2017年07月14日

落し物

今日のふりうたの、あるお客様が、「落し物をして」と、
今までそんなことはなかったのにとお嘆きになりました。
加齢のせいでしょうと結論 (笑)
しかし、ふと別の理由を、
夜の出勤時、あるシーンと一緒に思いつきました。

昨日のことなのですが、美容室は車で、
その後所用を済ませ帰路に、
一歩通行を走っていたら、なんと、先から勢いよくこちらに向かって車、
「おいおい、逆行してるよ!」
わりと広い道だったので、
クラクションを鳴らし「一歩通行ですよ」と教えずに、
少し車を左に寄せてすれ違い、
相手のドライバーを見たら高齢の女性、
おばあちゃん、というほどでもないのですが (笑)
何食わぬ顔で運転していました。
そして、思う、
「暑いからなぁ・・・」
ボーッとして標識を見なかったのでしょう。

たしかに僕も、
この頃、この暑さのせいで、
家を出るときや店を出るとき、
「あ!いけない」と忘れ物をしたり、
「何かやること忘れていないか?」と不安になります。
ふりうたで落し物をした方も、
加齢もあるでしょうが (笑) この暑さ、
仕方ないのかも・・・

体調を崩さないだけいいですね。
猛暑、ご自愛ください。

さて、今日はこれだけじゃつまらないので、
蝶、行ってみます。
なーんだ、にゃんこじゃないの?
じゃ、両方!
出血大サービス (笑)

01ch.jpg

アオスジアゲハ。
ひらひらと、風に乗って勢いよく飛んでいるところを見ますが、
ヤブカラシの蜜を吸っているとき近付いて写真を、
動画はなし (笑)

お待たせしました〜 ! は、

02ch.jpg

熱帯夜なのに元気でした。
posted by セキシュウ at 20:08| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

レイアウト

今日も暑い、梅雨は本当にどこに行ってしまったのか・・・です。
都内はお盆入り、それもあってか関係ないか、
今朝のさわうたは14名と少人数、
昨日19名と、2名作った貯金を吐き出して、
逆に今週は1名マイナスで終わりました。
火曜日17名は書きましたね。
平均1日17名が目標です。
来週に期待!

今日は午後から美容室へ、
伸びきった髪をやっと切る気になりました。
さすがに月曜日バスケで邪魔に感じた、
けれど、来週は祝日、その後夏休みになり、
コートは子どもたちに占有されるので、
秋口までバスケはお休み、残念〜 (笑)

美容室に入った途端、レイアウトが変わり、
席が増えたのに気づきました。
窓際の、外が、
赤羽のすずらん通りが見える席に通され、
「この席、いいね!」
「席、増やしたんだ」と広瀬氏に言ったら、
「ええ」と答えながら、すごいことを言いました。
「案外、狭くならなくて済みました」
ここまでは普通、
次です。
「レイアウト変えたの」
「気づかない方いらっしゃるんですよ」

ええー!
何か飾ったとか置いたではありません。
椅子の位置を動かしているのです。
座ったときの見え方が明らかに変わる、
「それでも気づかない?」

驚きながらも、いや、あり得ると考え直しました。
僕は店をやっていますから、
人一倍、店内の様子に敏感なのでしょう。
2時間も美容室にいれば、
広瀬氏と話をしながらも、
鏡越しに、洗髪に立ったときに、
どうしても辺りに目がいってしまいます。
ところが、
そんなことに全く興味がない、
とにかくお洒落な髪型にしたい、
美人美男子になりたい輩は (笑)
店のレイアウトなんかどうでもいい、
気になるのは自分の髪型、
あとは、本やスマホを見ているか、
スタイリストさんと世間話をしているかです。

「気づかない人がいるから」
「いいのかもよ」
広瀬氏に言いました。
「みんながみんな気づくと」
「疲れるんじゃない?」

結局、僕は目ざといんです。
僕みたいのばかりだったら・・・
うんざりですよね (笑)

「世の中、うまく出来てるよね」
「たしかに」と広瀬氏も納得の様子でした。
posted by セキシュウ at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

ご夫婦と単品

昨夜は2回目ご来店のご夫婦が、
もう1組のご夫婦を連れていらっしゃいました。
何かのお帰りらしく正装、
議員さん・・・など聞こえましたが勿論聞き流します。
お連れの男性はやや居丈高な感じ、
もしかするとその方かとも思われましたが、
特に気にすることなく通常の接客、
どちらかと言うとそっけない接客 (笑)

それでも、2回目のご夫婦の、
ご主人のことはしっかり覚えていました。
初めての時「相撲甚句」を披露なさったからで、
他のお客様がお帰りになり、
その方たちだけになったとき、
「また相撲甚句聞かせてください」と話しかけました。

二回目の来店でお客様が嬉しいのは、
まずは自分たちのことを店員が、
うちの場合は僕だけなので (笑) 店主が覚えていてくれたことでしょう。
まあこれは、記憶力が普通にある店員なら出来るのですが、
ただ、その証拠を示すのが難しい、
「またいらっしゃいましたね」
「覚えてますよ」
だけでは弱いのです。
そのときに、何があったか?

喜んだことは言うまでもありません。
特に奥様が、
女性は表に感情が出やすい (笑)
「ほら、マスター、覚えていてくれたわよ」
いやいや。
相撲甚句ですからね。
そんな珍しいもの、忘れるわけがない (笑)

話は変わりますが、
朝のさわうたにいらっしゃるご夫婦が、
ときどき別々に、
曜日を変えたりしながら、一人でいらっしゃいます。
中華店を営み、今は息子さんに任せている方なので、
一人でいらした場合、
「今日は単品ですね!」とくだらないジョークを、
その単品、
にゃんこで行ってみます。
いつもは何枚か羅列してますが、
1枚きり・・・
それだけ存在感があるということ。
「本当に?」
さあ、どうでしょう (笑)
これです。

kuro.jpg

必見は尻尾。
偶然ですが、芸術的な形でした。
「おまえだって」
「一度会えば忘れないよね」
posted by セキシュウ at 20:44| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

仕事

今日からさわうたが始まっています。
今週は昨夜から営業、
懐かしい常連さん、と言っても半年ぶりくらいか、
北海道勤務になった、やっさんが見えたりして、
ぼちぼちと、ゆるゆると (笑) 営業しているので、
なんとなく、週の仕事初めは火曜日の今日のような感じです。
さわうたは新しい方も見えて、17名、平均ラインでした。
午後からはプチ・シャンソン、
こちらも15名と安定した人数、多い分、終了時間は遅くなりますが、
午後5時なんてまだ明るい (笑)
午前、午後と70曲くらい弾いたのか、
まだまだ軽い、行けそうなのは、なんと言っても慣れでしょう。

昨日、バスケに行く途中、
信号待ちしていたら、
向かいの大きな団地沿いの垣根を、
植木屋さんが電動の工具を使って剪定していました。
チェーンソー、でしょうか?
この暑いのによくやるなと思う、
そして、
「僕には到底できないなぁ・・・」と。

ああ、これか!
「自分には出来ないことを、人がやるから仕事になる」
当たり前のことに気づきましたかね (笑)
小学生でも知ってる・・・

しかし、やっぱりこれに尽きるでしょう。
特に僕のような個人の、零細の、ちっぽけな店が、
生き残っていく秘訣、
僕側から言えば、
「人には出来ないことを、真似出来ない技を磨く」

ま、これも当然のことなんですけどね (笑)
最終的に判断するのはお客様です。
自分はどんなに技がある、腕があると騒いでも、
お客様がついて来なければ仕方がない、
しかもお客様というのは新しいところに流れるのも常、
厳しい世界なのは今更言うまでもないですね。

今年の後半は始まったばかり、
1日1日、頑張りましょう。
posted by セキシュウ at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

3つで

昨日紹介した「蝶々歩き」は、
我ながらよく撮れたなと思う、
あんなふうに羽をばたつかせながら歩くんだと、
改めて見入ったのですが、
知っている方には、大して珍しい映像ではないのでしょう。

僕は子どもの頃から、動物、昆虫、植物にあまり興味なし、
勉強に必要な程度の知識も、
そのとき限りで、大人になって一切遠ざかっているのです。
最近、その無知さに呆れている (笑)

逆に、それらは詳しいけれど、
他のことで、
例えばスポーツなどよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。
野球のルールを知らないとか、
ラグビーは何人でやるとか、
バスケは一回入ると何点か、など・・・
って、わざわざバスケ出さなくても (笑)

月曜日、今日も行ってきました。
暑かったのですが、コートは日陰、
時折、風も吹いて、
通りがかったバトミントンの方と、
「気持ちいい風ですね〜!」と笑顔でした。
以前にも書いた、赤塚公園バトミントンを主宰する方で、
年は80は超えています。
この猛暑の中、がんばる!
土埃が立たないようにコート (と言っても地面ですが) に水を、
ジョウロやコンビニの大きな袋に入れて、何往復もします。
「今日は調子悪いなと思っても」
「ここに来ると元気になる」
ええ。
僕も同じ (笑)

ふと先を見たら、
例のおもちゃのボール、そしてサッカーボールが転がっていました。
サッカーボールは、
おもちゃでやったようにシュートし、動画を、
フェイスブックにはアップしたのですが、
こちらではしつこいので紹介していません。
おもちゃよりは簡単でした。

「今日は、3つでやってみる?」
暇ですね (笑)
どうぞ!



ちなみに、
この後バスケのボールに戻るのですが、
一投目は100%届きません。
なぜだか理由は簡単ですね。
posted by セキシュウ at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

にゃんと蝶

さて、予告通り行ってみましょう。
前置きなし、
どうせつまらない文章だし (笑)

いつぞやのコ。

01nek.JPG

寝てる・・・
が、しかし、あの足 (笑)

近付いても、

02nek.JPG

すやすや。
どんな夢をみているのか。

いつぞやの親子。

03nek.JPG

奥ですやすや。

夜行性のくせに、

04nek.JPG

眠いクロ、
「道の真ん中で大あくびしないで!」 (笑)

こちらは、

05nek.JPG

ひげちゃんの知り合いかな?

おまけは、にゃんこじゃなくて、

06nek.JPG

花に囲まれた蝶。

実は動画もあるんです。
飛んでいるところじゃなくて、歩いているところ。
珍しい?
短いですがどうぞ。

posted by セキシュウ at 19:36| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

七夕夜空

狭い日本と言いますが、
九州では豪雨で大変な思いをしているのに関東は晴れ、しかも猛暑です。
昨日今日のふりうたも、その最中にお客様が、
歩いて店までいらっしゃるだけで一苦労です。
店のエアコンは冷風が吹きっぱなしで、
これがまた体にダメージを、
昨日、矢崎さんのオリジナルに対抗して (笑) 深夜の作曲を、
唄ったら声があまり出なかったのは、
多分そのせいだろうと思いました。
常に声は出しているので自分で調子がわかる、
どこまで地声でどこから裏声か、
普段地声で軽く出る「ミ」の音がきつかったのです。
ま、歌手じゃないし遊びだし、どうでもいいけど (笑)
幸い、明日、明後日の昼とオフなので、
しっかり静養、
漫画描きはありますけどね。

深夜の作曲は七夕ネタ、
月が綺麗だったので歌詞にも使いました。

月.jpg

今夜も綺麗、
ちょうど夜の出勤のタイミングで進行方向の空に浮かび、
ボーっと見とれながら自転車で走っていると、
大事なものを見落としそうになります。
って、なんだかわかりますね。
「お待たせしました〜!」ですが、それは明日にしようっと (笑)

七夕ネタの歌詞だけ紹介します。
メロディーはともかく、
歌詞は上手く童謡「たなばたさま」をパロディった感じ・・・
短時間でまあまあ納得。
と、自己満足 (笑)

「七夕夜空」
夜空に浮かぶ月は 
夜空に浮かぶ星は
あの日も今日も変わらない ひとつも
笹の葉の代わりにイチョウが揺れる
きらきらと明かりが灯り出す

夜空に想う君は 
夜空に願う僕は
あの日のことを忘れない ひとつも
短冊の代わりに五線譜を持つ
さらさらと音符が走り出す
posted by セキシュウ at 20:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

インジゴブルーの空

昨夜は久しぶりに1つ下の後輩、HIDEKIくんがカウンターに座りました。
彼にも草原10周年の記念品を、
なんと言っても、岡山まで草原を、気仙沼まで草原を唄いに行った仲間、
勝手に彼のことを「草原大使」と呼んでいる (笑)

良かったのは、後輩で職場が近いこともさることながら、
彼が合唱をやっていたことで、
そうでなければここまで深い付き合いにはならなかった、
音楽の繋がりは有り難い!

しばらくしてお客様、
今度は、草原を朗読したこともある真弓さんでした。
HIDEKIくんを紹介し、
何曲か真弓さんがピアノで唄ったところで、
もうひとり男性が、
そこでHIDEKIくんが帰る、
と、また男性が、今度は矢崎さんでした。
ギターを持っています。
「どうしたんですか?」
「今日は王子のオープンマイクの帰りで・・・」
水織さんが矢崎さんと出会った店、アラモード、というんでしたっけ?
僕は行ったことがありません。
せっかくだから、何か一緒にやりましょうと、
真弓さん、もうひとりの男性の前で、
「じゃ、新曲を!」

矢崎さんが、2月アコナイのホスト、お当番に合わせて作った曲です。
先日のアコナイ終了後、譜面作成を頼まれ、
その音源はアコナイで録画したもの、
動画サイトにもアップしてあります。
とても良い曲なので紹介しますね。

矢崎さんが、苦労した過去を振り返りながら書いた歌詞、
この曲を聴いていると、
僕も30半ば、商売が傾いた時、
山口の実家に16年ぶりくらいに戻って見た風景が思い浮かびます。
東京とは明らかに違う空の色・・・
あの日が、あの色がなければ、
今の僕はなかったかも。

おっと、僕の曲ではありませんでした (笑)
矢崎さん、アーティスト名、ガッチャン矢崎のインジゴブルーの空、
画面が粗いのはご容赦ください。
ピアノで僕がサポートしています。



「インジゴブルーの空」 詞・曲 矢崎道治
みんなそうやって 生きているんだと
年老いた母 俺をさとす
少し曲がった 親指撫でて
お茶を入れる
故郷は暖かく 時が静かに流れる
軒下にぶら下がる 干し柿ゆれて
見上げれば 青い空に ヒコーキ雲 ひとつ

裏のおばちゃん 元気でいたかと
今でも俺を 子ども扱い
今日来たばかりの 俺なのに
両手いっぱい お土産持ってくる
幼馴染の あの娘と登った 丘の上から見下ろせば
何もない 田んぼにポツリ わらぼっち ふたつ
見上げれば 青い空に 渡り鳥寄り添う
見上げれば 故郷は インジゴブルーの母の色
posted by セキシュウ at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

記念品

九州は大変な事態になっています。
まずは一日一刻も早い収束をお祈りします。

福岡、大分と聞くと、住んでいる同級生も多数いますし、
故郷山口とも近距離、
幸い関係者が巻き込まれたとの情報はありませんが、
関係者の関係者が、ということは十分考えられます。
毎年のように自然災害が、
その度に心痛む思いをしています。
多分みなさんも同じでしょう。

昨日16名が少人数と書いてしまった罰か (笑)
今日のさわうたはスタート時、11名でした。
「ありゃま」
よくある水商売の谷間日、
しかし、後半に3名いらして、
その中には不定期気まぐれ参加の (笑) Momokoさんが、
なにやら愉快なTシャツを着ていらっしゃいました。
みなさんにからかわれつつ、
顔見知りの女性に「どうですか?着ませんか?」と逆に勧める、
すると、
「いやよ〜、貴女みたいに若くないのよ!」と返されて、
笑いが起きていました。

時間が余って、恒例のしりとりリクエストでは、
歌詞の最後の文字が「も」でズバリMomoko (笑)
おめでとうございます。

正式に公表はしていませんが、
今月、7月で草原が歌われて丸10年ということで、
みなさんに記念品を渡しています。
大したものではないのですが、ある程度渡し終えたところで、
このブログで紹介する予定です。
もらう前から載せたんじゃ、楽しみが半減だものね (笑)
フェイスブックや、すでにもらった方のブログ等では、
写真付きで紹介していますが、
それはそれ、これはこれ (笑)
今朝はMomokoさんにも差し上げました。
posted by セキシュウ at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

2009年春

今週のさわうたは、カレンダー上では第2週なのでリクエスト、
珍妙なのが出て、大笑いだったのですが、ここでは割愛します。

毎日ピアノを弾いて笑って暮らしているのが、なんて幸せなことかと思います。
特に昨日書いたことのようなことが起こると、
悲しさ、淋しさもそうですが、
人生には必ず終わりが来るということが実感され、
それは父の古典講座でもよく聞くこと、
源氏物語の中にある平安時代の死生観と相まって、
先はそんなに長くない、日々を楽しく過ごしていくことこそ、
人間、穏やかに終わっていけるのではと思うのです。

今日はさわうたとしては少人数の部類に入る16名 (これが少ないなんて欲張り・笑)
最初は控えめ、声があまり出ない様子でしたが、
後半はすごくよく出て、ちょっとびっくりでした。
新沼謙治さんの「ふるさとは今も変わらず」は、
課題曲で取り上げたこともあり、みなさん素晴らしく唄い上げ、
耳が少し痛いくらい (笑) でした。
テンションが上がったー!ということでしょう。

このことが、身体にどう影響するのか、
専門的なことはわかりませんが、
耳の痛い僕はいずれにしても (笑)
それだけボルテージが上がるのは、決して悪いことではなく、
むしろ、身体にとても良いことなのでしょうが、
あくまでそれは結果論、
楽しいから唄っているだけなのです。
明日もまた続きます。

昨日のことを少し書きますね。
なぜ亡くなった先生が初めて段取りしたオフ会の日をよく覚えていたか、
それは、あるイベントと重なって、
そちらを早々に切り上げ大急ぎで店に戻り、営業したからです。
ブログをお読みの方で参加した方もいらっしゃるでしょう。
板橋の赤塚公園、
と言えばバスケ、
いや、それだけじゃない (笑)
3月に咲く可憐な花、ニリンソウの自生地にさわうたみなさんで行ったのです。
「ニリンソウ見学会」ガイドは保護活動をしている木村さん、
2009年3月28日のことでした。
ニリンソウの前で唄いましたね。

01niri.jpg

そして少し移動して、
サクラの下でも。

02niri.jpg

今思うと、イベントが重なったのは、
偶然ではないような気もしてくるのです。
posted by セキシュウ at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする