2017年04月15日

ツツジ

やてふさんからのコメント、プロ野球の試合中に迷い込んだネコ、
ネットのニュースで見ましたし、動画でも見ました。
どんなものか、やっぱり興味があります。
まず、あのスピードを、さすがプロ、
きちんと写真で撮っているのがすごい、
動画のキャプチャーかも知れませんが、
まず僕だったら捉えきれない、
普段やっているからよくわかる (笑)

解説者が、「また来ましたね」と、
珍事ではなく、球場ではよくある出来事のよう、
そのことについて考えたのは、
厳しいスポーツの世界でも、案外息抜きはあって、
他愛のない事柄に、ふと、自分をニュートラルに、オフにすることがある、
まさに戦士の休息なのでしょう。

「あれでゲームの流れが・・・」とも読みました。
大いにあるでしょうね。
ホームチームのネコですから、
そちらの選手の気持ちがオフになるのは、なんとなく想像できる、
結局負けたようですが、ネコの御利益で球場に足を運ぶお客様が増えるとか?

さて、今夜はアコナイ。
ブログは画像を一つアップして終了です。
恒例4コマ。
どうぞ!

さわごえ君第81話ブログ用.jpg
posted by セキシュウ at 14:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

同類項

やっと暖かくなって、桜も惜しげもなく散って、
さてと思ったら、もう4月も半分です。
長い長い休みなしの仕事も、明日を越えればいよいよ休み、
毎日曜日、何があったか既に忘れていますが (笑)
身体だけは覚えている、やや疲労気味なのは否めません。
お客様からも、
「疲れている顔してる」「声はどうしたの」など、
そう、火曜から声が枯れ気味、やっと戻ってきました。
残念!
とは、「少し低めの声がいい」とお客様がからかうのです。
確かに自分でも、なんとなく色っぽい感じ (笑)
でも、もうおしまい。

昨日、青木さんのライブを紹介しましたが、
その前に、アコナイと独唱会があります。
アコナイは明日、
フライヤーはホストのゴトー ウイズアウト カメレオンズさんが、
かなりサイケデリックに作られました。

アコナイ12.jpg

うーん、デンジャラス (笑)
「やばい」というか「あぶない」というか、
あぶないならカタカナ、アブナイ、アコナイアブナイ (笑)
しかし予想するにみなさん普通の方たち、
ゴトーさん自体、真面目で気遣いある社会人音楽家、
その方のお友達なら、みなさん同じでしょう。
同類項です。

以前、ゴトーさんにホストをお願いするとき、
通常のアコナイのやり方の他に、
ゴトーさんのバンドを主としたやり方もありますと提案しました。
けれどお返事は、「従来のトラディショナルなやり方で」と、
ゴトーさんの心意気に感動したのを覚えています。
バンドスタイルだと、セッティングの問題もあるのでしょうが、
それよりも、まだ歴史の浅いアコナイに対して、
トラディショナルという言葉を使ってくださり、
演者それぞれがお互いを重んじるという気風を、
考慮してくださったことが嬉しかったのです。

さてさて。
どんな一夜になるのか?
とても楽しみです。
アコナイは既に7月まで計画が順調に進んでいます。
やてふさんとは、先日ちょっと新しい試みの相談をしました。
実現に向けてがんばりましょう。

昨日のネコは、納戸の上に乗っているのですが、
今日の夕方、納戸の奥に、

01so.jpg

花見ネコたちと別のコか?
後ろに下がったら、

02so.jpg

お、近づいてくるよ。

03so.jpg

「あのコたちとどういう関係?」

04so.jpg

同類項ですかね (笑)
posted by セキシュウ at 20:51| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

店のイベント

山下さんからコメントが入りました。
火曜日午後のプチ・シャンソンに二人でいらした方、
楽しんでくださって何よりです。
山下さんたちとは違う、別の新しい方も楽しんでくださったと、
その方のお友達からご丁寧に報告がきたりして、
僕があまりにもナーバスな記事を書いたせいか?
失礼しました (笑)
時々弱気になって、
同情を誘うようなことを書きますが、其処こそ軽くスルー、
斜め読みしてくだされば良し (笑)
皆様にはまず縁のない水商売の、しがない経営者の気持ちの一端を、
「もし自分が店をやったら・・・」と想像しながら、
楽しんで読んでくだされば嬉しいです。

さて、山下さんからご質問があったので、良い機会ですから、
うちの昼の営業を少し詳しくご案内しましょう。

まず、みんなで唄う、さわうた。
こちらは火・水・木曜日の午前10時から12時、
僕のピアノ伴奏でスクリーンの歌詞を見ながら斉唱、20曲くらい唄います。
料金は千円、ドリンク2杯に、お菓子付き、
開場は9時45分頃から、一杯目のドリンク、お菓子を出し終えた、
10時15分くらいから歌唱開始で、10時45分で休憩に、
ドリンクお代わり、化粧室を終えた11時15分くらいから後半開始で、
12時少し前に終了、最後は拙曲「草原」を唄って締めになります。
曜日ごとにお客様が違い、
特に予約の必要はなし、毎回参加しなくても良し、
用事があるときは途中参加、途中退場オッケー、
ご自分のペースで参加が可能です。
大体15から20名のお客様がいらっしゃってます。

ふりうたは、いわゆる個人レッスンで、
毎週金・土曜日、40分二千円で予約制、
空いている時間帯は店に掲出の予約表で確認していただき、
代金引き換えに申込みをするのが原則ですが、
何度かご利用の方は電話やメール等でも承ります。

上記二つが毎週の歌のイベントで、
月一回が、山下さんご参加のプチ・シャンソンは第2火曜日午後1時30分から、
その他プチボイトレ、新しく始まったシャンソン塾、
毛色の違う (笑) 古典講座は父が講師、
そして昼ではありませんが、毎月一回土曜日のアコナイ、
これらが今のAMANEのメインのイベントになります。

ライブはその都度企画しています。
定番は、年二回のゆるゆるサロンライヴ、
歌手の松本圭未と僕のピアノに、
ひとりゲストを呼んでサポートを、
前回はトランペッターの菅野淳史さん、
今回は6月25日(日)、ギターの加藤薫さん再登場!
は、改めてご案内しますね。

もう満員御礼、キャンセル待ちになってしまったのは、
今月末、4月30日(日)の青木FUKIさんのシャンソンライブで、
2月末に企画が決まり、
内々で案内したらあっという間に30名越え、
ブログに紹介する機会を逸してしまいました。
業界ではとても有名、
去年キングレコードからメジャーデビューもしていらっしゃいます。

青木FUKI.jpg

興味のある方は、「青木FUKI」で検索を・・・
彼女のHPのライブスケジュール欄にはうちの店のも紹介が、
更新して間もなくご予約がありましたから、
ファンの方が多いのでしょうね。

今日は店の宣伝だらけの記事になってしまいました。
お口直しに・・・(笑)
実は昨日の記事の続編があるんです。
桜と▲○、

06sn.JPG

花見ネコを撮った数日後の、暖かい日。
どこにいるかわかりますか?
色が同化しています。

ここ。

07sn.JPG

「友だちはどうしたの?」

きっと、近くにいるでしょう。
posted by セキシュウ at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

▲○

この時期どこからともなく入ってくるのが桜の花びらで、
店の扉の隙間から、それともお客様の靴の裏、洋服にくっついて、
廊下や客席のカーペットの上にお菓子のカスよろしく落ちています。
店から一番近い桜は、通り沿いの街路樹か、裏の小学校の校庭の古木か、
何れも数十メートル先ですから、
ひらひら舞い込んでくるには遠い距離、
もっと先の、大量に落ちた塊の中から風に飛ばされて、
何枚かが紛れ込んでくるのだと思います。

花粉同様、土のない、アスファルト、コンクリートばかりの都会では、
一度落ちたからといって終わりではない、
また舞い上がって違う場所に移動する、
その様は、さすらい人が都会を転々とする様にも似ています。
逞しくもあり、迷惑でもあり?(笑)

今年は雨で花粉が少なかったと苦笑いは、
昨夜カウンターに座った美声氏で、
残念ながら日曜日の同窓会は所用で欠席、
当日の様子を、フェイスブックに上げてある写真で報告しました。
美声氏はフェイスブックをしていません。

相変わらずカラオケ唄って、合間の世間話は、どうでもいい話ばかりですが、
ふと真剣になるのは、これからの話、
「この先、どんなふうに生きていくか?」ということで、
明日明後日のことではないにしても、
なんとなく終わりを意識し始めた、
55才なんて、今の平均寿命からすればまだまだなのでしょうが、
それでも今のスピードで日々流れていけば、
60、70までなんて、あっという間の気もする、
何も考えずただ過ごしていたら、
それこそ何も出来ず終わってしまいそうな気もします。

同級生、同年代の間では、時々リタイア後の人生が話題になります。
リタイアする前でもそう、
先日の同窓会でも、子どもから手が離れて落ち着くという話、
時間的にも経済的にも余裕が出てきて、
やっと自分のことが出来るとか、
さあ、何をするのでしょう。
案外、ひょんなことから始まったりします。
人に勧められてとか、
コマーシャルを見てとか、
通りがかってとか、
たいそうな理由はなかったりする・・・
気づいてみたら生き甲斐になっていた、みたいな。

さてさて。
屁理屈を並べているとスルー、いや、斜め読みされそうなので (笑)
昨日の▲○、いってみましょう。

桜と。

01sn.JPG

違う角度から。

02sn.JPG

花曇りの日。
ペアでいました。

03sn.JPG

上より下が気になる (笑)

風が吹いて、ずいぶん散って。

04sn.JPG

木のてっぺんには、
▲○でも、違う▲○、

05sn.JPG

ヒヨドリです。
空に向かって、名の通り、ヒヨヒヨと高らかに鳴いていました。

空といえば、
昨夜の満月。

08sn.JPG

降り注ぐ月の光。

そして、月の右横にピカッと、

09sn.JPG

木星です。
思わず、何かお願いしたくなりました。
posted by セキシュウ at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

満月と

昨夜の満月は何処へやら、
今朝から雨、しかも寒い、夜になっても霧雨、風も吹いています。
これで見事散っていくのか、
今日午後のシャンソンにいらした方が、
石神井川沿いを歩いて来たのか、
「川が桜で・・・」
ああ、綺麗だろうなあと思う、何度か見たことがあります。
桜の花びらで埋め尽くされた川面。
流れゆく様。

昨夜の満月と桜の写真や、雨に濡れる今夜の写真、
その他、花見▲○の写真など(笑) 数枚撮ってます。
後日まとめてアップしますね。

こんな悪天にもかかわらず、
午前、午後とお客様が大勢いらっしゃいました。
午後のプチ・シャンソンには、新しい方が3名も、
お友達に誘われた方や、以前ライブにいらした方、
みなさんベテランのようで、やや緊張するも堂々と、
ザクッとした僕の進行でリラックス (笑)
楽しんでくださった様子でした。
わざとかどうかわかりませんが、
古くからの方はなぜか吹き出してしまいそうな、
いや、実際、演奏中吹き出してしまう、
とんでもなく歌詞を間違えたりして、
まるでギャグのよう、
こうなったら「お笑いシャンソン」にしますかね (笑)
ダメダメ、ふざけたら真面目にやっている方々に失礼です。
まあ、それだけ和やかということ。

さわうたも同じです。
一応はみな真剣に唄っているのですが、
どこかで崩れるときがあり、それが可笑しい、
途中に笑わないにしても、終わって大爆笑はあるのです。

何度も書いてますが、小さな個人経営の店舗です。
何をするにしても、他にない特徴を出さなければ、継続はできません。
ハード的な面よりソフト的な面、
その第一が、その場の雰囲気、空気で、
それを作るのがお客様、
お客様それぞれが意識してその場を大切にしてくださらないと、
一気に雰囲気はおかしくなってしまいます。
しかし、あくまでお客様はお客様、
お金を払って遊んでいるという感覚は心のどこかにある、
何か、少しでも気にくわないところがあれば、
あるいは、必要以上に気を配る状態にさせると、
その時はおさめても、以後は来なくなることがある、
なかなかシビアな状況です。
最近は、ピアノ伴奏よりも、お客様の様子に注力していることの方が多い・・・
それだけピアノ伴奏に余裕が出てきた証拠でもある?
今日のシャンソンも13名、途中参加が1名、40曲を伴奏しましたが、
疲れは皆無でした。

お友達に誘われていらした方は、ご近所で、
うちの店の前をよく通っていたとのこと、
何やらうちが「いかがわしい店」と思われていたよう (笑)
たしかに夜見ると、
オレンジのガラスブロックが光り、
「うーん、中は御殿ですか?」
「キレイなおねえちゃんがたくさんいて・・・」
残念、おっさんひとり (笑)

では改めて全景を。
昨夜の満月とともに。

mangetu01.jpg

たしかに派手?
ちょっと露出を上げ気味なのは、
満月の下に、正確には店の前に
誰かがいるから。

mangetu02.jpg

なーんだ (笑)
満月と▲○、でした。
posted by セキシュウ at 21:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

差し入れ

ギタアル売人 (笑) やてふさんからコメントが入りました。
大学生時代楽器店でバイトを、ギタアル、いやギター1日100本売ったとか?
土曜日は、その時の話になりました。
「時給いくらだった?」「500円」「安い!」「好きなことだから」
そんな話をしたからでしょうか、
お客様と遊びに来ていたピアニストの斎藤敦子さんが、
「私もウエイトレスの経験が」と言ったのは意外、
「え?」
「じゃ、トレンチ持ってみる?」

あくまでイメージですが、
トレンチを扱えそうなタイプと、そうでないタイプがあります。
動きがキビキビしている、スッスッと動く人は、
レストランのホールなど経験ありか、
わりと、ゆったりしている人は先ずない、
斎藤さんもどちらかといえばゆったりタイプ、
なので、ウエイトレスの経験に驚いたのです。

トレンチを渡すと、一応持ってはみたものの、空の状態、
「グラスを置いて、どう?」
苦笑いしながらの答えが面白かった、
「私、キャベツしか切っていなかったから・・・」
キャベツ?
「え、それって厨房?」
ウエイトレスじゃないじゃん (笑)
それも、よく聞くと、キャベツを持ってくる係とか、
キャベツの切り方は横で見ていてわかったとか・・・
「なんだそれ!?」

これが、やてふさんのコメントの爆笑話です。
まあ、実のところは、
音大に通う斎藤さんが、知り合いの喫茶店を少し手伝ったという話か、
今のようにマニュアルだなんだとうるさくない時代、
個人経営の店が多かったのですから、
遊び半分、というところでしょうね。
1980年代の話でしょうか。
緩い時代でした。

やてふさんの@の後ろ、豚チョコは、
三杯目のコーヒーの付け合わせに、
お客様から頂いた差し入れのお裾分け、
ピンクの豚が中にデザインされた、メダル大のチョコレートです。
なんとなく、やてふさんに上げたくなった (笑)

差し入れは、貸切パーティーなどやる関係で、
半端物がよく残ったりします。
昨日も、山口の銘菓、珍味、
セレブなお菓子、値引きのついたフルーツ (笑) などなど、
中でも、山口から日帰り飛行機で参加の精神科医は、
一升瓶を持って登場、おまけに小瓶も、
さすがに一升瓶は飲みきれないだろうと、店のキープになりました。
さていつ飲むか?

銘柄はあれです。
もう世界進出までしているという・・・
昨日の記事でも箱は写っています。
大中小、
珍しくそれぞれ違う種類が揃いましたので、
ちょっとお披露目。

02das.JPG

松竹梅は、真ん中、向かって左、右、の順です。
まあ、お酒を飲む方ならご存知でしょう。
最近はずいぶん入手しやすくなりました。
posted by セキシュウ at 20:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

極秘取引?

やはり予想通りの雨、
けれど中学の同窓会は日帰りで山口、福岡からも集結し、
あっという間の3時間、
小高い丘のギタリストの壮行会も兼ねた55才の区切りの会は、
新年度、新たなスタートと共に無事終了しました。

01das.JPG

差し入れ多数。
中にはミニ蘭まであり、
「これ、誰に?」
「お店に」
そうですか、それはありがとう、男性から (笑)
会のことはまた後日書きます。

昨夜は、店である取引が行われました。
極秘取引。
なにやら危険な匂い・・・

まずは現れた、体格のよいラフなジャージ姿の男、
手には大きなケースを持っています。
「あれ?」
「まだ来てない?」
重そうなケースを軽々と、
中には何が・・・
ひょっとして??

ほどなく現れた長身の目つきの鋭い男、
やはり大きなケースを持っています。
「おや」
「来てましたか」
相手を見てにやり。
ケースの中はもしかして・・・
現ナマ?!

これはもしかして。
どうする、通報するか。
そんなことしたら、ヤツらから・・・
セキシュウ、ピンチ。

「コーちゃん、これだよ」
体格のよい方が、目つきの鋭い男を呼んだ、
取引相手はコーちゃんというのか・・・
「どれどれ」
大きなケースから取り出した異様な形のブツを、
しげしげと眺めるコーちゃん、
品定めしているようだぞ・・・

そして、ゆっくり座り、
手に持ち、
えっ、何するつもり?
まさか、こんなところで、
試し・・・

行志堂.jpg

失礼しました (笑)

コーちゃん、行志堂さん、目つきの鋭い方、
体格のよい方は、わかりますね。
ギタヲタやてふさん。
やてふさんのギターを行志堂さんに売ったの図でした。

この取引は、残念ながら二人っきりではなく、
他のお客様がいらっしゃるところを堂々と、
ですから、緊迫感はなし (笑)
いなければ、
「誰もいないのを確認して」など、もっとスリリングに書けたのですが・・・
お粗末様でした。
(画像はやてふさんより頂戴しました)
posted by セキシュウ at 20:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

ひげねこ

桜は満開、早、散り始めた樹も、代わりに鮮やかな緑色の葉が、
暖かければ花見と決め込みたいところですが、天候不順です。
もっとも、特別に時間が取れるわけでもなく、
近所をふらふら、
「桜と△■」で写真を数点、△■、わかりますよね (笑)
散った頃に紹介します。
記事にたくさんの写真が続きましたからね。

個展で持ち帰った妹の絵はがきは、
数枚を残し完売、
どれも似たり寄ったりの絵なのですが、
やはり余ったのは、本会場でも全く売れなかったもの、
妹と「これはどうして売れないのか」と話しましたが、
妹自身が欠点を指摘、
「このネコがかわいくなかったからか・・・」
たしかに、ちょっと顔が斜めで、怒ったような感じです。
何種類も、たぶん20種類以上からの選択は、
情景がすぐわかるもの、色使いのよいもの、かわいいものから売れ、
個性の強い、なにかの場面のような、漫画の一コマのようなのは人気がないのでしょう。

しかし、身内ながら、妹のネコや鶏、動物には表情があり、
「うまいなぁ」と感心します。
本当のネコたちはそんな顔をするはずがなく、
あくまで空想の世界、喜怒哀楽がよく描かれているのです。
妹はイラストを、僕が山口に帰った30半ばころから画いていた、
もう20年ですから、
母が言うように、「うまくならないわけがない」のでしょう。

で、兄 (笑)
ホワイトボードに指描きを久し振りに。

ひげねこ.jpg

じれったい天気に、花見を迷っています。
(うまくならない・笑)

明日もこんな陽気なのでしょうね。
午後から中学の同窓会、
全国各地から集まる予定・・・
ranaさんからはいち早く今日の午後差し入れが、
明日、仲間に振る舞います。
お心遣い、ありがとうございました!
posted by セキシュウ at 17:21| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

ラ・セーヌ個展6

昼間は荒れ模様、時折雨にもなりましたが、
夜は穏やかに、綺麗な月も出ています。

ある方が亡くなりました。
昨日のさわうたで、その方の噂を、
「生きてますかね〜?」などと悪態を、
「またまた〜」とみなさんに怒られたところだったので、
今日の午後のご友人からの知らせに驚いたのですが、
まあ、覚悟はしていたのです。
木曜日のさわうたに通われ、ふりうたも、独唱会も、
岡山のチャリティーコンサートもご一緒に、
そんな方が亡くなったのは残念の一言、
ですがお年は両親と一緒です。
「寿命か・・・」
名前に寿が入る方でしたね。
ご冥福をお祈りします。

先月の水曜日の方に続き、今年に入って二人の方が亡くなりました。
さわうたを始めて10年、
ご近所の、高年齢中心に、どなたでもと間口を広げ、
友達が友達を呼び、
今では1日平均17名と賑やかに開催していますが、
やはり10年一区切り、ここにきて悲しい別れが始まりだしました。
これももちろん想像の範疇ですが、
ついこの前まで僕のピアノで唄っていた方が此の世を去るのは、
心中穏やかであるはずがない、
けれど、だからと言って、今生きている、目の前の方たちに、
「もうピアノを弾く気になれない」とも言えません。

話は変わりますが、
昨夜高校の同級生が、ふらっと一人で来たのは初めて、
何かあったんだろうなとの予想通り、
仕事でちょっとモヤモヤしていた様子でした。
会社員、ゴールまであと少しのところ、
ふと「何か小さな目標でもあるの?」と尋ねたのですが、
返ってきた言葉に少し驚きました。
驚いた、とは失礼か、
あまりに正当な答えだったのです。
「今の会社を業界で一番に持っていきたい」

マラソンも走りますし、セーリングも始めたと言ってました。
てっきり、趣味方面での目標が返ってくると思っていたのです。
「へ〜」
すごいなと純粋に思う、
そして自分もしっかりしなきゃと思いました。
彼は、大企業から出向して、ある会社の代表取締役、社長に、
しかしあくまで雇われ、サラリーマンです。
僕はご存知のように規模は彼のところに比べれば、ちっぽけな、
箸にも棒にもかからない個人の飲食店ですが、
一応は経営者、事業主です。
雇われ社長が、目標は、「会社を業界ナンバーワンにすること」と躊躇なく答えるのに、
「僕は何だろう・・・」
なんて甘いんだろうと恥ずかしくなりました。

業界ナンバーワンは思いません。
けれど、ピアノで、音楽で、
今、目の前にいる方たちを、
「幸せにできる、ナンバーワンの人間になりたい」
今回の、お亡くなりになった木曜日の方の件で、
改めて強く思いました。

昨夜の同級生は、
小学、中学は僕の住んでいた、
今は山口市ですが、当時は吉敷郡小郡町、
その中の新興住宅地のご近所さんでした。
彼は僕のことを知っていたようですが、
(良い意味でも悪い意味でも目立ったのでしょう・笑)
僕はなんとなく程度、
きちんと話したのはAMANEを開店して、広島の税理士が彼を連れてきた時で、
その時の写真を探したら 2006年6月のことだった、
二人で一緒に見て、その若さ青さを笑いました。
僕は相変わらずチャラいですが (笑)
彼は変わった、風格が出たのです。
やはり社長です。

一昨日の記事で書きましたが、小学5年、6年とバス通学、
家から急な坂を下り、小さな橋、
川のそばの道、土手を歩きながらバス停に向かうのですが、
先日、徒然作曲している時、その風景を思い出し、
川の名前も思い出そうとしたのですが無理でした。
彼が同じ「尾崎団地」だったことで、
「ねえ、あの川の名前、なんだったっけ?」と、
即「四十八瀬川だよ」、
そうそう、そんな名前だった!
懐かしくなりました。
まだ実家があるそうです。

ラ・セーヌシリーズを続けている時に、
同郷の、しかもご近所さんの彼がやってくるのもまた偶然ではないでしょう。
「今年はやっぱり何かある」

と酔ってないで (笑)
さあ、完結編行きましょう!

歩いていると足元が気になります。

11.6su.JPG

ちょうちん祭り、山口市の夏の風物詩。

新しくなった教会。

12su.JPG

「小高い丘」
あの曲は、
「関くんの数ある曲の中で秀逸」と褒めてくれた友人の顔が浮かびます。

会場に着き、
昨日の続きの片付けを、
全て終了したところに、 マネキン業者さんが、

13su.JPG

これを運び出して終了、
最後は母妹にお任せし、
「じゃ、またね」と挨拶、空港に向かいました。

14su.JPG

岸辺の柳、
昼見ると鮮やか、

15su.JPG

人力車のサービスもまた風情があってよし、
「いつか」
「手を繋いで乗ってみたい」
またか!(笑)

さようなら山口。

16su.JPG

新山口駅、当時は小郡駅、に着き、
ちょっと寄り道をしました。

17su.JPG

信号を渡ってセブンイレブンが、
ここは、つい先日、高校の同級生が開店した店舗で、
残念ながら本人はいませんでしたが、挨拶、買い物をしました。
彼も同窓会を通して親しくなった一人、
高校の仲間が集まる時、いつも山口名産品を、
それこそブルーベルのカレーや亀山ラーメンの炒飯、江戸金ラーメン、
高校の売店で売っているパン・・・
いやいや、よくやってくれる (笑)
あとでスタッフが僕の来店を伝えてくれ、
「夜勤明けで不在だった、ごめんなさい」と、
コンビニは重労働、
プラザホテル寿の同級生といい、夜勤とは・・・
「みんな、頑張るなぁ」

新幹線口のバス停までふらふらと、
遠くに動いたもの、
「あ!」
足が向く、
もう、わかりますね (笑)

18su.JPG

「こんにちは」
どこでも会います。

おまけ。

19su.JPG

このネコは飼い猫。
日曜日にラ・セーヌに向かう途中の川沿い、
小さなお店、クリーニング店の看板が出てましたが、
そこで見つけて可愛かったのでガラス越しに盗撮 (笑)
フェイスブックにアップしたら、
さすが地元の友人多し、
「先輩の家のネコです!」とコメントが、
彼女に盗撮を謝ってもらいました (笑)
良かった!

ダラダラと拙文、個展旅行記にお付き合い、ありがとうございます。
間に通常の記事も挟み、
支離滅裂になりそうでしたが、最後はネコで締められて、
まあ、僕らしかったということで。
一件落着 (笑)
改めて、これからもよろしくお願いします。
posted by セキシュウ at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

ラ・セーヌ個展5

今日は朝から暖かく、ぐっと気温が上がりました。
さわうたでピアノを弾き始め、いきなり違和感、
「おっ」
「鍵盤が動かない!」
重く、やや、べたつくのです。
「もしかして・・・」
熱気で湿度が上がった? よくみるとお客様が興奮気味?
なわけなくて (笑)
単純に空気が湿っている、
ついこの前まで暖房で乾燥していたのが嘘のようです。
湿度計はないのですが、ネットの天気予報を見たら湿度70〜80%でした。
午後からは風も強く、突風も時折、
そして雨になり荒れるのは案外「春らしい天気」とも言えるでしょう。

春らしいと言えば、
昨夜看板を出して、中に入ろうとしたら、
「あーまーねー」と大きな声が遠くからしました。
「んっ お客さん?」
声のした方を見たら、自転車に乗った小さな女の子が通り過ぎていく、
小学生低学年か幼稚園か、
「なんだ」
「看板を読んだだけか」
電飾看板の真ん中、音符の中に平仮名で「あまね」
読みたくなったんでしょうね、どうしてって、春ですから (笑)

さて本編に入ります。
つづき。
昨日、もったいぶって終わった「びっくりが起こった」、
果たして何が・・・

00su.JPG

プラザホテル寿の朝食。
これをこの僕が御飯までおかわりし完食したんです!!!
「それはびっくり・・・」
しない (笑)

ほんとはこれ !

01su.JPG

自撮り。
ホテルのフロントの方と・・・
「なにがびっくりなの?」
この写真だけでわかった人は関係者 (笑)

このフロントマンこそ、プラザホテル寿の社長なんです。
朝起きて、1階に降り、フロントを通ったらびっくり、
「えっ?」
「仕事に出てるの?」
お客様のチェックアウトをしていたのが社長、
社長はおおげさか、僕の同級生、それこそ幼稚園からの友達です。
昨夏の中学同窓会の3次会でもちょっと写真で顔出ししましたが、
飲んだくれの顔 (笑)
いや、正直、その彼が自ら月曜日の朝からフロントに立っているとは、
「おどろいた〜 !」

「おおっ、関君 !」
泊まっているのは勿論知ってますから、
フロント業務が落ち着いたところで話を、
日曜日は人がいなくて、ナイト出勤し、フロントに入ることがあるとのことでした。
「零細企業ですから・・・」
なにをおっしゃる、
「そんなこと言ったら、うちはどうさ(笑)」

03su.JPG

中学からは部活も違い、あまり接点はなかったのですが、
幼稚園、小学校低学年はよく一緒に遊びました。
前にも書いたことがありますが、家が近所だったのです。
幼稚園に入る前に湯田温泉に引っ越し、
彼や、元生徒会長、ニモのパパ、精神科医、
父と同業の娘、建築屋さんの娘 (笑)・・・
などとはよく遊んだものでした。
湯田温泉の高田公園でも。

04su.JPG

今は井上公園と名称を変え、綺麗になっています。

当時はなかった、

05su.JPG

中也の記念館。
月曜日は閉館日でしたが、
ふと、貼り出してあった詩を読んでみる、

06su.JPG

「飲み助の気持ちか・・・」
中也が酒好きだったのは有名な話、
皮肉にも、僕は酒場稼業を生業にするようになり、
中也の詩がより身近なものになりました。
(ギタアルとはギターのこと)

湯田温泉の路地をいまだ覚えています。
用水路沿いに歩く小径、
誘われるように入っていきました。

07su.JPG

ありゃ、
「こんにちは」(笑)
どこでも会ってしまうのは、もはや宿命か・・・

「この町も変わったね」

08su.JPG

でも、ところどころ過去が残っているのが、
今の僕にはとても嬉しいのです。

09su.JPG

湯田温泉駅に二両編成のディーゼル車が来ました。

10su.JPG

「中学からこれに乗って学校に通った・・・」

山口駅。

11su.JPG

歩いた道。

11.3su.JPG

どこの場所にも、名も知らない草が生えていますね。
つづく

「まだ引っ張るのかい!」
ごめんなさい (笑)
posted by セキシュウ at 18:07| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする