなど、
全て自分で受けなくてはならず、
その大変さを経験しているだけに、
自ずと慎重になってしまいます。

まあ、それでも、
大抵思いついたことは実行している (笑)
矛盾しますが、自分の勘も信じたい・・・

以前より、さわうたで話題になっていたことがあります。
叙情歌の、歌詞画面なのですが、

01坊.jpg

この中の人気曲に、

02坊.jpg

坊がつる讃歌があるのですが、
この背景、
制作屋さんは「残雪」を意識して作った、
ですが、お客様から、
「ミヤマキリシマだと良いのにね〜」との声が、
わりと多く聞こえていたのです。

先週ですが、
高校の同級生がフェイスブックに登山の写真をアップしていました。
「今年も大分くじゅうに・・・」
「えっ?」
早速見てみると、
「おお〜、これはお誂え向き (笑)」

営業で怖いのはマンネリです。
さわうたもそう、
順調だからといって、
何もしないで、ただ同じスタイルで営業していると、
段々足が遠のく、
大手飲食店が「新メニュー」などで顧客サービスするのに、
どうしてうちのような弱小店が (笑)
何もしないでお客様をキープ出来るでしょう、
小さなことでも、大きなことでも、変化をつける、
今回のこともそれに基づいています。

新しくなった歌詞画面。

03坊.jpg

先週木曜日からサプライズで出しているのですが、
「わー!」と歓声が起こりました。
以前は同じだった2枚目の画面も、

04坊.jpg

別の写真に変えました。

それにしても綺麗ですね。
まさに咲き誇っています。

この歌詞画面は、
同級生に写真を5枚提供してもらった中から、
歌詞の背景に適したものを、
制作屋さんが2枚チョイスしたのですが、
せっかくですから残り3枚も紹介しましょう。

05坊.jpg

06坊.jpg

07坊.jpg

どれも捨てがたい (笑)

同級生の投稿にはこんなのもありました。

08坊.jpg

山開きの前夜祭。
集まった皆さんが、坊がつる讃歌を唄っていたと、
同級生がが教えてくれました。

高校の同窓会をきっかけに親しくなった同級生で、山口在住、
みんなが店に集まるときは、
何かにつけて気にかけてくれていたのですが、
僕もそんな彼女、そう、女性です (笑) に、
彼女の趣味の写真で何か出来ないかと考えていたのです。
ちょうど良い機会、
こういうのは逃さない (笑)
昨日も今日もさわうたのお客様に大好評、
写真を見ながら話に花が咲きました。

どんな彼女か気になりますか?
坊がつる、
坊だけに、

09坊.jpg

「食いしん坊な女性!」
「・・・」
寒かったですかね (汗)
これも彼女の投稿からです。
ご馳走様でした (笑)
posted by セキシュウ at 20:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

棚、いや塀

アットマーク棚上げさんから (笑) コメントがありました。
まあ、自分のことを棚に上げるなんてことは、
普通にあることで、
夫婦や兄弟だったら喧嘩になるところでしょうが (笑)
言って貰えるうちが花、
相手にされなくなったら終わりと常日頃僕は思っています。

今日は午前がさわうた、午後がプチ・シャンソン、
午後のプチ・シャンソンは14名×3曲、、42曲伴奏しましたが、
1曲入魂で、丁寧に弾きました。
お客様がいらっしゃるかどうかは、
僕のピアノ伴奏の善し悪しにも関わってくると思います。
いくら店のサービスがよくたって、
ピアノ伴奏が下手で、うまく歌が唄えなかったら元も子もない、
そのうちお客様は減っていくでしょう。
そこはシビア、
ですからアットマーク棚上げさんの忠告はありがたい!
叱咤激励と受け止めています。

さて、棚。
棚の上ではありませんが・・・

01hei.jpg

塀、ちょっと無理矢理 (笑)
の上に、

02hei.jpg

「ありゃ」
「そんなとこに」

を見上げる、

03hei.jpg

その後ろ姿は?

04hei.jpg

チャー!(笑)
チャーくん。

小さな公園では、

05hei.jpg

「おっ」
「どこいくの?」

06hei.jpg

ついていくと、

07hei.jpg

このポーズ、
覚えてますか?

08hei.jpg

「ああ」
「あのときの!」
お花鑑賞 (笑)

似たような顔のコ、

09hei.jpg

シッポが特徴的。

10hei.jpg

ヅラ、出過ぎ?(笑)
注目は、ヅラちゃんの前の落葉、

11hei.jpg

「どこから来たんだろうね?」

最後は、

12hei.jpg

また塀。
へいへいほー (笑)
よく見ると今度は、

13hei.jpg

違うコ。
にゃんこたちは、こういう場所が大好きですね。
posted by セキシュウ at 20:31| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

アコナイ27と今後

前回は、アコナイ名物、蒲田屋さんのおにぎりが臨時休業でなし、
今回はしっかりカウンターの上に載りました。

アコ02.jpg

わざとらしくギターを入れたりして (笑)
これ、実はしりとりになっているんです。
ギターの銘柄が「グレコ」おにぎりの一番右は・・・
「コロッケ」
つまらん (笑)

コロッケは、AMANEでは新メニューで、
なんとなくありそうですが、今まで登場しなかった、
もう一つ、ハモの天ぷらが初登場、
「季節メニューです」と店主の添野さんが仰いました。
おもしろいですね。
アコナイは、大体月1回おにぎりを、
今は完全に内容を店主におまかせ、
当日朝か、前日に個数だけお願いすれば、
あとは向こうでセットしてくださいます。
何が入るかは来てのお楽しみ、
メモを取り、メニューを書くのが僕の役目になりました。

今回は、夕方4時25分までふりうたをやって、
そのままアコナイの開場、
ふりうたのお客様を外までお送りしたら、
ギターを背負ったやてふさんがすでに外でお待ち、
「お久しぶりです!」
入ってもらい、そのまますぐにアコナイの準備に取り掛かりました。
出演者は、ほとんどの方が顔なじみなので、
こちらが、どのタイミングで何をすれば良いか、
その都度優先順位を考えながら接客します。
やることは、会場作り、カウンターの椅子をどけたり、
アンプやマイク、マイクスタンド、譜面台などの用意、
スポットライトの位置のセットやユースト録画の準備、
細々とあるほかに、
出演者へのサービスが加わり、さらにリハもある、なかなか忙しいのです。

そのリハで、早速やてふさんからダメ出しが出ました。
今回は僕がピアノで5曲サポートすることになっていて、
どれも名曲中の名曲、
その中の1曲の伴奏が、実際の歌手の演奏とあまりにもかけ離れていたからです。
言い訳ですが、
実はこの5曲、前夜に音源を聴いてチェックした、いわゆる一夜漬け、
他の4曲は、それなりになんとかなったのですが、
やてふさんダメ出しの曲は、
歌唱者の女性がリハで唄いにくそう、特にイントロが酷く、
「関さん、きちんとリフを弾きましょう」と、
痛いとこを突かれた、イントロ、全然覚えていない (笑)
譜面に起こしてなく、コードのメモ書きだったのです。
「ええっと」
「あとでYouTubeで確認しておきます」
本番はまあまあだったかと後で聴き直したら、また違ってた!
もう最低!(笑)

やてふさんは、きちんと言ってくださるので本当に有り難い、
それで本人、「嫌われることもあるんですよ」と仰いましたが、
それは僕にもあり、よくわかります。
僕もふりうたやその他、いろいろな場面で、苦言を呈することはある、
それによって失っているものもあるのでしょうが、
こうして、やてふさんからきちんと注意をされ、
考え方を変えていくこともできるのですから、得るものも大きいのです。
感じたことを相手にきちんと伝えるというのは、勇気がいるものです。

僕が今回、アコナイで考え直したことは、
自分のサポートに対する比重でした。
アコナイに限らず、ハイブスさんと一緒にやった時もそう、
これは、居残ったやてふさんと2時間くらいあれこれ話し、
多少お酒も回ったか (笑)
いろいろ僕にアドバイスしてくださった中で、
「ああ」
「僕って」
「サポートのことを甘く考えすぎていた」と強く思ったのです。

「なんとなく合わせていればいいだろう」
それじゃいけない。
きちんと。
それには事前に練習も必要、
今回のアコナイの伴奏は、まったくしなかった、メモ書きの確認くらいでした。
そりゃ、うまく弾けないですよね。
心を入れ替えましょう。

さてさて。
そんなことのあったアコナイ27回目の出演者は、

アコ01.jpg

やけに若い方が入ってますが (笑)
みなさん、出演者のご家族、
初登場オオタさんは奥様と息子さん、
お当番エリック オカダさんとnaOmiさん夫婦は、
息子さんと今秋結婚予定の彼女、めでたい!(笑)

初登場はほかに、
エリック オカダさんの組にピアニストのアキコさんが、
こちらは彼女のオリジナルも披露、
それから僕がピアノサポートした、さくらさん、
彼女はNatsuさんのお友達で、
僕がピアノですべったのは、Natsuさんへのサポートです。
ゴメンナサイ!

その他、大御所がずらり、
Tedさん、Momokoさん、やてふさんは第1回目の創設メンバー(笑)
「なんとか30回が見えてきました」

第1回は2015年8月29日でした。
第30回は2018年8月19日。
3年です。
今まではサービスばかり気を取られていましたが、
今度からはピアノサポートも頼まれたらきっちりと。
「お客様ですからね」
Natsuさんさくらさんの方を見ながら、やてふさんが仰いました。
そうですね。
お金を払って参加しているのですからね。
posted by セキシュウ at 16:21| Comment(1) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

まずは4コマ

本格的な雨になりました。
アコナイを書く前に・・・
まずは4コマ、
こちらが先ですかね (笑)
今夜は月は隠れています。

さわごえ君第94話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

アコナイフライヤー

ありゃりゃ、なんと言う失態!
昨日アップしたアコナイのフライヤー、
古いバージョンを紹介してしまいました。
Momokoさんが載ってない・・・

こちらです。

アコナイ27.jpg

今日、昼間アコナイの準備をしていて、
いつものようにフライヤーをプリントしようと、
新しいバージョンを見て、
「あ、しまった!」
もう手遅れ (笑)

ということで、今夜はアコナイ、
そのMomokoさんの素敵なオリジナルを聴きながら、
キッチンで書いている贅沢、
本当にアコナイは音浴効果!
酒も進む!
は、やてふさん (笑) 久しぶりの登場です。
内容は明日にでもゆっくり書きますね。

実は4コマの紹介もうっかり、まだしていない、
大して忙しくもないのに、気が緩んでます。
こんな調子じゃ、
これからが忙しくなるのに大丈夫か・・・
来週は土曜日から貸切、アコナイ、貸切と、
昼はプチ・シャンソンもある、
気を引き締めて、がんばりましょ。
posted by セキシュウ at 20:48| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

草原の生き方

昨日の記事が少々まじめ過ぎたか、
今日のふりうたで、お客様からチェックが入りました。
すぐ反応してくるところが偉い (笑)

一昔前までは、
作品と、作者の人間性は切り離していたように覚えています。
しかし最近は、ネット社会、情報社会、
個々が情報を発信できる時代で、
たとえば、ある人物が素晴らしい音楽を作ったとしたら、
すぐにその人物はどういう生い立ちで、
今現在、どのようなことをしているか調べ出し、公開できる、
生い立ち過去はいずれにしても、
今、その人物がどういう生き方をしているかは、
作品と同等に注目されるのではないかと思います。

僕に関して言えば、やはり作品とは「草原」
自分がその作者として、
みんながイメージしている草原の作者として、
恥ずかしくない生き方をしているのか、
もっと言えば、
7月30日のイベントを機会に、この先、「草原」を子どもたちに託す、
僕が、子どもたちにとって尊敬できる大人でなければ、
どうして草原で一生懸命踊ってくれましょう・・・
この歌を好きになってくれましょう・・・
おっと、
またまたオーバーな記事になってきた (笑)
悪い癖。

昨夜は久しぶりに木村松夫さんが、でんでんの豊原さんといらっしゃいました。
何曲かカラオケで歌った後にピアノ、
「川の流れのように」そして、
「草原を唄おう!」酔ってたのもありますかね (笑)

木村さん、もちろん、さわうたでホストをやっていた頃は毎日唄っていた、
けれどそれはもう随分前のこと、
「唄えるかなぁ」
「いやいや、唄えるでしょ!」
木村さんに限らず、久しぶりの方、ときどきいらっしゃいますが、
大抵唄えるのです。
簡単だもん (笑)

豊原さんと一緒に、見事に歌唱、
マイクを持って立って唄っていたのですが、
終わって座る、
スクリーンに出ている歌詞のことを、
「この歌の」
「ここが良いんだよなぁ」
木村さんが言いました。

「こんなところにどうしてだろう」
「問いかけてみたけど」
「雨に打たれ雪に埋もれ」
「それでも光に向かってる」

木村さんも、そういう思いをしてきた方なんでしょうね。
夜は雨になりました。

さて。
明日はアコナイです。
出演者に変更がありました。
泉谷たけしさんが都合悪く、代わりにMomokoさんがいらっしゃいます。

第27回【独占:大人の弾き語りタイム♪アコースティック・ナイト】
「大人のバラードナイト!泣き泣きのロック名曲集!!!」
2018/6/9(土)開場16:30〜 開演17:30〜
出演 : エリック オカダ (お当番) エリック&naOmi&アキコ 
やてふ Ted Natsu Momoko オオタ(New) さくら(New)


アコナイ27.jpg
posted by セキシュウ at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする